北海道の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 北海道

北海道にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

主な地域[編集]

道南[編集]

函館駅の噂[編集]

はこだて
函館
Hakodate

  ごりょうかく
Goryōkaku
はこだて
函館
Hakodate

ごりょうかく
Goryōkaku
函館駅の発車を待つC11
摩周丸

所在地:函館市若松町

  1. かつて青函連絡船があった
    • 今でも摩周丸は、あなたのお越しをお待ちしております。
    • 「連絡」ではないが、なっちゃんレラに乗り継ごうとするマニアは多い。意外に乗り場は遠いぞ。
      • 歩きで移動するのはキツイのでやめよう。
  2. 「女性専用パスタ店」なるものがあった
    • 今は女性専用じゃなくなっているけどね。
      • パスタ店ですら無くなったような。
        • そしてついに閉店した。
  3. 発車メロディが31秒にもなる
    • カシオペア札幌行からスーパー白鳥44号までの特急列車限定。カシオペア・北斗星の客は函館の発メロで起こされるんだろうな。
      • 今は北斗でも使われている。
    • ドラえもん列車が発車するときは、アニメドラえもんのオープニングが鳴った。ドラえもん列車の時だけ使用していた。
      • 小田急が叫んでる。「ドラえもんくれー」
      • 四国アンパンマン列車は、車内放送でアピール。東日本のポケモン新幹線は、車体広告とリネンだけ。
  4. 有名な朝市が駅前にある
    • 市場内にイカ釣り堀がある。
  5. 冬場の駅弁の立ち売りは、あらゆる意味で大変そう。
    • 油断すると瞬間凍結してしまうからである。
  6. 自動改札機がある。
  7. 2003年に駅舎が改築されたが、赤い屋根の前駅舎のほうが旅情があったと思う。
  8. 実は札幌駅同様に三点チャイムが使われている。でも放送の内容はちょっと違う。
  9. ホームまで段差のないバリアフリーな駅である。
  10. 函館駅から桔梗駅まで、即ち函館本線の函館市内の区間はラッシュ時はけっこう混雑している。最近は桔梗地区の人口が増加している為に更に混んでいる。しかし桔梗駅で大半の乗客が降車するので桔梗駅から北は空く。
    • 七飯駅で乗り込んでいるであろう女子高生のマナーの悪さが際立っているのもある。
  11. 冬季間、普通電車が大幅に遅れることが多い。
    • 大半は雪のせい。函館市内は大丈夫だが七飯と北斗はひどい。その更に向こうの木古内と鹿部と森がかわいそう。
  12. 2003年に完成した現・函館駅は北海道新幹線の乗り入れを想定して新幹線規格で建設されている。
    • でも新幹線はついに来なかった…。
  13. 接近放送が○番線ではなく○番のりば。

五稜郭駅の噂[編集]

ごりょうかく
五稜郭
Goryōkaku
はこだて
Hakodate
  ききょう
Kikyō

所在地:函館市亀田本町

  1. 函館駅の隣だが特急が停車する
  2. 特徴的な五稜郭の形を模したものだらけ
  3. 江差線が実際に分離しているのはここから
    • しかし函館駅直通だらけだから、そんな感じがしない
    • 北海道新幹線開通してからは「道南いさりび鉄道」に移管されました。
  4. 実は青函フェリーターミナル(函館側)には函館駅からよりこの駅から歩いた方が近い。

大沼公園駅の噂[編集]

おおぬまこうえん
大沼公園
Ōnumakōen
おおぬま
Ōnuma
  あかいがわ
Akaigawa

所在地:亀田郡七飯町字大沼町

  1. 駅前にある「沼の家」の「大沼だんご」が有名。
    • 車内販売でも購入可。安くて旨い。
      • でも賞味期限が○○されてたこともあったなぁ。
    • 大沼と湖上の浮島に見立てているんで、たれの中に団子が沈んでいるんです。
      • 味で知られた大沼だんごあ~ぁ、大沼だんごのあじぃのよ~さぁチャランチャチャンチャン♪
  2. 駅前のレンタサイクル屋の商売は、道路交通法スレスレだと思うのだが、台湾からの観光客は大喜びしているようだからそっとしておこう。
    • フレンドリーベアという名の店で入口横にの像が置いてあるが、どうみてもファイティングポーズで、とてもフレンドリーには見えない。
      • フレンドリーファイア的なあれなんだよきっと。
  3. 駅には有料のレンタカーだけではなく、無料のレンタカーもある。
  4. 大沼の観光船は、蒸気機関車見物の穴場である。
  5. 大沼公園駅と大沼駅は、1キロしか離れていない。
  6. 一時期千の風になってを延々と流していた。
  • 路線 - 函館本線
  • バス - 函館バス

赤井川駅の噂[編集]

所在地:茅部郡森町

  1. 大沼公園からわりと近く、駅周辺も大沼の続きみたいな雰囲気がある(水気が多い)が、ここは(大沼のある)七飯町でなく森町である。
  2. 駅自体は林に取り囲まれた、喧噪とは無縁のむしろ秘境駅っぽい所だが、そこから10分も歩くと真逆の世界。
    • 車がバンバン走る国道5号にいかにもロードサイド風の食事処が立ち並び、ラッキーピエロもあってシーズンには客が行列をなしている。
  • 路線 - 函館本線

尾白内駅の噂[編集]

所在地:茅部郡森町

  1. 鉄道を使わずに来た場合、予備知識なしでこの駅をすぐに見つけるのはほぼ不可能である。
    • 並行する道路に「尾白内駅前」バス停という大ヒントもあるが、それでも駅を探して右往左往するかも。
    • 駅が住宅の陰にあって直接見えないうえ、駅への進入路がまさかこの道が・・という道(ぬかるんだ未舗装道)のため。
  2. 住宅地の中にあるのに何故か秘境駅感のある駅である。
  • 路線 - 函館本線

森駅の噂[編集]

も り
Mori
ひがしもり
Higashi-Mori
こまがたけ
Komagatake
  かつらがわ
Katsuragawa

所在地:茅部郡森町字本町

  1. 森駅のイカメシは美味しい。
    • 正直、世間が言うほどうまい物じゃないと思う…
      • コストパフォーマンスは良いと思う。
        • 今は500円だっけ?ちょっと前は350円だった。
          • 年々値段が上がってる…。2017年3月現在650円とか。
      • うまいと思うけどなぁ…ちょっとしょっぱいが
      • 駅で朝9時のできたてを喰ったらめっちゃうまかった。できたてのはスーパー・デパートの駅弁大会で売っているのとはやっぱり違う。
    • 森駅をやめて、イカメシ駅にするべき。
      • 「森のいかめし」で知られているから変える必要なし。いかめしだったらどこのか分からない。
  2. イカメシ工場のおばちゃんは全国各地の百貨店の物産展に派遣される。しかも、何県も渡り歩いて2,3ヶ月帰ってこないおばちゃんもいる。会社の中では大事にされているとか。
  3. イカメシの売り上げは、駅よりもデパートの方が多いらしい。
    • 駅1:9その他、だっけ
    • 森駅の乗降客数を考えれば必然。
  4. イカめしはそもそも、森駅名物なのに最近では「函館」名物にすり替えられている
    • 本家が貪欲じゃないから適当に放置してる。そのせいで不味いいかめし擬きを売る業者多数
    • 函館の小学校では給食として出ているが、こちらもなかなか美味
  5. イカめしTシャツ、イカめしトートバッグ販売開始!
  6. 「いかめし、盛大、おごそかだ」
    • それは古語の形容詞「いかめし」
  7. 一時期「いかめし」の駅販売が縮小された事があった。
  • 路線 - 函館本線
  • バス - 函館バス

長万部駅の噂[編集]

おしゃまんべ
長 万 部
Oshamambe
なかのさわ
Nakanosawa
  しずかり
Shizukari
ふたまた
Futamata

所在地:山越郡長万部町字長万部

  1. 函館本線と室蘭本線の分岐点
    • かつては瀬棚線の始発駅でもあった。
      • はずれ。瀬棚線は2駅函館寄りの国縫から。列車は長万部発着だけどね。
  2. 新幹線開通後は在来線への乗り換えのための主要駅となる
    • 現状でも室蘭、苫小牧駅の対函館方面乗降客は少ないため、主要となるまでには・・・。
      • 長万部駅で乗降客ゼロの特急も珍しくないし。
        • かにめしともりそばの車販積込のために、仕方なく停まってるんじゃあないの?
        • 急行があった頃は、長万部に停まる特急はほとんど無かった。函館~洞爺~東室蘭~登別~苫小牧~札幌、が基本だった。
        • 昔の「特急北海」は函館の次が長万部。その頃は貨物も含め、全列車が停車した。
          • 「北海」は山線経由のため、長万部にでも停まらないことには倶知安まで停まる駅がなかった。ちなみに倶知安と小樽に停まった唯一の定期特急列車でもある。
            • 「北海」は晩年は黒松内、ニセコ、余市にも停まった。
    • 新幹線全通したら、この駅が北斗号の起点になるだろう。
  3. KIOSKが2017年に閉店してしまった。
    • 隣の観光協会がやっている土産店は引き続き営業していて、長万部名物「あめせん」とかは買えるが、「雪花青」がないorz
  • 路線 - 函館本線・室蘭本線
  • バス - 函館バス ニセコバス

静狩駅の噂[編集]

所在地:山越郡長万部町

  1. 両隣の駅のキャラが強すぎるせいかマニアにもあまり注目されない駅だが、映画のセットになれそうな位風格ある木造駅舎が残っている。
  2. 何故か駅舎内のコンクリートの床に靴の足跡が多数残っている。
  • 路線 - 室蘭本線

木古内駅の噂[編集]

きこない
木古内
<<< Kikonai >>>
おくつがるいまべつ
Okutsugaru-imabetsu
  しんはこだてほくと
Shin-hakodate-hokuto

所在地:上磯郡木古内町字本町

  1. 木古内駅は江差線と海峡線の分岐点
    • 北海道新幹線の駅にもなる予定
      • 江差線が廃止になれば旅行者には駅を設置する意味がないような。
        • バス接続は…認められない(認めたくない?)か。
    • かつては松前線が分岐していた。
  2. 海峡線が開通して特急が停車するようになった。
  3. 青春18きっぷと北海道&東日本パス利用期間は、特例利用のため乗り換える人が多い。
    • それでも普段の利用者数は約100人/日。(2017年夏現在)
    • 隣の駅は、盟友である札苅駅だけを残し森越、渡島鶴岡、知内、津軽今別と続々消えてゆく。
    • 知内駅なき今は、ここが北海道最南端の駅になっている。

新八雲(仮称)駅の噂[編集]

所在地:北海道二海郡八雲町

  1. 現在の八雲駅も検討されたが、新駅に落ち着いた。
  2. 北海道新幹線が全通したら、この駅が道内で最西端の鉄道駅になる予定。
  • 路線 - 北海道新幹線(予定)

道北[編集]

旭川駅の噂[編集]

あさひかわ
旭川
Asahikawa
ちかぶみ
Chikabumi
  あさひかわよじょう
Asahikawa-Yojō
かぐらおか
Kaguraoka

所在地:旭川市宮下通8丁目

  1. 日本最北端の電化駅。
    • 運転所がある関係で正確な意味では二駅隣の新旭川駅が最北の電化駅(ただし電車は止まらない)。
      • 回送のみ
    • 地図で見るかぎり、旭川駅・新旭川駅よりも近文駅のほうが北っぽい。
      • 以上より、日本最東端の電化駅。
  2. 北海道第2の駅で周辺の人通りは多い。
    • 北海道第2の都市の中心駅(駅としては10位)
    • 駅の裏手は、すぐ石狩川。土地利用的に見れば、高架駅にする意味が全くないのだが?
      • 橋を通すんだとか。
        • 川の向こうを繋ごうとしたら、線路と川をまとめて跨ぐとんでもなく巨大な橋になって凄まじい建設費になるんだとか。で、高架駅にして下に普通サイズの橋を通す方が安上がりなんだそうです。
      • 駅の裏は忠別川。
  3. 京葉線東京駅ほどではないが(比べるのがおかしいけど)、改札入って富良野線へ結構歩かされる。新駅になったら解消されるらしい。
    • 改札口に「歩いて3分(5分?)かかる」って書いてある。
      • それは2006年頃撤去された。
    • でも新駅は現在の5番線と6番線の間に建設される。
    • つまり新7番線は現6番線より1本だけ北側…
      • 高架工事後、なぜか番線が逆になった(富良野線が1・2番線)。
  4. 隣に北海道放送の旭川放送局がある。
    • 駅内にもコミュニティFMがある。
    • FMりべ~るはHBCに追い出されて3条通りのパークビルに引っ越しました(ただし送信所はまだ駅の中)。
      • 送信所も5条19丁目にあるマンションの屋上に引越しましたよ。
  5. 読み方が「あさひかわ」になったり「あさひがわ」になったり時々変わるのでややこしい。
    • それは岡山県民の陰謀というわけで......。
    • 昭和63年まで「あさひがわ」だった。
  6. 現在高架化工事中(2010年頃完成だそうです)。
    • (一部)完成。外装も内装も駅っぽくない。
      • 2011年11月にグランドオープン。全面ガラス張りだが南北駅前広場が工事中のため展望はまだあまりよくない。
    • 新駅舎仮オープン時は旧駅舎部分から伸びる新駅部分への連絡通路の途中に、旧地平ホームのベンチを生かした休憩所があった。
    • 岩見沢駅の名入りレンガに続いてか、新築に際して名入り木板の募集があった。
  7. 30万都市なのに、普通列車が役に立たない。
    • 富良野線以外は駅間距離長すぎです。
    • しかも函館本線に至っては特急1時間2本、普通列車1時間約1本…
      • 上りは3時間18分、下りは3時間55分も空く時がある…ちなみにその間にいずれも同方向の特急が8本発着する…
      • バスより列車の方が便利なのが富良野線くらい。富良野線は全て普通列車で最大でも1時間に1本ペース。短い時間だと20分に1本。
  8. 駅周辺は田んぼの中に突然ビルが林立している
    • 田んぼじゃない、国鉄工場跡地だ。
  9. 北海道新幹線のターミナル予定地は札幌駅ではなくココってホントであろうか…?
    • 1973年に決められた基本計画では終点ということになっているが、着工する日は来るのだろうか・・・?
  10. 次は旭川が「津川雅彦」、旭川行きが「朝丘雪路」と発音する車掌がいるらしい。(とんねるずのみなさんのおかげでしたのコーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ」より)
  11. 発車メロディーがあったらしい。
  12. 再開発で駅舎が新しくなり、イオンモールができた。旭川エスタが犠牲になり、イオンの圧で西武を閉店に追いやった。
    • (企業としての)イオンモールの北海道初進出。
  • 路線 - 函館本線 宗谷本線 富良野線 石北本線
  • バス - 道北バス 旭川電気軌道 他

旭川四条駅の噂[編集]

あさひかわよじょう
旭川四条
Asahikawayojō
あさひかわ
Asahikawa
  しんあさひかわ
Shin-asahikawa

所在地:旭川市4条通18丁目

  1. 現在旭川市唯一の高架駅(但し、上記の通り旭川駅も現在高架化工事中である)。
  2. 隣の駅達が「あさひわ」となったり「あさひわ」となったり忙しいのに比べここはずっと「あさひわ~」である。
  3. そして「じょう」ではなく「じょう」。北海道方言のひとつである。
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 道北バス 旭川電気軌道

新旭川駅の噂[編集]

所在地:旭川市東8条6丁目

  1. 旭川となっているが、より古い。
  2. 特急は停まらない。ただの分岐駅。
    • 「ただの」分岐駅でも、北海道では分岐駅自体貴重。
  3. 駅前にあるのは日本製紙の工場のみ。
  • 路線 - 宗谷本線 石北本線

南比布駅の噂[編集]

旧待合室当時の南比布駅(傾いた軒先の右側が危険)

所在地:上川郡比布町

  1. 今は建て替えられているが、以前の待合所はマジで凶器になりえた。
    • 老朽化により建物自体が傾いた結果、入口近くの屋根の先の所が丁度大人が頭をぶつける高さまで下がっていた。
  2. いかにも仮乗降場上がりの駅らしい雰囲気(木製の短いホーム、普通列車の多くが通過など)を持つが、開業当初から正規の駅である。
  • 路線 - 宗谷本線

比布駅の噂[編集]

所在地:上川郡比布町

  1. 2016年に駅舎が新しくなり、中にカフェ「ピピカフェ」が入居した。
    • パンの出張販売や和菓子なども売られているので食糧調達もできる。
    • ワンコイン(500円)でランチが食べられるらしい。
  2. 旧駅舎にも以前は喫茶店があったらしい。
  3. 比布エレキバン。
    • CMで一躍有名に。
  • 路線 - 宗谷本線

蘭留駅の噂[編集]

所在地:上川郡比布町北9線

  1. ドナルド・マクドナルドの、口癖の駅。
  2. 無人駅
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 道北バス

士別駅の噂[編集]

所在地:士別市

  1. 名寄駅より利用客は少ないのに、こちらは駅そばがまだ頑張っている。
  • 路線 - 宗谷本線

下士別駅の噂[編集]

所在地:士別市

  1. 駅の待合室なのに入口のドアが一般住宅の玄関ドア(ざらざらしたガラス戸のやつ)、照明は家庭用の紐で引っ張る吊り下げ型のやつ。
    • 椅子にはまんべんなくフカフカの座布団が敷き詰められ、上に寝っ転がれば自分ちの居間にいるような気分になれる。これで床に大型TVでもあれば最高だが…(それはムリ)
  • 路線 - 宗谷本線

名寄駅の噂[編集]

なよろ
名寄
Nayoro
ひがしふうれん
Higashi-Furen
  にっしん
Nisshin

所在地:名寄市東1条南6丁目

  1. 日本最北の発光ダイオード改札案内板設置駅
  2. 駅そばは マジでうまいぞ みんな食え
    • こっちもうまいぞ!
    • 駅弁屋が閉店したと聞いたが駅そばは大丈夫?
    • どうでもいいが一番上が五・七・五だ。
      • どう見ても意識してんでしょうが。
        • てゆーか駅そばもう無くなっちゃったけどな…orz
  3. 名寄本線・深名線があった頃は、どうやら1個南の東風連駅との間にT字路が2つあったそうだ。

咲来駅の噂[編集]

さっくる
咲来
Sakkuru
てしおがわおんせん
Teshiogawa-onsen
  おといねっぷ
Otoineppu

所在地::音威子府村字咲来

  1. 駅近くにライダーハウスがある。
  2. 咲来の「さ」を「せ」に変えると…。
    • せっくる?
  3. 無人駅
  • 路線 - 宗谷本線

音威子府駅の噂[編集]

おといねっぷ
音威子府
Otoineppu
さっくる
Sakkuru
  おさしま
Osashima
味のある行き先・乗り場案内

所在地:音威子府村字音威子府

  1. 音の響きの面白さでは倶知安と双璧。
    • 長万部も。
      • 音の響きの汚さでは、「小樽ちこう」には、勝てないな。
  2. 駅そばが有名。
    • 上記所在地のリンク先にも関連記事有り。
  3. かつては天北線との分岐駅だった。
    • 待合室の横の部屋に天北線についての展示もちょっとだけある。ちょっとだけ。
      • 普段は開いてないので、見たい場合はバスの案内所のお姉さんに言えば開けてくれる。
        • 昼間は空いてるはず。ちょっと前の情報だけど。
  4. 行き先案内兼乗り場案内は木製のもの。駅員さんが次の列車の乗り場の札をぶら下げる。
  5. 人口1000人切った村の駅なのに全ての特急が停まる
    • ここを通過するなら、名寄以北で停車すべき駅が無くなりそうだ。人口密度で言えば美深や幌延も危ないもんだし。
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 宗谷バス

糠南駅の噂[編集]

所在地: 天塩郡幌延町糠南

  1. 駅の待合室が物置。
    • ちなみにヨド物置製である。
      • しかしこの駅のキロポストは178である。旭川から178km地点にあるので。
      • メーカーの厚意により、無料でドアを修理してもらえた。
    • 一応窓は付けられているので、ドアを閉めても真っ暗にはならない。
  2. それより凄いのは、待合室内の椅子が、逆さに置いたビールケースの上に座布団をのせただけ。
  • 路線 - 宗谷本線

幌延駅の噂[編集]

所在地:天塩郡幌延町一条南

  1. 現駅舎の完成年がわからない。(1960年ごろらしい)
  2. 意外にも有人駅。
    • 留萌支庁唯一の特急停車駅ですから。
      • 幌延町は宗谷総合振興局に移管されました。
    • 時間帯によっては無人駅になるけどね。
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 沿岸バス

南稚内駅の噂[編集]

みなみわっかない
南稚内
Minami-Wakkanai
ばっかい
Bakkai
  わっかない
Wakkanai

所在地:稚内市大黒1丁目

  1. 日本最北端の「南」の付く駅。
    • 日本最北端の「北」の付く現存駅は智北駅で、南稚内より163kmも南にある。
  2. 一応、みどりの窓口がある。
  3. 稚内駅で降りるより、ここの駅で降りたほうが乗車料金が少しお得になる
  4. 稚内市の住宅地が市の南方に移ってきているため、稚内の住民はこちらを利用する方が多い。
  5. 札幌方向から来ると南稚内到着の5分ほど前に一瞬海岸寄りに出て「利尻富士」の眺めの良いところがあるので、天気の良い日はここで減速して走るが、ほんの10秒かそこらなので、あらかじめカメラを用意しておかないと間に合わない。
    • 綺麗に見える日が少ない。
  6. 10数年前までは、駅舎の隣に立ち食い蕎麦屋とスーパーマーケット「旭鉄ストア」が存在したが、何れも廃止され更地になってしまった。
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 宗谷バス

稚内駅の噂[編集]

わっかない
稚内
Wakkanai
みなみわっかない
Minami-Wakkanai

所在地:稚内市

  1. 日本最北端の駅。
    • 樺太(サハリン)返還されたらどうなるの!?
      • そうなって、樺太の鉄道を日本が取得できたとしても、ホーム内の「日本最北の駅」看板は撤去され、樺太内での最北端で作り直しになる。
        • 経度・緯度も書いてあったので、リサイクルは不可能である。
      • 「本土最北端の駅」に書き換えられてそのまま置いておくんじゃない?鹿児島の佐多岬も本土最南端を名乗っているし。
      • それ以前にサンフランシスコ講和条約の中身や政府の姿勢を考慮すると南樺太返還の可能性はない。
        • 共産党が政権取ったら少し可能性は出てくるんじゃないか?共産党は全千島と南樺太の返還が党是のはずだし。
        • 共産党が返還を求めているのは「樺太千島交換条約で平和裏に獲得した」という全千島のみ。
      • 択捉島が返還されて鉄道が通ったらの方が現実的か。
    • 駅舎直結の再開発ビル完成後には日本最北の駅ビルにもなる。(現在の最北は旭川エスタ)
  2. 終点には稚内駅とJR最南端の西大山駅(指宿枕崎線)の名前があるけど、開業日がどちらも同じになっている。
    • 流石に沖縄都市モノレール赤嶺駅はJRと繋がっていないので書かれていない。
    • 「最北端の線路」の看板は無くなってしまった……。
  3. 駅前の食堂で食った丼はうまかった。
    • 「ひとしの店」ね。
    • 駅の立ち食いそばもうまいと思う。評価は分かれるが、関東系の人には好まれると思う。ただし、3時頃には閉店するので注意。
      • 駅の立ち食い蕎麦「そば処宗谷」は稚内市内の蕎麦屋でも屈指の旨さだったが、新駅ビルのテナント料が馬鹿高く、キヨスクとともに撤退されてしまった。
  4. 稚内着の下り列車からの宗谷岬方面行きのバスの接続がものすごく悪い(へたすりゃ3時間待ち)
    • バスは東急グループですから。「美しい時代」を創っていますからね。
  5. 昔は更に防波堤ドームまで続いていた。(樺太連絡船乗り場)
    • 改築された駅舎(キタカラ)の近くに車止めがあって、この防波堤ドームに向けてレールが敷かれている。
  6. 夜行特急「利尻」が臨時列車になってから、立ち食いそば「そば処宗谷」の売り上げが結構おちていない?
    • 付近のタクシードライバーやバス待ちの客などが利用していたが、再開発駅ビルのテナント料が法外に馬鹿高かったため、廃業してしまった。残念。
  7. 時刻表の数字がばかでかい。特急を合わせても両手両足指で足りるほどしか列車がない。
  8. びゅうで北海道のチョイスプランで、道北ゾーンの券は買えて、稚内まで行けるのに、稚内のホテルが一軒も載ってない。
  9. 稚内駅の駅名版が新タイプのものに変わった。
  10. みなとオアシス・道の駅・バスターミナルも兼ねている。
  • 路線 - 宗谷本線
  • バス - 宗谷バス 北都交通

留萌駅の噂[編集]

所在地:留萌市船場町2丁目

  1. 1990年代後半まで「留萠」だった。
  2. 10食程度限定で駅弁がある。店頭売り+予約も受付→店頭売りのみ(予約不可:予約して取りに来ない人が多いため)→予約のみとコロコロ変わっている。
    • 旭川駅弁監修。
    • 駅弁屋という物はなく、駅弁はそば屋で扱っている。
  3. 驚くほど乗降客数が少ない。新夕張より少ない。
  4. かつて羽幌線が分岐していた。
    • ホームののりば案内が遠軽駅と似た状態に。ここでは「羽幌・幌延方面」となっている
    • 以前の乗り場案内が取り外され、新しい案内では「羽幌・幌延方面」の表示が消えた。だが、新しい乗り場案内が使えなくなるのも時間の問題。
  5. 駅舎の大きさと、駅周辺の寂しさのギャップが大きい。キヨスクもトラベルセンターも閉店し、駅舎内で営業しているのはそば屋とコミュニティFMラジオ局「FMもえる」だけになった。

金山駅の噂[編集]

所在地:空知郡南富良野町字金山

  1. 愛知県の駅とは同名だが、利用客数は……
    • もちろん、金山(きんざん)もない。
  2. 駅近くに「かなやま湖」というダム湖がある。カヌーとかが行われていることも。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - 占冠村営バス 南富良野町営循環バス

幾寅駅の噂[編集]

所在地:空知郡南富良野町字幾寅

  1. 映画「鉄道員」の幌舞駅。
    • 幌舞線は幌舞-北幌舞-湖月-鳥沼-赤岸-東鹿別-鹿別-砂田-布舞-美寄。それぞれの元ネタは何処だろう?
  2. 映画撮影の際に立派な駅舎になった。
    • その駅舎の看板にはでかでかと「幌舞駅」と書かれていて、本来の駅名「幾寅駅」は隅っこに少し書いてあるだけ。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - 占冠村営バス

北日ノ出駅の噂[編集]

きたひので
北日ノ出
Kita-Hinode
ひがしあさひかわ
Higashi-Asahikawa
  さくらおか
Sakuraoka

所在地:旭川市東旭川町日ノ出

  1. 旭山動物園の最寄り駅ではあるが、直通バスはなく、長い事歩かされる。
    • 公共交通機関で行く人は旭川駅→バスが多い。
  2. 普通列車さえあまり停車しない。
  3. コンクリートブロックの待合室が特徴。
  4. ネットで画像ググってみたらいつぞやの「虎の門」→「虎ノ門」の様に強引な直し方してますな。

占冠駅の噂[編集]

所在地:占冠村

  1. 占冠の中心街の最寄駅なのに、中心街からは離れている。
    • そのため利用客は非常に少ない。
  2. 日高町営バスが乗り入れており、公共交通で札幌方面から旧日高町への最短ルートだが、使う人あまりいないような…
  3. 駅前に物産館が1軒ぽつんと建っている。
    • レストランが入っているので、昼間に限れば食事の心配はしなくて済む。

トマム駅の噂[編集]

所在地:占冠村

  1. 開業当時の駅名は「石勝高原」だった。
  2. 開業当時からある結構立派な駅舎が、駅利用客にスルーされている。
    • 利用客のほとんどであるアルファリゾートへの観光客は別の出入口から送迎バスに乗り降りするか、駅からリゾートに通じる跨線橋を歩くので、駅舎を使うことはない。
  3. 以前は全特急列車が停車していたが、2018年現在上り1本が通過する。
    • 深夜(21~22時頃)に停車する列車もあるが、停車する意義あるのだろうか?(リゾート宿泊客はこんな時間に来ないだろうし)
  • 路線 - 石勝線

道東[編集]

帯広駅の噂[編集]

所在地:帯広市西2条南12丁目

  1. 非電化でありながら高架化されている。
  2. 高架化とともに出来たエスタはわずか2年で破綻してしまった。
    • 経営建て直し後の主力テナントは100円ショップ(キャンドゥ)。
  3. 隣のホームへ行くのに一度改札をでなければならない。
  4. そういえば、国鉄民営化の直前まで、ここに「ダイアモンドクロッシング(西宮北口のような)」があったらしい。
    • 士幌線広尾線の両方の始点でもあったため、普通に考えるとダイアモンドクロッシングになるはず、実際はどうだったのか?。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - 十勝バス 北海道拓殖バス

池田駅の噂[編集]

ワイングラス噴水(ライトアップ中)

所在地: 中川郡池田町字東一条

  1. 「池田町にあるから池田駅」ではなく、「池田駅があるから池田町」。
    • 駅名の由来はかつて「池田農場」が近くにあったため。
  2. この駅の名物は十勝ワインバナナ饅頭。駅弁も発売中。
  3. かつて、国鉄池北線の起点駅だった。のちに北海道ちほく高原鉄道となり、2006年4月20日に廃止された。
  4. ここから5時50分新得行きに乗って帯広で特急、新函館北斗で新幹線、鹿児島中央で普通に乗れば午前0時30分に鹿児島県国分駅に到着できる。
  5. 駅舎入口にワイングラスを模した噴水がある。
    • 夜は放水のタイミングでライトアップされてきれい。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - 十勝バス

白糠駅の噂[編集]

所在地:白糠郡白糠町東1条南1丁目

  1. 白糠町の中心駅。
  2. かつて「駅の家ハッピー」なるたこ焼き屋?やキヨスクもあったが、どちらも閉店した。
  • 路線 - 根室路線
  • バス - くしろバス

釧路駅の噂[編集]

くしろ
釧路
Kushiro
しんふじ
Shin-Fuji
  ひがしくしろ
Higashi-Kushiro

所在地:釧路市北大通14丁目

  1. 日本で一番東の自動改札のある駅。
  2. ホームにが何台も駐車している動画を見たことあるが、中古車でも売っているのか?
    • レンタカーだったと思う
    • 釧路駅の公用車が置いてありました。
  3. 地下通路の奥に幻の6番ホーム(旧雄別鉄道)案内板が存在する。
  4. 日本特急停車駅最東端の駅。
  5. 入り口にでかでか「946」と掲示。
  6. 鉄道の路線の乗換駅としては、その隣の東釧路駅が、現時点では日本最東である。 (釧網本線・根室本線)
    • 第2次大戦終了直後は根室駅→「根室拓殖鉄道」が廃止されて厚床駅→「標津線」の廃止でここになった。
  7. 日本ハム前監督・梨田昌孝氏が在任中に、この駅の名前を聞いて「故郷に同音異字の駅がある」と指摘したらしい。
    • その指摘先が梨田昌孝の出身地・浜田市にある山陰本線の久代駅。「久代」と書いて「くしろ」と読む(www)。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - くしろバス 阿寒バス 他

根室駅の噂[編集]

所在地:根室市光和町2丁目

  1. 日本最東端の駅は根室駅ではなく隣の東根室駅。
    • 昔は根室駅が最東端だったが、40年ほど前に東根室駅ができて、そちらが最東端になった。その東根室駅は団地や住宅が建ち並んでいて、北海道というより首都圏の郊外といった感じ。
      • めっちゃ雪降うてる事以外は。
  2. 終着駅なのに、ホームが一本しかない!しかも片側はすぐ改札口!
    • そんな終着駅はいくらでもあるが、支庁・市の代表駅という格を考えれば確かにしょぼい。
      • 最近、駅の出集改札営業時間が短縮された。オレンジカード販売駅なのにオレンジカードの使える切符自販機が撤去された。
    • 稚内も似た構造になったが、駅舎もきれいになったからなぁ……。
  • 路線 - 根室本線
  • バス - 根室交通

遠軽駅の噂[編集]

えんがる
遠軽
Engaru

  せとせ
Setose
やすくに
Yasukuni

所在地:紋別郡遠軽町岩見通北・岩見通南・丸大

  1. スイッチバック駅で、特急も進行方向が変わる。そのせいで、北見ですら1分停車なのに遠軽駅は3分も停車し、車内は座席の向きを変える人で混雑する。知らない人同士でも無言で協力して座席をまわしている。
    • むしろ3分「も」。10分弱くらい停車してもいい気がする。
    • この時間を使って遠軽駅名物かにめしの積み込みが行われる。
      • 普通に立ち売りからも買える。氷点下の厳寒ホームで売られていても、メシが暖かかったりする。こうした小さな努力には泣ける。
    • この時間を使って喫煙者はホームの灰皿に全員集合する。
  2. 名寄本線
    • ホームののりば案内に今も薄っすらと「名寄・紋別方面」と書いてある。

瀬戸瀬駅の噂[編集]

せ と せ
瀬戸瀬
Setose
まるせっぷ
Maruseppu
  えんがる
Engaru

所在地:紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町

  1. 前から読んでも後ろから読んでも。
    • ローマ字では、愛媛の五十崎(いかざき)。IKAZAKI。
    • 各地の赤坂もね。AKASAKA。
  2. 某ラノベで一番最後に死んだ子の名字。
  3. 瀬戸内地方にあるわけではない。JR北海道の駅である。
  4. 似た駅名に志布志がある。
    • 1959年まで「久麻久」なんて駅もあった。
  5. 廃駅2つに挟まれてこの駅だけが残っている。隣の駅の変遷を下に記述。
    • 平成2年まで「伊奈牛|新栄野」
    • そこから平成18年まで「丸瀬布|新栄野」
    • 現時点では「丸瀬布|遠軽」
  • 路線 - 石北本線
  • バス - 遠軽町営バス

北見駅の噂[編集]

所在地:北見市大通西1丁目

  1. 駅前のきたみ東急は2007年10月を以って閉店
  2. 入り口でハッカの匂いがしていたけど今は?
  • 路線 - 石北本線
  • バス - 北海道北見バス

網走駅の噂[編集]

あばしり
網走
Abashiri
よびと
Yobito
  かつらだい
Katsuradai

所在地:網走市新町2丁目

  1. 網走刑務所から出所した者へのメッセージが縦書きされている。
    • 「網走駅」の看板が縦書。
  2. 中心街の最寄り駅はここでなく桂台駅。
  3. JR駅をアルファベット順にすると一番最初になる駅。
  4. 駅蕎麦は非常に不味い。
  5. 冬場は、観光協会がカニ汁を一杯100円で振る舞う。なかなか旨いと思うのだが、当の本人達にあまりやる気が・・・。
    • カニ汁は水産会社の職員がやってる。その会社が2009年1月に潰れた影響なのか、それとも観光協会が道の駅指定管理者になって逃げた影響なのか、2009年の流氷観光時期は無かった。
    • 観光案内所が無くなったのは非常に不評だったようで、5月から小規模ながら再開。
  6. 鉄道路線の乗換駅としては、現時点では日本最北である(他に釧網本線)。
    • 第2次大戦終了直後は南稚内駅→「天北線」が廃止されて名寄駅→「深名線」の廃止でここになった。
  • 路線 - 石北本線 釧網本線
  • バス - 網走バス 斜里バス 網走観光交通

知床斜里駅の噂[編集]

所在地:斜里町港町

  1. 「駅ナンバリングされている駅」としては日本最東端である。
    • 根室本線上の駅では東釧路駅には駅ナンバリングが付けてあるが、そこから根室方向に行った先には1個もない。
  2. 旧名は「斜里駅」で、根北線が分岐していた。
    • 知床駅は室蘭本線にあった。
  3. ホームにプランターがある。



関連記事