千早赤阪村

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 大阪河内千早赤阪

大阪 東大阪
八尾
松原 藤井寺 柏原
美原 羽曳野
大阪
狭山


太子
河南

河内長野 千早
赤阪
和歌山

千早赤阪村の噂[編集]

千早城の入り口、というか登山口
あじさいと棚田(下赤阪城跡)
  1. 楠木正成ゆかりの村を売りにしているが、消滅のピンチに…。
    • 金剛山へ行く途中に通過した記憶がある。
      • 千早城ですね。城跡へつくと売店があります。奥まで行くと神社が。
    • 千早城、上赤坂城、下赤阪城の3つが有名。あと付け城が尾根づたいなどに無数に。下赤阪城趾は現地には単に「赤阪城趾」と書いてあるけど。
    • 村内にはくすのきなんちゃらな建物があちこちにあるが、もともと地元に楠木という地名がないことについて触れてはいけない。
  2. 河内長野市と編入合併を望んでいる。
    • ただ、各地では「正成ゆかりの由緒ある村を消すな。」との声が多い。
      • 初めて聞いた。村域を「千早赤阪村」と言うテーマパークにすれば良いと思う。
      • 千早赤阪村自体は昭和の大合併で出来た村だし、河内長野市も正成に何のゆかりもないわけでもないのに・・・
    • 河内長野市と編入合併するとの事。これで大阪府から村が消滅。
      • いや、まだ「アメリカ村」が残ってんで。(笑)
        • 大阪府唯一の村となったのは1977年11月から。大阪万博の頃は東能勢村(豊能町)や東鳥取村(阪南市)があったから。
    • 編入合併されるのを反対した人も多いが、実際のところ村民は、河内長野を尊敬している。
      • ただ基本的に文化が違うのでどうだろう。結局合併問題も財政問題が主だったし。
    • 2009年、河内長野市との合併は白紙撤回さる。大阪唯一の村存続へ。
    • その昔、富田林市と太子町と河南町、千早赤阪村で合併話があったらしい。どうせもめるなら、南河内郡で合併すればいいのに。
      • それは、人の流れを考えたら無理やと思う。千早赤阪と河南の大半は富田林やけど、太子と河南の一部(=阪南ネオポリス)は喜志、千早赤阪でも小吹台は河内長野やし。結局郡の外へ出んとアカンわ。
      • いっそ、市役所を富田林にでも置くって言うんやったら話は変わってくるけども……
  3. 村の癖に、「小吹台」と言われるニュータウンがある。
    • 奈良の明日香村にもあるよ。住居表示はされてないけど(檜前 緑ヶ丘)
    • 殆ど河内長野や富田林との境。
  4. 南大阪出身者は必ず一度は「金剛山」に登る。
    • 1歳から南大阪(大阪府南部)に住んでるけど登ったこと無い。山はよく見えるけどね。
      • お腹でも壊して遠足休んだのかな?。
        • 違います。金剛山への遠足そのものがありませんでした。
    • 北朝鮮にも同じ名前の山があるが、全く関係ない。
    • 一回どころか一万回以上登った人もいる。山頂の金剛練成会会員の登山回数記録板を見ると、かなりいるらしい。
    • 実は、金剛山の最高地点も三角点設置場所も、御所市に取られている。ちなみに大阪府の最高地点の標高は1053m。
      • もっとも、最高地点は神域なので、どっちみち立入禁止だけどね。
    • 金剛山への登山道は奈良側からよりもこちら側からの方がコースが多くバリュエーションに富んでいる。千早本道、伏見道、黒栂道、太尾道、青崩道…… 古くからあるだけでも此れ位のルートがすぐに思いだせる。
    • タカハタ谷やカトラ谷、文殊尾、寺谷など、現代になってから開拓されたルートも足していくといくつあるのやら……
  5. 千早赤坂村で市内局番が72とか、いろいろとできすぎである
    • しかも市外局番がなんか卑猥である(0721)。
      • 千早赤阪小吹郵便局の電話番号は0721-72-7272…オ○ニー、ナニ、ナニナニとかもう、最悪である…orz
        • 千早、生きろ。
      • 千早村営ロープフェイの片道運賃が720円だったり、河内長野市にある千早口駅のナンバーがNH72になったり……
  6. 下赤阪城の横の棚田は棚田百選に選ばれている。まだそんなに山奥って感じではないが。
    • あじさいもきれいなので一緒に写真を撮る人も。バックに富田林市のスポーツ公園のライトが見えるのはちょっと残念ですが。
    • 下赤阪城に府道705号から行こうとすると赤阪中学の校庭の間、建物の間を通ることになる。通って良いものやら迷って途中まで行って引き返す人多し。(あの道、村道ですか?車で通って良いの?)
  7. 東阪から千早ロープウェイ前までの府道は夜間通行止の筈だが、4時台でも普通に車が走っていたりする。
    • この府道705号が将来、五條まで伸びることがあるのだろうか?
  8. 金剛登山口のしいたけセンターの豆腐がめちゃくちゃうまい。
  9. 結構水が豊富で水場も多く、ポリタンク10個分くらい汲んで、大阪市内まで運んで使ってる飯屋もあるらしい。実際水がうまい。
  10. 昔は、富田林や河南など南河内の他地域よりも、五條とかとのつながりの方が深い地域もあった。
    • 千早峠越えで嫁はんをもろたりしてはる家もあったらしい。
      • 千早峠越えは天誅組が河内を越え五條へ侵攻したルートとしても有名。
    • 一方で、御所とは、河南の青崩ともども水利権を巡って戦争をやったこともある。
    • 今や、御所とは水越トンネルで快適に行き来できる一方、五條へは、水越峠→24と回らねばならないと、立場は変わった。
    • 御所市~五條市は県道30号も使える。
    • どうでもいいけど、国交官僚と奈良4区選出の某政治家は、国道309号から分岐して五條へ抜ける新金剛トンネルというアホみたいな計画を建てているらしい。実現すれば、平成の千早越だが、費用対効果で見れば無意味にも程がある。やるなら自分らの資金でどうぞと言いたい。
      • 某政治家とはT野瀬氏ですね。2017年に奈良県の小選挙区が4から3へ減らされてからT野瀬氏は奈良3区となった。
  11. 大阪初の道の駅ができた村。東京(八王子滝山(一部噂では某宗教のおかげらしいけど))もそうみたいだがこういうのって田舎の方から始まるんはどこも一緒やね。
    • 難点は、国道からはルートがややずれる所に設置されている点。現状でもずれているのに、河南赤坂バイパス完成の暁には、いらな...いや、なんでもない。
    • しかも、隣町の道の駅かなんまで3kmあるかないか程度だから、既にガラガラ。益々以って、いらな...いや、なんでもない。
    • そして、この道の駅は「日本一かわいい道の駅」を売り出し始めた。実際行ってみると、村営施設に家みたいな土産物店が出来ただけで納得。
  12. かつて千早の山奥では高野豆腐の生産が盛んでちはや豆腐という別名もあるほどであったとか。
    • ちはや豆腐のルーツは信州の凍み豆腐で、真田幸村が製法をこの地に伝えたといわれている。
  13. 水越峠は本当に峠を水が越す。
    • 元来大阪側へ流れていた河川2本を奈良側の農民が水路を作り無理やり流路を付け替えたためにこうなった。その後1本は全部奈良へ、もう一本の水は奈良と大阪双方へ流れる構造になっているが、当然ながら度々水利権争いが起こっている。しかしその都度負け続けた河内の住民の情けないこと。
  14. 北の河南町と同じで鉄道というものがない。バスも小吹台と金剛山は河内長野駅から南海バス、それ以外は富田林駅から金剛バスと勢力圏も異なることがよく分かる。
  15. 今のところ、コンビニは1つもない。隣の河南町にはローソンファミマデイリーヤマザキなど結構あるので、その差に愕然。
    • スーパーもなく、個人商店がある程度。この辺りで勢力を誇るサンプラザすらない。河南町に出来たオークワや河内長野、富田林に流れてしまう。
  16. 大阪府で最初に過疎地域に指定されてしまった。
    • 岬町や能勢町も過疎地域に指定されそう。実は高槻市北部(樫田)も過疎地域。
  17. あまり知られていないが、大和葛城山の山頂の大阪側は千早赤阪村だったりする。
    • 結構多くの人が河南町内だと思っているが、実際は千早赤阪村が北側に食い込んでおり、そこにあったりする。
    • もっとも登山ルートとして一般的なのは大和御所側からのルートかダイトレ縦走だし、そんなもんどうでもええっちゃあどうでもええ。
    • そのうえ大阪側からの登山ルートは全部河南町が起点という事実もあったりする。青崩からの天狗谷道と河内(弘川寺)からの弘川道の2本がそれ。



関連記事