千葉の駅/市川市・浦安市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 関東 > 千葉 > 市川市・浦安市

市川市浦安市にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

主な駅[編集]

総武本線[編集]

市川駅の噂[編集]

市川
いちかわ
新小岩   船橋
Shin-Koiwa Ichikawa Funabashi
市川
いちかわ
小岩   本八幡
Koiwa Ichikawa Motoyawata
北口駅舎

所在地:市川市市川・市川南

  1. 総武快速線ホーム(島式ホーム)の外側に通過線がある。
    • 特急退避がある場合、錦糸町駅で各駅停車から快速に乗り換えると新小岩駅あたりで抜いた先ほどの各駅停車に市川駅で再び追い付かれ、さらに西船橋駅まで先行逃げ切りされる。もちろん退避がなければ快速のほうが早いが、退避があるかどうかは乗ってみないと分からない。
    • 殆どの快速がここか千葉駅で待避が行われる。昼間は君津行き、46分位千葉行きがここで特急待避、成田空港行きは千葉で待避。
  2. 集中化を避けるために快速停車駅を市の中心駅である本八幡駅ではなくここにしたらしい。
    • 中心の駅は市川
      • どう考えても本八幡。市役所を始め主要な施設は全て本八幡にある。
        • どうもすみません。私の誤解でした。今後気をつけます
          • いやあ、わかってくれてうれしいよ。ちなみに市川村は明治2年に発足したけど、八幡はその時から八幡町だからね。
  3. 快速線ホーム(下り通過線)が撮影スポット。雑誌などにもここで撮った写真がよく使われる。順光時間は午前中。
    • 午後も一応上り線が順光になるものの、構図的にあまり撮影には向いていない。午後は隣の本八幡か、更にその隣の下総中山が有名スポット。
  4. 発車メロディーが周りの駅よりもイカしている。(特に3番線のムーンストーンが好き)

本八幡駅の噂[編集]

本八幡
もとやわた
市川   下総中山
Ichikawa Motoyawata Shimousa-Nakayama

S
21
本八幡
S
20
篠崎
Shinozaki
もとやわた Motoyawata
北口駅舎

所在地:市川市八幡

  1. 都営地下鉄で唯一の千葉県内にある駅。
    • 京王線の車両も乗り入れる。
    • というか、全国の公営地下鉄では唯一他の県に越境している駅でもある。
  2. 京成八幡駅も近いため、何気に交通の要所。
    • ただし、JRと京成の乗り換えは船橋駅のほうが便利なためやや少ない(向こうは快速も止まる)。
  3. 都営新宿線を新鎌ヶ谷駅、さらに千葉ニュータウンまで延ばす千葉県営鉄道計画はこけた。
    • 未だに計画自体は残っているが、はたして実現するのやら。
  4. 「ほんはちまん」ではない。

京葉線[編集]

新浦安駅の噂[編集]

所在地:浦安市入船

  1. 京葉線内の駅の利用者数は4番目に多い
  2. 待避線のある京葉線の駅の中で一番活用している駅
  3. 駅前はショッピングモールだらけ特に海側
  4. 新浦安と浦安の街並みの差が激しい
  • 路線 - 京葉線
  • バス - 東京ベイシティ交通、浦安市コミュニティバス、京成バス、京成トランジットバス

市川塩浜駅の噂[編集]

所在地:市川市塩浜

  1. 京葉線と西船橋方面へ向かう高谷支線の分岐駅
    • 実際は、京葉線と武蔵野線の分岐駅と認識する人が多い
      • それどころか、同じ京葉線の線路だと知っている人が少なさそう
  2. 周りが工場や倉庫だらけで人気が少ない
    • そこに降りる人のほとんどが近くの工場関係者
  3. 駅の近くには行徳警察署が立地している。
  • 路線 - 京葉線、武蔵野線
  • バス - 京成トランジットバス

二俣新町駅の噂[編集]

所在地:市川市二俣新町

  1. 高谷支線と二俣支線の間に挟まれた所に立地
    • なぜそんな所に駅を作ったのだろうか
    • 地名は駅開業後に二俣新町になったのだろうか?
  2. 京葉線内では最も利用者数が少ない駅
    • そんな駅にも関わらず、遠方へ向かう高速バスのバス乗り場がある。
  3. 市川塩浜駅と同じように工場や倉庫が建ち並んでいる
    • なおこの駅を最寄り駅にしている短大や高校もある
      • いずれも西船橋、原木中山+α扱い
  • 路線 - 京葉線
  • バス - 京成バスシステム、京成トランジットバス

京成電鉄[編集]

国府台駅の噂[編集]

道路上の駅名看板

所在地:市川市市川

  1. 川を越えたら、そこは東京都。
    • さらに隣の駅が普通に見える。
  2. 昔、ここまで新京成線を延伸する計画があったらしい。
    • 流山鉄道が市川まで延伸するのを阻止するため
  3. 戦前、この付近に陸軍の基地があった
    • その場所は今では、大学の用地などに転用されている。
      • 和洋女子、千葉商科、東京医科歯科大学
        • あと付属校が大学3校周辺に点在。
  4. 南側にJRの鉄橋が見えるけれど、こっちが最大18m車8両なのに対して、向こうは20m車15両という、倍以上の長さなのを見て、少し劣等感を感じてしまう。

市川真間駅の噂[編集]

所在地:市川市真間

  1. 2面4線の駅にあるにも関わらず、普通のみ停車。
    • 昔は急行が止まっていたけど、廃止された。
  2. 快速停車の要望はあるらしい
    • その話は10年近く進んでいない。
  3. 近くにJR市川駅があってそれに圧倒されてか、この駅は少し寂れ気味
    • JRに完敗なんだよなぁ…京成は
  • 路線 - 京成本線
  • バス - 京成バス

菅野駅の噂[編集]

所在地:市川市菅野

  1. 駅の真下に高速道路が建設中
    • よく真下に道路を通そうとしたね
      • 開通は2018年の予定
  2. プラットホームの幅が狭い
    • 周りが住宅地だから拡張しようがない。
  3. 菅野駅周辺は千葉県屈指の高級住宅街であるらしい
    • 外環道の計画から建設着工までの期間の長さからして、お金持ちのエゴイズムが働いていたかもしれんなぁ
      • 確かにあのあたりは大きい家が多いし実際に富裕層も多いけど、消防車もまともに入っていけないような狭い路地ばかりで、早い時期からスプロール化が起きてるところだからね。区画整理やら、鉄道・道路を通す大規模再開発とかってなると、建築基準法や消防法云々で元の居場所に戻れない可能性もあるし。
  • 路線 - 京成本線

京成八幡駅の噂[編集]

けいせいやわた
菅野 京成八幡 鬼越
Sugano Keisei Yawata Onigoe
右手に京成本社新社屋

所在地:市川市八幡

  1. 都営とJRは同じ「本八幡」なのに、乗り換えは都営しか案内しない。
    • ライバルだから?
    • JRに乗り換えるなら普通に船橋でよいのでは…?船橋ではちゃんと案内あるし
    • 都営の本八幡駅はJRと駅名は同じでも、実はJRと京成の中間位置に長いプラットホームを渡し、両端で両方の駅に接続する構造なのですね。この駅で京成とJRとが接続するには、ちょっと遠いのです。
    • 東京へ通学するのにJRで本八幡乗り換えで定期買おうとしたら、接続してないから、京成八幡から先は京成で買ってと言われた(by元京成成田駅利用者)。
  2. 市川市内の代表駅で、ライナー系以外は全て停まるのに駅やホームがショボイ。
    • 本社移転決定を機にナンボかマシになったけど、遙か未来の地下化または高架化を見据えて、抜本的な工事はなされていない…
      • 船橋のほうが立派な駅舎って…
      • 高砂方の菅野5号踏切(所謂「北京通り」に面している)側は細い上に8両の停止位置がホーム端ギリギリなので、ホームドアを導入する際の障壁になっているのが見え見え。これも立体交差で解決することなので早期実現なるか?
  3. 駅舎と接続していた京成百貨店の解体と跡地再開発に伴い駅舎も改良され、エレベーターが設置された。
    • で駅舎下に飲食店が数軒入ったのだがどの店も長続きしない。同時に入居した道路挟んで向かいの本社ビル1Fの店舗はどれも続いているのだが。
  • 路線 - 京成本線
  • バス - 京成バス

鬼越駅の噂[編集]

所在地:市川市鬼越

  1. 税務署と簡易裁判所と小さい駅の割には官公施設が多い。
  2. 駅が小さいにしては、大型ショッピングモールがあるなど、当駅周辺で生活するうえでそこまで不便さはない。
    • とはいえど、乗る時はJRに流れるだけ
  3. 鬼越駅に限らず沿線のどこもいえる事だけど、木下街道が多い
    • 細い路地があちらこちらにあるから
  4. 昔は中山鬼越という駅名だったらしい
    • どんだけ中山をつけたがるのか
  5. 市川学園の最寄り駅らしい。JRは本八幡か市川大野。
  • 路線 - 京成本線
  • バス - 京成バス

東京メトロ東西線[編集]

浦安駅の噂[編集]

所在地:浦安市北栄

  1. 駅名検索をかけると鳥取の同名駅も出て来る。利用頻度としてはこっちの方が圧倒的に多いだろうけど。
  2. 旧市街地に近い所に線路を通した為、埋立地に出来た新浦安駅と比べると昔ながらの街並み感が。これでも当時は街の外れであったが。
    • 京葉線開業まではTDRへの輸送はここからバス路線利用が一般的であった。今でも京葉線が止まった時の振替輸送を担う事もある。
      • 路線バスは県道24号沿いにある「浦安駅入口」バス停に停まるのが殆ど。駅ロータリーが狭すぎるせいだが。
  3. 開業当初は快速が全て通過していた。利用客増加に合わせて停車列車が増え、今では全列車停車。

南行徳駅の噂[編集]

所在地:市川市相之川

  1. 開業当初には存在しなかった。
  2. 地名は相之川だが、南行徳と名付けられのは旧町名が由来。近隣の公共施設も同様である。

行徳駅の噂[編集]

所在地:市川市行徳駅前

  1. 嘗ては広大な塩田地帯であった。
    • 建設工事中の光景は完全なド田舎そのものであった。今では想像すら出来ないレベルで。
      • あの当時に複々線化と言う発想自体出て来なくても無理は無い。むしろ頭おかしいと言われるのが目に見えていた。
  2. 待避線を追加で設置する構想があった。
    • だが妙典駅に待避線が設置された為、その構想は自然消滅している。
      • 嘗ては折り返し列車もあったが、妙典駅開業と共に入れ替わる形になった。

妙典駅の噂[編集]

所在地:市川市富浜

  1. 元々行徳検車区への出入庫の為の信号所として設置されていた。
    • 人口が増えた時点で駅を設置する構想はその頃からあった。
      • 開業から30年余り経過して、その構想が実現した。
  2. 都心方面の混雑が激しいせいか、中野方面のホームの幅が広い。
  3. 線路の錆取りの為に、たまに待避を行わない列車も待避線ホームに停車する。

舞浜リゾートライン[編集]

全駅所在地: 浦安市舞浜

リゾートゲートウェイ・ステーション駅の噂[編集]

  1. この駅を利用する人の大半は東京ディズニーシーへ向かう人々である。
  2. 乗る時と降りる時で通されるルートが違う。
    • 特に降りた後のルート上には観光客目当てと思われるショップが目立つ。
  3. 法律上「駅」と付けなくてはならないため「ステーション駅」と二重表現になってしまっている。
    • リゾートラインの他の駅も同様。
  4. 車庫から出庫したリゾートライナーの始発駅。
    • ちなみに最終便のみ当駅が終着。

東京ディズニーランド・ステーション駅の噂[編集]

  1. 舞浜駅からディズニーランドまでは、リゾートラインに乗るより歩いて行ったほうが早い。
    • ランド⇔ベイサイド、ランド⇔シーの移動には使う。
  2. 実は正式表記だと日本で一番長い駅名になる。

ベイサイド・ステーション駅の噂[編集]

  1. ランドとシーしか用がない人には存在意義が分からない駅。
    • オフィシャルホテルの最寄駅……とはいえ、ホテルまではバスで移動しなければならない。結局、ホテルに用がある人にも存在意義が分からない。

東京ディズニーシー・ステーション駅の噂[編集]

  1. 一応、ディズニーリゾート外の浦安市の一部施設への最寄り駅である。
    • リゾートライン側も施設側もこの事実を案内しておらず、舞浜駅を最寄りとしている。
      • 実際、リゾートラインを半周するよりも舞浜駅から歩いたほうが早いようで。
  2. 車庫に入庫するリゾートライナーはここが終点。
    • ただし乗降ホームが分かれているため、日中は1駅前のベイサイド・ステーションを終点としている。



関連記事