千葉薬品

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

千葉薬品の噂[編集]

  1. 本社は千葉市にあり、千葉・茨城の南東部を中心に展開している。
  2. 店舗は、ヤックスドラッグ(ドラッグストア)・ヤックス(スーパーマーケット)・アタックファイブ(スポーツ用品店)の3通りがあるが、今はヤックスドラッグが中心。
    • 以前は書店やディスカウントストアーも展開していた。
  3. 同じ県内に本社のあるマツキヨよりは地味で、千葉・茨城以外には店を展開していない。
  4. 薬局では珍しい自然学校を持っており、あちこちで親子キャンプ等を行っている。
  5. 毎年3月頃に子供向けマラソン大会を行っている。
  6. ヤックスの由来はYoung And Cleanの頭文字をとったもの。名付け親は当時千葉大学教授だった多湖輝先生。

ヤックスドラッグの噂[編集]

  1. グループの主力。出店エリアが細かく、競合他店が進出しないような小さな街にもある。
    • 千葉市以南ではだいたいの街にあり、地味ながらも競合他店を圧倒している。
  2. さらに、人口が5万人くらいの市町村でも24時間営業の店があり、地元では結構ありがたい存在になっている。
    • 夜中に緊急搬送→手術→入院となった際、病院の近くにあった24時間営業のヤックスドラッグ。近隣にはマツキヨやウェルシア、カワチもあるのだがすでに閉まっていて、病院で使うものを即揃えられて本当に助かった。その節は本当にお世話になった。
  3. 介護支援センターを併設している所では介護相談も行っている。
  4. 薬剤師が常駐していない店がある。
    • そういう店は第1類薬品の取扱が無い。
  5. 期間終了後もセール中の値札を付けたままの場合があり、一瞬戸惑う。
    • 逆にセール中で安くなっていても、セール前の値札のままの時もある。
  6. ポイントカードの切り替えが進行中。

ヤックスの噂[編集]

  1. 元々こちらから展開を始めた。
  2. 今も千葉市内を中心に8店舗ある。
    • 以前はもう少しあった。
  3. イオン等大手が注目するずっと前から年中無休・24時間営業のスーパーを手がけていたことはあまり知られていない。
  4. 80年代には「雅客超級市場」という名称で台湾に3店舗ほど進出していたこともあまり知られていない。1991年に地元のウエルカムスーパーに売却という形で撤退。(「雅客」はヤックスの当て字、「超級市場」はスーパーマーケットの意味)

アタック5の噂[編集]

  1. なぜ薬局がスポーツ店を?と思うかも知れないが、当時の大店法で規制を受けない売り場面積で可能な業態として始めたという(公式サイトから引用)。
  2. ブームの頃はスキー等も扱っていたが、現在は釣りやキャンプ用品などアウトドア用品がメイン。
    • 海に近い場所柄という要素も多分に反映していると思われ。
      • 確かに多くは海沿いだが、新利根・佐原・神栖・銚子芦崎と利根川沿いの出店も結構多い。ちなみこの辺り同業他社の出店が少ない(強いて言うなら神栖に1店だけある)。
  3. 独立した店舗と、ヤックスドラッグ内併設の2通りがある。
  4. 5は「ファイブ」と読むが、もちろんこことは関係ない。



関連記事