名前の秘密

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

目次

男性の名前[編集]

明博[編集]

  1. 隣の国にもいることが数年前に判明し、それ以来あだ名が一つ増えた。
    • と言うかあの人は通名の読みが「あきひろ」なので実質的にはこっち由来の名前だったりする。
  2. 明治十年生まれでこの名前の人いるのかな。昭和十年生まれの「昭博」さんが居たので(偏に注目。ただの偶然かもしれぬが)。

いちろう[編集]

  1. イチローのおかげもあってか、太郎ほど廃れてはいない。
    • と言うかイチローにあやかって付けた人も多い。
    • 当のイチローが実は次男だというのは有名な話。
      • イチローの兄は「一泰」。
  2. 三郎さんの方が多いらしい。
    • 長男は一郎と太郎が、次男は二郎と次郎が食い合うため。
  3. 大学受験に際しては、若干の縁起の悪さを感じるかも。
  4. 一郎、一朗、がある。稀には市郎とか伊知郎などもいる。
    • 「朗」は、「いちろう」ではある程度多くみられるが、「たろう」等、他の「ろう」ではさほど多くない。
  5. 一郎+太郎で一朗太はたまに見かけるが、一太郎はワープロソフトでしか見かけない。

[編集]

  1. 「がい」のローマ字表記をGaiからGuyにするか迷う。
  2. イギリス人からフォークスやリッチーを思い出される。
  3. 勇者王。

かつお[編集]

  1. 某有名アニメの影響からか、何気に「磯野」といじられることが多い。
    • 野球に誘われると「磯野、野球やろーぜ」といじられることも。
  2. あのプロボクサーの存在も忘れるな。

勝平[編集]

  1. 伊那、という苗字との相性は悪い。
    • 声優の山口勝平の勝平という芸名の由来は、先輩から田舎っぺ呼ばわりでからかわれていたことかららしい。

球児[編集]

  1. 必ず親に野球をやらされる。
    • 野球が下手だとガッカリされる。
    • 漢字だけ見れば、サッカー(蹴球)とかバスケ(籠球)でも良さそうなのに、ガッカリされる。
  2. 球児くんが科学部にいたらガッカリする。
    • 巨人ファンだったらもっとガッカリする。
  3. 苗字は「青空」。
  4. 藤川?
  5. 阪神タイガースファンだったとしたら喜ばれる。

金太[編集]

  1. 大冒険にはいつ行くんだ、とけしかけられる。
  2. 負けるな、と励まされる。
  3. 大柄じゃないと名前負けしていると言われる。親は親で「金太郎のように力強く育ってほしい」と思って名付けたのだろうけど…。

[編集]

  1. 「けん」か「たける」のどっちかに二分される。
    • 「たけし」は?
  2. 漢字が漢字だからか、弟の名前は大体「康」が付く。
    • 「健一」→「康二」辺りがベタな例か。
    • と言うか親が予め2人目の為にこの名前にしていることもある。
  3. 「健」と書いて「さやか」と読む女性がごくまれに居る。

けんと[編集]

  1. 「けん」の字は大体上の「健」だが、「と」の部分が人になったり斗になったり…。
    • 稀に「たけひと」と読むパターンもある。
    • 「健」以外だと「憲」になる場合がある。
  2. 「スーパーマンと同じ名前だ」と言われるが、彼の場合ケントは苗字である。
    • デリカットさんやギルバートさんだとケントが名前になるのでますますややこしい。
    • 英語圏のケントはおそらくイギリス南部のケント州が由来。
  3. 同じ名前の煙草に複雑な思いを持つ。
    • 例の煙草を見てローマ字表記を「Kent」にするか「Kento」にするかで悩む。
    • ちなみにこのタバコは苗字の方のケントが由来らしい。

[編集]

  1. 読みは。「げん」「はじめ」。
  2. 名前に続けて肩書きを書くと、現在の肩書きなのに以前の肩書きと間違われることもある。

元気[編集]

  1. 落ち込んでいるだけで「お前、名前負けしてるぞ」と言われる。
  2. 性格より下半身が元気である。
    • 変態か!
  3. 「元気」より「現金」だよね。とか言われる。
  4. 稀に「もとき」と読む場合がある。

三太[編集]

  1. クリスマスの時にネタにされる。

じょうじ[編集]

  1. ローマ字表記を、JoujiでなくGeorgeとしたがる。

正太郎[編集]

  1. 年長女性に人気の男児名らしい。
    • 元ネタは鉄人28号。

しろう[編集]

  1. もともとは「四郎」なのだろうが、「史郎」とか「士郎」などの方が多そうに思える。

じろう[編集]

  1. じの部分は「次」か「二」のどちらか。
  2. 黄色いラーメン屋

たくろう[編集]

  • 拓郎、琢郎など
  1. 受験期が近づいてくると、名前のせいでいろいろ心配される。

[編集]

  1. 「たけし」、「つよし」の2通りの読み方があるので、高確率で読み間違えられる。
    • それは「剛」でもそうだ。

[編集]

  1. クラス委員の選挙で、委員になるならないに係わらず大活躍する。
  2. 「まさし」と「ただし」の2通り読みがある。

太郎[編集]

  1. 最も日本人男性を代表する名前だが、現代では珍しい。
    • 「漢字一文字+太郎」なら結構多い。
      • 特に幼い頃、昔話の主人公と関連付けられやすい。
        • 2016年現在ではその主人公達をモデルにした某携帯CMもあるので尚更。
  2. 名前を書く書類のサンプルによく使われる。
  3. 漢字が読めないと思われがち。
  4. 「一姫二太郎」について微妙な思いを持っている人も多いはずだ。

[編集]

  1. 多くは「ちから」と読む。
  2. 「りき」と読むこともある。
  3. 一部「つとむ」と読むケースも。
    • 「まじかる☆タルるートくん」のことですね。わかります。
      • その「まじかる☆タルるートくん」には原作には2人登場する。だが性格は正反対。

[編集]

  1. 多くは読みが「はじめ」だろうか。自分の名前を漢字で書くことに関しては非常に早熟であろう。

ひろし[編集]

  1. 日本一人口が多いと言われる名前。
    • 漢字の種類も豊富。
  2. 一時期、「ガラスの部屋」をBGMに自虐ネタをさせられたとです。

ふみとし[編集]

  1. あだ名は、ふんどし。特に富山県から他県に転居した ふみとし さんは高確率でそう呼ばれる。

Alphonse[編集]

  1. やはり錬金術師兄弟の片割れだろうか。

Giovanni[編集]

  1. が一晩でやってくれました。

女性の名前[編集]

あい・愛[編集]

  1. 2004年ごろスポーツ選手で流行。
  2. 愛と書いて「まな」と読む人もいる。
    • 愛と書いて「めぐみ」と読む人もいる。
    • 愛と書いて「まなみ」と読む人もいる。
    • フィクションだが、愛と書いて「いとし」と読む男性もいる。
      • 新聞にも飯○愛と同姓同名の男性が取り上げられたことがある。こちらはVOWのネタにされたこともあった。
  3. 六代目三遊亭圓楽(戸籍名:會泰通(あい・やすみち))さんの長男の妻は「会愛(あい・あい)」さん。
  4. 幼い頃、童謡の「アイアイ」が好きな曲であり嫌な曲だった。
    • イニシャルがIだと尚更で、成長してからのニックネームも「アイアイ」だったりする。

あきえ[編集]

  1. 吉本新喜劇ファンからは姿形に関わらず不細工だといわれてからかわれる。

あきこ[編集]

  1. あきこさんの88パーセントは「春子とか夏子のほうがよかった」と気にするが、周囲は「気にし過ぎだよ」と言う。
  2. あきこさんの92パーセントは「、、、和田?」と言われる。
  3. あきこさんは、苗字が特徴的じゃない限り、「アッコ」と呼ばれる。
    • 「あきちゃん」or「あっちゃん」というベタなパターンも。
  4. あきこさんの85パーセントくらいは、コンパクトの鏡に向かって「テクマ(略」を言った経験があるが、元ネタの主人公の名は「あつこ」である。
  5. 「あ、紀子様」と呼ばれる。
  6. 某コンビニチェーンのイメージキャラクターを思い出す。

あつこ[編集]

  1. 大体は「あっこ」と呼ばれる。
  2. 最近では某アイドルグループの元メンバーの影響からか、「あっちゃん」と呼ばれることも。

あや[編集]

  1. 基本「綾」と「彩」の二択。たまに2文字で「亜矢」もいる。
    • 「絢」も忘れないで。
    • 「文」「史」は「ふみ」か「あや」か悩むところ。
  2. 「あや」がつく名前は女性声優に多い。
    • 一番有名なのは涼宮ハルヒの中の人、最近だと妖怪ウォッチフミちゃんの中の人。
  3. 一時期この人の影響からか「あやや」と呼ばれたりも。
  4. ChakuwikiのユーザーIDにも1名いる模様。

あやか[編集]

  1. 上にもあるように声優に何人かいるが、なぜかスポーツ選手には少ない。
    • 「あや」ならけっこういるが。
  2. アーティストやアイドルには結構いるイメージ。
    • アーティストなら平原綾香や絢香が、アイドルなら村上綾歌や小松彩夏が真っ先に思い浮かぶ。
    • AKB48のメンバーだと初めは不幸だったがその後派生ユニットのメンバー入りするなど成り上がったケースも。
      • 何気にNMBに多い気がする。菊池あやかも梅田彩佳とともに移籍をオファーされたが、あえなく卒業した。
        • 最近では山本彩加が加入し、山本彩との混同が懸念される。
    • ももクロのピンクは?
    • Perfumeのあ~ちゃんは?

いくよ[編集]

  1. 「私は妹が居るよ」と友達に言うと高確率で「名前は『くるよ』?」と聞かれる。勘弁してくれ…。
    • ちなみに女性漫才コンビの「今いくよ・くるよ」は他人同士。
  2. 漢字で変換しようとすると「逝くよ」なんて出てくる。byそんな名前の某ユーザー

えりか[編集]

  1. 「エリカ」は外国人女性の名前でもある。
  2. 漢字2文字にしようとしても読み2文字の候補が「襟」ぐらいしかないため、必然的に3文字それぞれに漢字を当てることになる。
    • 「え」も「り」も「か」も候補の多いこと多いこと。組み合わせは無限と言ってもいい。|え‖り‖か| を揃えるスロット台が出てもおかしくない。
    • 芸能人で漢字のままだと、余程メジャーにならない限り漢字の組み合わせを覚えてもらえないので、平仮名か片仮名でデビューした方が無難と言えば無難。

幸子[編集]

  1. 両親が不幸そう
  2. 小林さんにプロポーズされて悩む
    • 「私の名字をあげるから使ってちょうだい。」と返せばいい。
  3. 「ゆきこ」か「さちこ」かわからない
  4. わざとだよ?
    • 『NANA』乙
  5. 「さちこ」の場合、童謡の「さっちゃん」をネタにされやすい。

さやか[編集]

  1. メジャーな名前なのに、漢字をあてにくい。
    • 「沙也加」「紗耶香」のように、1文字ずつあてる万葉仮名パターンが多い。
    • 意味に合った文字を当てるとしたら「明香」「清香」とかになると思われる。でもそう読んではもらえまい。
    • しかし、「才加」や「彩」まで「さやか」かよと…。
      • 別の読みかと思った?残念!さやかって読みでした!
      • 山本彩(さやか)のいるNMB48に山本彩加(あやか)が加入しさらなる混乱が。
        • デレマスの声優陣にも大橋彩香(あやか)と原田彩楓(さやか)がいるが、後者が新人だった為かやはり混乱が起こった。
    • 9nineの西脇彩華は姉(Perfumeのあ~ちゃん)が「綾香」なので紛らわしい。

なおみ[編集]

  1. 英語圏の女性名「Naomi」は、読みは同じだが語源的な繋がりはないらしい。
  2. 男性の「なおみ」もいるにはいるが(冒険家等)、それをもって男女共通の名前というほどでもない。

花子[編集]

  1. 最も日本人女性を代表する名前だが、「太郎」同様、現代では珍しい。
    • と言うか「○子」自体が絶滅危惧種。
  2. これも「太郎」同様、名前を書く書類のサンプルによく使われる。

はるか[編集]

  1. AKB48グループで増殖しすぎな名前No.1。
    • しかし国内ではNMBにだけいない。
    • また、1文字の「遥」はHKTにしかいない。
      • 逆も然り。HKT在籍経験のある「はるか」は全員「遥」である。
    • 残念ながら乃木坂46にはいない
  2. 関西ではJR関空特急にされる。
  3. のヮの
  4. 1文字の場合は男性も可能性ある。その場合たいていは遥である。
    • 実は男性漫才師にも実在する。

まい[編集]

  1. 漢字のパターンはいくつかあるがいちばんポピュラーなのは一文字では「舞」二文字だと「麻衣」になるのかな?
  2. 80年代半ばから90年代前半生まれの世代だとクラスに必ず1人か2人はいるイメージ。
    • 実際にこの年代の女性芸能人でもこの名前はかなり目立つ。
      • 乃木坂46には主力メンバーに「麻衣」が2人いる。
  3. かつてのNHK教育テレビの食育番組「ひとりでできるもん」の主人公の女の子の名前
  4. あだ名は「まいまい」が多い。
  5. 渕上舞(声の方はガルパンとかアルペジオで有名、純粋なアイドルは博多)という混同してしまう名前。

まり[編集]

  1. 「おだ」さんや「みずた」さんとは結婚できない。
    • 「まりこ」さん「まりえ」さんも同様。
    • 「ふんづ」さんとも結婚できない。
    • 「ゆきど」さんとも結婚できない。
    • 「ゆきづ」さんとも結婚できない。
    • 「はなづ」さんとも結婚できない。
    • 「ちだ」さんと結婚したら・・・ ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
    • NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」でヒロインの妹が鞠子(まりこ)という名前で結婚相手が水田さんだったので、役名とは言え「大丈夫か?」と思えた。
  2. そんな憂鬱を描いた「まりッジブルー」というエッセイが存在する。

まりあ[編集]

  1. 姓が「あべ」だとキリスト教徒と思われる。
    • 実はAKB48のメンバーに実在する。
  2. 「まりや」と書き間違えられやすい。

みほ[編集]

  1. 「美保」や「美帆」もそれなりに見かけるけどいちばん目立つのはやはり「美穂」。
    • もうちょっと年齢が下がると「未歩」とかになる。
  2. 某女性芸能人の影響で「ミポリン」というあだ名をつけられることも
    • ある年代では彼女にあやかって名付けられた、という娘も結構いるとか。
  3. 競馬ファンには女性の名前ではなくトレセンのあるところ、などと認識する人も少なくないかも。

みゆき[編集]

  1. 中島みゆきと無理やり関連付けられる。
  2. 銀座をアイビールックで闊歩するイメージも。
  3. 顔がペコちゃん似だと「ミルキー」と綽名されることも(実際そういう同級生がいて…)。
    • NMB48ファンにとっても、「みゆき」といえば「みるきー」を思い出す。
  4. プロゴルファー兼牝馬三冠ジョッキー。

[編集]

  1. 99%の恵さんは、友達から「メグ」と呼ばれる。
  2. 「メグちゃん」「メグメグ」もいる。
  3. 「めぐみ」といっても纒を持って歩いている人は滅多にいない。
  4. 「めぐみ」だと思ってたら、実は「ケイ」ってこともある。
    • 「めぐみ」だと大抵女性だが、「けい」だと男性にもいる。
  5. 恵恵。これで姓名として通じる
  6. 稀に、「めぐむ」ちゃんがいる。

ゆきみ[編集]

  1. ぶきみちゃん、というあだ名をつけられる可能性がきわめて高い。
    • 「大福」とか。

玲奈[編集]

  1. 「れな」と「れいな」の2パターンに分かれる。
    • 松井玲奈・能年玲奈は前者、トリンドル玲奈は後者。
    • というより、「れ」と読む漢字はほぼないに等しいので必然的に「れい」と読む字を使うことになる。
      • 田中麗奈(れな)と田中れいな(本名・麗奈)がもっと際どいケース。

ann/anne[編集]

  1. 最後の「e」を付けるか付けないかでもめる。
    • 確か赤毛のアンにそんなくだりがあった。

男女共通(Unisex)の名前[編集]

  • 一般に特定の漢字表記の場合男性名もしくは共通、ひらがな表記や特定の漢字表記で女性名になるが例外も多い。
  • 上の男女どちらかと書かれる名前もそのうちここに移動してもよいようになりそうだ。Camilleのように
  • 読み方五十音→漢字表記(代表的な読みの五十音)→外国名で配列して下さい。

あきら[編集]

  1. 漢字なら基本的に男性名。
    • フィクションではカタカナで書かれやすい。
  2. ただし「晶」に限り女性の場合がある。
    • 中学時代の同級生に「玲」と書いて「あきら」と読むおにゃのこがいました。
  3. 「明楽」、「審良」などのように、名字の場合もある。

アンリ[編集]

  1. フランス語では「Henry」で男性名。
  2. 日本語では女性名。

いずみ[編集]

  1. 「泉」だとどっちの可能性もある。
  2. 「泉水」だと坂井泉水が連想されるが、名字もある(読みが「せんすい」の場合も)。
  3. 「和泉」「出水」は名字。
    • 前者を「わいずみ」と読むことも。後者は「いでみ」、「でみず」、「いみず」など様々。
  4. 本当は「いづみ」と表記するのに「いずみ」と誤記される人も多い。

かおる[編集]

  1. 明治の元勲(にしては少々アレだが)井上馨など、元来は男性名のことが多かった。
  2. 「薫」もそれだけでは性別不明。著名人にも男女両方いる。
    • 作家の高村薫は女性。北村薫は男性。
  3. ひらがなで「かおる」と書けば殆どの場合おにゃのこ。
    • フィクションでは「立花かおる」なる人物が男性(ダッシュ勝平)にも女性(ファミコンロッキー)にもいる。
  4. なお、似ているが「かおり」(表記は様々)は概ね女性名。
    • ロンドン五輪金メダリストに、普通は「かおる」と読ませるであろう字を「かおり」としている方が2名。

かずみ[編集]

  1. 多くの場合女性だが、男性にも少なからずいる。
    • 諸星和己(元光GENJI)、斉藤和巳(元プロ野球選手)、斉藤一美(文化放送アナウンサー)、渡辺香津美(ギタリスト)などは男性。

けい[編集]

  1. 「慶」「啓」だとほぼ男性。
  2. 「圭」「恵」あたりは微妙(後者は女性寄りかも)。
    • 「恵」は一概におにゃのこだとは言い切れん。元広島カープ捕手の「田村恵(たむら・けい)」の例もあるし…。
      • 「圭」も女とは限らないかも。お笑いタレント・清水圭の例がある。
        • 本名は「清水圭太」
        • 俳優・田中圭は本名。
        • プロテニス選手の「錦織圭」も。
  3. 女性の「けい」さんは、ローマ字表記をKeiでなくKayとしたがる。
    • 単なる「K」も。

しのぶ[編集]

  1. 京都にいる時にはこう呼ばれる。
    • 神戸では渚と名乗る。
      • 横浜に戻ったらひろみ。
  2. 「忍」と書けば男女どちらも。ひらがなで男性はかなり珍しいかも。
    • ひらがなの本名どころか山崎まさよしのように本名をひらがな書きで生きる人もまず男性ではない。カタカナ表記は両性ともにあまりない。
  3. 「信夫」と書く場合もある。(ex.折口信夫

じゅん[編集]

  1. 漢字によって性別を区別しない(できない)。
    • 例 要潤、松本潤は男性。長谷川潤は女性。
    • 例 しずるの村上純は男性。美保純は女性。
  2. おそらく松潤の影響であるが、短縮されて呼ばれることがある。
  3. 純、潤などは「じゅん」としか読まないが、淳は「じゅん」とも「あつし」ともよめる。あつしは男性のみ。
    • 例 ロンドンブーツの田村淳は「たむらあつし」 ゴールデンボンバーの歌広場淳は「うたひろばじゅん」と読む。

たまき[編集]

  1. 「環」は男女どちらもいる。それ以外の漢字・ひらがなはほぼ女性名。
  2. 「玉樹」など「樹」で終わる2字は男性が多い。それでも「珠樹」は女性優勢。
  3. 「玉木」「玉置」などと書かれれば、だいたい苗字。
  4. あだ名が「たまきん」になる可能性大。

ちあき[編集]

  1. 男性のちあきも意外といる。
  2. 「あき」が「昭」だと男性の確率が高い気がする。「晶」だとほぼ女性か。
  3. 「智秋」とかいて「ちあき」と読む人がいるが、漢字だけ見たとき「ともあき」という男性かと勘違いしていたことが。

ちひろ[編集]

  1. 一番多い表記は「千尋」。
    • 某ジブリ映画を思い出す。
  2. ひらがなで書くと、どこぞで鬼だの悪魔だのと呼ばれてい…おやメールだ。

つかさ[編集]

  1. 漢字で「司」などと書けば大体男性名。
    • 女性だとKIX-Sのボーカルだった浜口司がいる。
  2. ひらがなで「つかさ」と書けば殆どの場合おにゃのこ。

つばさ[編集]

  1. どうしても女性名に使われる事に納得がいかないのは俺だけか。
    • 「キャプテン翼」は偉大だ…。
      • 本田翼という名前を初めて聞いてサッカー選手か?などと勘違いしてしまった人は結構いるはず。

なぎさ[編集]

  1. 「渚」と書くと一見女性名のイメージだが大島渚(映画監督)新垣渚(プロ野球選手)村田渚(フォークダンスDE成子坂・故人)と男性でもそれなりにいる。

のぞみ[編集]

  1. 女性に多いが、男性にもいる。
  2. 間違いなく新幹線をイメージする。
    • 静岡県民にとって鬼門の名前。
  3. スピリチュアルやね。

ひろみ[編集]

  1. 郷ひろみ(裕美)など男性に用いる場合も多い。
    • クイズヘキサゴンに出てた慶応ボーイの崎本大海もお忘れなく。(大海と書いてひろみと読む。)
      • ふかみ・ひろみ(漢字忘れた)とかいうザ・たっちをオカマにしたような人たちもお忘れなく。
        • 「広海・深海」のこと。ただし芸名。
    • 「ヒロミ」も帰ってきましたよ。
    • エースをねらえ!の岡ひろみと同姓同名の野球選手の岡大海も。

まこと[編集]

  1. 漢字で「誠」などと書けば大体男性名。
  2. 「真琴」などと書けば女性名。
    • 例外、紀藤真琴(元プロ野球選手)
    • イラストレーターの高橋真琴が最近男性だと知ってびっくりした。少女・幼女向け雑誌のイラストを手がけていたので子供の頃からずっと女性だと思っていたのに…。
  3. ひらがな表記でも男性だったりする(藤田まこと、など)
    • 藤田まことは芸名。本名は「原田真」なので漢字のまこと(「真」)である。
  4. 海外では愛称が「マック」になるらしい。

まさき[編集]

  1. 「正樹」等、下が「樹」「紀」「貴」「輝」なら男性(「まさのり」「まさたか」「まさてる」の可能性もあるが)。
    • 例外:佐藤優樹(モーニング娘。)
  2. 真咲なら女性。
    • そうなんだ。北村氏は男性なんだが。
      • 上の真琴に似ているがそれよりはマイナーか?なお、北村氏はアニメの人で2015年時点で最も有名なのは彼かもしれない。
  3. 「正木」なら苗字。

ますみ[編集]

  1. 「真澄」と表記すると性別不明。元巨人の桑田などは男性。
  2. 人名よりも清酒ファンには別の意味で有名。

ミカ[編集]

  1. 日本語では女性名だが、フィンランドでは男性名(英語のマイケルのフィンランド版)。
    • F1レーサーや映画監督が知られている。
    • ガールズ&パンツァーでもフィンランド戦車を使うチームのメンバーがその系統の名前。
  2. すげぇよミカは…は苗字(三日月)である。

ゆうき[編集]

  1. 「勇気」など、勇がつくと大体男性。
    • 「野球狂の詩」ではおにゃのこだったけどな…
  2. 「悠基」など、悠が付くと大体は女性。
    • 字によっては「ゆうき」だと思ったら実は「ゆき」だったというケースも。
  3. 女性と男性だとまったく意味が異なる名の一例かも。
  4. 「結城」なら苗字
  5. 本名で「ゆうき ゆうき」さんという人は居るのだろうか?
  6. 「う」にアクセントなら男性、「ゆ」にアクセントなら女性、と言えるだろうか?
    • もしドラの宮田夕紀(女子マネ)はアニメ版では「うき」、映画版では「ゆうき

ゆき[編集]

  1. 単体で「ゆき」だと大抵女性だが、「ゆき+別の単語」だと両性になる柔軟性を持つ。
  2. 「ゆきこ/ゆきお」がまさにその一例だが、ストレートに「雪」を付ける例は稀。
    • 但し12月~1月生まれは例外。
    • 「雪」より「幸」や「由紀」の方が確実に多い。

りょう[編集]

  1. 最近では「遼」クン♂が有名。
    • 最近では関ジャニ∞の錦戸亮クン(男性)も有名。
  2. 「涼」は男女とも。

ルイ[編集]

  1. ラテン系の男性名。
    • ラモス瑠偉やオコエ瑠偉がこの代表。
  2. だが、日本では女性の場合も。
    • 泪サマ…。
    • 男性もいる。
      • 元プロ野球選手の牧野塁とか。
      • モデルの栗原類も。彼はハーフなのでラモスやオコエと同様「ルイス」から来ている。

れい[編集]

  1. 玲と書くと女の子にしか見えない。
  2. 礼は男の子に多そう。

れん[編集]

  1. 2010年代前半生まれの主に男児に流行だったらしい。しかし、女の子で「れん」と呼ばれている子を見たことも。
    • 恋とかくと途端に女の子にしか見えない

[編集]

  1. 「あおい」と読むと女性、「まもる」と読むと男性。
    • 「まもる」は元外務大臣にいる。
    • 「あおい」で男性の場合も。

[編集]

  1. 「あゆむ」は男性、「あゆみ」だと限定不可能。
    • ただし前者でも限定不可能な場合あり。
    • 平仮名標記だが、漫画家の立原あゆみは男性。近年はヤクザ漫画を多く手がけているが、ソフトな絵柄やキャラクター設定、また初期には少女漫画を描いていたこともあって、長い間女性だと思っていた人も多かったらしい。
  2. 中華圏でも用いられる。張歩(男性)など。

伊織[編集]

  1. 由緒ある男性名であるが、「織」の字のせいで近年は女性名になってしまった。
  2. ちなみに、苗字としても存在する。

[編集]

  1. 「さとし」「さとる」と読めば男。(ただし少ない)
    • 智と書いて「さとし」と読む人は嵐の大野智ぐらいかな。
      • いや、その大野くんの影響で、智と書いて「さとし」と読む名前をこどもに付ける親が急増中。
      • 野球の高橋智と入来智はヤクルトで同僚だったことも。
      • サッカーの山口智。最初「山口智・・・子の略?」と思った。
  2. 「とも」と読めば女性。
    • 私の中学校時代の先輩で、智と書いて「とも」と読む女性の方がいました。ちなみにその先輩は、嵐がデビューする前に生まれています。
    • 「とも」と読む男性もいる。代表は野球の乙坂智。

美紀[編集]

  1. 「みき」と読めば女。
  2. 「よしき」「よしのり」と読めば男。

美保[編集]

  1. 「みほ」と読めばおにゃのこ。
  2. 「よしやす」と読めば♂。

真希[編集]

  1. 「まき」なら女性。
    • なんとなくショートカットにしてそうなイメージ。
      • 「??」イミワカンナイ。
    • モーニング娘。ファンにとってはむしろ茶髪ロングのイメージが強いが。
  2. 「まさき」なら男性。
  3. 他に「真」が付く名前で男女によって読みが異なるのは「真里」(まさと/まり)「真裕」(まさひろ/まゆ)「真弥」(しんや・まさや/まや)「真実」(まこと/まみ)などが挙げられる。

[編集]

  1. 基本的には「ゆい」。「女性の名前だろ?」と思うかもしれないが、男性もいる。
    • フィクションでは女性キャラばかりだし。古くはこれ、最近はこれなど。
  2. 男の場合は「ただし」。

[編集]

  1. 「まさる」「すぐる」なら男性。
  2. 「ゆう」だと限定不可能。
  3. 変わりダネでは「ゆたか」なんてのも。ex.安岡優(ゴスペラーズ)

智英[編集]

  1. 「ともひで」なら男性。
    • マンガ評論家の呉智英は「くれともふさ」、または有職読みで「ゴチエイ」と読む。ただし、ペンネームである。
  2. 「ちえ」なら女性。

[編集]

  1. 「かず」なら男性。
  2. 「なごみ」「のどか」なら女性。
  3. 「やまと」だと限定不可能。
  4. 大阪近鉄バファローズのオーナーも務めたこともある実業家、田代和は「わ」という"読み1文字"の方だった。
  5. 中華圏でも用いられる。孫和(孫権の三男)、鄭和など。
    • 前者は日本では「そん か」と読まれる。
  6. 男性歌手、KANの本名が木村和(かん)。

Adlian[編集]

  1. 「ロッキー」のヒロインの名前として有名。
  2. だが男性も結構いる。

Camille[編集]

  1. がコンプレックスに感じていた事とは裏腹に、現実では男性名として使われる事が多いとか。

Carol[編集]

  1. 女性名のイメージがあるが、男性名にも用いる。

Chris[編集]

  1. Christopherの愛称として男性名。
  2. Christinaの愛称として女性名。

Maria(南欧およびドイツ語圏)[編集]

  1. 基本的に聖母マリアに因む女性名だが、男性のミドルネームにもよく用いられる。

Pat[編集]

  1. Patrickの愛称として男性名。
  2. Patriciaの愛称として女性名。
    • センター試験に出没して受験生を混乱させるPatはこっち。

文字数[編集]

読みに関しては、拗音は合わせて1文字として扱う。

漢字1文字[編集]

  1. けいおん!のキャラのほとんどがこれ。
  2. 苗字が漢字1文字の人はつけにくい。
    • 女性の場合、苗字が漢字1文字の人と結婚すると困る。
  3. 一方で苗字が漢字3文字以上の人も、苗字と名前の境界がわかりにくくなる。

読み2文字[編集]

  1. 今までは女性に多かったが、最近は男性にも増えてる。
  2. 最近は漢字2文字、ひらがな2文字が増えてる。
  3. あだ名がつけにくい。単に名前でしか呼ばれないことが多い。
  4. 苗字が読み2文字の人はつけにくい。
    • 女性の場合、苗字が読み2文字の人と結婚すると困る。
      • 男女問わず、生まれつき2文字+2文字の場合も。
        • この場合、フルネーム=ニックネームになってしまうことがしばしば。
    • 発言小町でネタになっていた。

読み3文字[編集]

  1. 男女とももっともポピュラーなタイプ。
  2. 漢字3文字ならほとんど女性。
    • 漢字1文字ならほとんど男性。
  3. 女性の場合あだ名は「上2文字+ちゃん」。
  4. ひらがなみっつで……(古)

読み4文字[編集]

  1. 男性がほとんど、女性は「さくらこ」「ひまわり」など少ししかいない。
  2. たいてい漢字2文字。読み上2文字で1字、下2文字で1字。

読み5文字[編集]

  1. 男性で「○○たろう」「○○じろう」という名前が多い。
  2. ここからは女性の名前はほぼない。
    • つまり存在はするってことか

読み6文字[編集]

  1. 男性で「○○いちろう」「○○さぶろう」名前が多い。
  2. 女性だったら高確率でこんな名前

フルネーム[編集]

佐藤ひろし・けいこ夫妻[編集]

  1. 多分、日本で一番多い名前。一回会ってみたい。
    • 男性ならば見た事はある。

佐藤としお[編集]

  1. 100%「砂糖と塩?」と言われる。
    • むしろ自分でネタにする。
      • アンドソルト佐藤と名乗る。
  2. 稀に「B作」と呼ばれたりする。
    • 栄作を差し置いて・・・。
      • 実はB作氏の本名が、だな…

佐藤つよし[編集]

  1. 苗字と名前を対義語にして、「塩弱し」と言われそう。
    • あるいは単に縮めて「さとつよ」と呼ばれる。
  2. 先述の「佐藤ひろし」「佐藤としお」にも共通するが、同姓同名が見つかりやすい。

山田太郎[編集]

  1. 真っ先に思い浮かぶのはやはり「ドカベン」だろう。
    • 少女漫画のほうはあまり出てこなそう。
      • 普通に「珍遊記」が出てきたのは自分だけだろう。
  2. 昔だと「新聞少年」が思い浮かぶだろうか。
  3. 参議院議員にいる。
    • みんなの党→日本を元気にする会→おおさか維新の会新党改革
    • 次の選挙では落選したものの、結構な個人票が入っていた。
      • その大半は表現の自由を守る政策への賛意。名前だけを見て投票した人はどれくらいいたんだろう。

その他[編集]

ガンジー[編集]

  1. 頑固なジジイっぽい。
  2. 【派生語】がんじがらめ
  3. チャームポイントは丸眼鏡
  4. 鑑真と似てたことを後悔してる。
  5. 逆さから読みにくい。
  6. ガンジス川とは特に関係ない。たぶん。
  7. これは歴史上の人物のほうに移動したほうがいいのでは
    • しかも、これファミリーネームだし。

関連項目[編集]




スポンサーリンク


関連記事