名古屋市/天白区

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「名古屋市 天白区」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本東海愛知名古屋市天白区

名古屋市・天白区
守山
西



中川
昭和 天白
瑞穂

天白区の噂[編集]

  1. 愛知県で免許を取得したばかりの人、及び更新する人は必ず立ち寄らなければならない。
    • 「平針」ね。
    • 在日名古屋人は運転免許試験場のことを「平針の試験場」という。
      • 必ずではない。実は愛知県には平針以外に東三河運転免許センターというものがあり、そこで免許の取得、更新が出来る。
        • 豊川まで行って免許取る人なんでよっぽど変人だろう。
  2. たんぱくく(タンパクく)
  3. スジャータのブランドで知られる名古屋製酪(めいらく)の本社がある。
  4. 「天白」とは天狗のこと。
    • 違う。昔ここは干潟みたいな土地で白鷺がたくさんいた。白鷺たちが舞って、天を白くしたので「天白」と名づけられた。
  5. 墓場のニュータウン、八事霊園がある。
    • 市電の終点が八事だった名残で、昔は八事から奥が「郊外」だった。だから霊園がある。
  6. 農業センターがある。牧場や畑など名古屋市内に思えない。
  7. 名城大学薬学部は八事に隔離されている。
    • 可児のほうが隔離と呼べるような気がするのだが。
  8. 名城大学の裏は墓場。
    • 薬学部以外が塩釜口というところから考えると八事霊園の裏が名城大学でしょう。
  9. ホタルの生息する相生山があり、いまだに養蜂を行っている。
    • 相生山の中の道路は、一部未舗装、行き止まり、急坂etc…とても名古屋市内とは思えない。
      • 素人は遭難の恐れもある。
    • 山中に広いグラウンドがある。そして、その近辺には相生山団地を一望できる変な崖がある(土がむき出しで土砂崩れの恐れが…)。
    • 山中にある某小学校では大規模な農業実習がある。”学校農園”と称するちゃんとした畑も持ってる。
      • その小学校では相生山のことを”オアシスの森”と呼んでいる。。。
  10. 御幸山周辺はやたらデカイ家が多い。停まっている車も高そうな車ばっか。金持ちの町。
    • 上場企業のオーナー宅があったり、御幸山ではないが関口房朗氏の自宅もこの近く。
    • 御幸山の由来に、昔、天皇家の別荘があったからだという説がある。
      • 誤り。明治23(1890)年に明治天皇が陸軍演習のため行幸されたので記念として改称。
  11. 3校ある高校がほぼ無名。市民の大多数が知らない。
    • 天白高校はかつて管理教育で有名な「3T」の一つなので、中年以降の人は知っている。
    • 現在は準難関クラスの公立高校になりました。
  12. 野並が天白区であることを知っている人は少ない。
  13. 遂に10月1日から東京行きの夜行高速バスが乗り入れ開始。
  14. 地付きの人が多く、一区画全部同じ姓の人が住む区域がある。
  15. 住宅地なのに、たぬきが住んでいる。
  16. 洋食工房パセリの味噌カツ定食は凄い…。
  17. 平針の里山を保全するか開発するかで揺れている。
    • 結局、市が開発を許可。
  18. 学区割りがかなり変。
    • 特に相生山、野並を含む中学校の学区。隣の緑区を突っ切ったほうが早く着くなんて所も。
  19. ヴィレッジヴァンガードの本店がある
  20. 名古屋市16区の中で唯一区役所最寄駅が存在しない。
    • 強いて挙げるなら塩釜口か植田だがそれでも結構距離がある。市バスに乗った方が行きやすい。
    • 名古屋市内で銭湯のない唯一区でもある。

八事[編集]

  1. 八事は天白区・・・で良いのだろうか。
    • 昭和区だよ。ちなみに、昔、市電の終点が八事だったので、八事とつけるものが多いのでは。
    • 天白区自体が元々昭和区だったから、八事は2つの区を跨いでいるのです。(By天白区民)
    • 昭和区の八事富士見は天白町大字八事字富士見ヶ丘でした。
      • 天白町大字八事字裏山は昭和区と天白区に分割したが、昭和区の方は1992年に冨士見ヶ丘に吸収されて八事富士見になった。
  2. 八事では霊柩車は珍しくない。昔は電車でも運んでいた。
  3. 中京大学南山大学と揃っており、近くには名古屋大学も。
  4. 八事五寸人参発祥の地でもある。

[編集]

  1. ここの駅をちゃんと発音できるかどうかで名古屋市民かどうかがわかる。
    • 鶴舞線の自動放送も、昔(2002年頃?)は尻上がりだったけど、あとで直した。
      • 旧型車両の放送は、その痕跡が残っていてやや不自然。



関連記事