国道2号

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

近畿の国道> 中国地方の国道>

国道2号線の噂[編集]

  1. ガガガSPが歌った。
  2. 某ゲームの忍者は走ってない。
  3. フグの口の中(関門国道トンネル)に入れば、最終的にお水の集う所(北新地)に到達する。それが国道2号線。
  4. ス●ルの某軽自動車の名前ではない。
  5. 原付で走破しようとすると、自動車専用道路が多く迂回ばかりになる。山口は小郡道路のみだが、広島以東に頻出。
    • そのための側道があるはずなのに橋で途切れたりで、しかも不案内って…。
    • 自動車専用道路でないバイパス(岡山・倉敷)は路肩が狭く、危険。
  6. 一桁国道の中で唯一、前後の番号(国道1号と国道3号)との接続がある。(8号線と9号線は実質、無接続なので除外)

大阪府区間[編集]

  1. 福島のあたりは、何故か工事に30年以上かかったらしい。
  2. 沿道に、オートバックスの創業店舗がある。
  3. 正確に確認したわけではないが、大阪府の国道で最も距離の短い国道かもしれない。

兵庫県区間[編集]

  1. 播磨では「2国」と呼ばれる。「2国らーめん」もある。
    • 京浜地区では「2国」は国道一号線のこと。
  2. 昔は「阪神国道」といったら2国を指したらしい。
    • 昔(昭和40年代頃か)2号線=1国(第1阪神国道)、43号線=2国(第2阪神国道)と呼ばれていました。
    • 阪神高速が出来てから、阪神高速と阪神国道と紛らわしいので積極的に使わなくなったらしい。
  3. 早く第二神明を無料にして欲しい。
    • 実は第二神明も国道2号だったりする。
    • でも通行料は安い。(岡南大橋みたいなちんけな橋が有料だった岡山人
  4. 何気に神戸市内に4~5車線の区間がある。それも結構長い。
    • 最初は2車線で、国道43号と合体後は5車線、ポートライナーの真下の区間が1車線、浜手に出て3車線、神戸駅前から4車線、阪神高速若宮ランプを過ぎて4~5車線、JRの陸橋から2車線と変遷し、須磨区と垂水区の境目あたりで1車線になる。
  5. 一部区間は国道2号から国道179号と一般道に降格された。
    • 太子竜野バイパスが国道2号になった。
      • 相生市付近は新国道4号と似ている。調子に乗って飛ばしていると、小さい信号で赤になって追突するかも。でも、この区間を走るトラックは運転が上手いなあ・・・
  6. 三宮から南下する通称「フラワーロード」を国道2号線と勘違いする人が多い。実際は約300メートル東のポートライナーの高架沿いが国道2号線なんだけど・・・
    • フラワーロードより、トレースし易い春日野道から海沿いの道が2号線に思える。浜手バイパスの出入口は、何故か2号線と繋がってない。
    • 実際フラワーロードや春日野道からの海沿いの道の方を国道2号線と勘違いしておいた方が良い。ポートライナーの高架沿いを2号線と思う場合、交通量に見合っていないからである。
    • そのフラワーロードもかつては国道だった。日本一短い国道と化す前の国道174号だ。
    • ポートライナーの東側から直進してフラワーロードと交差し、JR神戸駅の北側でJRとアンダークロスする県道21号神戸明石線を国道2号と間違えてしまいそうだ。昔は正真正銘の国道2号だったらしいけどね。
    • その浜手バイパス、神戸・兵庫側は良いとして三宮・春日野側の終わり方が中途半端。せめて生田川の先までバイパス区間を伸ばせんのかと……
  7. 道路工事中に、廃止になった路面電車のレールが発掘されたことがある。
  8. 西宮~三宮は短絡の国道171号との重複区間。
  9. 明石を過ぎたら対面通行区間が姫路市内まで続く。
    • 姫路市内の下寺町~今宿交差点までは東行き一方通行になる。
  10. 現在第二神明北線なるものが建設されている。そんな事する暇あったら既存の二国を整備してくれ。
  11. 相生周辺の国道2号がやけに整備されているのはk本先生のお陰らしい。
  12. 県道725号線を西播民はいまだに「2国」と呼ぶ。岡山方面から原チャで国道2号を走る場合、県道725号へ迂回が必要。
    • 姫路、大阪方面行の2国とバイパスの分岐部分。なぜか旧道の方が追越車線を持っていく。それも一旦高架になるので、標識をよく見ずに走っていると間違えて旧道へ行ってしまうことも有る。
    • 県道725号はたった2.6kmしかない。何とか国道に残せなかったのかね? 東側はバイパスと一般道とで2号線が並行しているのにね。
  13. 市川橋の渋滞はもはや仕様。日中、県警の渋滞情報はかなりの頻度で「市川橋西詰 混雑」と出ている。
  14. 第一阪神国道と呼ばれる区間は阪神電気鉄道傘下の阪神国道電軌の資金によって建設された。
    • そのため開業時から路面電車(後の阪神国道線)が走っていた。2年後には大阪福島・神戸滝道間で阪国バス(後の阪神バス)も運行を開始した。
      • いずれも都市間を結ぶ路面電車や路線バスとして知られていた時期がある。
    • 阪神国道線は1975年までに姿を消したが、阪国バスを継承した阪神バスの路線は運行区間を短縮しながらも尼崎・神戸税関前間を1時間半かけて結ぶ路線としてつい最近まで残っていた。
      • 今は尼崎芦屋線と西宮神戸線の2系統に分割されている。

岡山県区間[編集]

  1. 岡山市内のバイパスが開通してしばらくたつと、旧道のほうがいつの間にか国道250号に名前を変えていた。
    • でも、いまだに250号を2号線と言う。(母が
    • いまだに、バイパスだったのが、普通の国道2号になってからも、岡山人が呼ぶ愛称は「バイパス」や、「2号(線)バイパス」や、「新2号」だ。
  2. 倉敷市内もバイパスが開通してから旧道が国道429号となった。旧2号の方がよく使われる。
  3. ただいま、「岡山市内立体交差事業」が行われており。車線が規制され、連日大渋滞だ。
    • 未だに、沿道の中古車業者などが、自分たちの利権だけを求めて、建設反対を訴えている。
  4. 備前市周辺は、渋滞するので、無料化された、「岡山ブルーライン」を利用する。
  5. 岡山市から倉敷市街に入ると、急に車線が減少し、対面通行になる。
    • 開通から何十年経っても、4車線化への兆しは一向に見えない。
      • 平成19年度からやっと着工予定。
        • 2010年春、一部であるが4車線化が完了した。
    • 上下線とも、高梁川の橋で渋滞する。そこで車線が減るワケでもないのに(多少の合流はある)
  6. バイパスが本線に編入されたため、岡山市も倉敷市も中心部を通らなくなった。
    • ただし旧2号のうち、岡山市の大雲寺交差点前後のわずかな区間だけは現在も国道2号の別線。
      • 新京橋西交差点~大雲寺交差点(国道250号と重複)が別線みたいだね。以前は市役所前の大供(だいく)交差点までだったと記憶しているが、いつの間にか大供は県道に格下げになったようだ。
        • 2014年現在も新京橋西~大供がR2で直轄区間だけど、2016年春には県か市に移管される模様。
    • 大雲寺交差点から青江交差点(岡山バイパス交点)も以前は国道2号別線(国道30号重複)だったが現在は国道30号単独路線。
  7. 妹尾付近でよく混む。渋滞情報で「妹尾付近」という言葉を耳にたこができるくらい聞く。
  8. 備前~岡山にかけては岡山ブルーハイウェイラインが事実上のBP状態。大昔、山陽道の建設がやっと始まって、まだ龍野西~備前しか無かった頃は、備前ICで降りてきた車と2号線からの車でそこそこ混んでいた。
  9. 夜の岡山バイパスはトラック街道と化す。前も後ろも横もトラックで、皆80km/h以上の速度でぶっ飛ばす。信号機あるのに。
  10. 岡山や倉敷などの人口密集地には岡山BPや玉島BPがあるため、兵庫や広島、山口と比べて通過するときあっという間に感じる

広島県区間[編集]

  1. 奥田民生が相棒のホンダで走っている。
  2. いつも三原で混んでる
    • 三原バイパスが糸崎の辺りまで伸びてきたが、時広ランプのカーブが激しすぎ。
      • 上下分離供用開始。糸崎延伸の布石か?
    • 尾道から三原に入ったとたんに渋滞するこの律儀さ。
  3. 広島市南区から西区の間は「新広島バイパス」だが、ほとんどの人は知らない。
  4. 広島岩国道路」は国道2号の有料バイパスだが、山陽道と一体運用されているので無料になる日はかなり遠いと思われる。
    • というか無料化しない。
    • どう見ても山陽道の一部。
  5. 早く東広島バイパス開通してよ。
  6. 正月や花火大会の時の宮島口付近の渋滞は凄い。
    • 宮島以西、大竹あたりもいつも混んでるよな。
    • 紅葉シーズンもなかなかの渋滞
  7. 竹原市田万里峠付近のカーブも激しい。
  8. 福山の赤坂バイパス(尾道方面)入る手前、中央分離帯などが一切無く対面通行のため、かなり怖い。一応片側2車線だけど。
  9. 実は、福山の市街地も赤坂バイパスから沿岸部にバイパスを作って笠岡方面とつながる計画である。
  10. 計画としては、東広島市と廿日市市を結ぶ壮大な計画らしい。さらに、西には廿日市大竹道路、大竹岩国道路、南岩国バイパスをつなぎ、東には西条バイパス、たまりバイパスが接続するようである。
    • 計画だけの話しなら、現道が既にバイパスと化している本郷~田万里を除けば、備前市蕃山~廿日市市阿品までバイパスでつなぐ計画らしい。でも金光や鴨方の辺なんかは普通に流れてるし、笠岡や福山市街の辺りなんかは、抑々やる気無さそうなので実現可能性は0に近いけども。

山口県区間(関門トンネル含む)[編集]

  1. 小郡道路は本当に無料で通れるのかと思う。
    • ここも広島岩国道路と同様に山陽自動車道のネットワークの一部ではあるが、山陽道の方が整備が酷く、しかも料金所を何回も通過しなくてはならないので一体感がない。
      • 小郡道路がいいというか、山陽道が高速のくせに酷すぎるだけな感じもする。
  2. 関門トンネルはカブは通れません。
    • お陰で「水曜どうでしょう」のタレント陣は、100円だけ渡されてカブを押して人道トンネルを歩くハメに。
    • 黄色とかピンクなら通れる。
  3. 関門トンネルは片側一車線の対面通行。ゴールデンウィークは渋滞のメッカ。
    • 最深部が福岡山口の県境だったような・・・
  4. 岩国市に山賊という料理店があり、とても混む。
    • 夜に目の前を通過する際はまぶしくてうっとおしい。
  5. 宇部・小野田のガソリン価格が異常に安い。
  6. 岩国~玖珂間は県道15号(欽銘路道路)を走った方が早い。(by大阪府民)
    • 「欽明路道路」です。かつては有料だった。
      • 交通量が多かったため、予定より早く無料化されたそうな。
    • 欽明路道路はなぜ2号線になれないんだろう?
  7. 談合峠がある。名前の由来を知りたいものだ。
    • 厚狭・埴生バイパスの整備によって、峠の雰囲気はほぼ皆無となってしまった。
  8. 厚狭~小月間はバイパス開通を抜きにしても、江戸時代の山陽道とは違うルートを辿っている。
  9. 旧徳山市内はバイパスが片側2車線、旧道が片側3車線。県道に降格した旧道の方が道が広い。
  10. 山口市と宇部市との境には、483.1kmポストから100m足らずのところに484.2kmポストが存在。そのまま次は484.3km。バイパスに伴う距離修整をしていないので、「消えた1km」がずっと存在している。

福岡県区間[編集]

  1. 福岡県道とも接続している。

関連項目[編集]




関連記事