Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

女性声優ファン/い

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
ファンの噂声優ファン女性声優ファンあ行

分割済み[編集]

いあ~いこ[編集]

飯田友子ファン[編集]

  1. 派とキス魔派で分かれる。
    • 後者はデレマス3rdライブでファンになった人が多いかもしれない。
      • れいちゃまに「苗字が飯田+スワローズが好き」と言う理由だけで「哲ちゃん」というニックネームを付けられたのには苦笑せざるを得なかった。
    • 俺はウィッチクラフトワークスのEDのイケメンボイスっぷりが強烈だった。
  2. 数々のイケメンエピソードに驚いた人も多いだろう。
    • 小学生時代のあだ名が「組長」って…
    • 高校時代は女子に盗撮されてたとか…
      • 中高の頃は今よりもボーイッシュだったらしい。
  3. 愛称は無難な「飯田氏」から同性を惹きつける「王子」に変わりつつある。
    • 誰だ?どさくさに紛れて飯田市とか飯田線とか呼ばっている人は?
      • 間違ってもりっぴーと混同する命知らずは・・・、いないか。
        • 実はその人とラジオ番組のゲストで共演したことがある。
    • みーな姫の動向も気になってしょうがない。
    • それに加えてここ最近の不憫っぷりを見ててあの先輩と姿が被るファンは自分だけではないはず。
  4. 事務所の後輩である髙野麻美のことも応援している。
  5. 自宅の冷蔵庫にはチョコミント味のアイスを常備している。
  6. 「休息時間」を使ったことがある。
  7. アナホッタ所長のファンでもある。
    • 勿論Twitterでは相互フォロー。

飯田里穂ファン[編集]

  1. 大半が凛ちゃんから。
    • 少数ながら「てれび戦士」時代からのもいる。
      • 古豪はその頃からのグラビア写真集を含めてフルコンプしている。
  2. ファンは「りっぴーたー」と自称する。
  3. こっそり応援している同世代である寿美菜子ファンもいる。
    • Twitterで美菜ちゃんの「肩」だけの写真をアップした辺りには噴いた。

飯塚雅弓ファン[編集]

  1. 大多数がポケモン鍵っ子
  2. いつも烏の行水。
  3. 日中合作ドラマ「大地の子」への出演は伝説である。
    • 金八先生への出演は?

五十嵐裕美ファン[編集]

  1. 末妹ニートめうめうなどと、領域は広い。
    • 松嵜麗とはTwitterなどでもリアルあんきらな関係だと思っている。
    • 上のラインナップから幼女役専門なのかと思いきや、主人公の母親とか元AV出演者とかやってたのには驚いた。
      • これの男の娘にゃぶったまげた。
  2. ニックネームの由来は当然知っている。
  3. キングブレード云々の件は許してやってほしい。
  4. 何気に「へごちん」ブームを引き起こした影の立役者、と言う認識を持っている。
    • あの異様なまでのクールなツッコミが余計に引き立てた、と思っている。
    • そしてチヨチャンまで…
  5. 相坂くんとのセット売りがあんなに長くなるとは予想出来なかった。
  6. 帰省中に大雪に見舞われた際に、新千歳空港から新函館北斗駅までタクシー飛ばして(そこから東京まで新幹線立ちっぱなし)まで、デレマスイベントに間に合わせたプロ根性に、言葉が出なくなった。下手すればタクシー代で大赤字だったかも知れないのに、お疲れ様でした。

池澤春菜ファン[編集]

  1. 10代後半~20代の男性は十中八九こちらに熱中したはずだ。
  2. あとはここここが多かろう。
    • これがあるのになぁ。あとたぁる♪の元祖
      • これを幼いうちに覚え、後々声優ファンになってから再び目覚めました。
    • リアルにお嬢様
    • 役は少年役やぶっとんだ性格の娘が多め。
  3. ガンプラが大好き。
  4. 聖地はアテネ
    • そういえば「アテナ」も演じてますね。
  5. さすがに父親経由のファンはいないか。
    • 祖父経由のファンはもっといなさそうだ。
    • NHKここから入った人だっているんだから、いてもおかしくはない
  6. この人と混同すると怒る。
  7. 最近ストーカー被害にあったことをHPに記載。 早く犯人つかまるといいね
    • 2009年7月に逮捕、起訴されていた事が判明。ストーカー(・A・)イクナイ
  8. Webラジオで共演していたのでこの人も好きになった。
  9. ななみちゃんが嫌いだ。
  10. マカーだ。

井口裕香ファン[編集]

  1. にょな人もいるが大抵2007年以降の作品。
  2. THE IDOLM@STERは・・・いるのか?
  3. ベランダ系アイドルがお気に入り。
  4. 富士原なえかを忘れちゃいかんだろJK
    • 魔弾の王でドス利いた演技を見た時はビックリした。
      • ヴァルキリードライブでは殆ど無口な女性やってるのにどうしても慣れなかったファン多数。井澤美香子が演じている方のキャラだったらすんなりイメージ出来るのに。
  5. →の広告がゆかちぃに見えるのは俺だけですか?
  6. 彼女のあだ名は勿論「もこたん」。決してアスミスではない。
    • アスミスとは相互互換性高いと思う双方のファンは結構いるかと(たまゆらとかヤマノススメとか観て)。
  7. 超ラジGirls金曜を聞いていて解る通り、日笠陽子白石稔に匹敵する芸人だったりする。
    • そこから入ったファンも多数かな。
      • 出演作関連アニラジパーソ選定に困ったらゆかちに振れ、って風潮すら感じる(別に否定的に言ってる訳ではない)。
        • ラジオ好きっ子なのも必須。スケジュールの心配など論外。だってあれだけ忙しいのにこむちゃも降板する気配すら無いし…。
  8. 迷い猫オーバーラン!の第5話を見て、「結構綺麗な字を書くんだなあ」と驚いたファンも。
  9. 遂に写真集まで(しかも水着姿まで披露)出してしまう。
  10. 美菜子に(;´Д`)ハァハァするくだりはもはや爆笑するしかない。

伊倉一恵ファン[編集]

  1. キャプテン翼から。
  2. 三つ目がとおるの写楽保介も
    • 第三の目が、絆創膏で覆われたときはかなり甲高く、取ったときは少年らしい声を出していたので同じ人とは思えなかった。
  3. 洋作ではここ。ペパーミントパティならこの声。
    • ライナスをやっていた事も忘れなく。
  4. 田中真弓ファン兼任者も多い。共演作とかラジオとかで。

いさ~いと[編集]

井澤詩織ファン[編集]

  1. 超!A&G+には足を向けて寝られない。
    • ただ「ナス☆シス」シリーズに関してはノーコメント。
      • 杉田智和にまで『売り出し方を間違えている』と言われる始末だったからなぁ。
  2. 折角の個性的な声を活かせる現場になかなか恵まれない現状にもどかしさを感じるファン多数。
    • ポケモンとか妖怪ウォッチ辺りで、しーちゃん向けのオリジナルレギュラーキャラ作ってくだせぇ・・・。
      • 学戦都市アスタリスクでは何故か普通の美少女役やってるのに驚いたファンも多いはず。
  3. 遂に「へボット!」で念願の?キッズ向けアニメ主役ゲット!これを転機にして欲しいと思うしーたむファンは多いはず。
  4. あの声であの美貌、と言うギャップがたまらない。

石上静香ファン[編集]

  1. 前職が何だったかを知っている。
  2. 下ネタのマシンガンっぷりに惚れる。
  3. ゆっけ(小林裕介)とはもう結婚しちゃえよ、と公認している。

石原夏織ファン[編集]

  1. 会長はメイド様!』での棒子っぷりが今や懐かしい。
    • そんな彼女も2012年は飛躍の年となった。『マギ』ではまさかの主役少年役ゲット。
      • 夏待ちでも更にファン増やした。
        • そして色あすで更に成長を見せた辺りに感慨。
  2. ソロデビューマダー?
    • 一方でソロデビューしなくていいからゆいかおり以外では声優業を極めていってほしい、と思っているファンも少なくはない。
      • 色々あって元の事務所に出戻りしてポニキャンからソロデビューしたが、そんな影響はモノともしない姿に勇気づけられる。
  3. 水橋かおりとの比較にはもう慣れた。
  4. キャリさんのかわいいところといえば「ポンコツ」だ。
  5. 「キャリー/キャリさん」の由来が夏織から変化したものではないということを知っている。
  6. 瀬戸ちゃんとのコンビも見逃せない、というファン意外と多し。
    • 『輪廻のラグランジェ』で共演し、同い年で後々同じ事務所所属にもなった2人の掛け合いは、唯ちゃんとは違ったベクトル(もちろんどちらもいい意味で)での仲の良さを感じられてとてもよい。
    • 某スマホゲームのラジオで2人の喋りがまた聴けるようになったのには歓喜。

伊瀬茉莉也ファン[編集]

  1. 似たモノ同士/キャラクターに書かれている内容は周知の事実。
    • 後者が第2期でレギュラー化したのは素直に嬉しい。
      • ついでに、後者が第1期で初登場した時、本人がブログで「ひょっとして狙ってません?」と記述していたことも知っている。
      • 打ちkうわなにをsくぁwせdrftgyふじこlp
        • 「あれはあくまでも1クールの予定だった」と信じている。
  2. 実はかなり芸域が広いということは常識である。
    • 上記のイメージしかない人はキルア=ゾルディックのキャスト欄(2代目)を見て驚いたに違いない。
  3. 何と言ってもYes! プリキュア5からのファンはいるよね⁉︎

磯村知美ファン[編集]

  1. 文月学園首席リス獣人からかの実質二択。
  2. 杉田のマニアックボケを全部拾える数少ない女性。
  3. イベントなどでは彼女の自作コスプレも楽しみだ。
  4. かなりのゲームヲタク。
  5. アーイウォンチュー

市道真央 (M・A・O)ファン[編集]

  1. 入ったのはジャンプ投稿コーナー戦隊か、まいんちゃん辺りか・・・?
    • 俺はズヴィズダー辺りで知った。
      • 出演作どれも演技が全然違うので「えーとー、地声どんなだっけ?」とファンでも把握しきれない。
        • ふじゅさんの系譜に近い、と思っているファンは意外にいるかも。
          • 最近ではひなこのーととキュウレンジャーである程度は声覚えたファンもそれなりにいる。
    • 前者2つは市道真央名義の印象が強い。
      • アニメから入ったファンはグラビア活動等を知ってビックリする。
        • 本名の姓の正しい読みは『いちみち』だけど、意外に読めないorzありがちな読み間違いは『いちどう』か『しどう』かな。
    • このページはあくまでも声優ファンとしてのページだからM・A・Oの名義を優先したいところではある。
      • どうしてもこの名義の中央部分が顔文字に見えてしまうw
      • 声優として戦隊の映画に里帰りするとは何か感慨にふける。
        • いつか敵組織の女幹部役で出て欲しいとも思っている(顔出しでも声優としてでも両方可)。後者ならスーアクはもちろんゴーカイイエローもやってた蜂須賀の姐さんでw
          • 流石に声優としてもう一度戦隊メンバー入りする事までは予想できなかった。とは言え女性戦士だと木下あゆ美以来二例目か。
            • モモレンジャー演じた小牧リサがバトルフィーバーJのミス・アメリカの声やっていた事例が忘れ去られている件。
      • とはいえ「MAO」で画像検索すると毛沢東の画像が出てくる(但し表記通り中黒を入れれば一応避けられる)ので、画像検索時は市道真央でやっている人がほとんどだと思う。
    • 文香Pはいないのか?
    • 「ニャグゥ!」
  2. 何で声優業の時は別名義(not裏名義)なのかはファンですら知ってるのは少なさそう。
    • 知らん間に付けられたそうです。
  3. 関西人なら読売テレビ月曜深夜は欠かさずチェック。
  4. 上記の事から少年ジャンプはジャン魂G!を優先的に読んでいる。
  5. 読売テレビローカル番組の顔出し出演コーナーが見られる関西人が羨ましい・・・。
    • 2014年7月でTOKYO MXで放送されるも、9月をもって終了・・・。
  6. 幾ら若作りなキャラだからって、ろこどるで母親役やったのには驚いた。
  7. ブログで『キョウリュウジャー』に戸松遥がゲスト顔出ししているのを「イイナー|д・)…」とボヤいたのを見て、「あんたは毎週顔出しレギュラーで出ていたでしょ!!」と全力でツッコミ入れたファン多数。
  8. 一度は彼女のマネージャーの顔を見たい、と思うファン多数。専門外の事務所であれだけ声優の仕事取って来るのか?などの意味で。
  9. ゴーカイイエローやってた頃から「声優向きでは?」と主張していたファンは相当先見性あった。
    • 同じく時々声優をやっているゴーカイシルバーの池田君との共演をついつい期待してしまう。今のところデジモンだけだがまだまだ増えそう。
      • そのうち声優としてもイエローバスターこと小宮さんとの共演もあるかも知れない?と淡い期待も。
    • その頃から声のトーンをわざと変えていた、と言うエピソード聞いて驚いた。道理でルカの時の喋り方が「すずまお荘」出ている時とかと違って感じたのか、って思った。
  10. ファンなら声優雑誌は「声優パラダイス」一択。何故ならそれ以外の雑誌に紹介される事は皆無だからである。
    • 未だに二大誌(声グラ、声アニ)には載らないけど、何でだろう?
  11. 「ちょっと絵がアレなだけ」の件はファンでも苦笑せざるを得なかった。

伊月ゆいファン[編集]

  1. ゆい様のことではない…けど臣民だ。
  2. D.C.から来た人が多そう。
    • 双恋つながりで跪け!ってのはどうだ。
      • 後者はその人じゃなく、杖に引っ張られる人のほうじゃ・・・。

伊藤かな恵ファン[編集]

  1. 大体しゅごキャラ!大正野球娘。らか。
  2. トナカイは空想上の動物だ。
    • 飛べないトナカイはただのシカだ。
  3. アメリカを国だと思ってはいけない。
  4. 「おばちゃん」は禁句。
    • これでもソロアーティスト活動だってやってるんだぞ!
  5. 携帯はパナソニック製に限る。
  6. 丸の内といえば東京のジュースだ。
  7. はがないファン出身も。

伊藤美紀ファン[編集]

  1. ベテランとなった最近でも母親・幼女・女子高生をほぼ同時期にこなす幅の広さは健在。
  2. 名探偵コナンファンにとっては「この声、犯人につき」。
  3. 篠原恵美は盟友、植田佳奈妹分
    • そんな紅薔薇三姉妹。
  4. この人がメインキャストにいるとDVDでのコメンタリーやイベントなどでのトークは期待大。
  5. ドラゴンボールがある限りファンも供給源には困らないだろう。

伊藤美来ファン[編集]

  1. StylipSと七尾百合子がメイン。
    • 意外なところでは初音ミクのモーションアクター経由もいるかな?
      • 特にこれに関しては初代担当の小倉唯から引き続き観察している人もいると思う。
      • アイマスの劇場版での声優とモーションアクターの掛け持ちにはビックリした。
    • ろこどるでもファンは増えただろうか。
      • なにゃこ奈々子と百合子を同一視してしまうのは自分だけだろうか…
        • しまいには「なにゃおゆりこ」とか言われる始末…
      • 流鉄なにゃこ奈々子車内アナウンスを聞きに何往復も乗る。
  2. Pyxis繋がりで豊田萌絵ファン兼任者も多数。なお両者における胸の比較はタブー。
  3. この深夜アニメでの役からファンに成った人とこのソシャゲのメインキャラからファンに成った人も居そう。
  4. 暴走機関車トーマツの「弱点」である事が発覚した今、もっと攻め込め、と思う双方のファン。

いな~いん[編集]

稲川英里ファン[編集]

  1. 基本的にSB69がメイン。
    • 当然愛称は稲川プロ。
  2. ミリオン3rdライブのパフォーマンスでトレンドにも載ったが、SB69で実力知ってたファンから見ると感慨深い。

井上麻里奈ファン[編集]

  1. デビュー作からの進歩に感慨にふける。
  2. 最近だと天元突破グレンラガンセキレイか。
    • あかね色に染まる坂も。
      • 図書館戦争を忘れないでください
        • 絶望先生は禁句ですか?
          • バカモン!ゼーガペインのミナトも忘れちゃいかん!!とくに22話のエンディングは・・・
      • みなみけを忘れてはならん。
      • 七つの大罪のジェリコをお忘れのようで
  3. 司会業も欠かせない。
  4. 元気な少年役と言ったらこの人。
  5. 歯の話題は禁句。
  6. 当然、柿原徹也ファンでもある。
  7. あさぽんとの「IT革命」は当然必聴。

いのくちゆかファン[編集]

  1. ろくに喋らないキャラが多い気が。
  2. 勿論漢字で書ける。
  3. そのテの事情には詳しい。

今井麻美ファン[編集]

  1. 薄い」は禁句?
    • むしろ「んあー」が本人にとってもファンにとっても禁句。
  2. 基本的にはくっ…から。
    • スキャミンの暴走っぷりには…閉口しながらも、たなくまGJと思っている。
      • たなくまCDはセガ時代から2枚を除いて全購入している。
  3. しかしながら、まさかNHKCOOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜で顔出しするとは思いもしなかった。
  4. もちろん雑誌「FLASH」の1034号は購入した。
  5. ニコニコ動画はプレミアムユーザーだ。
  6. アイマスシンデレラガールズ関係の生放送での強運ぶりは驚いた。さらに現在の持ちカードを見てまた驚いた。
  7. ミリオン2ndライブの関係者席で目立っていた厄介デュンヌは別人だと思いたい。
    • その厄介デュンヌがBDに映っていたときは大爆笑した。一体何者なんだー(棒)

岩男潤子ファン[編集]

  1. 委員長とか知世様とか来栖川姉妹からのファンが多いかな?
  2. 小学校か中学校の理科の授業で見たNHK教育の番組(確か)を今になって鮮明に思い出す。
  3. 声優としては二番手クラスだが、歌手活動やラジオでのトークで大人気だった。
    • ニッポン放送「スーパーアニメガヒットTOP10」で見せた、トークの天然っぷりと生ライブの見事さのギャップは語り草だよね。
  4. 精鋭はコミケに通い詰める。
  5. おさかなペンギンで有名になってよかったと思うが、相方の永遠の17歳ファンがあまりに多くて肩身が狭い。

声優

声優事務所/ファンの噂 :全般 / 18禁
個別 :女性(う-おや~わ
男性(あ~おか~そた~わ) / ユニット / 18禁
偽モノの特徴 :全般 / 男性 / 女性 あ~そた~わ/声優事務所




関連記事