宇宙英雄ペリー・ローダンファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 我が国で未翻訳の箇所もチェックしている。
    • それどころか原作の大元ドイツで現在展開されているサイクル(物語の一つの区切りの事)の翻訳が自分の生きている間に読めるかどうか不安である。
  2. 「細胞活性装置があったら・・・」と夢想する。
  3. 原作の大元の公式サイトPerrypediaについて知っている。
  4. 2010年1月より月2冊刊行開始。これでまだまだ先と思っていたストーリーを今までよりもいくらか早く読めるようになった事を喜ばしく思っている。
    • 訳者はバラバラだったりするので文体が気になるかと思ったが「そもそも著者がバラバラだし」という結論に落ち着く。
  5. 登場する日本人キャラの名前があまりにも珍妙すぎて失笑モノだ。しかも漢字表記するのに難がある。もうこれとしか言いようがない。
    • 例としては「タコ・カクタ」(男性)、「キタイ・イシバシ」(男性)、「タナカ・セイコ」(男性)、「タマ・ヨキダ」(男性)、「ウリウ・セング」(男性)、「ソン・オークラ」(男性)、「イシ・マツ」(女性)等がいる(ちなみに本作における地球人キャラは欧米式のネーミングである)。
    • 初期のエピソード(原作で書かれたのは1960年代初頭。上記の日本人キャラの初登場も同時期)には、長崎と大阪が舞台となる話があるがその描写もかなりアレだったりする。1960年代初頭におけるドイツでの日本に対する認識が垣間見れる一例だろうか・・・・・。



関連記事