家禽・愛玩鳥

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 鳥類 > 家禽・愛玩鳥

  • 新規に追加される場合は50音順になるようにお願いします。

独立項目・関連項目[編集]

ウズラ[編集]

  1. 小さい卵を産む。
    • 一族代々、殻の模様が決まっているらしい。
    • 栄養価は鶏卵より高い。
  2. 野生のもいる。非常においしいらしい。アカン、食用としての記述しか書いてないじゃないか。
  3. 空を飛ばないと思われがちだが空を飛ぶ。ただし短距離だが。
  4. キジの仲間だが、スズメよりちょっと大きいぐらいの小さな鳥。
  5. 伏見稲荷では雀の他にこの串焼きも売っている。

オウム・インコ[編集]

アオメキバタン
  1. 改称した宗教団体でもなければ条例で禁止されている性行為のことでもない。
    • 電機メーカーでもなければ古代文明でもない。
  2. 賢い。
  3. ワシ・タカ類と違ってオウムとインコはちゃんと分類上分かれてる。
  4. 足の指は前後2本ずつ。にぎにぎできる。
  5. でかいオウムは寿命が数十年もある。
  6. 猛禽類ペリカンと同じく母鳥は産んだ順番に抱卵する。兄弟で格差ができるがケンカはしない。
    • それどころか先に生まれた子は弟たちの面倒をみてエサをやったりする。
      • ペットショップで手乗り用ヒナが一緒くたにされているケースではセキセイインコのヒナが一番小さいジュウシマツのヒナをなでなでしていることがある。
  7. ミネラル分補給のため土を食べる。
    • 解毒作用のためという話もある。
  8. 他の鳥が食べられない硬い木の実を食べられるので、餌に困らず遊んでいて脳が発達したんだとか。
  9. 海賊のペットといえばこいつ。
  10. 他の生物もそうだがやたらと首の裏を撫でて欲しがる。(因みに画像のキバタンも来園者にねだってたbyうp主)
  11. チヨチャン!

カナリア[編集]

  1. 日本最古の童謡。大正8年の作。
    • 歌碑が作られる時は1番ではなく最後の「4番」を使って作られる。そんだけ1~3番の歌詞は共感を得にくい。
      • 動物虐待である。最も北原白秋の「金魚」はその比ではないが。
  2. スペイン領の島々
    • というより、その島にいたからカナリアと名付けられた。
      • カナリア諸島の語源はラテン語の「canis = 」らしい。発見した時、野犬だらけだったという話。
    • その島で最大級の機械の鳥が正面衝突するとは……
  3. 黄色の象徴みたいな扱い。金がかかった黄色という印象。
    • 代表的なのは国鉄の101系・103系・201系。
      • 中央・総武緩行線南武線鶴見線の塗装という印象が強い。
      • 正式には「黄5号」「マリーゴールドイエロー」というらしい。
      • 鳥の名前を使った色としては、ウグイス(実際はメジロ色だが)と並んで馴染み深い。
    • 漢字表記は「金糸雀」。まさに金色の雀という扱い。
    • カナリア軍団
  4. 2番目の人形。実質は1番目という話も。
    • ここでも唯一、「鳥の名前」。
    • この世界での天敵はカラス
  5. ウグイス程ではないが、鳴き声が良かったので江戸時代には日本に入ってきた。
  6. 「カナリア理論」と言うものがある。
    • カナリアは空気のよどみに弱いので、鉱山の作業員はカナリアを連れ、暴れ出したら有毒ガスがたまっているので違う所を掘っていく。転じて、人間が生きていく指標として野生動物を使うこと。

九官鳥[編集]

  1. 元祖モノマネ鳥。
    • なぜか伝統的に竹カゴみたいなケージで飼われる。
  2. 日本の九官鳥の97%は名前が「キューちゃん」。残り3%は名無し。
    • 単独飼いのセキセインコの74%は「ピーちゃん」。
  3. 名前の由来は「九官」という名前の中国人が日本に持ち込んだことから。
    • この由来が本当かどうか証拠はないが、江戸時代の長崎の中国人通訳は「陳一官」とか「李九官」みたいに記号のような名前を名乗ることが多かったのであり得る話。
  4. カラスに似てるがムクドリの親戚らしい。
  5. けっこう神経質らしい。
  6. 「誰じゃ!」「酒屋でございまーす。」

七面鳥[編集]

  1. クリスマスのごちそう。
    • あんまり味がしないらしい。
      • 味がないのでソースが決め手。クランベリーソースが定番。
        • クランベリー自体はすごく酸っぱいが、鳥肉にジャムとは・・・。
      • 肉を「おかず」として食べる日本と違い、欧米では淡泊な肉もちゃんと需要があるのだろう。
    • これがごちそうなのは見た目の派手さが大きいらしい。
    • やっぱり俺はチキンライスでいいや。
    • アメリカ人にとってはサンクスギビングデー(11月第4木曜日)のごちそうのイメージも強い。
  2. 日本ではあまり人気がない。
    • 味もさることながら見た目が好まれなかったとか。
    • クリスマスはともかく日本では感謝祭と縁がないから・・・。
    • 日本で普段の日に食べようと思ったらサブウェイに行くとよい。
  3. 英語で「ターキー」なのはトルコ産のホロホロ鳥と混同されたからとかなんとか。
    • しかし、ホロホロ鳥にしても別にトルコ原産ではない(単なる輸入時の経由地)。
      • つまり勘違いに次ぐ勘違い。
  4. 家禽のくせに、けっこう飛べる。
    • 日本に導入された当初はよく脱走して恐がられたらしい。
  5. ♪一郎さんの牧場で~
    • でも実際に鳴き声を聞いたことはないな。
      • 呼びかけると返事をしてくれる→[1]
  6. ストライク×3。
    • 一応言っておくけれど、野球の話じゃないよ。
  7. ♪六羽で~も…
  8. 見た目を思い描ける人は少ない。
  9. オクラホマミキサー。
  10. 一年に一回。アメリカ合衆国大統領より恩赦が貰える。
    • それ以外の時はアメリカ軍の飛行機が撃墜し放題。

十姉妹[編集]

  1. 読みは「じゅうしまつ」。
  2. 飼いやすくてよく増える、おそらく最も初心者向けな鳥。
    • 巣の中で押し合いへし合いして寝るのが好き。
  3. どこが『姉妹』なのか。
  4. 長く世話しても飼い主の顔を覚えてくれない。
    • 餌の交換や籠の掃除の度に大騒ぎする。
  5. かつてどっかの寺の住職をやってたらしい。
    • 5代目だったらしい。
  6. 口を付けたら・・・どっかの厚化粧巨乳タレント。
  7. 六つ子の一人。

文鳥[編集]

  1. 手乗りに育てる。
    • 粟をふやかした物を与えて慣れさせる。
  2. 桜文鳥は嘴の色が桜色。
  3. 実は結構気が強い。



関連記事