富士山民主主義国

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
富士山民主主義国
HUZI

国旗
国旗なし
相談中

基本情報
略称 富士民主国
首都 富士山8合目(富士ノ宮)
最大都市 富士山8合目(富士ノ宮)
民族 日本人
元首 藤原三郎
首相 富田修三
公用語 日本語
通貨 富(TOMI)
国内総生産(GDP) 831万円
時間帯 UTC+9
国歌 富士山
国鳥 コンドル
国花
国魚 フグ
国是 島国最高
建国・独立 2004年2月4日

富士山民主主義国は、3776mを誇る富士山の5合目~山頂を領土とする民主主義国である。

概要[編集]

富士山民主主義国は、富士山の中腹辺りから山頂を領土とし、13万人が暮らしている。

首都[編集]

首都は富士山8合目で、「富士ノ宮」と呼ばれる。この地域がもっとも発展していて、人口の5割を占める。

主要都市[編集]

首都である富士山8合目を除く主要都市は富士山5合目通称「境」。富士山5合目は日本と国境を接している。

行政区画[編集]

富士民主国は都道府県のような分け方はしていない。標高で区別している。

  • 5合目 境
  • 6合目 高所
  • 7合目 七山
  • 8合目 富士ノ宮
  • 9合目 高峰
  • 頂上  至山

地理[編集]

富士民主国はその地形上、夏でもそれほど気温が上がらず、その代わり冬は極寒となる。また山頂付近では万年雪となっている地域もある。そのため、この国では農作物は輸入に頼っている。

また、時差はUTC+9だが、夏場は5時頃にはすっかり明るくなっている。初日の出も6時42分となっている。

歴史[編集]

富士山が日本の領土だった時代、富士山愛好家達は、富士山で生活することを夢見ていた。しかし、その願いは国に通じず、彼らは平地で細々と暮らさざるをえなかった。そのため彼らは富士山を日本国から独立させようと考えたのだった。日本政府は当然認めなかったが、強引に独立許可を出させた。こうして、富士山民主主義国は誕生したのである。

災害[編集]

富士山は火山であるため、いつ噴火してもおかしくない。噴火した場合、爆発によって山頂付近の家々は吹っ飛び、下部の地域も溶岩などにやられるため、富士民主国は、緊急地震速報ならぬ緊急噴火速報を導入している。もし発動した場合は、全国民がヘリコプターで避難する。

外交[編集]

国際的な関係は、特に周りを囲んでいる日本との関わりが深い。日本からは多くの登山客が入国する。富士民主国側には富士道1号が通っており、山頂まで普通にいける。

交通[編集]

道路は、国が管理する「富士道」が7号まで、また人口密集地には多数の道路がある。また、5合目~8合目~山頂を結ぶケーブルカーも運行されている。

富士民主国は企業や観光客を誘致しようと山頂付近に富士山国際空港(仮名)の建設を進めている。

情報伝達(放送・通信)[編集]

富士山頂に電波塔があり日本国への電波漏れが問題となっている。有線は電柱につるす場合は吹雪でも切れない線を使う。

関連項目[編集]




関連記事