富山の駅/中新川

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 北陸 > 富山 > 中新川

富山滑川市中新川郡にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


あいの風とやま鉄道[編集]

東滑川駅の噂[編集]

所在地:滑川市中村亀割

東滑川
ひがしなめりかわ
なめりかわ
Namerikawa
うおづ
Uozu
青の波線.png
Higashi-Namerikawa
  1. すぐ横を地鉄が通過している…が残念ながら乗り換えはできない。近くに越中中村駅はあるけど。
    • だいたい滑川駅あたりから魚津駅あたりまであいの風と地鉄が並走するが、その間で乗り換えが可能なのは両端の滑川・魚津両駅だけだったりする。
    • 〇〇滑川駅の中で唯一地鉄に乗れない駅(他は全部地鉄の駅)。そのせいでここも地鉄駅かと間違えそうになる。
  2. 駅構内に遮断機付きの踏切があり、上りホームに行くときは線路を渡る必要がある。
  3. あいの風各駅で駅出発/到着のウォーキングコースマップが入手できるが、この駅のコースだけはここを出発して滑川駅に着くものになっている。
  4. 泊方面はこのあたりから海が見えだす。
  5. 信号場から昇格して駅になった。
  6. 駅裏が工業地帯なので通勤に使われてるかもしれない。

滑川駅の噂[編集]

滑川
なめりかわ
みずはし
Mizuhashi
ひがしなめりかわ
Higashi-Namerikawa
青の波線.png
Namerikawa
なめりかわ
滑川
Namerikawa
  なかなめりかわ はまかづみ

所在地:滑川市辰野

  1. あいの風とやま鉄道と富山地方鉄道では駅の規模が違う。
    • あいの風とやま鉄道→単式・島式の複合2面3線の有人駅。
      • 富山地方鉄道→単式1面1線の無人駅。
        • 富山地鉄にとっては隣の中滑川のほうが重要だから…とはいえこっちも複合施設が解体され、乗客もだいぶ減ってしまった。
    • 利用者は言うまでもなくあいの風とやま鉄道の方が多い。
      • 富山地鉄の特急は中滑川停車で、こちらは通過する。
    • 直接出る出口にもあいの風…北口(市街地)、地鉄…南口・東口(特に何もない)と差が。
  2. あいの風とやま鉄道の到着メロディーには「滑川市の歌』のオルゴール調が採用されている。
  3. ほたるいかミュージアム』及び『深層水体験施設 タラソピア』の最寄り駅。
  4. 駅からスーパー「エール」の方に向かって商店街?のアーケードがある。
    • 逆に道の駅滑川とを結ぶ駅真正面の通りにはほぼ何も店がない。
  5. 駅前の通りはやたらでかいが、肝心の道沿いに住宅地しかないのでイマイチ市中心の駅前感がない。
  6. 滑川市役所最寄駅はここではなく、地鉄中滑川駅。
  • 路線 - あいの風とやま鉄道 富山地方鉄道本線
  • バス - 富山地方鉄道バス 滑川市コミュニティバス

富山地方鉄道本線[編集]

越中舟橋駅の噂[編集]

正面駅舎+舟橋村立図書館

所在地:中新川郡舟橋村竹内

  1. きっちり舟橋村中心部を通るが、両隣の駅はどちらも村外。舟橋村の小ささが分かる。
  2. 入口の駅名板では越中舟橋駅の「越中」が若干小さくなっている。
    • 駅上部にも大きく駅名が書いてあるが、そっちに至っては「越中」の文字は完全に無視されただの舟橋駅に。
  3. 駅に図書館が併設されている。アクセスしやすいおかげか、周辺市町からの利用者も多数。
    • かつてその図書館にカモシカが乱入してきたことがある。
    • 素足で入る珍しい図書館である。
  4. 中部の駅百選
  5. なにげに食堂も入居している。
  6. 駅前に3つの道があるのは都会風の駅前を再現したかららしい。
  7. たまに野菜の直売をしている。
  8. 駅前すぐにセブンイレブンがある。
    • ただし、舟橋村唯一のコンビニではない(ローソンがある)
    • 駅前から北に200m歩くともう市村境。
  9. 舟橋村の人口増もあり、利用者数は増え続けている。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

寺田駅の噂[編集]

改築駅舎

所在地:中新川郡立山町浦田福田地

  1. 本線と立山線はここで分岐する。
    • ただ線路自体は駅の前で分かれているので乗り換えは少々不便。どこかでもあったような…?
    • 乗り換え駅ではあるが、駅があるのは立山町の北の外れの方。
  2. 二つのホームに挟まれるようにして駅舎よりも大きい待合室がある。
    • 待合室というよりかつての営業所っぽい。
  3. 野良猫がよく出没するらしい。
    • 電車の中へ乗ってきたこともある。
  4. 駅から北に県道4号沿いに出ると無人販売所がある。
  5. 何故か駅舎より待合室の建築物の方が遥かにでかい。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線 立山線

越中泉駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町

  1. 泉集落は常願寺川扇状地扇端の小集落であり、利用者も少なめ。
    • 利用者が少ないからか、駅舎がなく簡素な待合室のみがある。
  2. 相ノ木駅程ではないが、駅への入り口が小さく、分かりにくい。
  3. 立山町の一般鉄道駅で唯一立山線に属さない。
  4. 栃津川と白岩川に挟まれた位置にある。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

相ノ木駅の噂[編集]

所在地:中新川郡上市町正印新

  1. 駅への通り道がとても狭い。
  2. 北陸自動車道がすぐ目の前にある。
  3. 駅はチープな作りだが宅地造成が盛んなだけにまあまあの乗降があるもよう。
  4. ムヒで有名な池田模範堂本社の最寄駅。
  5. 駅前に中華料理店がある。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

新相ノ木駅の噂[編集]

所在地:中新川郡上市町上経田

  1. 相ノ木地区の宅地造成に対応し新設
  2. 駅舎はないが待合室が用意されている。
    • ちゃんとしたバリアフリー仕様になっている。
  3. ガイナシティ上市という店の最寄駅。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

上市駅の噂[編集]

かみいち
上市
Kamiichi
  しんあいのき しんみやかわ
駅舎全体

所在地:中新川郡上市町若杉

  1. 平地なのにスイッチバックする変わった駅
    • かつてその先にも路線があったことと関連しているようだ。
  2. 駅舎はものすごくでかく立派。
    • 昔はスーパーやゲーセン、ボウリング場があったという。
      • 今の寂れ具合からはにわかに信じがたい。
    • 中滑川駅や電鉄魚津駅と違い今でも店が少し残っている。
  3. 富山の郊外で利用者が多いためか電鉄富山駅からここまでは毎時3本ほど走っている。
    • 特急も止まる。そもそもスイッチバック駅なので物理的に通過できないが。
  4. 外観では駅名看板よりJAの看板の方がでかい。
    • 駅の中も半分以上はJAのオフィス。
      • 残りの半分もほぼ上市町の行政施設。
        • パン屋とか居酒屋はまだあるよ!
  5. ここから大岩不動などの上市の観光地へは遠いのでバスがタクシーが必要。
    • 上市駅と大岩不動の間のサイクリングコースで行く手もある。
      • たしかに地鉄は休日に自転車を持ち込るが...。
  6. 自転車置き場は地上に無く、地下通路に存在。
  7. 上市町の市街地(商店街)までは少し歩く。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

新宮川駅の噂[編集]

所在地:中新川郡上市町中江上

  1. 何が「新」なのかよく分からない駅。
  2. 開業当時は江上駅で1921年に宮川駅と改称した。
    • 1925年には移設した訳でも経営母体が変わった訳でもないのに新宮川駅に改名している。
      • 結局なぜ「新」と付けたかは謎。
      • つい「しんぐうがわ」と読んでしまいそうになる。
  3. パークアンドライドの駐車場があり、新しい待合室もあるなど以外に整備されている。
    • ホームの方にも古い待合室がある。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

中加積駅の噂[編集]

所在地:滑川市堀江

  1. 「中」と付くだけに加積郷の中心地...ではなく旧中加積村が駅名の由来。
  2. なお地鉄に4駅もある「加積」と付く駅は全て旧村名が由来となっている。
  3. 地鉄では逆に少ない珍しい木造でない駅舎がある。
    • 古い広告や「荷物扱所」の文字があるなど味のあるレトロ感は健在。
  4. 駅ノート付き。
    • 結構書かれているようで、北日本新聞にも取り上げられている。
  5. 滑川運動公園の最寄駅。
  6. この駅の辺りは結構なカーブになっている。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

西加積駅の噂[編集]

所在地:滑川市下梅沢

  1. 駅舎はなく待合室のみがある。
  2. 「加積」とつく駅の一つ。旧村名の西加積村が由来。
  3. 一応PLANT-3の最寄駅である。
    • あと日医工の工場
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

西滑川駅の噂[編集]

所在地:滑川市菰原

  1. カーブの途中に駅がある。ほかの途中の駅よりもカーブがキツめ。
  2. 滑川高校・滑川中学校の最寄り駅。
    • 駅名標には学生服を着てランドセルをしょったキラリン(滑川市のマスコットキャラクター)が描かれている。一瞬甲冑着てるように見えた。
      • 中学校・高校なのにランドセル…と思ったら近くにちゃんと小学校もある。
  3. このあたりからあいの風とやま鉄道と地鉄が並走し始める。
  4. 平日通学時間のみ有人駅になる。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

中滑川駅の噂[編集]

なかなめりかわ
中滑川
Nakanamerikawa
  にしなめりかわ なめりかわ
新駅舎

所在地:滑川市田中新町

  1. 駅から歩いてすぐのところに滑川市役所がある。
  2. 滑川駅を差し置いて地鉄特急の停車駅になっている。その代わり滑川駅は通過する。
    • 地鉄の駅舎だけで比較すれば中滑川の方が立派だったりする。
  3. 他にいい名前が見つからなかったのかもしれないけど、「なかなめりかわ」って噛みそうで言いづらい…
  4. 昔は駅ビルだったらしい。
    • 地鉄が副業で稼ぐ計画があったとか。
    • 晩年は地下にクレープ屋のみ残っていた。
  5. 旧駅舎跡地らしき土地は未だ空き地。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線
  • バス - 富山地方鉄道バス

浜加積駅の噂[編集]

所在地:滑川市曲渕

  1. 駅前は寂れているが、海側に団地があるので多少は利用者がいると思われる。
    • その団地のあるところにはなんとコンビニもある。
  2. 地鉄に4駅ある「加積」とつく駅の一つ。
    • 「浜」とつくが駅舎は山側にある。
      • 駅からかすかに海が見える。もっとも海岸線は護岸されており泳いだりはできない。
  3. 地鉄の木造駅舎の一つ。
  4. ホウキとちりとりが置かれている。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

早月加積駅の噂[編集]

とても古そうな駅舎

所在地:滑川市追分

  1. 早月とつくぐらいだから早月川に最も近い駅…かと思えばそうでもない。
    • 早月川との間に実はもう一駅ある。しかも旧称早月駅。
  2. 滑川市のページでも近いことが言われているが、ひらがなで書くと何だか人の名前みたい。
  3. 味のある木造駅舎がある。
  4. 交換駅なので、並走する北陸本線と合わせると4線駅モドキになる。
  5. 越中中村駅ほどではないが、あいの風東滑川駅に近い。
  6. 雪国だからか、ホームへ続く道の建築がしっかりしている。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

越中中村駅の噂[編集]

所在地:滑川市中村

  1. 東滑川駅がかなり近い。頑張ればホームから見えそう。
    • 近すぎてそっちに利用客をとられているらしい。
    • 国土交通省の調査だと乗降数8人という...。
  2. 早月川に最も近いのは早月加積駅でなくこっちだったりする。魚津市との市境近くにあるのでミラージュランドなども意外と近い。
    • 早月川であいの風と地鉄の両方の車両を同時に撮ろうとする人もいるが、どちらも本数が終わっているので大変だと思う。
    • 夏の早月川河口はしばしば本流が枯れて、小さく浅い水溜りに鮎が集まるので子供でも簡単につかみ取りを楽しめる。
  3. 駅(というよりホーム)まで駅前道路があるが、かなり貧相。
  4. 「未来のミライ」でこの駅が出演したらしい
  5. 運が良いと駅とチューリップが共演する。
    • 滑川のチューリップの栽培箇所は毎年変わるので運次第。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

富山地方鉄道立山線[編集]

稚子塚駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町浦田

  1. 稚子塚とはこの駅から500m北側にある古墳。
    • 白岩川流域古墳群なるものの一つ。古代に白岩川を支配した豪族がいたようだ。
    • 一応富山県で二番目にでかい古墳らしい。
      • 円形古墳。ちなみに富山県で一番でかいのは氷見の布倉山の古墳。
        • 航空写真で見ると稚子塚の周りの田んぼも円形をしており、遺構を感じさせる。
  2. 駅周辺にはちゃんとニュータウンがある。
  3. 両隣の駅が寺田と田添なので駅名標を見ると ←寺田 | 田添→ としりとりみたいになっている。
  4. 待合室の中にはホウキとちりとりがある。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

田添駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町田添

  1. ホームと小さな待合室のみがある駅。
  2. 北陸自動車道がほぼ目の前にある。
  3. ささら屋立山本店の最寄駅である。最も鉄道線で来る人はほぼいないと思うが...。
  4. 待合室は比較的新しいようで、中に綺麗な木目が見える。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

五百石駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町五百石

  1. 立山町中心部に一番近い駅はここ。中心部に行こうとして立山駅まで行くととんだ山奥まで連れていかれる。
  2. 正式な読みは「ごひゃくこく」。でも言いにくいので、ときたま車内放送ですら「ごひゃっこく」と言っている。
  3. 駅舎が改装されてコミュニティプラザみたいなのができた。
    • 越中舟橋駅みたいに図書館もついている。
    • なお改装前の駅舎は台風の倒木で倒壊したらしい。
  4. 駅の北側には立山製紙の工場がある。
  5. 五百石駅周辺はなぜかパン屋が多い。
    • 北アルプス→欧州→パン という連想があるのかもしれない。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線
  • バス - 富山地方鉄道バス

榎町駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町前沢

正面から
  1. 木造駅舎である。
    • 何故か稲荷町駅の駅舎とよく似ている。
  2. 立山線では比較的よく利用されている駅。
    • 立山町市街地内にある駅のため。
  3. 駅前に和菓子屋がある。
  4. 駅舎の絵画が置かれている。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

下段駅の噂[編集]

木造駅舎正面から

所在地:中新川郡立山町

  1. 木造駅舎がのこっている。
    • 駅内には児童の展示があったりする。
  2. 「げだん」ではなく「しただん」と読む
  3. 鉄道は通ってないがちゃんと上段地区もある。
    • 下段と上段は白岩川の河岸段丘であり、名前の通り上段の方が高い位置にある。
    • 流石に中段はないようだ。
  4. 車が入れるか微妙な駅前広場がある。
  5. 駅の近くにはスーパーがある。
  6. 駅舎の絵画が飾られている。
  7. 壊れた時計がある。
    • 壊れてない方の時計も隣にある模様。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

釜ヶ淵駅の噂[編集]

木造駅舎

所在地:中新川郡立山町道源寺

  1. 地鉄の木造駅舎が一つ
    • 駅舎は若干改築された。
    • 駅舎正面にある西洋風の小さな柱がモダン。
  2. 駅の中には漫画や人形が置かれている。
  3. 駅前から少し歩いたところには何故か密集した団地がある。
    • 土地はいくらでもあるんだから密集しなくても...。
  4. 駅前にプチ商店街があったんだろうなあ、と感じさせるような家がある。
  5. 駅内が白基調で少しおしゃれ。
  6. 駅舎の駅名表記が旧字。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

沢中山駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町岩峅寺

  1. 開業当時は「沢駅」というシンプルな駅名だった。
    • 駅前の集落名は普通に沢中山なのでなぜ「沢駅」だったのかはよく分からない。
  2. 駅の西側(常願寺川方面)は散居村が見える。
    • 駅東側にも屋敷林付きのでかい家が見える。
  3. 駅は簡易待合室のみ。
    • 待合室の中は全体的に白っぽい。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

横江駅の噂[編集]

駅舎

所在地:中新川郡立山町横江

  1. 吹けば崩れそうなほど老朽化した木造駅舎がある。
  2. 旧名「尖山駅」で、今でも駅近くに尖山登山口駐車場がある。
    • その旧名時代は、ここから600mほど上側にあった駅が横江駅を名乗っていた。
      • 今は廃駅。
    • 尖山の登山者は意外なほど多く駐車場が満員になることも。
  3. 近くに「立山サンダーバンド」という店があるが、そのオリジナル商品が中々イカしたセンスしてる。
    • サンドウィッチの種類がありえないくらい多い。
  4. 尖山は何故かオカルト伝説がある。
  5. ホーム待合室に1番線2番線の看板があるが、2番線はもう無い...。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線

千垣駅の噂[編集]

冬の千垣駅

所在地:中新川郡立山町千垣

  1. 一応10年間ほど立山線の終点だったことがある。
  2. 地鉄の開業当時のままの木造駅舎の一つ。
    • 駅舎の駅名表示は右側から読み、かつ旧字なので雰囲気がある。
  3. 芦峅寺行きのバスが出ている。
    • ちなみに立山線は元々芦峅寺経由の予定だったが、有峰ダムへの貨物輸送のため変更に。
  4. ここと有峰口駅との間にある千垣鉄橋はかなりの高度感がある。
    • 桁橋で柵もなくスリル満点、勿論眺めは良い。
  5. 近くに立山方面に行く時は最後となるガソリンスタンドがある。
  6. 立山博物館などに行くときはこの駅が最寄り。
    • ただし、バスの便は立山駅の方が良い。
  7. 駅舎の駅名表示は何故か正面ではなく、道路側に付いている。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線
  • バス - 立山町営バス

岩峅寺駅の噂[編集]

お正月バージョンの岩峅寺駅

所在地:中新川郡立山町岩峅寺

  1. 立山線と不二越・上滝線の乗り換え駅。
    • 稲荷町駅と寺田駅同様、分岐後に駅舎がある。地鉄同士の分岐駅はこの3駅のみなので全部分岐後に駅があることに。
  2. 雄山神社の御本殿の最寄り駅なこともあり、駅舎がどことなく神社っぽい。
    • 二階建ての木造駅舎だが二階がどうなってるか気になる...。
  3. 映画「剣岳 点の記」では富山駅としてロケに使用された。
    • そのため、駅内に剱岳点の記の紹介掲示板がある。
  4. 地鉄では珍しく終日有人駅。
  5. 難読駅名。読みは「いわくらじ」だが、そもそも峅という漢字が分からない。
    • 「峅」は立山山間部や大沢野の一部でしか見かけない漢字
      • 「山の神様」を表す地名らしい。
    • かつては「芦峅寺(あしくらじ)駅」もあった。
  6. 地名の割に岩峅寺という寺は無い。
    • しかし、雄山神社はかつては地名通り岩峅寺という名前で、明治時代の廃仏毀釈の時に改名させられたらしい。
      • 漢字「峅」が神様を表すあたり、神道と仏教が混じった物だったのだろうか。
    • 岩峅寺→雄山神社前立社壇、芦峅寺→雄山神社中宮祈願殿に相当するらしい。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線 不二越・上滝線

立山駅の噂[編集]

冬の立山駅1階

所在地:中新川郡立山町千寿ケ原

  1. アルペンルートの富山側の起点。称名滝方面へ向かうバスもここ発着。
    • マイカーはここから先には入れないので、扇沢まで車を回送するビジネスがある。
    • 駅舎の外観はロッジ風。どことなく雰囲気が出ている。
  2. 1階が地鉄、2階がケーブルカーという構造になっている。
  3. 駅前に「熊王の水」という強そうな名前の水が湧いている。飲用可のおいしい水。
  4. アルペンルートが閉鎖されてる冬でも立山駅に行く地鉄電車はちゃんとある。
  5. 駅のそばには立山砂防軌道の駅があるが、そちらは千寿ヶ原駅。
    • 工事用なので一般の客は乗れない。
    • 国土交通省の所有なのである意味「国鉄」。
  6. 落差日本一の称名滝はアルペンルートから外れているので、ここからバスに乗ることになる。
    • 称名滝自体は室堂に行くバスの途中で見える。けど滝の麓の方が水しぶきの激しさや涼しさを味わえてより良い。
  7. 立山駅の南を流れる川の名称は、富山県道の橋では「真川」表記、国土地理院地図では「常願寺川」表記と意見が分かれている。
  8. 駅前にはよくアナグマが出る。
  • 路線 - 富山地方鉄道立山線 立山ケーブルカー

その他[編集]

美女平駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂

  1. 駅前にでかいタテヤマスギが生えている。
    • 美女杉といい、美女平の名前の由来になった木。恋愛成就の伝説が残っている。
  2. 周辺はハイキングスポットになっている。タテヤマスギはもちろん、運が良ければ野鳥の声が聞こえることも。
  3. 富山側に入って結構来ているが、長野のお土産もまだ売っている。
  • 路線 - 立山ケーブルカー
  • バス - 立山高原バス

室堂駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町芦峅寺

  1. ロープウェイを含めなければ最も標高の高い鉄道駅。標高2450メートルに位置している。
    • それゆえ夏でもめちゃくちゃ寒い。霧がかかって何も見えないことも。
  2. 「立山」の石碑がトレードマーク。
    • その横に立山玉殿の湧水が湧いている。名水百選の中で最も高い位置にある湧き水らしい。
  3. 毎年4月~5月頃にはこの辺りのバス道路が雪の大谷として開放される。
  4. 立山連峰の主要な登山拠点なので登山客らしき人も多い。
  5. かなりの高地なのに水道水が普通に通ってる。
    • トンネル工事で出た破砕帯の水を利用してる模様

大観峰駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町芦峅寺

  1. 名前の通り景色の良い所で特に紅葉が有名。
  2. なお下方のなだらかな森はタンボ平で奥の湖は黒部湖。
  • 路線 - 立山トンネルトロリーバス 立山ロープウェー

黒部平駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町芦峅寺

  1. アルペンルートの中でも特に周辺に観光地が少ない駅
    • 最近は高山植物の展示などをしている。
  2. ケーブルカーは雪害対策の為に全線が地下にある。
  • 路線 - 立山ロープウェー 黒部ケーブルカー

黒部湖駅の噂[編集]

所在地:中新川郡立山町芦峅寺

  1. 黒部ダム駅とは別の駅である。
    • 黒部ダム駅(今はバス停)までは徒歩移動になる。
  2. ここの近くに南方に向かう登山道があるが、読売新道や上廊下などニッチな登山道に繋がる。
    • さらには北方に行く登山道(こちらは黒部ダム駅より)はかの下廊下。黒部ダムを登山口にする人は余程の上級者であろう。
  • 路線 -黒部ケーブルカー