新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

小田和正ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
  1. オフコース時代以来のファンとごく最近ハマったファンに別れる。
    • セルフカバー等も充実しているので、オフコース解散後に入ってきたファンや若いファンでもオフコース時代の曲を知らない、ということはほとんどない。
  2. 年末になると「クリスマスの約束」のことで気が気でならない。
    • この影響でゆずやスキマスイッチ、いきものがかりのファンとなった。
    • 派手に宣伝するようになってから、パワーダウンしている気が…。開始当初はちゃんとした台本もなく、ゲストも結局来なかったり(!)、手探りな感じが魅力であったように思う。
      • 初回放送(2001年)に出演依頼したアーティストの中で、後に本当にゲストで来たのは桜井和寿と中居正広だけ。山下達郎はテレビに出ないことで有名なので、あっさり断れた。また、演歌歌手やアニソン歌手(声優も込)は一度もゲストに来たことがない。
        • 2016年は宇多田ヒカルがゲストに来て話題になった。
    • 2009年の「22'50"」一点豪華主義構成は賛否真っ二つに分かれる。
      • 2011年の「28'58"」も同じパターンで、感動したというよりは「あれ?あっという間に終わっちゃった」という感じ。
    • この番組をきっかけに最近ではTBSとは親密な関係に。
  3. 元オフコースメンバーが心配だ。
    • 「田舎に泊まろう」に出ていたが、知らない人が多く苦戦していたw
  4. 眠れない夜と雨の日には忘れかけた愛がよみがえる。
  5. 「どんど晴れ」は主題歌だけ聞いて本編は見ない。
    • 「ファースト・キス」も(以下略)
    • かつての「ウルルン滞在記」も(以下略)
  6. 保険はもちろん明治安田生命だ。
  7. 「1982 6 30」はDVDを買った(無論デジタルリマスター版)
  8. 愛知・岐阜に行ったら名鉄に乗る。
  9. 今年から朝はめざましに乗り換えた。
  10. サザンとミスチルは敵!
    • 小田が企画に参加した曲になぜかミスチル櫻井が作詞に参加していた。
  11. 未だにコンサートで暴れ回る小田さんを見て、元気すぎないかとちょっと焦る。
    • それはやっぱりアリーナクラスの大会場(たまに公民館クラスの会場にも)に花道を設置したからだろう。最近では東京ドームでもコンサートをやるようになったからね。
      • ドームだとさすがに走るのはキツいからか自転車を漕ぎだすのも面白い。
  12. モノマネ芸人「オフコース小田」に関しては賛否両論。
  13. 文章を書くときに「ゝ」を多用する。
  14. ライブ映像のDVD化が少ないアーティストでもある。
  15. コンサートの頃になると「ご当地紀行」中にエンカウントしないか期待してみたりする。



関連記事