小諸そば

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 首都圏の人にはお馴染み、他地域の方は?な立ち食いそばチェーン。
  2. 東京の中央区千代田区港区に集中して出店。23区外への進出は稀。
    • ただ上の3区内では、コンビニかと思うほど、近接した所に出店したりしている。
      • 秋葉原には中央通りを挟んで向かい合わせなんてところがある。
    • この辺りはビジネスマンがササッと食べるのを狙っていると思う。
    • 23区外だと新越谷朝霞台新横浜に出店済み。
  3. 上の記述でお気づきかと思うが、小諸市に店は無い。本社も無い。工場すら無い。
  4. そばが白い。白すぎる。
    • 油断していると「ひやむぎ」に見えてしまうことがある。
    • 麺類のなにかであって、そば粉が入っているように感じられない…
  5. そばのコシが妙に強い。
    • そのせいで余計にグルテン質感→小麦麺感が...
  6. 温そば単品だとボリュームに欠ける気がする。
  7. サイドメニューの「ミニ○○丼」シリーズが充実している(カツ、かき揚げなど)。
    • あれはボリュームを補うためにあるもので、質を求めてはいけない。
  8. つゆは関東のそば屋の中では少々薄めかと思う(関西人にはそれでも濃いが)。
  9. そば屋なのだが、何故か「香味うどん」が結構人気。
  10. 立ち食いそば店ながら、他チェーン同様椅子席を増やしているが、新規店舗でも立食スペースがあるのは嬉しい。
  11. 入店時にまず店の入口にあるレジで注文を取る(先払い)。食券式の所もあるが、その場合も入口近くのカウンターに食券を出す必要がある。
    • そのため、平日のランチタイムには、この店がある所だけ外に行列が伸びている(注文するまで奥に入れないので)。
  12. ごく稀に店の名前が違う場合があるらしい。
  13. 東武線各駅構内にもある。
  14. 新宿駅東口に「千曲そば」というのがある(やはり立ち食い風)。ここのパクリだろうか?



関連記事