Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

山梨の交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

山梨の交通網[編集]

  1. 主要国道とその横道で車がであったときの優先ルールは、早いもの勝である。
    • 実際怖いんだよぉ。国道20号で相模湖から甲府につくまでに、どれくらい飛び込まれるやら。
  2. 山梨ルールの存在。
    • 左折ではなく右折優先
      • あの右折のタイミングは他県人にはちょっと真似できない。逆に感動した。
    • 曲がるときはウィンカーを出さない
      • つけるのが遅い
        • ブレーキ、徐行、ウインカーの順の人が多いですね。
    • 割り込んでも割り込ませない
    • 黄色信号でも平気で突っ込む
      • 幹線道路なら普通。あきらメロン。
    • 居酒屋に駐車場は当たり前、だから飲む
    • 赤信号でも最初の3秒間は突っ込んで良い3秒ルールがある。
    • パッシングと言うのは大抵「どうぞ先に行ってください」と言う合図だが山梨だけ「俺の車が先に行くからお前は動くな!」と言う合図になる
    • 急ブレーキされてぶつかるほど車間距離をつめて走る人が多い。
    • 追い越し車線という概念がない
      • 今まで2車線の道がほとんどなかったため、右車線が追越だって知らない人が多い。
      • したがって、高速道路でも、追い越し車線を平然と90km/hくらいで走る人もいるので、見かけたら気をつけて。
      • あおっても、決してどきませんよ。(追い越し車線を知らないからw)
    • 歩行者・軽車両よりも自動車優先。
      • 山梨や塩山あたりだと学生の自転車マナーが糞喰らえなので、正直そうであってほしいとは思ったりもした。でもやっぱり歩行者軽車両優先。悲しいなぁ・・・
        • もちろん、変に裏道に入ったりしなければ、そうそうそんな目に遭うことは無いが。
  3. 山梨交通の地域分社のバス会社で「山交タウンコーチ」という会社がある。ウンコ。
  4. 飲酒運転者が多い
    • 飲酒運転検挙率が、日本一だとか・・・
  5. 富士五湖地方には水陸両用バスが走っている

山梨の鉄道[編集]

  1. 冬の期間だけ電車のドアが手動になる。
    • 理由は「ドアを空けると寒いから」
      • 人が乗り降りしない駅が多いからでは?
      • 山梨県内だけに限らない。埼玉にだって、神奈川にだって、はたまた東京都内にだって...
        • 埼玉・東京にあったか?
        • 神奈川‥相模線
    • 開くのボタンを押す時、『エヴァ』の1シーンを思い出す。
      • よく意味がわからない
      • コア・ファンしかわからないでしょうけど…。関連性が無いような…。
    • 冬だけではなく夏にもドアが手動になる電車があります。
  2. 甲府駅の改札でさえ自動でない
    • 一昨年位に自動改札になりました。
    • 長いこと自動改札にならなかったのは景観保存の為。
    • 長いこと自動改札にならなかったのはJR東海との分岐点の為。
    • 自動改札になったのはSuicaを甲府にも導入する為。
      • 自動改札でなくても、簡易Suica改札機を設置すればSuicaを導入できる。
      • 簡易改札機の設置条件は、基本的に無人駅なので…。
    • 自動改札教習(通り方など)を行った
    • 大月・上野原は甲府よりずっと前から自動改札。suicaも導入時から東部地域は対応。
      • 上野原は大月より前に自動改札だったため、イオカードの利用区間に上野原と書いてあった
  3. 鉄道路線の数が異様に少ない。中央線がなかったら陸の孤島
    • 身延線は?
      • 身延線なんてザコ路線だろwww
      • 急行列車が廃止され特急列車が新設された。(急行券より特急券の方が高額?JR東海の陰謀?)
      • 身延線特急は自由席が50キロまで630円、30キロまで310円に設定。310円の設定が行われてからと言うもの、甲府からふじかわ14号を利用して帰宅する通勤客・高校生が増えた。なおこの運賃設定はJR東海の主要な特急で実施されている。
      • 中央線も急行はない。全てのJRに言えること。全国的に急行がかなり減った。急行が無くなれば特別急行(特急)を名乗る意味はない。
      • 急行と特急の料金差は雲泥の差…急行と違って窓か開かなくて風情がなくなったと言われるけど完全性を考えたら仕方ないのかも。
    • 中央本線、身延線、小海線、富士急行…確かに少ない。
      • かつては山梨交通も甲府駅から増穂町まで電車線を運営していたが、台風の前に滅び去った。
    • しかもその中央線がしばしば止まる。雨だったり人身事故だったり…。
    • 廃線跡の線路だけは場所によってはそれなりに残っていたりもするが・・・それにしても廃線跡がハイキングコースだのウォーキングコースだのに変わった区間が多い気がする。
  4. エスカレーターの左(右)側立ち・右(左)側歩行が定着していない。
    • 定着する必要性が無い。エスカレーターを見た事無いほど設置台数が少ない。
      • 安全とエスカレーターに負担を与えないために、エスカレーターの上を歩くのはやめましょう。
    • 自分の横に荷物を置いてボケーとしている。後から来る人の迷惑なので止めるようにと言っても相変わらず。
  5. 東京から来る快速電車を「E電」と呼ぶ。
  6. 鉄道路線網はしょぼいが山梨出身者は日本の鉄道史に大きな影響を与えた人物が多い。
    • 根津嘉一郎 (初代、東武鉄道など)、早川徳次 (東京地下鉄道)、小林一三(阪急電鉄)…。
  7. 盆地内の甲斐大和駅前後や深沢トンネルがモバイル端末の電波圏外なのに、盆地との境界である笹子トンネルは電波が通っている謎。

山梨のバス[編集]

  1. 百名山ブームのおかげで、そのアクセスとなる山間部に入る登山バスが増強されている。
    • 一方山間部の生活路線は壊滅的で、自治体バスしか走らなくなった地域も多い。

山梨交通[編集]

甲府駅にて
  1. 国際興業グループだった
    • このためカラーリングも国際興業共通色
  2. 営業エリアは甲府・韮崎・塩山・身延・富士宮
  3. 全国的にも珍しくCNGガスで走るバスの購入に積極的だった
    • ガスボンベの使用期限の関係で早々に除籍されるため未だにP代がウロウロしている逆転現象も
    • ツーステップのエルガミオという珍車も在籍していた。
  4. 系統番号というか行先番号がある
  5. 独自のICカードがあったがPASMO/SUICAに切り替えられる模様
    • 子会社の山交タウンコーチや一部路線では未だに独自のICカードしか使えない
    • 首都圏では定番のバス特も利用可能。旅行者にも便利。
  6. ラッピングが派手

山梨峡北交通[編集]

  1. 北杜市にある会社。
  2. 元々須玉三共タクシーというタクシー会社が登山バスを不定期で運行していたのが発展し、バス部門を独立させてできた会社。
    • 「日本百名山」である瑞牆山、金峰山を抱えているのが大きかったようで、百名山ブームとともにわらしべ長者的に成長した。
  3. 韮崎駅~増冨温泉~みずがき山荘の路線が主力路線。
    • 完全に登山や観光客のみを相手にしたダイヤで、朝夕は走らないうえ、平日運休の便がある。

山梨中央交通[編集]

  1. 各県の○○中央交通の中で恐らく最もマイナー。
  2. 韮崎駅~青木鉱泉~御座石鉱泉間のバスを運行している。
    • 行先は温泉宿ながら実態はほぼ鳳凰三山(百名山)への登山バスで、登山者以外が利用すると浮く。
    • 韮崎駅の乗り場は何故かバスターミナルには乗り入れず、線路の反対側にある大鳥居の辺り。わかりにくいのでもし利用するなら事前に会社サイトで確認しておこう。
    • 途中の道はほぼ砂利道で凄まじく揺れる。

栄和交通[編集]

  1. 笛吹市にある会社。
  2. こちらも甲斐大和駅~上日川峠間の路線を運行して、やはり百名山の大菩薩嶺登山客を掴んでいる。
  3. 貸切バスはかなり派手に展開しているようで、東京にも営業所がある。

南アルプス市営バス[編集]

  1. 平成の大合併前から芦安村営バスとして走っていた。
  2. 芦安村当時かられっきとした緑ナンバーのバス事業者である。
  3. だが、沿線の人口は0。
  4. 種明かしすると、南アルプス林道の広河原~北沢峠間を走る「南アルプス林道バス」のみを運行。当然利用客はほぼ登山客のみ。
  5. 登山客の利用が物凄く多いため、1便で何台ものバスを連ねて走ることも多い。

山梨の道路とナンバープレート[編集]




関連記事