岐阜の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 東海 > 岐阜

岐阜県にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。


主な駅[編集]

東海道新幹線・東海道本線[編集]

岐阜駅の噂[編集]

ぎ  ふ
岐  阜
Gifu
きそがわ
Kisogawa
(岐阜県岐阜市) にしぎふ
Nishi-gifu

所在地:岐阜市

  1. 名古屋近郊の東海道線普通の大半が岐阜駅折り返し。
    • 引き上げ線は使わない。わざわざ大垣まで回送。
      • 引き上げに入る前に名古屋方面に折り返しちゃうし。たまに西岐阜の貨物線で折り返してるみたい。
    • 岐阜~名古屋間は名鉄と競合してるため、JRはかなり飛ばす。が、岐阜以西はJR西日本との境である米原駅まで、特急を除けば各駅停車しか存在しない。
      • かなり飛ばすというより、普通でも駅間距離が国鉄時代のままなのが大きい。名古屋以南みたいに新駅が殆ど無いから名古屋~岐阜で快速が普通を抜かすことはない。
        • 尾張一宮に待避線があるが、退避するといえば「ひだ」などが普通を抜かすときくらい。
        • 岐阜~名古屋間30.3kmに途中駅は5駅しかない。平均駅間距離は約6km。因みにほぼ同距離の大阪~三ノ宮間には12駅ある。
      • 快速・新快速・特別快速が18~20分運転に対し普通は26分運転。しかし名鉄の特急は29分かかる。
        • 停車駅も名鉄特急は国府宮・名鉄一宮の2駅から今は新木曽川と笠松が増えて4駅停車に。JRの普通以下となった現状を反映している。
          • 急行の半数が削減されて名鉄一宮折り返しとなったのもそういう事情ゆえ。急行は須ヶ口で津島線乗り換えの客がかなりの割合を占めている。
    • 「ホーム入線前に信号待ち」と言えば名鉄の方のイメージが強いが、こういう運転形態のためJRの方でも起きる。
  2. 駅前広場(北口)整備中。最初は人工地盤などという壮大な計画であったが徐々に縮小・・・
    • 黄金の信長像は、正直センス無いと思う。
      ダサい…
      • しかしもし本人に見せたら大喜びであろうことは想像に難くない。
  3. 高架化されて、金津園の様子がよく見えるようになった。
  4. 岐阜県の代表駅であり駅舎も大きく県内他駅と比べ風格がある
    • 風俗もある。
  5. 東海道本線で隣駅の木曽川駅は愛知県。
    • 距離はおよそ8km
  6. 電車で岐阜駅に着くとき、駅前にやたらと妙な建物がある。
  7. 2階のコンコースがやたら広い。
    • 国鉄時代に計画した際、名鉄の駅も一纏めにしようとした名残りである。もちろん各務原線や当時の市内線の兼ね合いで計画はなしに。
  8. 県庁所在都市の中心駅なのに、隣の駅は県外(愛知県の木曽川駅)。こんなのはあと2例だけ(新幹線の隣の駅は除く)。
    • そのうち1つは隣県にある大津駅。あと1つは…?
      • もう1つは、青函連絡船現役当時の青森駅
        • それを言ったら宇高連絡船現役当時の高松駅も該当することになる(隣は岡山県の宇野駅)。
        • 関西本線に平城山駅が開業するまでは奈良駅も該当した。
    • 因みに県庁所在都市の中心駅の2駅先が県外となるケースは近畿地方の3駅(大阪駅京都駅奈良駅)が該当する。かつては南海和歌山市駅もそうだった。
      • 多分、横浜駅もそうかもしれない。東海道線を利用すれば、2駅先の品川駅は東京都だから…。あくまで横浜駅の方が中心駅だったらの話だが…(利用者数的には桜木町駅や関内駅より多いし、横浜市の中心駅は横浜駅だと思うから…。)。
    • 浦和駅もそうでは?上野東京ライン(東北本線)・湘南新宿ラインで一駅の赤羽駅は東京都。
      • 浦和駅は県庁所在都市の中心駅ではないので不該当。さいたま市発足前には上野東京ラインや湘南新宿ラインがなかったし。
  9. 国鉄時代は上りホームはガラガラ、下りホームはそれなりに人がいるという光景がデフォだったらしい。
    • 名岐間は国鉄時代は完全に名鉄に負けていた。昭和60年代になるまで1時間以上普通列車が運転されない時間帯がある程で、尾張一宮駅など途中駅でも人の姿はまばらだった模様。
    • 現在は名鉄岐阜駅ホームのほうが閑散としている印象。こちらは急行が半減されるなど減便ダイヤまで組まれる始末。

岐阜羽島駅・新羽島駅の噂[編集]

岐阜羽島
  ぎふはしま
Gifu-Hashima
な ご や
Nagoya
まいばら
Maibara
新羽島
しんはしま
SHIN HASHIMA
江吉良

疑惑の人物

所在地:羽島市

  1. 岐阜羽島駅から岐阜駅に行くには名鉄羽島線(竹鼻線・名古屋本線に直通)を利用することになる。
    • 東京方面から岐阜駅に行くには新幹線で岐阜羽島まで行かないで名古屋で乗り換えた方が便利。
      • 学校団体(修学旅行など)の発着には便利。閑散としてるからはぐれたり迷ったりしない。
        • そんな訳で、岐阜県民だけでなく愛知県西尾張の学生でも利用した経験があったりする(この私も然り)。
          • 西尾張在住だと、パークアンドライドなら尾張一宮経由より大分安く済むのでオススメ。
      • 大垣駅に岐阜羽島行きの近鉄バスが連絡しているが、京阪神へは遠回りな気がする。
        • 新幹線開業時は見物客で入場券がばか売れしたらしい。
          • 昭和39年の開業時から南側は大いなる田園地帯のままである。
            • 駅前に田園地帯なんてないんだが。
    • 京都大阪方面でも、岐阜駅→名鉄岐阜駅→名鉄新羽島駅→岐阜羽島駅というルートを考えれば、名古屋で乗り換えた方が楽かも。
      • お陰で岐阜~京都/大阪/神戸の高速バスが出来た(京阪神は各地を経由するのではなく、別便立て)。
        • が、大阪(USJ/なんば)・神戸行きの高速バスは撤退。
        • 岐阜~京都も2013年春廃止。ライバルは新幹線でなく新快速だと思う。
          • 名阪ハイウェイバスの急行便も新快速は廃止に追い込んだ前科がある。
      • 米原駅を利用する手もある。
    • JR東海、というか当時の国鉄が用意すればよかったのだが、何故名鉄?
      • たまたま近くを東海道新幹線開通より前から名鉄竹鼻線が通っていた(笠松・竹鼻・大須間、昭和4年開通)ので、その途中の江吉良駅から分岐させる形でアクセス路線(羽島線)を作る話が出ただけのこと。その開業は昭和57年で新幹線開業から16年もあと。
        • のちに竹鼻線の江吉良以南が廃止されて笠松・新羽島間が一本の路線と化してしまっているので、わざわざ岐阜羽島を目指して敷設されたかと誤解される。
          • 江吉良駅の改築工事や江吉良駅-羽島市役所前駅の高架工事の行われる前は廃線前の竹鼻線(大須駅-江吉良駅)と羽島線の分岐跡があったのに、工事の後に分岐跡も無くなってしまい、線路自体も竹鼻線と羽島線が一体化してしまった。
        • 竹鼻線との交差付近に新駅を作らなかったのは何故だろうか。米原から近くなってしまうが、大垣市の養老線との交差辺りも考えなかった?そんなに私鉄との交差は嫌だったのだろうか、当時の国鉄は。
          • たぶん用地の問題。岐阜羽島付近は田園地帯だが竹鼻線も養老線も交差付近は昔からの住宅があった。加えて竹鼻線交差付近は名神高速が並走していて色々面倒。
  2. 名神高速道路と共に羽島市民の誇り。羽島市民は岐阜市民に対し「高速と新幹線があるから岐阜より都会だ」と抜かす。
    • 岐阜市よりは交通の便が良いと思うが。
      • でも高速も新幹線も普段の日常生活では使わない訳で・・・そう考えると在来線で名古屋へも直ぐの岐阜市の方が便利な気がする。
    • 一時岐阜市と周辺市町村で合併の話が持ち上がったとき、羽島市・羽島市民だけ「岐阜羽島市」を提唱。合併協議会で浮く。
      • 「岐阜羽島市」にすれば、羽島市も合併してたかも。
        • 実際に合併して岐阜羽島市となっていたら、岐阜羽島と呼ばれる事が多い羽島市に岐阜市が吸収されたようなイメージを持たれそうな。
          • むしろそういうところがいかにも田舎もん丸出しな発想なんだと気づかない程度には田舎だよね。実際は大垣や各務原、多治見や関、高山にも負け、リニアができたらその基準でさえ中津川に負けるわけで
        • もしも合併していたら、山口県のが小郡駅から新山口駅になったように、市名は「岐阜市」、新幹線駅は「新岐阜駅」になったかもしれないな、名鉄の同名駅改称は丁度その時期でもあるし。紛らわしいのなら「美濃岐阜駅」かな。
  3. 大都市駅でもないのに2面4線ホーム。
    • 関が原の雪害対策の一環だそうな。
      • 通過線も上下1本づつあるし、大都市駅よりもデカイ気がする。
  4. ここにものぞみが停車したことがあるが、男性に痴漢されたと勘違いした女が男性を刺して、男性の救出と女性の確保のためだった。
    • のぞみが止まることって結構あるぞ、大雨とか・・・。
    • 最近ならお隣の名古屋駅で西所有の車両の台車が破損して運行不能になりそのホームが使えなくなったがゆえに、名古屋駅でののぞみとこだまの平面乗り換えが出来なくなっためのぞみが数日間臨時停車した事もありました。
  5. 大野伴睦自民党元副総裁が作らせたという駅。駅前には大野夫妻の銅像が建つ。
    • ちなみに勘違いしている人間も多いが、国鉄に頼まれて政府に建設費用を出させた、と言う意味である。
      • 当時の岐阜県側は岐阜駅に新幹線駅を併設することを要望していたが建設費の高騰や所要時間がのびるため国鉄側は難色を示していた。
        • 今のルートじゃないと橋を川に対して直角(=橋の距離を短縮する目的)に掛けられないからねえ。
      • 雪害に対して有効なのは国鉄もわかっていたのか、いわゆる請願駅なのに設備が立派
        • 最近明らかにされた国鉄時代の資料によると、関ヶ原を通ると確定した時点で国鉄自身が最初から作る気だったようで(豪雪対策)、実は請願駅ではないらしい。
        • 請願駅だったら地元負担が有る(三河安城駅然り掛川駅然り)。ここは国鉄の意志で造った駅。岐阜経由という無謀案を大野伴睦が現実的なルートに修正した。
      • ここがなければ上り列車は関ヶ原の雪を名古屋駅で落とすことに。大混乱必至。
        • でもやっぱり銅像はあからさますぎる。
          • 丸く収めてくれたことへの感謝が無関係の人間に悪く思われてしまった好例。
        • なお雪以外にも、こだまやひかり編成が自分より早く走る車両を追い越させるためのダイヤ調整として非常時以外でも大活躍の駅である(同じことを名古屋でやろうとすると待ち時間が増えてしまう)。
  6. 岐阜羽島でのぞみ待ちしている時は絶望感感じる。
    • JR西の駅に比べれば絶望感は薄れる
  7. 駅前に何もない。本当に何もない。でもどこの新幹線駅もほとんど同じだけど。
    • 宿泊用のホテルはある。
    • 広い駐車場もある。パークアンドライドの代表的(?)な駅。
    • 2015年11月にコストコ岐阜羽島店がオープンし、ある程度の需要は見込めるようになった。
      • ただし、駅からの距離は遠い。
  8. クロスタニンと文渓堂のための駅と思われている。
  9. レンタカーを仕立てて三重県や岐阜県・滋賀県を観光するには絶妙の場所。高山までも1時間半、伊勢市までも2時間で行ける。おまけに大ラッシュ時でも「こだま」はたいてい座れる。
  10. 土地勘のない出版社だと「新羽島」を「新鳥羽」と誤植させられる。
    • 「羽鳥」ってどこかのアナウンサーみたいな名前と間違えられる事も多いな。特に遠方の人に。

西岐阜駅の噂[編集]

所在地:岐阜市

  1. 1986年に開業。国鉄最後の年に出来た。
  2. 岐阜県庁・県警察の最寄。
    • 約15~20分は歩くけど。
  3. ここぞ本当の「橋上駅」。跨線橋に併設されている。
  4. はがないのOPに出てきた駅だとか。
  • 路線 - 東海道線
  • バス - 西ぎふ・くるくるバス

穂積駅の噂[編集]

所在地:瑞穂市

  1. ホームに面しない待避線があり、よく貨物列車が止まっている。
    • 貨車には、所属駅として乙女坂駅という、地元民でも馴染みのない駅名が書いてある。それは美濃赤坂線の奥の方にある貨物専業駅である。
  • 路線 - 東海道線
  • バス - 岐阜バス みずほバス

関ヶ原駅の噂[編集]

上り線ホームの看板

所在地:関ヶ原町

  1. TOICAが使用できる最西の駅。ここから米原方面は利用不可。
  2. 関ヶ原自体豪雪地帯のためか、岐阜羽島同様に2面4線の作りになっている。
  3. 実は岐阜県で最西端の駅。
  4. 上り線ホームにある関ヶ原の戦いに関する広告看板が、気になる。
    • 西軍にあの小早川秀秋が居るのに長宗我部盛親が居ないとか、東軍に山内一豊や藤堂高虎、松平忠吉らが居ないなど、必ずしも実力や奮戦ぶりを評価していない点が気になって仕方がない。
    • これを見ると関が原に来たなあと感じる。
  • 路線 - 東海道線
  • バス - 名阪近鉄バス

高山本線[編集]

鵜沼駅・新鵜沼駅の噂[編集]

う ぬ ま
鵜  沼
Unuma
かがみがはら
Kagamigahara
(岐阜県各務原市) さかほぎ
Sakahogi
新鵜沼
しんうぬま
SHIN UNUMA
犬山遊園
鵜沼宿

所在地:各務原市鵜沼山崎町・鵜沼南町

  1. 駅名は違うのにJR名鉄の共同使用駅。
    • 他には大鰐温泉とか鷹ノ巣など。片方が駅名改称した事によるのではないので、結構貴重では。
  2. 新鵜沼駅(名鉄側改札)には流石にマルスやPOSがないらしく、JRの乗車券は常備券。
  3. 両社の連絡改札らしきものがあるにはあるが、トランパス利用客以外は余り使わない。チェックもない。
    • あとJRの券しか持たないで名鉄に乗り換える人。
    • 2009年3月のJR新駅舎と自由通路完成で連絡改札は廃止。連絡の不正乗車よさようなら~。
  4. 2001年まであった「北アルプス」用の短絡線、その跡はまだ多く残っている。
  5. JR側は近いうちに駅舎を改修。名鉄は一足早く改築済み。
  6. 神奈川県民、特に江ノ電や小田急江ノ島線ユーザーには、一見「沼(くげぬま)」に見える。

美濃太田駅の噂[編集]

みのおおた
美濃太田
Mino-ōta
さかほぎ
Sakahogi
(岐阜県美濃加茂市) Kobiこび
Mino-kawai みのかわい

所在地:美濃加茂市太田

駅舎
  1. 駅構造が分かりにくい。
    • 太多線との接続が数分しかない上に、高山本線が遅れているとヒヤヒヤする。
    • 特にきっぱーにとっては。
    • 確かに接続はアレだったが、駅舎はそこまでわかりにくくはなかった気がする。
  2. 美濃文田駅ではない。
  3. 北アルプスはここでひだ7号と増結していた。
  4. 駅舎の広さや駅としての規模の割に電化されている路線が一つもない。
    • キハ40天国。
  5. 何気に駅弁の立ち売りが有名。

路線 - 高山線・太多線長良川鉄道

下呂駅の噂[編集]

JR下呂駅.JPEG

所在地:下呂市幸田字下小瀬

  1. 下呂温泉の生命線の駅。
    • 車では非常に生きにくい場所にある。
      • 東海北陸道からかなり東側にあるし、国道41号でかなり南下しないと東海環状道美濃加茂ICまでたどり着けないから。
      • そのためか下呂への高速バス路線はない。鉄道シェアが高い。
  2. 岐阜放送及びCBCラジオ、東海ラジオなどの岐阜県内で放送されるラジオ局の中継所がある。
  3. 下呂駅前はいかにもひなびた田舎の温泉町の駅という感じがする。
    • 実際には、線路の反対側が温泉街であり、しかも大多数の観光客が車で来るので、駅前が鄙びた感じがするのは当然といえば、当然か。
  • 路線‐高山線
  • バス - 濃飛バス

高山駅の噂[編集]

昭和初期からある駅舎

所在地:高山市昭和町

  1. 近々駅舎は取り壊されて改築されるらしい。
    • 横のバスセンターは既に改築済みで綺麗になった。
    • 改築したら新たに西口を設置するらしい。
    • 改築されたら改札は自動化されるのだろうか…しないか。
  2. 駅前の観光案内所や向かいのファミマからして某アニメのポスターを貼ってる。
    • 下に「高山が舞台モデル」と注釈されてる辺り高山の気合の入れっぷりがよく分かる。
  3. この駅が開業した当時は、遠く離れた鹿児島にも高山駅があった。
    • 鹿児島の高山駅のほうが14年早く開業しているが、鹿児島のほうだけ大隅高山駅へ改名している(旧国名をつけただけ)。こっちを飛騨高山にしてもよかったのでは。
  • 路線‐高山線
  • バス - 濃飛バス

飛騨古川駅の噂[編集]

飛騨古川駅.JPEG

所在地:飛騨市古川町金森町

  1. JR東海が管理する有人駅では最北に位置する。
    • 同時に飛騨市の中心駅にもなっている。
  2. 2016年に大ヒットした映画「君の名は。」の舞台となった為、聖地巡礼に訪れる人が後を絶たないらしい。
  3. 落ち着いた感じの良い田舎の駅という感じがする。
  • 路線‐高山線

中央本線[編集]

中津川駅の噂[編集]

なかつがわ
中 津 川
Nakatsugawa
おちあいがわ
Ochiaigawa
(岐阜県中津川市) みのさかもと
Mino-sakamoto

所在地:中津川市太田町

  1. 中央線の名古屋近郊区間の東の端。特急「しなの」と一部の普通列車を除き、運転系統も分断。
    • 当駅以北では、TOICAは使用できない。
    • 中央線で、JR東の115系が乗り入れる南限の駅でもある。
  2. 馬籠・妻籠と宿場町巡りの観光客で賑わう。
    • 中津川市中心部も、中山道の宿場町「中津川宿」に由来。
  3. その昔、西側へ300m程離れた位置に中津町駅が存在し、木曽川を渡り苗木・下付知方面へ至る北恵那鉄道が運行されていた。当駅と中津町駅の間には貨物連絡線も存在した。
    • 当駅に乗り入れている路線バスは、2社とも東濃地域で鉄道事業を営んでいたがそれを廃業し、(北恵那鉄道は北恵那交通に社名変更の上)バス事業に転換した。
  4. 駅から徒歩10分位の「本町公園」で、かつて旧国鉄で活躍したD51 266号機が余生を送っている。当駅から名古屋方面の中央線の車窓にも、ほんの一瞬ではあるが垣間見ることができる。屋根付きでフェンスに囲まれ、丁寧に手入れされている模様。
    • 王子製紙の中津工場から今の中津川駅まで貨物鉄道が延びていて、そのルート上にD51が置かれている。駅からはレール跡の歩道を歩けばすぐ。[1]
  5. 駅前にはコンビニもファーストフードのお店もないのに三菱東京UFJ銀行の支店がある。
    • ベ○マート涙目。。。ご当地ファーストフードの「五平餅」を売る店なら、そこらに点在している。駅前は昔ながらの宿場町の雰囲気が残されている。勿論ご指摘のようなコンビニやファーストフード店も、何れも車でちょっと走ればそれなりにあり、車社会なので大して困らない。
    • かつては東海銀行中津川支店だった店舗。というか東濃は都市銀行が2店舗(多治見と中津川、共に三菱東京UFJ)しか無いのよね。十六と大垣共立と岐阜信金が強い土地柄もあるけど。
    • ファストフードの店もコンビにも無いけど、名物栗きんとんの名店が集まって販売しているところがある。さすがは中津川。
    • いちおう三菱電機の工場群が中津川西岸の駒場町を中心に立地してる。東海銀行以前からだけど。だからか知らんが、市内で見かけるエスカレータ・エレベータは三菱製品が多い気がする。
  6. 駅舎内で、立ち食いそば屋と喫茶店が営業している。何れも1番線ホームからも利用できる。数年前までは駅弁も売っていたらしい。
  7. 東の115系が211系に置き換えられたので、東・東海両社の211系の並びがこの駅で見られるようになった。
  • 路線 - 中央線
  • バス - 北恵那交通 東鉄バス

美乃坂本駅の噂[編集]

みのさかもと
美乃坂本
Mino-sakamoto
なかつがわ
Nakatsugawa
(岐阜県中津川市) え  な
Ena

所在地:中津川市千旦林坂本

  1. リニア中央新幹線駅(予定)。
    • 出来たところで岐阜羽島化するのでは、という不安感は否めない。
      • まあ名古屋からの距離でいえば岐阜羽島の倍以上、豊橋くらいあるので、また違った感じになると思う。
        • 不安を助長する点は周辺人口の少なさ。
          • 中津川と恵那を合わせても13万程度。「三河安城」効果で多治見とかは名古屋駅の方が便利な可能性もあり。
            • むしろ岐阜羽島よりも三河安城の方が、幹線の途中駅という点では状況的に近い。
      • 岐阜県唯一のリニア駅ではあるものの、岐阜市民が使わないということは確定的に明らか。
  2. 美「乃」坂本という謎の駅名
    • 美濃で良いだろ。
      • かつて現地人が「濃」を(画数多くてメンドいから)「乃」と略記していた…という話が伝わっている。ちなみに「乃」は「の」「ノ」のベースになった漢字。
    • あの一帯を指す千旦林の方が字面的にはかっこいい。他所と被らないし。
    • リニアができることでもっと広域的な駅名になるかも。
      • 候補「新中津川」「美濃中津川」「恵那峡中津川」「東濃坂本」「恵那中津」etc.
        • 「東濃」は「木曽」ほど広域地名として普及しとらんしなあ、「東濃坂本」では「美乃坂本」より分かりにくいような。あと、「美濃中津川」はお隣から文句が出そう。
      • 直球で「リニア中津川」とか。 中津川市に出来たリニア駅だとわかりやすいし、地名に感じるイメージ・アイデンティティとか微妙な問題は解決しそう。
    • 余談ながら中央本線に「美濃」のつく駅は1つもない。
  3. 2010年現在でも2500人ほどの乗降客がいる。
    • 市の中心でもなんでもない地方の駅としてはわりと多い方だと思う。
      • 名古屋方面への通勤・通学客も結構いるが、何よりも中津川工業高校があるのが一番大きい。朝~夕方まで有人駅なのはそのせい。
  4. 周りはごく普通の田舎。
    • 駅舎もごく普通の田舎駅、バリアフリー未対応。自動改札機もない。
  5. 中津川市だが、恵那市中心部からも中津川中心部からも距離的にほとんど同じ。
    • 電車の運賃は恵那駅までのほうが中津川駅までより10円安い。所要時間の差は1分だが…
  6. 景観は良い。
    • ちょっとした谷筋の東西に恵那山と笠置山の三角形の大きな山容が望める。
  7. リニア駅と同時にリニアの名古屋方の車両基地と整備工場も坂本地区に作られる事が決定している。敷地面積70haと国内最大級の車両基地になる模様。
    • ちなみにJR東海浜松工場の敷地面積は34haで従業員数1500名、JR東日本の新幹線総合車両センターは敷地面積53haで従業員数約1200名。
    • 額面通りの施設が出来たなら三菱電機中津川製作所(従業員数約1000人)並、もしくはそれ以上の経済効果が期待できるかも。
      • むしろ駅よりも車両基地の方が本命なのかも知れない。ネットでもリアルでも駅云々の事しか言われてないけどね。
  • 路線‐中央線
  • バス‐東鉄バス・北恵那交通

土岐市駅の噂[編集]

と き し
土岐市
Tokishi
みずなみ
Mizunami
(岐阜県土岐市) たじみ
Tajimi

所在地:土岐市泉町久尻

  1. かつては土岐津駅だった。
    • 地名としてはこれが正確。「土岐市」がズルいだけ。
  2. かつては駄知線が乗り入れてた。
  3. 朝晩のみ当駅を始終着とする列車がある。
  4. 少し前までは駅前にDQNがたむろってた。
    • 構内でも地元DQNがウ●コ座りして喫煙していたぞ。
  5. かつては当駅発バス乗り場にはベンチすらなかった。
  • 路線‐中央線
  • バス‐東鉄バス・土岐市民バス

多治見駅の噂[編集]

た じ み
多 治 見
Tajimi
と き し
Tokishi
(岐阜県多治見市) ここけい
Kokokei
た じ み
多 治 見
Tajimi

(岐阜県多治見市) こいずみ
Koizumi

所在地:多治見市音羽町

  1. 岐阜県内の中央線では一番デカい駅。特急「しなの」も含め、全列車停車。セントラルライナーの乗車整理券を意地でも買いたくない人々は、ここで多治見ダッシュを繰り広げる。
    • 所謂「緩急接続」的な利用客も見られるが、上下とも同一ホームではないので、階段の上り下りが必要である。
    • 貨物駅もある。
    • 東濃一なのに、何故、今まで記述がなかったの?!
  2. 「県」境の長いトンネルを抜けると、そこは「灼熱地獄」だった。何でも、当日15時時点で翌日の予想最高気温が摂氏37度以上である場合、翌日の10時から駅前で「うながっぱうちわ」が貰えるらしい。
    • 秋冬春は、これと言ってイベント的な物はないw
    • まぁ県境のトンネルを越えるだけやとまだ古虎渓駅なんやけどね…
  3. 東濃で一番人口が多い市の拠点駅、しかし、駅前は殺風景。
    • ずばり「駅前プラザ・テラ」という、その筋の人(?)には堪らない名称のショッピングビルはある。
    • 2014年に駅北に市庁舎が新設されるなど再開発が進んでいる。
  4. 昔は、ここ以東では車内喫煙OKだった。
  5. 人身事故や悪天候による運休の憂き目に遭いやすい。
  6. 貨物駅を兼ねていて、駅北側に大量のコンテナが積まれている。
  • 路線 - 中央線 太多線
  • バス - 東鉄バス 多治見市コミュニティバス 多治見市自主運行バス

名古屋鉄道[編集]

岐南駅の噂[編集]

所在地:羽島郡岐南町下印食四丁目

  1. 岐南町唯一の駅だが、北西部に行くと直ぐに岐阜市に入る。
    • 因みに無人駅で岐南町役場からは遠い。岐阜市に所在している名鉄各務原線細畑駅から下車して国道156号を南下した方が近い。
  2. 駅近くに幸せの黄金鯛焼きと湯処美濃里がある。

加納駅の噂[編集]

加納
かのう
KANŌ
茶所
CHAJO
名鉄岐阜
MEITETSU GIFU

所在地:岐阜市

  1. 隣の茶所駅と近すぎる。
    • 茶所駅北側の道路を西へ進み、最初の信号を右に200mほど行くともう加納駅。
    • 高架化の際には一つの駅に統合するらしいです。
      • こっちを統合するなら西枇杷島も駅機能なくして信号場にし、二ツ杁に完全統合していい気がするのだが。
        • ちなみに二ツ杁のもう片隣の新川橋は、市の要請により廃止を免れました。
    • 1968年までは岐阜・加納間に広江駅も存在した。
  2. 一時期は急行が止まっていた。
  3. 新加納駅とは何の関係もない。
    • 岐阜駅も始めは加納宿にちなみ加納駅を名乗っていたがやっぱり当駅とは関係ない。
    • この駅からは徒歩移動出来ないくらい距離がある。
  • 路線 - 名鉄名古屋本線

名鉄岐阜駅の噂[編集]

名鉄岐阜
めいてつぎふ
MEITETSU GIFU
加納
KANŌ

名鉄岐阜
めいてつぎふ
MEITETSU GIFU

田神
TAGAMI
本線用の高架ホームに止まる1700系特急

所在地:岐阜市橋本町

  1. 駅付近にある単線のせいでダイヤが狂う。よく対向列車と待ち合わせをする。どーにかしてくれー!!
    • JRの高架化に合わせて単線区間を解消するという話があったようだがどうも中止になったようだ。
  2. 昔は新岐阜駅だった。
    • 今でも「新岐阜」と言いそうになる…。
      • 結構普通に比較的若い人も言いますよ。だって改名したの2005年ですもの。
  3. また昔の話だが、本線・各務原線以外に市内線(路面電車)も発着してたが市内線自体廃止となった。
  4. 本線のホームは高架、各務原線のホームは地上にあり、線路も繋がっていない。
    • 両線のホームはL字状に接続している。
    • 各務原線ホームの一角には美濃町線用の低いホームもあった。
      • 階段の上り下りメンドクサイ・・・・・
  5. かつて名鉄百貨店ならぬ新岐阜百貨店が駅に併設されていた。
  6. 頭端型の構造で、改札はホーム同士がつながっている側にしかない。一方、「一部特別車特急」の特別車はホーム先端側に位置するので、特別料金を払った客はホーム上をてくてく長歩きしなければならない。ただし反対側の豊橋駅では事情が逆になる。
    • その辺を考慮して特別車は豊橋側になったとも聞いたことがある。名古屋~岐阜より名古屋~豊橋の方が距離が長いので利用率が高くなるだろうと見込んだもの。実際に名岐間はJRに惨敗だが、名豊間は健闘しているので特別車に乗るものもそれなりに見かける。
  7. 昔と比べてもホームの人がかなり減った駅という印象がどうしても。JR岐阜駅と比較してしまうから更に。

養老鉄道[編集]

美濃松山駅の噂[編集]

所在地:海津市

  1. 岐阜県内最南端に位置する駅。
  2. かつて桑名からここまで区間列車が運転されていた。
    • 岐阜県内だが距離的にも大垣よりも桑名の方がずっと近いし、ここまでが桑名指向なのだろう。

養老駅の噂[編集]

所在地:養老町

  1. 親孝行のふるさと。
  2. 養老鉄道の名称の由来だが中心駅ではないようだ。
    • それでもローカル線にしては広い構内を持つ。
  3. 駅前には養老の由来の碑と孝行息子の像が。
  4. 養老という名の付く施設はどれもあまり近くはない。とにかく坂が辛い。
  • 路線 - 養老鉄道

揖斐駅の噂[編集]

所在地:揖斐川町

  1. 養老鉄道では最北端の駅。
    • そればかりか、経営分離前は近鉄全体でも最北端の駅だった。
      • そのためか、「こんな場所まで近鉄が…」とつい思ってしまった。ある意味近鉄のスケールの大きさを実感できる駅だった。
  2. 駅は揖斐川の堤防の手前にある。
    • 揖斐川の対岸には廃止された名鉄揖斐線の本揖斐駅があり、こちらが町の中心部だった。
  3. 列車が来なきゃ、改札に入れないという。
  • 路線 - 養老鉄道



関連記事