島根/出雲

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本中国地方 > 島根出雲

島根・出雲
隠岐  
 
山口 石見 出雲 鳥取
広島 岡山

出雲地方の噂[編集]

     
 
出雲 宍道湖 中海

   
雲南    

奥出雲  
広   島
  1. 「いずも」と読むのは一般常識だが、昔存在した「出雲郡」は「いずもぐん」じゃなくて「しゅっとうぐん」と読む(出雲郡は明治の郡制で他の郡と合併して簸川郡になった)。ただし、以前の出雲の国については出雲(いずも)と読んでおり、その名はスサノオの尊が歌ったとされ古事記などに記載されている「八雲立つ出雲八重垣。。。」にも見られ、かなり以前からあった呼び名である。
    • 以前、「ムーンライト八重垣」という新大阪から出雲市駅に行く夜行快速列車があって、八重垣ってなんのこっちゃ?と思ってたが、そういう名前の由来があったんですね。
      • ムーンライト八重垣の名称は八重垣神社が由来なんだが。
  2. どうも県外人は「島根=出雲」と思い込みがちだ。
    • 九州や山口の人は、どちらかというと石見の方が身近。でも、出雲と石見の境目がよくわからない。
  3. 松江市内には「出雲郷」と書いて「あだかえ」と読む地名の場所がある。
    • 違います、東出雲町です。
      • しかし、合併で松江市に。
  4. 郡名つけないとパッと見、紛らわしくなる町名が2つ…。
    • 東出雲町と奥出雲町
      • 前者は合併で消えた。
  5. もとの島根県とはこの人口密度の高い東部のみ。
  6. 歴史的にこの地方が有名なのは神話時代(スサノオ、オオクニヌシ)、弥生時代(荒神谷、加茂岩倉遺跡)、古墳時代(豪族がいたはず)、奈良時代(風土記)。
  7. 何にでも「縁結び」や「だんだん」を付けたがる。
    • 「くにびき」もよく付けられる
    • 出雲地方だけでなく、米子市にも「だんだんバス」というのがある
  8. 大田も一部、含まれる。

主な市の噂[編集]

安来市の噂[編集]

  1. 「やすき節」なのに「やすぎ市」。
    • いや、本当は「やすぎ節」。
    • 「安来武士」という観光PRポスターが意外に好評だった。
    • 小学生の頃に学校で銭太鼓を習った子もチラホラいる。
    • 昔は「やすき」と読むこともあったそうな。
    • 「あきし」とか読んだりしないように。こっちになっちゃうんで。
  2. ヤスキハガネという特殊鋼の名産の地。
    • 通称「鋼都」 強そうだ。
      • おヒゲの似合う「鋼鉄の男」が住んでいるわけではない。
  3. 「メチャイケ」のせいで安来節が誤解されているため、メチャイケが大嫌い。
    • 浜口まさるのせい。
  4. ネゴシックスの出身地。
    • 安来のおじの出身地でもある。
      • おがっちさんとはご夫婦で中心街賃貸マンションに住んでる。
    • 生まれは出雲市。どっちにしろ出雲地方。
  5. 日立金属という日立グループの会社の工場と本社?がある。
    • 安来駅は元々日立金属の社員通勤のために開設された。
    • 日本刀の材料である玉鋼の製造を、日本で唯一行っている。
  6. 足立美術館には金を払ってまで入らない。毎年冬になれば周辺地域に無料観覧券が配布されるから。
    • アメリカの日本庭園雑誌で評価ランキング首位。
      • 足立美術館へは米子からも送迎バスが運行中。
      • しかし、全国的に知名度は低い。
    • 隣の敷地に出来た「安来節演芸館(劇場)」は、早速に談合建設の疑惑が取沙汰されてる。
      • どうせ10年しないうちに閉まる
  7. 安来では毎年白鳥の大群が飛来します。
    • 県外者に見せると大喜びしてくれるが、いまいち観光や町興しに活用できない。
    • 隠れ家カフェ「柿谷の里」からも白鳥が見れるよ。薪ストーブがたまらん。
  8. こんなド田舎で日本一のカプチーノが飲める、カフェロッソ。
    • 親父さんのサルビア珈琲ってどこ?
    • 長男の安来店は素敵ですが、松江店の弟は事件を…。
  9. 清水ようかん、おいしくない。。。
    • 男は黙って「オートパーラー」
  10. 安来駅は利用者1000人にも満たない小さな駅。日中以外駅員がいない。でも、東京行き寝台特急「サンライズ出雲」が停車する。なぜ停める?
    • 足立美術館があるからでしょ。
    • 駅舎が改装して、和モダン調になりました。9号線を通る時はぜひ見てね
    • 駅前ロータリー路面の進行方向表示が、矢印でなくてドジョウ。あまり下ばかり見て運転すると事故りそう……。
  11. その昔「カナダ村」だった所がすぐ潰れ、老人介護施設に変わった。安来の現状を象徴している。
  12. ショッパーズとプラーナは、相手が閉鎖されるのを待っての我慢大会状態。
    • ラムー繁盛。
    • 松江の東津田にラムーの姉妹店オープン。安来と違ってサティを意識した品揃え。
  13. 伯太・広瀬の両町と合併したら、かつての能義郡域と安来市域がほぼ同じになった。
  14. 給食の安来牛乳は、家庭で飲む他社牛乳に比べて薄すぎる。水増し疑惑を唱える事が成長の証。
  15. 駅前通りのブティック「Di○r」、そのうち某大企業から使用差止・賠償請求が来るかも
  16. 安来駅のすぐ隣には日立金属安来工場がある。どじょうすくいのユニークなキャラクターが電車から見ることができる。
  17. “海”には面していない。
  18. 群馬人には「安中市」に見えることも。
  19. 祭などに金魚すくいの屋台がない。代わりにどじょうすくいがある。

伯太[編集]

  1. かつて藩があった。
    • それ、大阪の和泉市の伯太では。
    • たぶん母里藩のことだと思う
      • ほんまや… ろくすっぽ調べずに書いてました。ごめんなさい。
        • 確かに、大阪人にはそっちの「伯太」だと勘違いされても仕方が無い。読みは微妙に違うけど。
  2. 国道は通らないが、島根県道1号線が通る。
  3. 1967年までは米子から電車が走っていた。

広瀬[編集]

  1. 戦国マニアの間で名の知れた月山富田城
  2. ここにも藩があった。

雲南市の噂[編集]

  1. 卵かけ飯専用醤油で町おこし中。その名も「おたまはん」。
    • 品薄なのをいいことに、近年は米とのセット販売でボロ儲け。
  2. 出雲の南に位置するので"雲南"。郵便物が間違って中国に届いたとか届かないとか。
    • 一応、中国(地方)ではある。
    • なんで南雲(なぐも)にしなかったんだろう…。
    • ↑よりも郡名だった飯石か大原を使った方がいい。
  3. 安来の人に雲南や大東と言っても通じなかった。加茂岩倉遺跡の辺と言うとわかってもらえる。
  4. ウッチャンナンチャンではない
  5. 行政の中心は木次。人口が集中しているのは大東。商業の中心は三刀屋。加茂には荒神谷遺跡があり、吉田は「秘密結社鷹の爪」の吉田くんの出身という設定になったり「おたまはん」により有名になった。しかし掛合には自慢できることは何もない。
    • 掛合は竹下お膝元だが自慢でもないか。
    • 荒神谷遺跡じゃなくて、加茂岩倉遺跡。
  6. 人口が比較的多い場所は以下通り
    • A 加茂中、大西
    • B 大東町大東、前原、幡屋の辺り
    • C 三刀屋町三刀屋、下熊谷、新市、木次町木次、山方、里方
  7. 島根県で唯一国道9号が通ってない市である。
    • 合併前は平田市がそうだった。
  8. 田部家がすべてを支配。
  9. 木次と掛合は自治体だけでなく、警察署も合併。そして、合併でできた警察はやがて三刀屋に。
  10. 古事記観光について余りにも嘘が多い。須我神社がスサノオの須賀の宮だったとは到底考えられない。

大東[編集]

  1. 大阪で大東と言うと府内の大東市と混同される。
  2. 大東に対するのか大西(だいさ)という地名もある
    • ちなみにこれは旧大東じゃなくて旧加茂。

掛合[編集]

  1. 掛合は「かけあい」じゃなくて「かけや」。
    • 愛と栄光に満ちた偉大なる領導者同志中澤一夫氏のおわす土地。
  2. 道の駅・掛合の里は道の駅発祥の地らしい。
  3. 入間という地名がある。埼玉入間市ではない。もちろん人間でもない。
    • しかも読み方は「いりま」
    • 市内にあるインター名が「三刀屋木次」という遠まわしな名前。素直に雲南ICにすればよかったのに。
      • 三刀屋木次インターは別に入間と関係無いような…。
      • 新しく吉田掛谷I.Cが出来ます。
  4. DAIGOの爺さんの出身地。
    • 竹下元首相ね。
    • 大雲南の明星、

木次[編集]

  1. 旧木次町は、昭和の大合併の時に雲南木次町という名前になった。しかし3年で木次町に改称された。
    • あ、だから俺の伯父さんは木次の事を雲南町って呼んでたんだ!
  2. 「きすき」と読む。
    • 鉄道ファンなら読める。
    • テレビ東京の某路線バス乗り継ぎの旅で出演者からナレーターまで「きつぎ」と読んでいた。

三刀屋[編集]

  1. 中心部は木次駅から結構近い。その気になれば歩いても行けなくないかも。
  2. 木次線の駅なんかより立派な「駅」があった。といってもJRバス(旧国鉄バス)の駅だが。
    • 2階建ての駅舎に、頭端式(?)のプラットフォームを2番線も揃えていた。JRバスになってからも10年位は職員もいて切符も売っていた。
    • 今も市民バスの「バスターミナル」として活用されている。
  3. 幼少期を三刀屋で過ごした永井隆博士の言葉にちなんだ「しっぽも一役」という、子豚の格好をした最中がある。

吉田[編集]

  1. 国道から外れた所、と思われがちだが実は北端スレスレの所をR314がかすっていた。
  2. 出雲湯村温泉を木次と分け合っていた。
  3. たたら製鉄の遺構が残っている。貴重。
  4. 「グリーンシャワーの森」がある。
  5. 松江道のインターが無駄に2つもある。
    • もとは吉田掛合インターだけの予定だったが、後から道の駅を作ることになったので雲南吉田インターが増設された。

加茂[編集]

  1. 旧町が建てた文化ホールの名は「ラメール」。あれ、加茂って内陸では?
    • 因みに「ラ・メール」(la mer)はフランス語で「海」のこと。
  2. 雲南市に合併した旧自治体の中で、ここだけ天然温泉がない。
  3. 雲南市で面積が一番小さい町。加茂岩倉遺跡ぐらいしか無い。
    • 遺跡もはっきり言ってたいしたことはない。
      • いや、そりゃ掘り出したあとは何もないかも知れんが、銅鐸が大量に見つかったのであれは古代史の上で超重要ですよ。近くの出雲市で銅剣がいっぱい見つかった荒神谷遺跡と並んで重要。

仁多郡の噂[編集]

  1. 明治の町村制以来、昭和30年になるまで合併したことがなかった。
    • 仁多郡域自体も大部分は奥出雲町として現存している。

奥出雲町の噂[編集]

たたらと刀剣館の前にある謎の建造物

仁多[編集]

  1. 小説「砂の器」の舞台。
    • その名も「砂の器」という便乗商法の焼酎もある。
  2. 駅にそば屋がある
    • 亀嵩駅です。
      • 「ここは亀だけ、ウサギはいない」の交通安全看板がある。
      • 町の入口に「ウェルカメ(亀)!」っての作らないかな。誰か知らない?
  3. 旧仁多町にあった警察署は昭和の大合併よりも前の「三成」の名を存続させていた。
    • そして「奥出雲警察署」に変えるのではなく、統合で消えた。
  4. 「仁多米」で有名。
  5. 集落の外れの方にメガネの三城がポツンと1軒だけ建ってる場所がある。創業者があの辺出身なんだとか。
    • ストリートビューで見ると周りとの違和感が凄まじい。

横田[編集]

  1. 全国の中でも珍しい木次線でのスイッチバックと国道314号でのおろちループがここに存在する。
    • 前者は鉄ちゃん、後者は道路ファンにとって有名なスポット
    • つまり、一般的には全く知られていない土地ということでもある。
  2. 三井野原は「みいのはら」です。某財閥とは関係ありません。
  3. そろばんの一大産地(雲州そろばん)。
    • 現在も製造しているのは、ここと兵庫の小野市(播州そろばん)くらいになってしまった。

飯石郡の噂[編集]

飯南町の噂[編集]

  1. 「赤来+頓原」で飯南(石郡の)…。これまた安直な…。
    • 旧赤来町もなんとなく「名+島」で赤来町なイメージが…。
  2. 冬に松江から54号線で広島に行くとき、飯南あたりで路面がアイスバーンに大変身している
  3. 逆に広島側から54号で来る時は、電光掲示板で「赤名凍結」と出るので、三次市内でチェーンを買うことになる。三次大儲け。
  4. 道に道路の端を示すポールが普通に立っている。
  5. 何故か兵庫県伊丹市にこの町のアンテナショップがある。
  6. かつて三重県にも同じ名前の町があった。

赤来[編集]

  1. 赤名の54号線沿いのステーキ屋はうまい。
  2. 毎年赤名峠で山の向こう側と綱引きで国取り合戦をやっている。
  3. 松江道が全通して、赤名の今後は…
    • R54の休憩地として定着し、広島~松江の高速バス「グランドアロー」も休憩地にしていたのだが…
      • グランドアローが休憩地にしてたのは赤名ではなく布野。
      • すみません、「道の駅布野」ができる前の記憶かも…
  4. 来島は「きじま」と読む。
    • だが、瀬戸内海の方の海賊や造船所が有名なせいで他地域の人に「くるしま」と読まれてしまう。
    • 2018年現在のJR西日本の社長も来島と書いて「きじま」。

頓原[編集]

  1. 三瓶山の一部を領域に収めていた。
    • 町営バスは手前の角井まで行く。2km程歩けば着くから、三瓶観光の裏ルートとしていいかも(平日しか乗れないけど)。

出雲平野の噂[編集]

  1. 県内有数の稲作地帯である。
  2. 松江が入るかどうかは疑問である。
  3. 簸川平野とも呼ばれる。
  4. 富山県の砺波平野と並ぶ散居村で有名な所である。



関連記事