下関市

提供: chakuwiki
巌流島から転送)
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本中国地方 > 山口長門下関市

  阿武

長 門
美 祢
 
山 口  
山陽
小野田
防府

テーマ別[編集]

下関市の噂[編集]

関門海峡。北九州市門司側より。
  1. ふぐじゃない、「ふく」だ。
    • 一般市民は今でもフグとよんでいる
    • 「ふく」なんてほぼ誰も言わない。
      • しかし「ふく」関連従事関係者各員はちゃんと「ふく」という罠。不具(ふぐ)ではイメージが悪いからという理由で福(ふく)と呼ぶように。
    • それが名物になったのは、日中戦争後の下関会議で伊藤博文が会議で出されたフグの刺身を絶賛したことかららしい。
      • 下関会議は日清戦争後。
        • 下関条約ですね。某国などでは昔ながらの馬関条約。
  2. 海底トンネル。
    海底の県境
    • 新幹線・電車・車・歩行者用の4つのトンネルがある。
      • 正確にはトンネルは3本 車と歩行者は同じトンネル。
        • 上段が車、下段が歩行者。なので、歩行者の方もNEXCO西日本の管轄。
          • てか、鉄道トンネルは上りと下りは別だから4本で正解じゃないの?
    • 在来線のトンネルは世界最古の海底トンネル。
      • 片方のトンネルは真ん中でずれていて、ちょっと掘り直した。
    • 戦時中に米軍がトンネルを爆撃する計画があった。
  3. 海底トンネルは無料で歩いて通行できる。
    • 自転車も通行できる。
      • 自転車どころか、バイクは車道のトンネルを通れないのでここを通らないといけない。中型くらいになるとかなりの重量になる(当然エンジンOFF)ので、とてもしんどそう。
        • バイクが通れないのじゃなくて原付が通れないだけ。
        • 原付スクーターで通ったことがあるが、半分が上り坂なのでかなりしんどい。
        • 原付は無料ではなく、20円。だからといってカブ乗りの2人に100円だけ渡すのは考え物。
      • 人力車は通れる。
    • ウォーキングしていると思われる人もいる。信号もなく車がないから安全だが、景色も見えないのに。
      • あと、日差しを避けられるのと、雨の日も使えるのと、寒くも暑くもないというのもある。
  4. 関釜フェリー。
    • 青島、蘇州(太倉)行きもあり、外航3貨客航路で週11往復は、日本でもっとも数が多い。
  5. 山口県には中関(なかのせき)、上関(かみのせき)という地名もある。
  6. 壇ノ浦の戦いがあった。
    • その戦いで天叢雲剣(草薙の剣)が関門海峡の底に二位ノ尼の遺体と共に眠る。伊勢神宮のご神体はレプリカ。
      • 赤間神宮の入り口に、草薙の剣を当社で祀ってるとかなんとか書いてあったと思うが、記憶違いかな?
  7. 平家の怨霊カニ。
  8. 赤間神宮は竜宮城っぽい外観で、参道の階段は海へ続いている。
  9. 合併して30万都市に…。
    • しかしすぐに30万人を割ってしまった。
    • 30万超えてすぐに中核市の申請をしたためなんとか中核市になった。
  10. と条約を結んだ。今年で条約111周年。
    • 春帆楼で下関条約交渉を終えた帰り道、李鴻章は殺されかけました…。
    • 条約の交渉と調印を行った春帆楼の部屋が記念館として公開されている。
  11. 駅舎が放火で全焼。
  12. 山口県一の大きさを誇るシーモールはやたらでかい。が、そのためか他にはあまり店がない。
    • 店舗面積では山口県を超え西日本一だったりする。オープン30年たっても破られてない。
    • 新下関のゆめシティ、コスパ、綾羅木のミスターマックス、長府のゆめタウン、クロスモール・・・確かに30万都市にしては少ないかも。
    • 小月駅前のモールに至っては、ほぼ廃墟寸前になっていたり・・・。
  13. 新幹線を使う場合は新下関ではなくのぞみが停まる小倉で乗り継ぐ。
    • 東京から大津まで行くのに新幹線と在来線を京都で乗り継いで移動するのに似ている(大津は下関と違って新幹線駅は無いが)。
    • 仮に新下関にのぞみが止まったらどうなるんだろう。
      • 速達性が死にますw(新下関⇔小倉:さくらで8~9分)下関⇔小倉⇔東京方面の乗客はそれなりに奪えるかもしれないけどね。
      • やっとレールスターが止まるように。
        • 新下関始発鹿児島中央行きの「さくら」もある。
          • 12年3月以降、新下関は新幹線6両編成の東限になった。
  14. 「ゆめタウン長府」の住所表示は「山口県下関市ゆめタウン1-1」。
    • イズミがゆめタウン事業を本格させたのは、ここの成功がきっかけらしい。
  15. 長府高校に元聖飢魔Ⅱのダミアン浜田が教師として在籍し軽音楽部の顧問となってる。
    • 教師となった理由は惚れた女のため。
    • 下関限定でメタルバージョンの校歌CD発売。
  16. 下関市民は「サンデンバスの歌」を歌える。
    • そんな歌、初めて知った。by 1963年産まれ
    • 「♪青い空~ 走るバス~ いつも私の夢乗せて~」ってやつだね。学校のバス遠足とかでバスガイドが必ず歌ってた。
  17. 中国地方なのに下関西(しもかんさい)高校があったとか。
    • 下関西(しものせき にし)高校では?
    • 下関にある県内有数の進学校。しものせきにし。下関南もある。何をどうしたら“しもかんさい”と読むのか?
    • 「しもかんぜい」だろ?(岡山県在住)
    • 大規模補導事件(1998年)が原因。
    • 一時期「下関東(しものせきひがし)高校」(当時男子校の豊浦高校と女子高の長府高校の合併校)があり、甲子園に出場したところ「なぜ、山口県で『しもかんとう』??」と言われた。
  18. 西高 南高はあそこのマクドナルドを基準にしてるのではないかという噂がある。
  19. 九州では、下関は北九州市の一部と思ってる人が多い。
    • むしろ岩国市以東の人が。下関市からすれば岩国市は広島県。
  20. バス路線で、「音無口」停留所の次が「一の瀬」停留所。「めぞん一刻」ファンにとっては隠れた名所。
  21. フェリーで韓国へ一晩で行ける。
    • 未明にはおおよそ到着しているが、税関があくのを待つ都合で入港まで時間がかかる。
    • 下関と韓国の釜山とのあいだには、日本籍の関釜フェリーと韓国籍の釜関フェリーの二隻が交互に、日韓間をうごめいている。関釜フェリーにおいては、通貨は円しか使えず、食事も和食しかない。しかし、釜関フェリーのなかでは和定食と韓定食という二種類の定食があり、船内においては円とウォンが使える。下関と釜山のいずれにしても、夕方の18時ごろに出航し、一晩は船内において寝て、翌朝の8時ごろに到着する。
      • あ、船内において、米ドルとかユーロとか人民元とかほかの国の通貨が使えたかどうかは忘れたというか知らない。
  22. 下関市民(人口30万)は、なぜ山口市(人口14万)に県庁があるのか納得できていない。
    • 周防と長府の緩衝帯であり、接点であるから。
      • その代わりに日銀下関支店がある。「山口県の経済中心地」というのがその理由。
      • 山口銀行の本店も下関市。ちなみに西京銀行の本店は周南市
    • 県のほぼ中央に位置し、小郡(現新山口)駅に近いから。
    • 山口市は市町村合併によりようやく「ほぼ20万」都市になりました。
      • 小郡も飲み込まれました。
        • 幕末に長州藩の藩庁が山口に置かれた所為では?もし萩のままだったら萩が県庁でしょう。萩県・通称ショーケン。
        • 幕府に無断で山口に藩庁を移した(お城を作った)。関ヶ原の恨みを晴らしたか?
        • 馬関戦争(長州藩と黒船国など連合国との戦争)でぼこぼこにやられたので、恐れをなして幕府に無断で新下関駅の奥に立派な城を作った。賠償金は幕府に出させた。これも関ヶ原の恨みか?
    • 静岡とよく似ている。
  23. 下関には韓国のウォンが使用出来る商店街が出来、韓国人の観光客が増えたが、地元民はより付かなくなった商店街がある。
    • おかげさまで覚せい剤の水挙げ量日本一である。
      • 金塊が立て続けに水揚げされたこともあった。
    • 勝手に「リトル・プサン」と名付けられてしまった。本来の名前は「グリーンモール」
    • ちなみにそこで外国人(あえて国名を挙げない)に絡まれたら「金魚鉢」という謎の呪文を唱えると回避できるらしい。ソースはそこの通りの画塾にて。
    • そこの通りに住む住職が生徒会の活動を終え夜遅くに寺に戻る途中ストレスのあまり「金○日のバカヤロー」と叫んでみるととても剣呑な視線を浴びたと嘆いていた。
  24. 北九州との合併思考が強く、九州人意識が強い。
    • 下関市と北九州市が合併して「関門市」になろうという動きもある。
      • 一部の人たちだけでは?ほぼ戦争状態で、山口県人が北九州に行くと襲われる、北九州の者が下関に来るとヤラれるといわれた。小倉城炎上が原因か?
  25. 下関市大生は、江島市長が嫌い。市立大なのに…。
    • 予算をケチっているので事実です。
      • マジかw
      • ケチっているというか1円も出していないと聞いたぞw
      • 大学町のあたりは、そもそも、下関市立大学の拡張のために開発されたはずが、住宅地にしてしまったらしい。
    • 梅大のクリスマス礼拝には、観光客が来る。
  26. 北九州市下関区ではないらしい。たぶん。
    • 某社の福岡県の道路地図にはあたかも北九州市の一部のように下関市の詳細図が載っている。
      • 詳細図がなくても、九州道路地図にはほぼ必ず下関市街地(と山陽小野田辺り)も載っている。
      • その逆も。中国地方の地図に北九州の一部が載っている。
  27. 下関球場は取り壊して移転した後も、今なお横浜ベイスターズの故郷とみなしている人が多い。
    • 今では跡形もなくなったが、当時は「大洋ホエールズ」。でも、本拠地となっていたのは3年間くらいだけ。
  28. 長門の中心都市だが、孤立してしまっている感は否めない。
    • 宇部や萩といった長門の他地域が山口市に寄りかかり気味なので。
    • ていうか下関が北九州の方に寄りかかってるからでは?
  29. 下関駅出て目の前、シーモールの真横にとんでもなく悪趣味な結婚式場がある。
  30. 下関駅の西口をちょっと歩くと大洋ホエールズの親会社の元本社(現在は空家)がある。そこから進むととんでもなくディープな漁港に行ける。
    • 2010年に解体されました。
  31. 駅はないけど「東駅」という地名。昔、東下関駅があったところ。昔も今も学生街。
    • 「東駅」は福岡からの高速バスの停留所がある。下関にそんな駅あったっけ?と九州人は頭を悩ませる。
    • 今は亡き路面電車の駅でした。
  32. 2010年3月、水族館にペンギン村がオープン。某漫画家の許可を得たのかは疑問。
  33. ダイエーが経営再建の一環として中国地方から撤退した時に下関店だけ「九州地方」の扱いで存続した。
    • しかしその下関店も2010年9月末で閉店…。
  34. 1971年まで路面電車が走っていた。
    • 路線は、長府-唐戸-下関駅-彦島と、幡生-東下関-唐戸・・・
      • 山陽電気軌道が運営していた。兵庫県民は?と思っただろう。
  35. 関門トンネルや関門橋ができて久しいが、じつは門司や小倉に行く航路は健在である。場所によっては船の方が近くて速かったりする。
    • 2018年、前者は60周年、後者は45周年を迎える。
  36. 実は下関市立青年の家がある一里山は火山。六連島も火山。
    • その名もズバリ「火の山公園」というのもあります。あれも火山?
      • 狼煙台の跡だったはず。
      • カップルが火の山に行くと別れるらしい。
        • 今も言われているのか知らないが、「火の山別れの伝説」というのが過去存在していた。
      • 狼煙台の後は下関要塞に。砲台跡、ショッカー基地張りの壕跡もある。山頂の戦艦大和の砲弾はでかい。
  37. 関門海峡は海の交通の要所。タンカー等の船舶がひっきりなしに行ったり来たり。船舶ファンは喜びそう。
  38. 「出島」があるらしい。
    • 異人さんはあまり来ないらしい。
  39. スーパーの品揃えがいかにも「中国地方+九州」といった雰囲気。
    • Pasco(九州にはない)とフランソア・アペル(九州地盤)が一緒に置いてある辺りとか・・・。
      • 徳島製粉の金ちゃんラーメン(九州にはない)も。
      • 「関西+東海」といった雰囲気の伊賀市名張市と似ている。
    • 八幡製鉄所発祥の「くろがねの堅パン」も攻め込んでいた。おいしいけど、超堅い。
  40. 実は「床屋発祥の地」らしい。
    • 下関理容美容専門学校のあたりに看板がある。
  41. 下関市東部に位置する清末(きよすえ)地区には清末藩の陣屋跡があり、石高こそ約1万石の小藩ではあるが全国的にも異例の孫藩(長州萩本藩の支藩である長府藩のさらに支藩)が置かれていた。また、この陣屋が置かれていた御殿山(ごてんやま)には下関市立東部中学校が開かれているが、未開地を含めて東部中学校が所有、管理する総敷地面積は東京ドーム1個分に相当し、事実上日本一の敷地面積を誇る中学校である。ウィキペディア認定
    • かつては瀬戸内海式気候による安定的な年間気候変動からイチゴ栽培が主要産業であり、市内はもとより近県でも『清末のイチゴ』と言えばそれなりの名品で通っていたが、近年は農業や畜産業の衰退が著しく、さらに平成の大合併によって現在の下関市となった頃から宅地化が加速度を増す傾向にある。しかし、昔から清末公民館を中心として幼稚園、保育園、小学校、中学校が密集する文教地区である強みが功を奏し、2013年現在で市内において唯一の人口増加を記録している。長い記事
    • 鉄道は小月と長府の中間、バスにしても朝夕は混みそうなエリアだけど、実際のところ、通勤の利便性はいかがなものなんでしょう。
      • 小月バイパスができたが、旧道とも渋滞が激しい。早く、全線4車線化を。
        • 2017年4月24日から全線4車線になりました。
  42. 日本のイスタンブール。
  43. 豊臣秀吉が九州へ進出時はここから海を渡った。
  44. 安倍シンゾー首相の選挙区であり下関市に自宅があるが、本籍地は長門市油谷、本宅は代々木だ。
  45. 前市長の江島参院議員はシンゾーの弟子。
  46. 国道9号の終点はここ。国道2号の終点は関門国道トンネル料金所の先(門司区)だが、関門国道トンネルは国道3号と認識してしまいがち。
  47. 地デジのチャンネル設定は福岡県側の郵便番号に設定する世帯が多い。鳥栖市中津市荒尾市も同様の傾向だが。

彦島[編集]

  1. ロンブーの田村淳さんの実家がある。
    • 昭和の大女優・木暮実千代も彦島の人。
  2. 彦島は高杉晋作がいなければ、ヒコットランドとしてイギリスの租借地になっていた。
  3. 下関の若者は普通に彦島といわずに、ヒコットランドと呼んでいるのはもはや常識。
    • そういえば、下関工業高校出身の先輩も「ヒコットランド」って言ってた(笑)
  4. Googleアースで「彦島」を見ると「ヒコットランド」と書かれている。
  5. 「彦島水門」は世界最小のパナマ式運河らしい。
    • 有効幅は5mくらいかな。つまり、彦島は本土(と敢えて言おう)と5m離れた島です。
  6. Googleアースで「彦島」と調べると、「静岡県袋井市彦島」がでてくるw
  7. じつは山陽本線(在来線)の関門鉄道トンネルの入口は彦島にある。
  8. 鉄道は、橋まではJR西日本で彦島からがJR九州の管轄
  9. 彦島市になろうとしたものの、水道がなかったので下関市に吸収合併されたらしい。
    • 無謀な!

巌流島[編集]

  1. 巌流島とは俗称で、島の正式名称は「彦島」。
    • え?別の島ではないの?
      • 別の島です
    • 巌流島は正式には舟島と言います。彦島は下関市の西にある、ほとんど陸続きみたいになっている大きい島。
      • 西というより南じゃないの?
  2. NHK大河ドラマ『武蔵~MUSASHI』の巌流島決闘のロケ地。浜の入り口に武蔵と小次郎が向かい合って剣を構えているが、過去2回その剣が紛失w
    • 巌流島のロケ地になった場所は、熊本県天草の茂串の白浜海水浴場で、夏には県内外からの海水浴客が訪れる。遠浅の白砂で透明度もかなりある。ただ周囲には何も無い。
      • ちなみに、1984年に放送された、役所広司主演のNHK新大型時代劇『宮本武蔵』における巌流島決闘のロケ地は、静岡県伊豆の河津町の今井浜海岸である。
  3. 下関駅からそれほど離れていない。
  4. 高速道路の壇ノ浦パーキングエリアから見える。このPAは、たぶん日本有数の絶景を誇る。
    • 水曜どうでしょうファンにとっては、別の意味での「名所」。
  5. 島の一部は造船所の資材置き場になっていた。
  6. プロレスヲタにとっては、アントニオ猪木vsマサ斎藤の決戦場所。客も居ないのに2時間も戦った。
  7. 何ゆえ島の名前が佐々木小次郎の流派である「巌流」なんでしょ?負けた方のなのに。
    • ヒコットランドに佐々木小次郎の弟子達が決闘の帰りを待ったといわれる弟子待という地名が在るくらいなので下関は小次郎贔屓なのであろう。
    • 当時、宮本武蔵は浪人、佐々木小次郎は小倉藩の剣術指南役だったため、小倉藩主が小次郎の冥福を祈って、巌流島と名付けたという説あり!
  8. 三菱所有の島じゃなかったっけ?
    • 三菱重工業の手で埋め立て拡張されたそうですね。本当は1/6の大きさ。
  9. ちなみに決闘が行われた当時は小倉藩領。やっぱり維新の時に長州が接収したのかな?
  10. ゴールデンウィークのイベントとしてJAMプロジェクトメンバーがよく訪れる。市のイベント管理の人はよっぽどのアニヲタなんだと思われる。
  11. 何もないからいかないほうがいい。トイレと銅像しかない。
    • それはナイショ。観光客が来なくなるでしょ・・。

旧豊浦郡の噂[編集]

  1. 合併のお陰で地名がやたらと長くなった。
    • 地名を見れば明らかに旧郡部とわかってしまう。下関市+旧町名+旧大字+番地
    • 旧下関市民は下関の一部ではないと頑なに思っている。
      • 「とようら」と「とよら」は違う。なるっきり別物!って力説してたのがいたから、多分それが正しかろう。
  2. 川棚温泉、一の俣温泉といった名湯がある。
    • 合併で下関の一部となり、厳密な意味で「下関の奥座敷」ではなくなってしまった。
      • 北九州市域を含む「関門の奥座敷」という表現ならまだ矛盾なく使える。
      • 下関の一部と旧下関市民が正しく認識してくれるまでは十分に使える表現。
    • 旧豊浦郡各町が開発した菊川温泉、豊田温泉、滝部温泉などもある。
    • 実は旧下関市内にも温泉はある。高杉晋作ゆかりの湯谷温泉などがそれ。
      • そんな由緒正しい温泉が、1件の施設も残さず消滅か?残るは「湯谷温泉まんじゅう」だけ。
  3. 合併により市の外れから中心まで60km近くもある巨大な市が誕生。人口密度も著しく低下し、もはや合併で過疎地に指定されてしまった岐阜高山市を誰も笑えない。
  4. 市内局番は700・760・770番台である(770・771・777はKDDIなため旧市域でも使用されている)。

豊北[編集]

特牛駅の噂は山口の駅まで。

  1. 角島大橋はドライブのメッカ。
    角島大橋
    • 「無駄な投資」と散々叩かれたが、現在では観光客を運ぶ金の成る木となった。
    • 通行料が無料であるので、ドライバーは気にせず渡ることができる。
    • 海底の地形がユニークなため、波の形が非常に興味深い。
    • 西日本の江ノ島の座を福岡市の志賀島と争っている。
  2. 特牛(こっとい)という鉄道ファンになじみのある駅がある。
  3. 「土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム」では弥生時代に朝鮮半島から稲を携えて渡ってきた人(二世以上かも?)を発掘されたそのままの姿で見ることができる。朝鮮半島在住の御仁から噛みつかれそうだが、心配御無用!きちんと雨よけはなされ敬意は払われている。
  4. 粟野の青のりは「どっちの料理ショー」の特選素材に選ばれた。
  5. 富山県の北日本放送(KNB)の梅田恵子アナの出身地。
  6. 映画「四日間の奇蹟」のロケ地として大半が使用。ヨロン島や沖縄程ではないが海が綺麗だったよ!
    • 確かに、海も空も青く綺麗だった。

豊浦[編集]

  1. 川棚温泉の近くには「烏山民俗資料館」がある。明治・大正を偲ぶ貴重な展示品を廉価で見ることができるのだが、価値のわからない人が行くとただの「ガ×ク×」の集まりとしか思われない。
  2. 波田陽区の母校でもある豊浦高校は旧豊浦町域にはない。豊浦郡役所があったわけでもなかった。
    • 豊浦(とよら)高校と豊浦(とようら)町は関係がない。
    • 今の下関も長府も、もともと豊浦郡なのだ。
    • 結局、豊浦町は僭称だったのだろう。
  3. 小串は通称「山陰のニューヨーク」。
  4. 将棋の羽生善治が七冠を達成した場所。
    • しかし、その対局が行われた「マリンピアくろい」は今はない。
  5. 大相撲の豊真将関、豊響関の出身地。
  6. 川棚温泉饅頭がおいしい。
  7. 郷土料理は、瓦そば。
    • 「川棚グランドホテル お多福」のCMでも取り上げられた。
    • 一時期なんばパークスのフードテーマパークに来ていたことがある。
  8. 土木の砂の実験で使う「豊浦砂」はココが産地。

菊川[編集]

  1. 山里で、とても田舎な雰囲気が評判である。
  2. 田部高に通学する旧市民は、通学だけで一苦労。
  3. 小日本(こにっぽん)と呼んでいる。決して侮辱用語ではない。
    • ええ、何しろ日本の1/10を占めてますから。
  4. もうすぐ旧市内と一緒にE-Mobileのアンテナが立つ。だがうちの実家周辺は嫌がらせのように対象外。
  5. そうめんといちごのソフトクリームが名物。
  6. やまぐち県酪の工場がある。
    • 給食用の牛乳は瓶で配達される(20世紀のうちはそうだった)。小学生にとっては非常に重く、牛乳当番はハズレの扱いである。
    • ここのジュースが何故か九州全域で販売されている。
  7. 静岡県菊川市と同じく「きくわ」。

豊田[編集]

  1. 旧市民は存在を知らない。
  2. ラーメンストアーは昔は美味かった様な気がする。
  3. 下関の水がめの豊田湖が存在する。
  4. 中心部は西市。
    • 県内の天気予報ではよく聞く地名。
  5. トヨタの本社はない。
  6. こっそりウラン鉱脈がある。
  7. 一の俣温泉、ホタルが出る場所といえば認識してもらえるかも。



関連記事

スポンサーリンク