平塚市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本関東 > 神奈川湘南平塚市

中井
寒川 藤沢


二宮 大磯 茅ヶ崎
  江ノ島
逗子
葉山

テーマ別の噂[編集]

主な地域・施設の噂
偽モノの特徴

平塚市の噂[編集]

  1. 海水浴場も無いのに「湘南」を名乗る。
    • 海水浴場が、条件ですか?
    • 苦労をして作ったプチ海水浴場がある。
      • 昔は平塚海岸でも、普通に海水浴が出来たらしいね。
        • 急に深くなっていたり、流されたりが多かったので、遊泳禁止になったと言った方が正しいか。
          • 花水川や相模川の治水によって浜が痩せた結果らしい。
      • 35年ぶりに復活したんだよね。
    • そもそも大磯から平塚の海岸を見た景色を「湘南」と命名したわけだからね。
      • 徳富蘆花と国木田独歩と佐々木信也と石原慎太郎が、湘南をどんどん東に移動させた人たち。
      • これは随分と古い情報だな、おい。
    • 前市長がリーダーシップをとって、藤沢茅ヶ崎と合併して湘南市となり、政令指定都市を目指すという構想をぶち上げたが、茅ヶ崎の反対にあい、もたもたしているうちに選挙で落選してしまった。
      • 元旦の市広報でいきなり発表だモンな。皆「どうしてそんな大事なこと黙っていたんだ」とあきれて、「お灸をすえてやれ」とばかりに対抗泡沫候補に投票したから、落選したんだ。
        • 「根回し」不足としか言いようがないね。もしくは単なる思い付きか。どっちにしろこの構想が潰れて良かったけれど。
          • ちなみにその前市長は「大勲位」の秘書をしていたことをよく強調していたなぁ、そういえば。
      • 茅ヶ崎市民の「平塚嫌い」は筋金入りだからなぁ。
        • まあ、近隣市とラブラブな所って、あんまり無い様な気もする。
          • 茅ヶ崎の中でも西は普通で東に行くほど平塚嫌いになる。藤沢まで行くと無感情。辻堂あたりの人が一番つっかかってくる。
            • 柳島や中島は馬入川で須賀や馬入と縁が深いからね。茅ヶ崎本村より東はなんにもない荒野だったからねぇ。
      • 湘南を名乗りたがるのは不動産や観光等、湘南ブランドを利用したい人たちだろうね。実際に平塚市民は当然の様に平塚は西湘と言う。上記の元市長もコシヒカリで有名な魚沼ブランドを拡大利用するための町村合併で魚沼市、南魚沼市の誕生みたいなのを目指したのだろう。
    • それでも実は平塚市は神奈川県の市として4番目に市になった。
      • 一応「横浜」「横須賀」「川崎」に次いで4番目。
        • 県西部では最初の市制施行。
      • ちなみに市制施行は昭和7年4月1日。
        • 平塚町+須馬町=平塚市
          • 正確には、市制施行の数年前に須馬町を編入した。
    • 他の市民からよく平塚が湘南なのかどうか論議される。結果、湘南じゃないんじゃない?と言われる。
      • 湘南地区にあるんだけれど、雰囲気が周辺都市とは少し違う。
        • 「保養地」というより「商工業都市」として発展してきた経緯があるからね。
        • 神奈川の沿岸部は相模川を境に東西で違うと説明しているよ。
      • 海岸沿いは湘南の雰囲気あるけどね。
    • 正式に湘南は以下の通りである。
      • 藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町・平塚市・伊勢原市・大磯町・秦野市二宮町
        • 神奈川県ローカル教材「わたしたちの神奈川県」に載っている。つまりみんないろいろ言うがコレが一番信用できる。内陸の湘南もあるんだぞ。秦野市など。
    • 平塚も湘南にこだわらないほうがいいのにねぇ。
    • 平塚には海水浴場あるぞ、関東大震災で地盤が下がったから泳げなくなったりしてるだけ。(現平塚市民)
  2. 通称平壌市。
    • 誰も呼んでねーよww
    • たしかに神奈川県平壌市と書いても、字面に違和感はないね。
      • それは笑えないって・・・
      • 今度、駅の看板を取り替えてみようかなwww
    • FMナ●サは別名「平壌放送」とは呼ばれていません。
    • 市内の学校では「マスゲーム」が必修、ではありません。
    • 市内で軍事パレードも行なわれていません。
    • たまに金正男みたいなオッサンはいる。
      • 実際に半島人は結構多いらしい。
      • 近くに高麗山があるくらいだからね。
      • 平塚に限らず神奈川は渡来系由来の地名は多いけどね。
  3. 平塚ダッシュ村なるものが存在する。
  4. CATV局にはもう少し頑張っていただきたい
    • 台風で相模川が警戒水位を超えた時、教育番組なんてやってる場合じゃないでしょ!
      • で、解除されてから川の様子中継してどーすんの?
      • ちなみにその警戒水域越えのとき、神田地区に避難勧告が出されたが、避難しない人多数。
        • たしか18,300世帯に避難勧告を出したのに、実際に避難所に集まったのは37人だったという・・・・
    • 経営は山梨県の会社。ほら、山梨は電波が入りにくい所が多いのでケーブルTVが発達したのよ。
      • でもご当地ではインターネットのプロバイダがメインになっているらしい。
  5. 78.3にももう少し頑張っていただきたい
    • とりあえず「防災」に力を入れているらしいです。
    • ちなみに社長さんは「うなぎ屋」の人です。
    • オリンピックにサテライトスタジオがあることはある。
      • 以前は梅屋にも「ミルキーウェイ」というサテライトスタジオがあった。
    • まぁ基本的には聴いている人は少ないと・・・・
      • 平塚市内でさえ、BGMはFMヨコハマにしている店が多くね?
  6. 大人の国がある。
  7. 「愛の鐘」が鳴ったら家に帰らなければいけない。
    • 以前は朝・夕・晩の三回も大音響で流していた。
      • 夕方は「夕焼け小焼け」、夜は「野ばら」だっけ?
      • 夏は5:45、それ以外は4:30ってお約束だったからな。
        • 今は4月~9月が5:30、10月~3月が4:30。
      • あれ、放送塔直下の家は毎日たまらんだろうねぇ、うるさくて。
  8. 大山詣での宿場町。
    • 東海道の宿場町ですな。高麗山のおかげで大繁盛!
    • 以前は平塚駅から大山までバスが走っていて、交通公社の全国時刻表にも掲載されていた。
    • 小田急線が開通するまでは、かなり利用者が多かったとか。
  9. 京極夏彦の「邪魅の雫」の舞台になっている。
    • 最近は東川篤哉の「平塚おんな探偵の事件簿シリーズ」の舞台にもなっている。
  10. 15年くらい前に、裕木奈江さんが「平塚のうわさ」って曲を歌っていた。
    • ちなみに作詞・秋元康、作曲・筒美京平です。
    • 歌詞はこんな感じです。
  11. 周辺自治体からは「魔の都市」扱い。
    • ケンカが強そうで、声もでかいので付き合わざるをえない。
      • 「ピアノ殺人事件」も「クラクション殺人事件」も平塚だ。ああ、うるさいと殺されちゃうんだ。
        • そういえばピアノ殺人事件ってあったなぁ
          • 茅ヶ崎だって交番に硫化水素発生させるやつがいるだろうw
    • おうよ、茅ヶ崎の浜降り祭なんざ、そのお陰で出来たんだ、有難く思えよ、茅ヶ崎市民。
    • どうも茅ヶ崎市民は体質的に平塚を受け付けないようですね。茅ヶ崎の隣町は「大磯」だと思っているらしいから。
  12. 世間一般では平塚は「凶悪犯罪都市」のように思われているフシがあるが、住んでみると案外まったりしてて住みやすい。
    • むかしは暴走族がたくさんいたからねぇ。
      • まあ「いた」というより、「八王子相模原など」からここら辺りに「来ていた」と言うのが正確だがね。
        • と平塚市民は思い込んでいる。
          • 市内でも場所による。駅前、神田、横内とかがアレなだけで他はけっこうまったりしてると思う花水台在住。
      • 「相州」ってのは平塚だな
  13. 事件などがあっても、「まぁ平塚だから・・・・」の一言でお茶を濁せる。そしてみんな納得する。
  14. 歌手のコンサートやライブなどは、平塚をスルーして周辺都市で行われることが多い
    • おれんじ音屋でなぎら健一がライブをやっていたなぁ、大昔の成人の日だ。
      • たしか原由子さんが経営してましたよね。
      • だん吉もスルーして茅ヶ崎でシラス獲ってた。
    • 「ブラタモリ」も大磯→茅ヶ崎と平塚スルー。
  15. ドラマ「華麗なる一族」は、わざわざ平塚市内にある倉庫にセットを組み立ててロケをしていたらしい。
    • もはや懐かしいネタだ。
    • 有村架純の「中学聖日記」も平塚でロケをしていた。
  16. 平塚市民は、「大磯町高麗3丁目」が平塚市内だと思っている。逆に馬入橋の先の「平塚市馬入」は茅ヶ崎市内だと思っている。
    • その「馬入橋」の由来は、橋が出来たときに「渡り初め」に来ていた源頼朝が、馬から振り落とされ川に落ちた、というウソっぽい伝説にちなんでいる。
      • この俗説は、地元馬入の郷土研究家の間では否定されている(ホント)。だけど語源は不明のまま。
        • でもこの俗説のほうが面白いっちゃ面白いよね。
      • 「馬入」は「河口」という意味らしいですよ
        • あ、それ出典知ってたら教えて下さい。郷土史研究のじさま達に教えてあげにゃ。
      • 花水川も頼朝が花を見ずに帰ったから花水と呼ばれるようになったという伝説がある。
    • そこにある大東化学では、観賞魚用カルキ抜き剤として有名な「ハイポ」を作っているのだ、知らなかったろう?
    • 「マイブックス平塚」は実は大磯町高麗3丁目だったりして
      • ちゅうことは「ラーメン大西」も大磯ですか。
        • ありゃ湯河原でしょう、とボケてみます。
        • 大西は案外、カツ丼も美味しい。
      • 「サンマルク」も実は大磯です。
        • 実は、大西、サンマルク、安楽亭、なか卯、豪気、さぬきなどこの場所は大磯では一番飲食店が集中しているところなのかもしれない。
          • 「トラック食堂」が知らぬ間に無くなっていた。
    • 横浜市民が「まにゅうがわ」と読んだ。やっぱりあいつらは武蔵国人だな。
  17. 「平塚らいてう」は平塚市とはまったく関係がない。
    • 平塚らいてうが「平塚の風俗」を見たら泣くよなぁ~w
    • 平塚雷鳥は平塚にはいなかったが、隣の茅ヶ崎には病気の療養のためにいたことがある。
  18. 「ダイクマ通り」なる通称が存在するのは、おそらく平塚だけ。
  19. 黒澤明の第2回監督作品「一番美しく」の舞台は平塚。
  20. 西岸良平の三丁目の夕日シリーズには、直に暗に平塚を連想させる文言や絵がいくつかある。
  21. 相模国の国府があった。
    • 海老名にあったものが移って来たんでしょ。
      • 逆だよ。しかも物的証拠が出土しているのは平塚だけ。
  22. 平塚市岡崎と伊勢原市岡崎は、元は同じ地区。
    • てか、岡崎村だったよね。
    • 平塚市岡崎にある文教堂書店は、堂々と「伊勢原南店」を名乗っている。
      • 名乗ってねえよww
        • 店舗一覧をよく調べてから書き込みはしような。ちゃんと書いてあるだろ、「伊勢原南店 平塚市岡崎5898-1」ってさ。
      • 現在介護施設になっているよ。
  23. 平塚市立美術館、一番の目玉は建物自体という、ちょっと寂しい落ち。
    • でも出来たのは近隣(つーっても茅ヶ崎しかないが)の公立美術館では最初。
    • 錆びた鉄板も美術品として認める太っ腹。(つか、げんだいげーじゅつは良く分からんのう)
    • 巨大なモビールがある。
      • そのモビールいつの間にか回転するの止めてんですけど
    • 入り口受付付近の天井は低いが、展示棟は採光が良く広く明るい、お洒落な建物だ。
    • 宮澤賢治展は面白かったよ。
      • 不二家のペコちゃん展も面白かったよ。
    • 裏にマンションが建って景観が台無しになった。取り壊せよあのマンション。
    • 警察署と金属加工工場に挟まれているという好立地。
  24. 暇な書き込み人が多く(それは私)、一つの都市の噂としては異様に細分化されている。
    • よくぞまあこんなに話題が出てきたもんだ。私も暇な時よく平塚にいくが、とてもここまでは思いつかん(by藤沢市民)
      • 藤沢のほうがネタは多いでしょ? でも藤沢市民は忙しそうだからね。平塚市民? ほら暇だからさぁw
  25. 横内団地の自治会の集会は、実は「国際会議」となっている。
    • 住人の一割が外国出身者だそうだ
    • エスニックな店がちらほらとあるよね。
  26. 真田地区の住民は、実は「平塚市民」とは思っていなかったりして。もともとが大根村だし。
    • 「ふじみ野」地区の人たちも、実は「伊勢原市民」だと思っていたりして・・・・
    • 真田でいま「塚越公園」って大きな公園を作っている。
      • そこにある「塚越古墳」は、神奈川でも最大級の前方後方墳である。
      • 塚越古墳からは大昔の「おにぎり」が発見された。
      • すぐ近くにヨークマートが出来た。
  27. 姉妹都市が飛騨高山と岩手の花巻
    • 高山も花巻も市民は平塚のことを姉妹都市とは思っていないんじゃないかなぁ?
    • あとアメリカ・カンザス州の「ローレンス」という町も姉妹都市らしいが、誰もどこにあるのかは知らない。
    • 花巻には「平塚・花巻交流の森」というのがあるらしいが、もの凄い山奥にあるらしい。
      • 最近はリトアニアに熱を入れすぎているようで・・・・
  28. 金目川沿いのサイクリングロードは、頭上の桜の木からやたら毛虫が落ちてくる。
    • 金目川のサイクリングコースは知らないで進んで行くと、草ぼうぼうの道になり目の前が川の水辺で終わり「?????」となる。実際のコースは途中で曲がる。
      • 行こうと思えは欠ノ上の人道橋あたりまでは行けるが、とてもサイクリングという感じではない。
  29. 平塚市のサイトによると、「南関東地震」によって平塚市内ではおよそ2,200人が死亡するらしい。
  30. 中原にある「困った家」は、以前雑誌「GON!」で紹介されていた。
    • 別名「サイコ屋敷」
      • 今でもあるのかねぇ? 庭先にマネキン人形がたくさん並べられていたのには笑ったけど。
  31. セカンド・インパクトで水没した。
  32. ルネッサンス祭という、意味不明の祭りがある。
    • 湘南よさこい祭り」も何とかしてほしい。
      • 案外人気があるらしい。
    • 村井弦斎まつり」などというのがもう8年も前から、こっそり開かれているらしい。
    • 「弦斎祭」なんかじゃなく、「コーヒー牛乳祭」をやればいいんだよ。
      • 「コーヒー牛乳」一気飲み大会とかね。
    • 「平塚緑化まつり」というのも地味~に行なわれています。
    • 平塚は妙にまつりが好きだよねぇ。
  33. 足利尊氏と新田義貞が山下あたりで、狩のついでに倒幕の謀議をしていたらしい。
  34. 周りの人が案外、「~だべ」という言葉を使っていない。
    • 「じゃん」と言っているのはよそ者かお調子者。ご当地では「じゃんか」「じゃんかよー」。
  35. 茅ヶ崎市民は買い物に行く時は藤沢か横浜に行く。絶対に平塚には行かない
    • まあ、当然だな。藤沢もパス、横浜もパス、で東京が正解だろうね。
    • 昭和20~40年台は藤沢からも平塚に買い物に来ていた。藤沢、茅ヶ崎なんか何も無かった。
      • 自分等の世代は藤沢とかに買い物に行きましたね。まだ西武があった時代ですが
    • まぁ別に来ていただかなくても・・・・ 
    • 平塚に買い物に来る茅ヶ崎民も居るぞ、俺とか。電車で一駅か二駅の差って大きいし。柳島や中島、萩園の住民なんかは降車駅も平塚だから結構利用している人は多いと思う。
    • ららぽーとが出来たからね。少しはいるんじゃね。
  36. もし明治時代の「足柄県」が今でも存在していたら、平塚は県境の街ということになっていた。
    • もし今の人口で考えてみると、実は足柄県最大の都市だったりする。
  37. 馬入橋の周辺は「マリーナ」だらけ。
  38. 「めぐみヶ丘」あたりは、車がないと生活がつらそうな気がする。
    • 店が何にも無い。一番近いのが入り口のコンビニらしい。
      • それがパン屋があるんすよ。ただし週2日の営業w
      • スーパー「ロピア」がある。
    • 東急が開発する前は、とてもいい里山だったんだけどね。
      • 里山の頃は昆虫採りの名所化していたっけね。
        • なんたって里山の中に家があるようなもんだからねぇ。
          • 人家があるから里山なんだよと、軽く突っ込んでみる。
    • ちなみに目の前を通る「小田原厚木道路」にはここからアクセスは出来ません。
      • せめて金目川まで続いている「側道」が、このへんまであればね。少しはアクセスが・・・・ さすがの東急でも無理だったか。
  39. 日向岡のトンネルには、中に子供達が描いた絵が付けてあるが、おそらく誰も見ていないような気がするので、ちょっとかわいそう。
    • あのトンネルを越えると物凄いど田舎になりますね。
    • 日向岡には「**層」が・・・・、という話が以前あった。
    • 日向岡は、新幹線E席の乗客には割とよく知られている。
    • トンネル内は暗いのでわかりにくいが、実は結構な急坂トンネル。
  40. 旅人がジャージ上下でコンビニで買い物していた街。
    • 旅人はよく川沿いをランニングしていたわ。
    • 旅人も気まぐれで平塚に帰ってくるんだよなぁ。
    • 旅人もJ1昇格を喜んでいることでしょう。
  41. 花火大会。最近は地盤沈下気味だけど、県内でも5番目ぐらいになる古い歴史を持つ。
    • むかしは湘南大橋の歩道の出っ張った部分で、鈴なりの人が花火見物をしていたもんですけどねぇ~
    • 寒川町の花火大会は、平塚市民も楽しめる。
      • 寒川の花火大会自体が中止になっています。
    • もともとは「須賀納涼花火大会」。昭和26年から開催。
    • 秋になると東海大の学祭でも、花火を打ち上げます。
      • そして毎年のようにまちBの平塚スレに、「今大きな音がしたんだけど?」と書かれる。
      • その東海大学の湘南キャンパスは山奥にありますw
    • 茅ヶ崎側から見たほうがきれい、という噂もあるが・・・・
  42. エレベーターの事件が2回も起きた。
    • エスカレーターですね。しかも同じ場所でね。
      • だって遺跡の真上ですから(?)
  43. ここ15年間で人口が10,000人しか増えていない。もはや藤沢市の背中がまったく見えない位置に・・・・
    • かと言って、茅ヶ崎や大和や厚木にもこの先抜かされるとも思えないので「県内人口6位」は安泰か。もっとも茅ヶ崎が寒川と合併したり、厚木が愛川清川と合併したらわからんがね。
    • 全国の都市の人口順ではだいたい87位くらい。
    • 最近下げ止まった感があったが、また減り始めた。
  44. 千須谷地区は、人よりも牛のほうが多そうだ。
    • そもそも平塚市民でさえ「千須谷」がどこにあるのか知っている人は少数だろうな。
      • 「平塚市吉際」もなかなか知られていないな。
  45. 平塚には「旧平塚市>大野>神田、旭、金目>その他」というヒエラルキーがあるような気がする。
    • 無い。旧平塚市>それ以外しか無い、と旧市民は感じている。
    • 行政的にはあるな。何事も中心部が優先だしな。
  46. 平塚市の市章と川崎市の市章は何となく似ている。
  47. 最近、学校が破壊されている。
    • だいぶ落ち着いた。たぶん尾崎豊のまねでしょ、今さら。
  48. 「湘南ホームジャーナル」というローカル紙の創業者は、元は朝日新聞の記者だった人らしい。
  49. 何故か、平塚のスポーツだけ書き込みが出来ない。どういう事情があるかは謎だ。
    • いや、さっき書き込みましたよ。(by ひらつか)
  50. 真土には「怨親を超えた人々の碑」というのがある。こわいよう。
  51. 平塚市「長瀞」「入部」「西真土2丁目」「八幡」「田村」は人口0人地区。
    • 長瀞は全域工業団地、西真土2はほぼ全域三菱樹脂の工場、八幡と田村は河川敷、入部は全域田んぼ。
    • 鷹匠橋のところの変電所も西真土2丁目。
  52. 土屋地区には隣の中井町井ノ口の飛び地が2ヶ所ある。
  53. コマツの中央研究所は秘密基地みたいだ。
    • あそこまで辿り着くのが大変。
  54. 真土小学校が冥土小学校に見えたら目が疲れている証拠。
  55. 日本で初めて「自殺対策条例」を作ったらしい。それだけ平塚は自殺が多い、ということなのかねぇ?
    • 平塚人はそう簡単に自殺なんてしねーっての。
  56. 市内各地の畑や森の中に、明治初期に測量された「外国人遊歩規定測点」の標石が埋まっている。
    • 土屋のほうの畑の中にあるらしい。地図雑誌にその記事が出ていた。
    • 湘南平の鉄塔の下にもあるんだっけ?
  57. 以前、「ブーメラン世界大会」が開催された。
    • 最近も総合公園で「ビーサン飛ばし大会」をやってた。
  58. 神川橋で聞こえる「城山ダムからのお知らせ放送」は、何を言っているのかが聞き取りにくい。
    • 夜中に流されると、「何事か?」と思うよねぇ。
    • 「こここちこちこちらちらちらはらはらははは ひひひらひらひらつらつらつらつかつかかこかこかこうこうこうほうほうほうほうほうでうでうですですですすす」「はぁぁ? 何言ってっかわかんねぇよう」
      • 最近は方向を変えて2回流すようになったが、いまだに聴き取りづらい。
  59. 平塚では厚木に近づくと「ハリカ」の看板が増えてくるような気がする。
    • 吉沢のほうに行くと、教会関係の怖い看板が結構あるよね。
    • 贈り物のハリカは厚木に店があるんだよな。あの紫っぽいホーロー看板は田舎ではおなじみ。
    • 「電話金融マルフク」の看板はたくさんあるけどな。
  60. 「プチプチはあれを出しません」がタモリ倶楽部で出ていた。
    • タモリ倶楽部といえば、新幹線車窓編で日向岡が取り上げられていた。
    • 「プチプチ」は大磯じゃなかったっけ?
  61. 須賀にある「港稲荷神社」にお参りすると、魚がたくさん釣れるらしい。
    • 須賀にある「豆文」は、いい感じの駄菓子屋。
  62. 以前は平塚郵便局以外にも、平塚西郵便局や田村郵便局も郵便物の集配を行っていた。
  63. 馬入橋が「日本百名橋」の一つに選ばれたことがある。理由はわからないが。
  64. 安藤広重の東海道五十三次の「平塚」が切手になったことがある。
    • むかし永谷園のお茶漬けのオマケに入っていた「東海道五十三次シリーズ」で、たまたま「平塚」が入っていたりするとちょっと嬉しかったりしてね。
    • 昭和52年の年賀切手の「竹蛇」も平塚の物らしい。
    • 記念切手のSLシリーズの初日スタンプは平塚だった。多分図書館のD52と関係あると思う。
  65. 「平塚市長杯サーフィンカップ」という大会があるらしい。
    • あれ? 平塚の海岸は波が弱いんじゃなかったっけ?
  66. 「おもしろリサイクルフリーマーケット」に行くと石鹸をもらえる。
  67. 事故などで東海道線が運転を見合わせると大パニックになる。
    • そこで神奈中が張り切るわけだ。
    • ていうか、相鉄線はいつになったら伸びるんだ?
      • もう来ないんだろうね。
      • 相鉄線は倉見方面といううわさだけど。
  68. 東八幡にある「SAAB」という会社は、新品のジーンズをわざと汚したり、ボロボロにしたりする会社として有名で、香取慎吾やナイナイの番組でも取り上げられたことがある。リーバイスのジーンズはほとんどここで加工されるらしい。
    • ちなみにリーバイスの流通センターは平塚にあります。ほとんど厚木だけど。
  69. プチメタル「湘南平塚音頭」を歌っていた人は、あれからどうしたんだ?
  70. 神奈川県立平塚高等職業技術校は存在が地味である。
    • ホームページのイラストがなかなかだ。
  71. なぜここまで平塚の伝説「ジャン●ャン」が語られていないのかが不思議だ。一時はあのタモリも常連だったという。
  72. 平塚市歌の作曲は團伊玖磨である。
    • ちなみに團伊玖磨は、横須賀市歌や葉山町歌も作っている。隣の伊勢原中学校の校歌もこの人の作曲だったりする。
  73. 東海道の一里塚が榎木町にあった。というより一里塚に榎が植えてあったから榎木町という。
  74. Google ストリートビューからは完全に無視されている。
    • 最近撮影をしているという噂も。
    • 2010年3月より、街道沿いは見られるようになった。
      • 主要道以外が見れないという点で平塚の立ち位置がよく判る。が、Googleなんとかして。
    • 2018年11月現在、ほぼ全域で見られる。
  75. 神奈川イチうまいケーキ屋が「」である。
    • それは初耳だなぁ。
  76. 土屋の山奥には「動物保護センター」という、何故かがっちりとした煙突が備わっている建物がある。
    • 飼い主は責任を持って飼いましょうね。
    • 最近は殺処分は行っていないみたいだ。
  77. なんだかんだ言って東京へのアクセスが良く、箱根、伊豆も近くて雪も降らない平塚は住みやすいと思う。道も広いし(茅ヶ崎、藤沢、小田原は絶望的に狭くてごちゃごちゃ)。
    • たしかに道は広いんだがね。いかんせん駅が・・・・
  78. 地方都市の雰囲気がある。
    • 実際に地方都市でしょうね。
    • 地方都市というより郊外の最果てという感じ
  79. 洟水が流れている汚い川がある。
  80. この市はごくわずか(百数十メートル程度)ではあるが、二宮町にも隣接している(平塚富士見カントリークラブ内で)。しかし、隣接部分が少ない上、二宮町へ直接行ける鉄道、国道、県道がないため、隣町という意識がほとんどない。そのかわり、東海道線や国道1号線、小田原厚木道路などの主要ルートが大磯町を通って二宮町に至るため、「隣の隣の町」という意識が非常に強い。
    • おそらく数百メートルしか接していないでしょ。
  81. 「ひなビタ」の久領堤纏は平塚出身ということになっている。

浅間町(市役所周辺)の噂[編集]

  1. 小学生時代を平塚で過ごした男子は、一度は図書館一階ロビーにある「裸婦像」を触ったことがあるはず。
    • 中央図書館以外にも、青少年会館や美術館、市役所や南口の駅前にまで「裸婦像」がある。この街はそんなに「裸婦像」が好きなのか?
  2. 済生会病院は存在が地味。
    • 実は昭和9年の設立という、平塚では古い病院。
    • 海軍の病院ね。ほら、海軍火薬廠の裏にあるでしょ。
      • いや、それは共済病院だね
    • ららぽーとの前に新装開院。
  3. 図書館駐車場と富士チタンの間にある塀に描かれている「落書き」は、実はあの日比野克彦氏が描いた「作品」だったりする。
    • 紅谷町の中秋の横の路地の落書きも、実は日比野氏の作品。

平塚市総合公園の噂[編集]

  1. 確か「子どもとでかける 神奈川あそび場ガイド」という本でで1番に選ばれた。
    • 土日は鎌倉あたりから来ている人もいるらしい。
  2. そこらじゅうにトイレがある。トイレには困らない。
    • 総合公園のトイレは「ハッテンバ」って噂があるしなぁ
  3. 日本庭園に水琴窟がある。
    • 日本庭園の舟は底に固定されていて、減水期には水面より上に浮かんでいる。
    • 日本庭園にある石切橋は日本一の長さだというが、そんなに立派なものではない。
  4. ポニーが疲れているような気がする。
    • あそこの動物、みんなから「触られまくり」だからストレス溜まってんだろうねぇ
  5. よく「首都大学リーグ」の野球の試合をやっている。
    • この前、早大の「ハンカチ王子」が来たときは結構凄かったらしい。
      • 練習なのに入場料を取っていました。
  6. 夜になると「スケボー集団」と「サバゲー集団」が「仁義なき戦い」をくりひろげている、という噂。
    • あと「アオカン集団」とかW
  7. 駐車場、それなりのキャパはあるが、休日午前中で既にいっぱい。
    • 共済病院利用者が停めている、という噂。
      • 最近は逆にサッカー観戦者が病院に車を停めているような・・・・
  8. 公園内に土俵があるので、よく高砂部屋がやってくる。
    • 若松親方があの「パイロットシャツ」でお目見えとか。
  9. 木原光知子が倒れたプールはここにある。
    • 休日には大会をやることが多く、シーズンに入ると一般では使えないことが多い。
  10. 陸上競技場はよく「ビートたけしのスポーツ大将」のロケで使われていた。ただし「カール君」がいたかどうかは不明。
  11. ベルマーレが昇格したので、また駐車場が混むんだろうね。
    • しかし1年で降格。残念。
    • ルヴァンカップ優勝という奇跡がおこる。
  12. 元々はつくばに移転した農水省果樹試験場だった。よって無駄に広い。また当時の樹木が残されているらしい。
    • 試験場末期はほとんど秘密基地と化していた。
  13. 総合公園の野球場は、横浜大洋ホエールズのファームのホームグラウンドだった時代がある。
    • 今でも1軍のシーズン試合が行われる球場だが、平塚駅からのアクセスがちょいとばかりめんどい。
      • 最近は1軍の試合はしていないような・・・・



関連記事