幸福の科学

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
毎度おなじみのイタコ芸
幸福の科学の支部の建物
  1. 過去の人物への「公開インタヴュー」でお馴染み。
    • 彼らの人物史観は違った意味でバカ人物志と化している。
      • 菊池寛との対談の時はWikipediaをカンペにしていたらしい。
    • 気に入らない相手に対しては思想が右であれ左であれとにかくネガティブキャンペーンを展開する。
    • 存命の人物が対象だと守護霊を召還する。
      • あれ、名誉毀損にならないうちにやめた方が…
        • ナベツネ先生 天界からの大放言』は、タイトルからしてかなり危ない橋を渡っている気がする。
        • 福沢諭吉の末裔か誰かが「ご先祖はこんなこと言わない」とかコメントしていたような。
        • 「池上彰守護霊の学べる霊言ニュース」もかなり危ない。ロゴが。
    • コント乃至はイタコ芸の域に達していると言っても良いように思える。
      • 何であのイタコ芸人を教祖様と崇められるのかわからん。
    • 「霊界からの圧倒的信頼!」
    • 何故か佐々木小次郎が霊界のヒエラルキーの最底辺に置かれている。
      • 総裁は何か彼に恨みでもあるのだろうか?
    • サッチャーが死去した直後に霊言を行った際は「他界第一声」を売りにした。
      • 死後間もない霊は情緒不安定らしい。
      • ネルソン・マンデラでもやってた。
    • アイ アム ジーザス クライストゥ!
      • 日本人以外の霊言でも基本的に日本語を話すのに、キリストの霊言はなぜか英語。あれ?キリストの時代に英語あったっけ?
        • ちなみにこの教団は、イエス・キリストが指導霊の「英会話ベラベラ祈願」なんてのもやっている。
        • 日本語と英語以外、地球上で一般的に使われている現代の言語は話さないが、何故か検証不可能な古代語やウンモ星語(?)は話す。
        • エル・カンターレの魂の一部・分身で、約4300年前、古代ギリシャ・クレタ島にいたというヘルメスの霊に、是非とも線文字Aを解読してもらいたい。
    • 海外の政治家の霊言だと、たいてい日本(と幸福の科学)賛美な内容になる。
    • 分厚い割に活字が大きくて内容が薄い…。
    • 今や著名人の訃報がある度に、セットで「いつ大川隆法が霊言をするのか」が話題になってしまう。
    • 例のヒエラルキーの最上位にいる「高橋信次」が誰なのか気になった人は、彼と総裁の関わりを調べてみよう。
  2. 信仰対象が何なのかさっぱり分からない。
    • 仏が中心のはずなのに宇宙人や悪魔が出てくるなど最早何でもアリ。
    • 建物は西洋の神殿風だし。
    • ムハンマドとかもいたような気が
      • その筋の人達から痛い目に遭わされそうになったらしく、ムハンマドは引っ込めたらしい。
        • それ以前には「アラーの大警告」という明らかにアウトな本も出していた。
        • いや、またもムハンマドの霊を呼び出してる。『ムハンマドよ、パリは燃えているか。』だって。
  3. 「エル・カンターレ」とは果たして何語なのか・・・?
  4. 夫婦問題に菩薩を介入させるなど、信仰面以外でも色々とツッコミどころ満載だったりする。
    • 代表の元妻は離婚した途端悪魔扱いされるようになったらしい。
      • 本人はキリスト教に改宗して新しい宗教団体を立ち上げたとか。
      • 元は文殊菩薩とナイチンゲールの生まれ変わりだったはずなのに、離婚した途端に「イスカリオテのユダ」の生まれ変わりということにされた。
      • ついに教祖の長男まで離反。教祖が死んだら崩壊しそう。
  5. 幸福実現党があれ程連戦連敗しても戦い続けているって事は、相当この母体は資金を持っているんだろうか。
    • 政治的には結構真面目なことを言うことが多いが、名前が名前だけに敬遠している人も多そう。
      • いや、真面目じゃなくて電波だぞアレは。
    • 代表曰く「宗教界のトヨタ」。
  6. 案の定創価学会とは対立している。
    • 某アニメ映画ではあの宗教の代表らしき人物をラスボスにして色々話題になった。
      • ちなみにあの隣国が日本を占領するというストーリーもある。
        • それに関しては実写→アニメの連続キャンペーンと言う凝りよう。
        • どう見てもアニメにはまっているネトウヨを取り込もうしている印象がある。
          • 実際秋葉原で幸福実現党の街宣車が走り回ってたりするが、やっぱり(ry
          • 総裁の長男が表舞台に出るようになってからアニメはやめて実写映画一本に絞ってるように思える。
    • 但し公明党の関連の霊言では彼らを割りと評価している。まぁ、批判できる格好の政党があるからだろうが。
  7. 何がどう「科学」なのかイマイチよく分からない。
    • 「化学」だったらまだ「仲の良い関係=Chemistry」ネタが使えるんだけどね。
  8. 製作するアニメ映画の主人公のCVが大抵子安なのは、大川氏が「自分の前世の声だ!」絶賛したからだそうな。
    • 2015年公開のアニメには出なかった上以降アニメ映画が製作されなくなった。
  9. 某大型書店の梅田店で著者別の年間ランキングを張り出したところ、代表と上記ライバル宗教の代表の売り上げがワンツーフィニッシュだったとか。そっちの方でも張り合っている。
    • 勿論、どちらも信者が大量購入してくださいますから。
    • 2010年には1年間に週1ペースで著書を出版し、ギネス認定された。
  10. ここも学校を設置。栃木県那須町にある。
    • スポーツに力入れたらどうなるやら・・・。
      • スポーツではないが、高校生クイズでは危うく?栃木代表になりそうな所まで行った事がある(決勝で宇都宮高校に敗退)。
        • ついでに言うとその年の大阪代表はよりによって関西創価だった。
      • チアリーディング部は強いらしい。
      • その学校、偏差値が68あるらしい。
    • 大津の雄琴温泉にも学校がある。
      • 雄琴温泉は大人の男性には有名なところだが、その温泉街のそういう系の店の経営者は、そのせいで泡を食ったらしい。
    • 今度は千葉長生村に大学を作るらしい。
      • 既にテキストらしきものがたびたび出版されている。
      • 人間幸福学部、経営成功学部、未来産業学部と学部名も胡散臭い。
        • 最初のはともかく、後2つは普通に経営学部と産業学部でいいだろ。
          • 最初も素直に文学部でいい気が。
      • こちらはさすがに文部科学省の許可がおりなかった。
        • 「今後5年間は審査もしない」と言われたのがよほど悔しかったのか、下村文科相の守護霊や矢内原忠雄の霊言で文科省の対応をボロクソに批判している。
          • 下村文科相を目の敵にしすぎたあまり、その後の衆院解散を「文科省・下村事件解散」と呼んだり、衆院選で下村氏の選挙区に同姓の刺客を送り込んだりもした。
        • 不認可の発表後すぐに『大学設置審議会インサイド・レポート』(中身はもちろん霊言)を発表したのはある意味流石と言うべきなんだろうか。
        • 結局建物を利用して、私塾「ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ」(HSU)として開校することが決まった。
          • あくまでも私塾なので、ここを卒業しても大卒資格は取得できない。
      • 土地取得時の税金支払いを巡って村長が選挙で落っこちた。
    • 理科部がUFOを作っていたりするらしい。
  11. 公式HPにウィキペディアのパクリと思われる画像がある。あえてどことは書かないけど。
  12. 金田一少年の事件簿ファンにとっては黒歴史。
    • 「エル・カンターレ ファイト!」
    • これに関しては現在進行形な気がする。幸福実現党から選挙出たのも記憶に新しいし。
    • 版元は教団と犬猿の仲だったと思うが、それは大丈夫だったのだろうか。
  13. 「ヌッ、ヌッ、ヌッ、ウッ、ヌッ、ヌッ」
    • 宇宙人と対話したとか言ってるんだっけ。書籍化されてるけど名誉な賞を頂いているらしい。
      • 因みにこの賞、過去には『植物は警告する』という疑似科学ネタのトンデモ本の代表みたいな本にも賞を送っているレベル。もっと言うと嘗てあの宜保愛子と論争を起こした大槻先生ですら特別賞にしかなれなかったレベル。
    • そんな愉快な宇宙人たちが登場するトレーディングカードゲームまで作っていたりする。
      • Amazonでも買えるらしい。
    • 地球上の動物そっくりな宇宙人がたくさん出てくる。
      • ネコ型、ヤギ型、パンダ型、チンパンジー型、ブタ型、ヒョウ型、ウサギ型、ライオン型、ワニ型、キツネ型…。
      • ウンモ星人は「ハチ型宇宙人」らしい。
      • 「猫型宇宙人」想像図(総裁著『宇宙からの使者』200ページ)は、どう見てもただの猫にしか見えない。「想像図」とはいえ、あまりにも…。
      • 「メーテル型宇宙人」なるものも存在するらしい。
      • 河童型宇宙人、人魚型宇宙人、仮面ライダー型宇宙人、ゴジラ型宇宙人、ウナギイヌ型宇宙人も存在するとか。
      • タコ型火星人だっている。
  14. 内容の良し悪しは別にしても制作するアニメ映画は世間一般のアニメ制作会社がうらやむくらいにお金をかけまくっている感がある。
    • 出演声優陣が豪華なのもギャラが一般のアニメ作品よりも良いからだとか。
  15. バルタン星人の霊言」なるものを発表したことがある。
    • 正確には「バルタン星人にそっくりなガガール星人の霊言」とのこと。
  16. 唯物論は何が何でも全否定。
    • 総裁曰く、共産主義者は邪悪な唯物論に染まっているらしい。
  17. 総裁の昔の本名は黒歴史。
  18. たまに独立U局が、総裁の講演会を放送していたりする。
    • ぎふチャンはなんと午後9時から放送してしまった。
      • そのぎふチャン、ラジオに提供番組があったり、ゴールデンにここのアニメを流したり。
  19. ついには、総裁一家が飼っているウサギの写真集まで出した。
    • その名も『大川家の聖なるウサギたち』。
  20. 何か天台宗に恨みがあるのか?
    • 最澄は地獄に堕ちていると主張している。
    • そればかりか、酒井雄哉・瀬戸内寂聴といった天台宗の著名人をこき下ろす内容の霊言も出した。
  21. 2000年、日本では映画「太陽の法」と同時期にサイエントロジーの創設者の著書を映画化した「バトルフィールド・アース」が公開。日米新興宗教対決となった。
  22. 五反田に本部があるという事は意外と知られていないような気がする(創価の信濃町が知られ過ぎと言うのもあるが…)。
    • 東洋製罐本社の隣ではなく、国道1号線沿いにある方が本部。パッと見普通のビルなのであのマークを見てやっと気づくレベル。
  23. 「出家」とは教団の職員になること、「還俗」とは職員を退職することを指す。
  24. 支部の建物は全般的に、対立している組織の「文化会館」よりはしょぼい。
    • 編集者の地元にある「文化会館」は2階建てで駐車場も完備するほどだが、幸福の科学の支部はプレハブ小屋である。
    • 「支部精舎」であれば、それなりに豪勢になるらしい・・・写真を見る限りでは、それでも文化会館よりも小規模ではあるが。
    • うちの近くの市にある某施設はなんか小綺麗。幸福の科学の看板が出てなかったらおしゃれな店かと思う。



関連記事