幸運なモノ事典

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

なんだかんだあったけど、幸運なモノを集めるページ。

※できるだけ起承転結のうち、起と結は別文にしてください。他の方にも間を書いていただきたい、という趣旨もあるので。

交通[編集]

鉄道[編集]

銚子電気鉄道
  1. 電車の点検したいけど、乗客が少なすぎて費用が集まらない…
  2. なんか、地元においしいお菓子あるぞ?銚子電鉄が作って売るか…
  3. 至る所で売れたぞ、点検して電車をまた動かせる!
  4. でも次の電車の点検費用がまた足りなくなった…
    • いっそのことあの映画のパロディでも作るか。
  5. 一度廃線になって数年後復活した。
路面電車
  1. 自動車交通の邪魔として全国から撤去されていった。
    • 自動車を軌道敷内通行可にして、路面電車を追い出していった。
  2. 2000年を過ぎ見直され、路線延伸や鉄道からの転換が行われることに。
上越新幹線脱線事故
  1. 新潟県中越地震により、上越新幹線200系新幹線が脱線してしまった。
    • マスゴミはフルボッコ。
  2. しかしたまたま車輪が排雪溝に入り込んだおかげで、転覆せずに済んだ。おかげで負傷者ゼロ。
    • 脱線事故に関し、JR東日本では新幹線の安全性が低下したと海外から見られると思っていたが、転覆なし・負傷者ゼロという点が海外から絶賛され、新幹線の安全神話を強固なものにした。
    • 脱線したのが重かった200系だったというのもある。
三陸鉄道南リアス線・北リアス線
  1. 国鉄の建設工事が中断され、第3セクターの三陸鉄道を設立して開業。
  2. 2011年の東日本大震災で三陸縦貫鉄道網は軒並み長期間の運休。
  3. しかし国鉄から見捨てられ三陸鉄道として開業した路線は国鉄路線より早く復旧が進む。
    • なんと震災発生のわずか5日後の3月16日に早くも北リアス線の陸中野田-久慈間が運転再開。
    • 震災1年後の2012年4月までに半分以上の区間が復旧。
    • そして3年後の2014年4月6日についに全線運転再開。「2度目の」開業記念式典が盛大に開かれた。
  4. 一方で国鉄→JRとして開業した大船渡線、山田線の復旧は進まず。
    • 大船渡線は2013年3月2日にBRTの運行を開始。事実上鉄道での復旧はあきらめたのか。
    • 山田線は沿岸区間の宮古-釜石間が三陸鉄道に移管され、南リアス線・山田線・北リアス線が統合されリアス線になる。
      • JR東日本は見下していた三陸鉄道に尻拭いされる形に。
EF64型電気機関車
  1. 需要がありすぎてJRに全車継承され、2000年代初め頃までは全車健在だった。
  2. 板谷峠の交流化で本形式を駆逐したEF71が需要がなくなって全廃された後も全車健在だった。
近鉄名阪甲特急
  1. 昭和30年代は名阪間の半分以上のシェアを誇っていたが、東海道新幹線開通で客のほとんどが奪われ、2両編成で運行される時代もあった。
    • 単行運転用の両運転台車まで計画されたほど。
  2. しかし1970年代後半以降国鉄が爆発的な運賃・料金値上げを重ねたことから、安く移動できる近鉄に客が戻り、次第に増結されるようになった。
  3. そして1988年にアーバンライナーこと21000系を導入、利用客はさらに増加して昭和30年代のピーク時を上回るほどになった。
  4. その後は新幹線に「のぞみ」が登場するなどして翳りが見えてきたが、それでも一定の利用はある。但し名阪間ノンストップではなくなり全列車が津(一部は大和八木にも)に停車するようになった。
南海「ラピート
  1. 1994年の関空開港と同時にデビューし、その奇抜なデザインから一躍人気者になった。
  2. しかし関西経済の低迷やJR「はるか」との競合で利用が低迷するようになり、「ガラガラピート」状態になってしまった。
    • 当初は難波~関空ノンストップのラピートαと途中駅停車のラピートβに分かれていたが、これによりラピートβに統一されてしまった。
  3. 2010年代に入るとインバウンドで関空が再び賑わうようになり、ラピートの利用客も回復、時間帯によっては満席になることも多くなってきた。
    • それに伴いラピートαも復活した(但し開港当初よりも停車駅は増えている)。
江ノ島電鉄
  1. 昭和30~40年代、モータリゼーションの影響で利用者が低迷し、廃線の危機に陥った。
  2. しかし、道路が渋滞するようになり、時間通りに走る江ノ電に乗客が戻ってきた。
    • さらに、昭和50年代以降、各種作品で沿線が舞台になり、観光客が増加。
      • 今では繁忙期はなかなか乗れないほどの人気になっている。
広島電鉄650形車輛
  1. 1942年に5車輛が製造。
  2. 1945年8月6日、広島市に原爆が投下されこれらの車両は甚大な被害を受けた。
  3. しかし、5車輛のうち4車輛は翌年にはほぼ原形に近い形で復帰、被害が大きかった残る1つも3年後の1948年に営業運転に復帰した。
  4. 製造から75年以上たった現在でも651番と652番が現役で活躍しており、653番も原爆の日や平和学習で活用されている。

自動車[編集]

5ドアセダン
  1. 欧州では市民権を得ている車種だが、日本では昭和40年代からラインナップしているものの「ライトバンみたい」と評され、昭和50年代半ば頃には大衆車クラスに設定したものの、大きな支持を得られず、平成初期には廃れていった。
  2. しかしプリウスの大ヒットでようやく日本でも市民権を得られた。
スズキ・ソリオ
  1. 前身車種であるワゴンRワイドは2年間の発売にとどまり、モデルチェンジ後のワゴンRプラス/ソリオは11年間もモデルチェンジせずに放置プレイされるなど、競合車種に大きく水を開けられていたが、2010年のフルモデルチェンジで売上を伸ばした。
スズキ・ハスラー
  1. 長年軽No.2に留まっていたスズキにとって軽No.1に返り咲いた車。
  2. 三菱・eKアクティブで市民権を得られなかった軽クロスオーバーだったが、この車で市民権を得た。
マツダ・デミオ
  1. マツダが経営危機の頃に売り出し、見事大ヒットし、持ち直した。

航空[編集]

デルタ航空
  1. 一度破産した。
  2. 今ではスカイチーム一の稼ぎ頭に。
名古屋空港国際線ターミナル(エアポートウォーク名古屋)
  1. 1999年に開業したが、中部国際空港の開港を受け僅か6年あまりで閉鎖される。
  2. その後、施設を改装しショッピングセンターとして活用し大成功を収める。

文化[編集]

放送[編集]

ドラマ[編集]

木更津キャッツアイ
  1. 全9話の平均視聴率は10.1%だが、放送終了後に発売されたDVDがテレビドラマとしては異例のDVD販売数50万セット超を記録。
    • 2003年(日本シリーズ)と2006年(ワールドシリーズ)には劇場版が製作された。
  2. キャストも今振り返るとかなり豪華。
半沢直樹
  1. ヒットしそうな要素が殆ど無かった事から当初は別のドラマがプッシュされていた。
  2. しかし放送後は主人公の決め台詞が流行する程の大ヒットを遂げた。
星の金貨
  1. 開始当初はオウム真理教事件の報道の影響で放送延期され、低視聴率だったが、休日にダイジェスト版を放送したところで視聴率が上昇、主題歌である『碧いうさぎ』も大ヒットした。

その他[編集]

ナニコレ珍百景
  1. ゴールデンタイム昇格直後は裏番組の「クイズ!ヘキサゴン2」視聴率競争に負けてしまうことが多かった。
  2. しかし、「クイズ!ヘキサゴン2」が島田紳助引退でとどめを刺したため、視聴率を伸ばした。
  3. 2016年に終了したもののレギュラー番組としての復活の声が根強く、2018年再レギュラー化。
ひょっこりひょうたん島
  1. NHKの人形劇。当初はその独特な雰囲気やキャラクターから視聴者に拒絶され、打ち切りの話も挙がった。
  2. やがて定着し、5年と続く人気番組となる。
  3. 映像は殆ど現存していなかったが、放送を記録していた当時の視聴者によりリメイク版が実現した。
1977年度全国朝日放送(現:テレビ朝日)入社アナウンサー
  1. もともとは1980年のモスクワオリンピックで独占放送権を得た全国朝日放送がその中継を見越して9人もの新人アナウンサーを大量採用した。
  2. しかしモスクワオリンピックに日本はボイコットのために出場せず、大量採用の意味がなくなってしまったかに思われた。
  3. ところが古館伊知郎がプロレス実況で脚光を浴びフリーになってからも活躍したのをはじめ、渡辺宜嗣や宮嶋泰子らが定年退社するまでテレ朝のアナウンサーとして中心的な役割を果たし、「花の77年組」と呼ばれた。

特撮[編集]

仮面ライダー
  1. 当初は地味で暗めな作風で関東圏での視聴率は苦戦、更には主演の藤岡弘、の撮影中の事故により窮地に立たされていた。
  2. その対抗策兼代役として仮面ライダー2号=一文字隼人が登場。演じる佐々木剛が当初二輪免許を持っていなかったため「変身ポーズ」が生み出される。
    • それが受け、国民的番組となり、以後数年は「変身ブーム」を巻き起こし今なお続く長寿シリーズとなった。

アニメ[編集]

宇宙戦艦ヤマト
  1. 当初は同時間帯に放送されていた「アルプスの少女ハイジ→フランダースの犬」や「猿の軍団」などの影響もあって視聴率は苦戦。そのため半年で放送打ち切りに。
  2. しかし後の再放送などで改めて注目され、社会現象とも言える大ブームとなった。
    • 今まで子供向け中心だったアニメ作品に中・高校生~大人までの幅広い視聴者が存在していたことを広く示すことになった。
  3. その後のガンダムやエヴァといった、アニメブームの先駆けとなった作品とも言える。
ガールズ&パンツァー
  1. 戦車の作画が間に合わず、5話終了後と10話終了後に総集編を入れラスト2話を3ヶ月放送延期。
  2. しかしそのおかげで人気が長く継続。
    • 唯一放送を落として延期が許されたアニメと言える。
  3. 2015年11月に劇場版が公開されるも、テレビシリーズから2年半のブランクがあって、さらにその間にラブライブ!が大ヒットしたため、初週の興行収入は伸び悩み。
    • しかし右肩上がりで観客動員が伸び人気が復活。最終的に興行収入24億円を記録した。
機動戦士ガンダム
  1. スーパーロボット全盛期に「軍隊の1小隊の活躍から見た戦記」という、どう考えても子供ウケしそうにないテーマで放送。視聴率は大惨敗し、児童向けの絵本やおもちゃなども売れずに打ち切りが決まる。
  2. しかしアニメファン全体の高年齢化もあり、小学校高学年~大人までのファンには再放送やプラモの発売で爆発的な再ブームを巻き起こす。
  3. その結果、劇場アニメ三部作は長蛇の列ができるほどのヒットを巻き起こし、今やガンダムは全ロボットアニメの中で最もヒットしたシリーズとなった。
キャッ党忍伝てやんでえ
  1. タツノコプロのオリジナルアニメ。人気が高いにも関わらず長年ソフト化されず、海外で番組販売した際に映像を紛失された説まで囁かれていた。
  2. 2012年に無事全編DVD化。新作フィギュアも発売された。
キルミーベイベー
  1. BD/DVD1巻の売り上げはわずか686枚の大爆死。
    • 4巻1,014枚、6巻734枚と右肩上がりし、累平993枚に終わる。
  2. 歴代のきらら原作アニメで当時ワースト2の大爆死で、このまま忘れ去られるはずだった…。
  3. しかし放送終了後にTwitterのフォロワーが伸びるなどネットで拡散。ニコ生の一挙放送でも好評を博した。
    • 放送1年半後の2013年10月にOVAを発売し初動7,319枚、累計9,564枚の売り上げ。2013年12月に発売したBD BOXは初動4,055枚売れた。
  4. yahoo!のトップニュースで「敗者復活を遂げたアニメ」としてこのような記事が載るほどに。
    • chakuwikiのこの項目に書かれていたことが現実化したような形に。
  5. だが2期のアニメ化はかなわず。
    • さらに声優の1人が薬物で逮捕されてしまう。
      • 尚、きららファンタジアで逮捕された声優が演じたキャラは代役が当てられている。
    • やはり最後はざんねんなアニメか?
ポケットモンスター(アニメ)
  1. 当初は1年で終わるつもりで作っていたが、人気が出たので寄り道することに。
  2. ギネスブック級の放送事故を引き起こす。
    • その日の夜から全国でニュース。次の日は新聞の一面を飾り、ワイドショーではフルボッコ状態。
  3. 翌日から視聴者から放送再開を望む手紙が山のように届く。
  4. 結果、4か月後に放送再開。今日まで20年以上続く長寿番組となる。
魔法少女まどか☆マギカ
  1. MBSで10話放送の翌日、TBSで10話放送の当日に東日本大震災が発生し、関西では11話以降、それ以外の地域では10話以降の放送が中止となり打ち切りも噂された。
  2. しかしそれによって盛り上がりが加速。4月22日に残り2話or3話の放送が決定すると当日には新聞に掲載されるほどに。
  3. そして深夜アニメ史上最大級の大ヒットアニメになった。
  4. アニメファンのオタクは毎年3月11日が来ると東日本大震災とともにまどマギを思い出す
ラブライブ!
  1. 2010年8月に発売されたμ'sの1stシングル「僕らのLIVE君とのLIFE」のシングル売り上げは初動434枚という大不振に終わる。
    • このプロジェクトが完敗からのスタートと言われる所以の一つである。
  2. しかも後にブレイクのきっかけとなったアニメ1期放送当時ですら、当時の電撃G'sマガジンは同時期に放送されたビビオペの方に力を入れており、特集もビビオペの1/3程度しか組ませてもらえず、前評判もそれほど高いものではなかった。
  3. しかしその後はスクフェスのリリースなどもあり、ラブライブの人気は急上昇。G'sマガジン発ではシスプリ以来の大ヒットアニメになった。
    • さらに2015年に公開された劇場版も大ヒットを巻き起こし、ラブライブ自体が社会現象とも言える大ブームとなった。
ルパン三世
  1. 1971年から72年に放送された第1期は、大人向け作品路線があまり受けず、対象年齢を下げた路線で制作しても低視聴率のまま結局打ち切りとなった。
  2. しかし第1期の再放送が行われると、夕方であるにもかかわらず局によっては20%以上の視聴率をたたき出した。
  3. 1977年にキャラクターのデザインや一部の声優などを変えて第2期が開始され、第2期はヒット。現在まで人気を保つようになった。

漫画[編集]

オバケのQ太郎
  1. 藤子不二雄にとっては最初の大ヒット作であり、アニメ化も3度行われ国民的ブームを巻き起こした。
    • 最初のアニメは『ウルトラQ』の次の番組だったので、他局からやっかみも込めて「恐怖のQQタイム」と呼ばれるほど。
  2. しかしFとAの分業が行われてからは著作権の複雑さ故に単行本販売が差し止められ、20年以上に渡って「みんな知ってるけど、誰も読んだことがない」という文字通りのゴーストのような状態になってしまった。
  3. ところが藤子・F・不二雄大全集創刊に伴い、著作権問題がクリアされて単行本化が決定。現在では書店に行けば簡単に買えるようになった。
    • ただアニメ版はいまだにDVD化されておらず、特に白黒版とカラー第1作『新オバQ』は古すぎてVHSすら出ていない。
進撃の巨人
  1. 最初は集英社に持ち込んだが作風が合わなかった事で断られてしまった。
  2. その後は講談社に持ち込み現在では別冊少年マガジンの屋台骨となる程の大ヒットを遂げた。
ドラえもん
  1. 小学館の全学年誌で連載を始め、子供にはウケたが『オバQ』のような大ブームは起こせずにいた。
  2. そんな中1973年に始めた日本テレビ版のアニメは、監督が夜逃げして打ち切りという悲惨な末路を迎える。
  3. この時掲載されたのが「さようならドラえもん」であり、本当に当時はドラえもんは未来の世界に帰って完結するはずだった(71年と72年の『小学四年生』でもドラえもんが未来の世界に帰って終わっているが、これは当時『小学五年生』にドラえもんが掲載されていなかったためらしい)。
  4. ところが、アニメ終了後に発売されたてんとう虫コミックスは大ヒット。当時は一回掲載されればそれっきりだった「児童漫画」を単行本化するというシステムを生み出し、1億部を記録した。テレビ朝日系で放送された新アニメは国民的な長寿作品となり、今でもドラえもんは世界中の人気者である。
ブラック・ジャック
  1. これが連載開始した1970年代初頭、手塚治虫は最大の逆境の中にいた。虫プロは借金を背負って倒産し、出す連載は悉く打ち切られ、ヒットしたのは海のトリトンくらいであった。
  2. そのため掲載した『週刊少年チャンピオン』編集部は手塚の死に水のつもりで5話の集中連載として掲載。掲載号の表紙には主人公が出てこなかった。
  3. ところがこれが爆発的なヒットとなり、本作は5年間連載され、全25巻という手塚作品屈指のロングヒットとなった。現在でも手塚作品の最高傑作と称する人も数知れない。
    • 「神の手を持つ医者」は一人の漫画化の作家生命をも救ったのである。まるで火の壺に身を投じ蘇る不死鳥のように。

キャラクター[編集]

せんとくん
  1. 発表された当初はそのデザインが酷評され、一時期は対抗として「まんとくん」や「なーむくん」なども出された。
  2. しかし騒動が報道されるにつれ知名度や人気が上昇し、最終的には奈良県の公式マスコットキャラとして採用されるようになった。
ポムポムプリン
  1. サンリオのキャラクター。初登場でいきなりキャラクター大賞一位を受賞するなど、人気が高いにも関わらず消えていた時期があった。
  2. 2010年にグッズ展開が再開され、新キャラクターも登場した。
シナモロール
  1. サンリオキャラクター。初登場はキャラクター大賞第14位だった。だが、翌年には第3位と人気キャラの仲間になった。
  2. しかし、人気キャラにも関わらずグッズが全く無かった時期もあった。2016年頃にグッズが増えた。
  3. 2015年はツイッターで心無しツイートが多発。その後はブロックなどで実施した。
    • クソリプに負けるなと強い応援があり、2015年には再び第3位となった。
      • 2016年には第2位、2017年、2018年は第1位となり見事に復活を果たした。

ゲーム[編集]

アイドルマスター
  1. 9・18事件、2・24事変と騒動続きで低迷していたが、『シンデレラガールズ』の大ヒットで持ち直した。
ゲームボーイ
  1. 発売当時は品薄になる程のヒットになり、その後年を追うごとに人気が下がっていったが、『ポケモン赤緑』の大ヒットで持ち直した。

映画[編集]

君の名は。
  1. CMが殆ど放映されなかったり封切り日が8月末だった事からヒットは見込まれなかった。
  2. しかし公開後は日本アニメ映画の歴代興行収入で1位になる程の大ヒットを遂げた。
シン・ゴジラ
  1. 監督が庵野秀明と樋口真嗣であった事から公開前は不安視されていた。
  2. しかし公開後はそんな不安を払拭する程の大ヒットを遂げた。

楽曲[編集]

金太の大冒険(つボイノリオ)
  1. 1975年に発売されたが、発売から20日で性表現を理由に民放連の要注意歌謡曲の指定を受け、放送によるプロモーションが絶望的となってしまう。
  2. しかしそれを跳ね除け、子供たちの間で徐々に浸透。最終的にシングルの売上は4~5万枚に達した。
  3. 1980年代から2010年代にかけてカバー版・アレンジ版などが発売された。
クリスマス・イブ(山下達郎)
  1. 1983年の発売当初は、限定版として制作されたこともありオリコンチャートは44位が最高だった。
  2. しかしその5年後、JR東海がCMにこの楽曲を使用し一気に人気が上昇。1989年にはオリコン1位を獲得した。
    • ちなみにこの曲が起用されたのは担当したCMディレクターの強いこだわりによるものである。
ぼくたちの失敗(森田童子)
  1. この曲の発表当時は森田自身がメディア出演よりもミニライブなどを重視していたこともあり、一部の熱狂的なファン以外には森田の人気はそれほどなかったため森田は芸能界を引退。ほかの森田の多くの曲とともに忘れ去られるかと思われていた。
  2. しかし1993年にこの曲を主題歌に使用したドラマ「高校教師」が大ヒットし、それに伴いこの曲の人気も一気に上昇した。

芸能[編集]

有吉弘行
  1. 猿岩石時代は芸人として評価されなかったが、解散後に独特のあだ名をつけるようになってから評価され、ものまねタレントとしても地位を確立し、今や司会者クラスに成長した。
指原莉乃
  1. AKB時代に恋愛スキャンダルを起こし、HKTに移籍(左遷)させられたが、移籍後は劇場支配人に就任、選抜総選挙では1位の常連となり、AKBグループの1番人気に成長した。
    • もはや左遷というより栄転というレベル。
宝塚歌劇団
  1. 1970年代前半にテレビが普及してきたことで観劇者が減っていたが、「ベルサイユのばら」を舞台化したところ好評となり人気復活した。
武田真治
  1. 20歳前後はアイドルや俳優をやっていたらしい。
    • その後は「めちゃイケ」のレギュラーというイメージしかなかった。
  2. NHKみんなで筋肉体操で筋肉の人として再ブレイク。
谷原章介
  1. 俳優として一定の実績があったため、「王様のブランチ」司会のオファーを受けた際には俳優との両立ができるか悩んでいた。
  2. しかし、俳優でありながら「パネルクイズ アタック25」の司会としても知られ、過去にドラマで共演したこともある児玉清に相談、背中を押されて司会に就任、高評価を得て10年3ヶ月務め上げた。
  3. 俳優としての活動と並行しつつ、多数の番組の司会を務めるようになり、ついには「アタック25」の司会も射止めることになった。
DA PUMP
  1. SHINOBUの飲酒運転、ISSAの不倫とスキャンダル続きで低迷していたが、『U.S.A.』の大ヒットで持ち直した。
出川哲朗
  1. 「an・an」の「抱かれたくない男」で何度も1位になったが、「世界の果てまでイッテQ!」がきっかけでみんなに愛されるようになった。
    • かつては「嫌いな男」とか「砂浜に埋めたい男」とかでも1位を取るなどネガティブなイメージが非常に強かった。
      • 3年連続1位になって、殿堂入りしてしまった。
      • 殿堂入りにより審査外になったことがネガティブイメージの払拭の第一歩だったのかもしれない。
  2. 何度も渋谷で不良に絡まれてしまった。ひどい時は自宅に不良が来ることもあった。
  3. 2018年の紅白で審査員をやった。
  4. 今やバラエティ番組への出演だけでなくCMの出演数も並み居るアイドルや若手俳優・女優に肩を並べる本数であり今やお茶の間に欠かせない存在になった。
    • それでも体当たりの企画に挑むなど芸人としての本業も忘れていない。
南海キャンディーズ
  1. 2004年の「M-1」で準優勝になったことがきっかけでブレイクした。
  2. 山里亮太はよしもとブサイクランキングで殿堂入りになったり、日本アカデミー賞で山田洋次監督に何度も同じ質問をして怒らせたり、出した本「天才になりたい」が全く売れなかったりするなどの悪いニュースがあった。
    • 逆にしずちゃんは映画「フラガール」で本格的な女優デビューし、演技面も評価され、「日本アカデミー賞」の新人俳優賞を受賞するという良いニュースがあった。
  3. みんなに注目されるしずちゃんに山里亮太が嫉妬してしまった。
    • 番組で山里がしずちゃんに一切トークを振らなかったり、ツッコまなかったりするなどの嫌がらせをやった。そして、しずちゃんを完全無視するようになり、コンビ仲が悪くなってしまった。
    • 何をやってもうまくいかない山里は自信を無くしてしまい、芸人をやめようとするが、千鳥の大悟に誘われたライブで大ウケし、芸人を続けることにしたが・・・。
    • 「大悟さんに助けてもらったがお前には何もしてもらってない」と言って山里はさらにしずちゃんに嫌がらせをするようになった。
    • バラエティの台本のしずちゃんのトークブロックを消したり、フライト直前に嫌がらせのメールを送ってしまったことが原因でコンビ仲は過去最悪になり、しずちゃんはマネージャーに山里と共演をしたくないことを言ってしまった。
  4. 山里が「スッキリ」の天の声をやったら、テリー伊藤に「君って面白い人だったんだね。」と褒められたことがきっかけで仕事が増えた。
    • この時、ボクシングをやっていたしずちゃんは自分がボクシングに命がけになったくらい、山里が漫才に命がけであることが分かり、山里にもう一度、M-1に出たいことを伝えた。
    • 2016年、2017年の「M-1」は準決勝敗退だったが、山里はしずちゃんと仲直りすることができた。
    • 2018年、初めて、単独ライブをやった。
  5. 山里亮太は出した本「天才はあきらめた」が10万部を超えるヒットになり、蒼井優と結婚した。
能年玲奈(のん)
  1. 連続テレビ小説で主役になって、一気に知名度が上がる。
    • じぇじぇじぇとかGMT47とかやってた。
  2. 事務所からの独立騒動を起こし、芸能界からほぼ消えてしまった。
    • 誰かに操られていたらしい。
  3. 少しずつ仕事が来るようになったところで、アニメ映画の声優をやったら、一年以上のロングラン上映となってしまった。
    • ちなみにそのアニメ映画は後に実写ドラマ化された。主人公は能年玲奈ではなかったが。
  4. 知名度が少しずつ戻り、ちょっとずつ広告やテレビに戻ってきた。
1982年度生まれの女性歌手
  1. ×××が多い世代でもあるが、女性歌手がブレイクした世代でもある。
    • 宇多田ヒカル・倉木麻衣・倖田來未・大塚愛などなど。

企業[編集]

アイホン株式会社
  1. 愛知のインターホン、だからアイホンと名付けた。
  2. 半世紀たって、太平洋の向こう側からアイホンと名乗るデバイスが来たぞ?
  3. 日本でアイホンと名乗るなら金をくれ!
    • 毎年1億円のお年玉をもらえるようになった。
    • iPhoneの商標は、下記企業のライセンスに基づき使用されています。アイホン株式会社
Apple(旧アップルコンピュータ)
  1. マッキントッシュなど、様々な先進的機器を発明。
  2. しかし流行が追い付かなかったのか、他社に抜かれてしまう。
    • マッキントッシュと他のパソコンの互換性が良くなく、外部プログラムの作成があまり進まなかった。
  3. ストリーミング式音楽再生端末iPodで形勢逆転開始。
    • とりあえず資金源は得た。
  4. スマートフォン市場にiPhoneで参入。
    • アメリカと日本でバカ売れ、アップルコンピュータの新たなる地位を確立する。
  5. もはやコンピュータというよりスマホの会社になってしまったので、社名をAppleに変えてしまった。
  6. 今ではiPadも製造しているほか、マッキントッシュのアイコンもiPhone化させてしまった。

教育[編集]

品川女子学院
  1. 平成初期までは受験者数が伸び悩んでいたが、制服を教職員達がデザインしたおしゃれなキャメル色のブレザーに刷新したところ、受験者数が増加。制服も他校に影響を与えた。
  2. 広末涼子の出身校であったため、ブレイクと相まって受験するファンも現れた。
東京都立日比谷高等学校
  1. 1960年代前半まで東大合格者数が全国1位だった。
  2. しかし、1967年に学校群制度が開始したことにより東大合格者数が激減。
  3. その後も開成などの私立の台頭により、1993年には東大合格者数が1人になってしまった。
  4. 2001年に東京都が日比谷を進学指導重点校に指定し、進学指導に力を入れるようになった。
  5. 結果、2016年に東大合格者数が50人を突破し、2018年には1970年以来48年ぶりに東大合格者数ランキングでトップ10に入った。
  6. 最近では開成に合格していても日比谷に進学する受験生も出るようになった。
国際教養大学
  1. 現在の大学があるところはもともとはアメリカの大学の日本校として開校した大学の敷地だったが、その日本校は2003年に閉校となった。
  2. それを秋田県が改めて公立大学として開校したところ、グローバル化に対応したカリキュラムが企業に受け、就職実績がよかったために秋田県以外からもたくさんの学生が集まるようになった。

スポーツ[編集]

サンデーサイレンス
  1. アメリカの競走馬。ダービー・プリークネスS・BCクラシックを勝ち競走実績は文句なしだが、種牡馬としては買い手がつかず即日本に売却されることに。
  2. 来日後の活躍は説明不要。日本史上最高の種牡馬である。
テイエムプリキュア
  1. デビューから3連勝でGI(阪神ジュベナイルフィリーズ)を勝ったが、その後は5歳暮れまで負け続け、2009年の日経新春杯を最後に現役を引退して繁殖牝馬になる予定だった。
  2. ところがこのレースで大逃げを打ち、2着のナムラマースに3馬身半差を付けて勝ってしまった。
    • 鞍上の荻野琢真騎手も重賞初勝利となった。
  3. この勝利により急遽予定が変更され、現役を続行することになったが、3戦走っていずれも惨敗…。
  4. しかし12番人気で臨んだエリザベス女王杯では、クィーンスプマンテと共に逃げまくって2着に粘った。
  5. その後は翌年(2010年)のエリザベス女王杯まで現役を続けて引退。
  6. 生涯獲得賞金は2億474万1000円で、落札額の262万円に対して約80倍の賞金を稼いだ。
  7. 馬名の影響か人気もあり、引退レースとなった2010年のエリザベス女王杯では横断幕がパドックに9枚も掲げられていた。
広島カープ
  1. 設立翌年に既に大洋(現横浜DeNA)と合併するという話があったほどの資金難だった。
    • 当初はユニフォームが1人1枚しかなく、移動費すら払えない有様だったとか。
  2. 募金をしたり、運営会社を立て直したりして乗り切った。
    • 地元の警察官がパトカーで募金しに来たとか。
  3. その後も貧乏球団だと言われていたが、多彩なグッズが話題を呼ぶようになり、今ではグッズがかなりの収入源となっている。
    • 特に、Tシャツは自前の工場を持っている。
1996年の読売ジャイアンツ
  1. シーズン序盤はリリーフ陣の崩壊などもありBクラスに低迷していたが、7月から快進撃を始め、首位だった広島と中日をごぼう抜きしてまさかの逆転優勝を果たした。
    • 当時リーグ史上最大の11.5ゲーム差をひっくり返し、ここに「メークドラマ」が完成した。ただし日本シリーズでは当時人気があったイチロー率いるオリックスに日本一を献上したが…。
2008年のタンパベイ・レイズ
  1. デビルレイズからデビルを取ったとたん、ア・リーグ優勝してしまった。
2015年ラグビーワールドカップ
  1. 日本の初戦で、世界ランク2位の南アフリカに勝ってしまった。
    • 日本の関心がラグビーに向いた。
  2. 五郎丸ポーズが流行った。
    • 勘違いしている人多数。でも悪いのは勘違いしている人たちであって、ラグビーではない。
2019年の阪神タイガース
  1. シーズン終盤になって5位にまで低迷したが、そこから6連勝し、中日と広島をごぼう抜きしてまさかの逆転CS出場を果たした。
    • さらに横浜DeNAベイスターズとのCS1stステージも勝利し、ファイナルステージに駒を進めた。結果は巨人に負けたが。
    • 5位になった時CS出場は絶望的とも言われていたくらいだった。

選手[編集]

赤星憲広
  1. 2000年のドラフト会議で阪神に指名された際は、阪神ファンからの非難が激しかった。
    • 当時のファンの多くは高卒の若い選手を望んていたのに対し、赤星は社会人でしかも大卒であったこと、非力だったことからあまり歓迎されていなかった。
  2. しかしプロ入り後は阪神の主力として活躍。2003年には阪神のリーグ優勝に貢献した。
川崎宗則
  1. シカコ・カブスの悪夢「ヤギの呪い」を解呪するのに必要だった人物。
  2. 選手登録枠40人からは外れていたが、それでもムードメーカーとしてベンチ入り、そしてチームを優勝に導いた。
  3. これ以外にもMLB公式から「ムネノリ・カワサキ」賞を授与されるなど、ムードメーカーとしての実力が目立つが、実は2塁3塁遊撃と内野をどこでも守れる器用な選手である。
    • ちなみに選手としての出場以外ならキャッチャーとピッチャーもやっている。
  4. その後日本に帰ってからうつ病で2シーズン休業してたが、台湾で活動を再開した。
北島康介
  1. アテネ・北京オリンピックで日本人初の2大会連続2種目制覇
  2. 世界選手権での2種目制覇は2003年だけだが大舞台のオリンピックには強い
  3. 2004年の流行語大賞を受賞
    • 続く2008年も名言を残している
    • 2012年の流行語大賞ノミネートにも関わっている
  4. 北京オリンピックではあの東原亜希が観戦していたが、きっちり金メダルを獲得し世界新記録を逃す程度で済んだ。
鈴木明子
  1. 10代では成績が伸びず、摂食障害にまで悩まされた。
  2. 20歳を過ぎてから才能が発揮、オリンピック2大会連続出場と世界選手権銅メダルを果たした。
    • 引退時のスポーツ人生を振り返る言葉は、「人生谷あり谷あり谷あり谷あり山あり」。
内藤大助
  1. 日本初挑戦での微妙な引き分けや敵地タイでポンサクレック・ウォンジョンカム世界初挑戦での記録的KO負けを喫し、日本・東洋太平洋王座も怪我で返上するなど不遇な日々を送っていた。
  2. その後、ポンサクに3度目の挑戦が決まるも、直前でフジテレビが中継を取りやめスポンサーもなかなか確保できず中止危機に見舞われた。
    • しかし、ドン・キホーテがスポンサーに名乗りを上げ、TOKYO MXの生中継が決定。試合も判定で勝利して悲願の世界王座獲得。
  3. その後は亀田三兄弟の次男・大毅に勝利し、国民的人気者にのし上がった。また、この試合以降TBSが生中継するようになった。
西岡利晃
  1. バンタム級ではウィラポンに4度挑戦するも1度も勝てず(しかも2引分)、アキレス腱を痛め1年棒に振ったりもした。
  2. スーパーバンタム級転級後に、プロ39戦で悲願の世界王座獲得。
  3. その後は防衛を重ね、ラスベガス進出も果たした。
野村忠宏
  1. アトランタオリンピックで全く注目されていなかったにも関わらず金メダル
  2. その後シドニー、アテネオリンピックも優勝し全競技通じて日本人及びアジア人初のオリンピック個人種目3連覇
  3. 毎回同日に試合を行う谷亮子(田村亮子)に新聞の一面を取られていたが、引退後のスポーツキャスターとしての活躍から今では知名度は谷亮子以上。
    • 日本一有名な柔道家になったといえる
    • 現役時代はむしろプレッシャーがかからなくてよかったと本人が話している。
  4. 世界選手権での金メダルは1997年の1回しかないがオリンピックは3連覇。大舞台に強い。
    • 一方田村亮子は当時世界選手権2連覇・公式戦84連勝中で金メダル確実と言われたアトランタオリンピックで銀メダルに終わってしまったことがある
      • そのため世界選手権は6連覇含む7度優勝していながらオリンピックの金メダルは2回に留まっている

その他[編集]

今泉健司
  1. 1987年に関西奨励会に入会したが、1999年に年齢制限により奨励会を退会せざるを得なかった。
    • 昇段次点である三段リーグ3位に二度なっているが、1回目当時は「次点2回でフリークラスとして四段昇段」の制度が存在しなかった。
  2. 2007年に三段編入試験を受け奨励会三段に編入したものの、四段に上がることはできず再び奨励会を退会。
  3. 2014年になってプロ編入試験を受け合格。41歳でようやくプロ棋士になった。
  4. 2018年にNHK杯本選第1回戦で藤井聡太と対戦したところ、藤井に勝利し一躍話題となった。
今川氏真
  1. 桶挟間で戦死した義元の跡を継いで今川氏を当主となったが・・・。
    • 信長への復仇に消極的だったがために部下や同盟相手から愛想を尽かされ、その後徳川・武田の二方向から攻め入られ降伏。結果的に一代で今川家を駄目にしてしまう。
  2. その後は妻の実家であった北条氏に落ちのびさらに徳川家の庇護を受け、最終的に江戸の品川の屋敷を与えられ、そこで77歳で亡くなった。
  3. しかし彼自身、塚原卜伝から剣を学び自らの流派として発展させたり、和歌や連歌といった詩文の能力に優れ、また蹴鞠の技術に関しては織田信長も深く興味を示していた。
  4. その文化的才能は朝廷との交流に大いに役立つことになる。父の代から公家との交流を持ち、氏真にもしっかりと受け継がれたそのスキルは徳川幕府にとって欠かせない存在となり、今川家はその後も長く直系が続くこととなった。
ジャン・アンリ・ファーブル
  1. 言わずと知れた虫大好きおじさん。アップダウンが激しすぎる一生(ダウンが多い)を送ったことで知られる。
  2. 非常に貧しい家庭に生まれ、食事を水だけで過ごしつつ必死に勉強し、師範学校(教員専門大学)を運よく主席で合格。更にそこで知り合った女性と結婚した。
  3. しかし最初の一姫二太郎は幼くしてすぐに死んでしまい、夢だった大学教授になる為に染料の研究を行い、遂にアカネから赤い染料を作り出す技術を開発してレジオン・ド・ヌール勲章(日本で言えば紫綬褒章クラス)を授与した。
  4. のはいいが、翌年にドイツで更に安価な原料でいくらでも染料を作れる方法が見つかってしまい、一気にお払い箱になる。
    • この頃、近所トラブルでペットに毒を盛られるほど忌み嫌われるようになり、家族を連れて移住。この頃に『昆虫記』を執筆した。
  5. またも貧乏暮らしになる中、可愛がっていた次男が16歳の若さで病没。あまりのショックに体を壊し生死の境を彷徨うが、諦めてなるものかと奮起してまた引っ越しを行った。
  6. そして妻に先立たれ、40歳下の後妻と再婚。このとき64歳でありながら子供を作るなど下半身は元気そのものであった。
  7. こうして迎えた老後生活で、かねてから出していた『昆虫記』がまさかの重版を飛ばす大ヒットになり、晩年はもう一度レジオン・ド・ヌール勲章を受章。二人の妻と多くの子に先立たれる中、91歳で大往生を遂げた。
  8. 生来の虫好きだったファーブルだが、「生まれ変われるものならば虫になりたいですか」と質問された時にはこう返したという。
    「絶対にごめんだね。私は人間として生きたいよ。生きていることのすばらしさを実感しながら生きていけるのは、人間しかいないからね」
メッテ=マリット
  1. 2019年現在のノルウェー王太子妃。
  2. 王太子とは大学で知り合ったのだが、当時すでにシングルマザーだったことや麻薬パーティーに参加した経歴が問題視され、当然のことながら国民からは反発を食らった。
  3. しかし婚約が発表された際に自らの過去を反省した会見で好感度を上昇させ、見事王太子との結婚にこぎつけた。

関連項目[編集]




関連記事