Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

彌榮自動車

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
幸運を運ぶ(?)四つ葉のタクシー
  1. タクシーの行灯のマークは三つ葉だが、3台だけ三つ葉が四つ葉になってる。見れたら運がいい、乗れたらもっと運がいい・・・というのは、関西では結構有名な話。
    • 以前の職場の同僚の方が、夫婦揃って追っかけたそうな。(でも乗れなかったらしい)
    • 転勤で上洛してきた同じ職場の人が何も知らずに乗ったところ証明書を貰った
    • 修学旅行でバスガイドが言ってたのはこの事か(by岡山人
    • バレンタインデーが近付くと、葉っぱの色をピンクにしたバージョンも発生する。運転手は全部女性。
  2. 観光バスだけではなく、MKが諦めた路線バスもやってる。
    • 京都ヤサカ観光バス、東京ヤサカ観光バス、滋賀ヤサカ自動車、ヤサカバスなど。
    • ちなみにここの観光バスの名称は車種の名前をそのまま使っている。しかもロゴの字体まで一緒。(例:エアロクイーン→スーパークイーン)
    • 京都市交通局に喧嘩を売る形での参入を目指したMKと違い、既存事業者のエリアのニッチを埋める形での路線設定が勝因。
      • お上とは喧嘩しないが、とにかく運転が荒いので他の車とはよく喧嘩する。
      • 洛西ニュータウンからJR向日町駅とかに行く路線を運行している。
  3. 某書店と仲良し。
  4. 京都府内においてはトヨタのディーラーも経営しておりエムケイが東京進出後までクラウンを導入できなかったのはそこに理由がある
  5. 元々は路線バスの会社としてスタートしたらしい
  6. 京都に本社があるためか「ヤサカ」は八坂神社の「八坂」だと思われがちだが「彌榮」が正しい。
    • かつて京都府の北部に弥栄町があったがこの会社とは無関係。

ヤサカバスの噂[編集]

  1. ヤサカグループが路線バス進出のために設立した会社。
  2. グループの貸切バスと違い、ここの路線車のカラーはベースが黄色(帯は同じ色・形だが)。
    • 貸切バスの色使いが京都バスに酷似し、向こうは一日乗車券が一部使えたり観光客の利用も多いので、混同によるトラブルを避けたものと思われる。
  3. 実は路線専業ではなく、マイクロバス等小型の貸切バス事業も行っている。



関連記事