心斎橋

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 大阪大阪市 > 中央区心斎橋

心斎橋の噂[編集]

  • 心斎橋駅・四ツ橋駅の噂はこちらへ。
心斎橋筋商店街
  1. 次の3つの街から構成されていて、それぞれ雰囲気が全然違う。
    1. 御堂筋や長堀通などの大通り沿い。ブランドショップやデパートが建ち並ぶ。
      • 特に新橋交差点周辺にはブランドショップがずらり。
    2. アメリカ村。若者向けの店ばかり。
      • 御堂筋を東から西へ渡ると、急に街を歩いている人の年齢層が若くなる。
      • 最近は堀江や南船場の辺りにまで若者の街が拡大しつつある。
        • 拡大しつつあるというより、物騒で汚くなりつつあるアメ村に見切りをつけた若い穏健派が堀江/南船場に避難していると言った方が正しいかも。
        • アメ村の中心部は実際には四ツ橋駅の方が近かったりもする。
    3. 心斎橋筋より東側の裏通り。飲み屋や風俗店が多い。
      • 「あの」ペッパーランチ心斎橋店もこの地域にあった。
      • 特に集中しているのは「ブルース」でお馴染みの宗右衛門町周辺。
        • 昔は北新地の様な落ち着いた飲み屋街だったらしいのだが…。
          • 今では風俗の無料案内所と風俗店ばかりが目立つ街になってしまった;。
            • 条例改正でそういう店が減りつつあるのは有難い限り。
      • 夜になると怖い人が増える。
    • そしてマッチョでハゲな黒人が多い
  2. 心斎橋付近の御堂筋沿いは西日本一の高級ブランド街。
    新橋交差点付近には高級ブランド店が多い
    • ここらへんも東京人のイメージする大阪の街からは、かけ離れた雰囲気のエリア。
    • Apple Store日本橋じゃなくてここにある。東京のApple Storeが秋葉原ではなく銀座にあるように。
      • まんだらけも日本橋から移転して自爆した。意味解らん。
    • 御堂筋と長堀橋が交差する交差点は正確には「心斎橋」ではなく「新橋」。何となく東京っぽい…。
      • 心斎橋があったのは御堂筋の1本東側。
  3. 「カメラのナニワ」は大丈夫だろうか?
    • 大丸・そごうの間を東へ50歩で歩けないと入社できない。
    • そういえば最近、御堂筋線の車内アナウンスでも名前を聞かなくなった…。
    • あのCMソングのメロディーを聴いても、別の店をイメージする人が多いと思う。
  4. 日本最大の地下街、クリスタ長堀がある。
    • しかし売り上げが伸びず、大赤字…。
    • 最近は黒字らしい
      • 2005年になってやっと黒字に転換。現在はずっと黒字計上中。がんばった。
        • 大丸プロデュースの効果。
  5. 心斎橋筋には、夜中はギター持って1人で歌ってる人間が多い。
    • 最近はアカペラでHIP HOPやってるヤツもいる。すげえ下手やったけど。
  6. パルコがあるが、殆どロフトになってしまった。故に服は殆ど売っていない。
    • 結局閉店することに。
    • 40年近く前、“パルコ10円寄席”というラジオ番組(ABCラジオ)があり、土曜の夜はここへ10円持って行けば寄席を観る事ができたらしい。
  7. 江坂・三宮に続いて東急ハンズの関西3号店が出来た・・・が、立地がビミョー。地下街とも繋がってないし。
  8. 阪神大震災の被災者にとっては、「しんさい…」と聞くだけでトラウマがよみがえり、縁起の良くない地名となっているらしい。
    • これを機に「しんいばし」に読み方変えたほうがいいかも。
  9. 心斎橋筋は無駄に長い。なんぼ歩かせんねんわれ!!
    • 実際に土佐堀通(京阪淀屋橋駅の乗場)から難波(南海難波駅の乗場)までありますから……
      • でも商店街になっているのは本町通よりも南。長堀通以北では昔ながらの船場の繊維問屋も多い。
        • 本町付近では「せんば心斎橋」とも呼ばれている。
          せんば心斎橋
          • 今でこそ本町通以南はアーケードが繋がっているが、かつては途中で切れていた。
    • 南端は戎橋。これから南は戎橋筋に名前が変わる。
  10. 最近店の入れ替わりが早すぎて、バイトしてる本人さえ店が変わっていることに気付かず、前の店の制服で普通に接客してる。(例)マクドの制服で雑貨売り
    • そんな奴おらへんやろ~
  11. 一通だらけで行きたい場所にたどり着けない。下手するとひたすら右折をして同じとこぐるぐるまわることになる。(特にアメ村より南)
  12. 以前、年中「閉店セール」をやっていた閉店屋があった。
  13. 心斎橋OPAのエスカレーターは、純粋に下りたい時に面倒な配列をしてやがる。
  14. 吉本芸人がオーナーをしている店もちらほら(池乃めだかの飲み屋、島田紳助の寿司屋など)。
    • 例として、シャンプーハットてつじのつけ麺屋、ランディーズ中川のかしみん焼き屋そして吉本芸人ではないが元プロ野球選手・平下晃司の豚肉料理屋など…。
      • てつじの店は2011年9月以降休業するらしい。
  15. ヨーロッパ村というのが過去に存在した。周防町通りがそうであるが、客層は堀江に移動してしまった。
    • ヨーロッパ通りというのが正式な名称。見た目にパリやロンドンちっくな建物が軒を連ねていた事に因む。
  16. 三木楽器、YAMAHA、ミヤコにタワーレコードと、音楽やる人にとっては欠かせない街でもある。
  17. はっきり言って神戸・元町より遥かに高級感がある。と言うのも街の雰囲気だけで無く高級ブランドショップが軒を連ねている為で元町はデパート(大丸)やレトロな街並みで高級と思われがちだが実際高級ブランドショップは皆無で規模も狭く休日の元町商店街は窮屈で仕方が無い!それにここを歩いている人々は優雅で大阪のおばちゃんイメージとは程遠い!
    • どっちも良い街なのに、こんな事書くから神戸と一緒にされたくないとか嫌われるんでしょ。大阪のおばちゃんよーけおるやん。
    • ブランドショップは皆無って・・・ 何処の神戸にいったんですか?苦笑
  18. でも、モーニング娘。のグッズショップとジャニーズアイドルのグッズショップが大阪ではここにある。
  19. ビーイングの子会社「GIZA studio」の本社と知られており、「名探偵コナン」のファンだと公言する所属歌手が多い。しかし、大阪出身で、元ビーイング系アレンジャーの明石昌夫は関西嫌いになった。
  20. おばちゃん達はみんな大丸の紙袋を持っている。
  21. この周辺も元々は「島之内」で狭義で「ミナミ」とはこの周辺のことを指す。
    • しかし今時、島之内のエリアだけを指して「ミナミ」などと言う人は殆どいない。
    • 今の地元民が「ミナミ」といえば大体難波千日前道頓堀、心斎橋、アメ村辺りの事を指す。
  22. かつてはここが大阪一の繁華街だった。
    • 東京でいえば銀座のポジションにあたる。
      • 銀座の「銀ブラ」に対して、「心ブラ」という言葉も生まれた程。
        • 逆。「船場のいとはん」が心斎橋をぶらいついたのが心ブラ。それが神戸に行くようになって三ブラ。それを真似してやっと銀座の銀ブラ。
          • かつては、船場のいとはんが日本の流行の最先端だったからねぇ・・・。今は絶滅してるけど。
    • 大阪の商店の間では、心斎橋に店を構えるのが一つのステイタスだったとか。
  23. たまに土地勘の無い人が「心斎橋」というを探していたりする。
    • 昔は長堀川に「心斎橋」が架かっていたのだが、川の埋め立てと共に橋自体も無くなってしまった。
      • 歩道橋として旧心斎橋が使われていたのも今は昔。クリスタ長堀の建設に併せて撤去されてしまった。
      • 今は長堀通の中央分離帯の部分に心斎橋が再現されている。
        • ただ、その事に気づいている地元民は少ない。見た目的にただの歩道だと思われている。
      • 初代の心斎橋は今は鶴見緑地の一角にある。
        • その鶴見緑地とは地下鉄長堀鶴見緑地線1本で結ばれている。
  24. 表記は心橋であって心橋ではない。子供のころ「心斉橋」と誤記していたことがあった。
  25. 別に決められた訳でもないのに心斎橋筋で歩行者は必ず左側通行になる。
  26. 「心斎橋」の由来は淀屋橋や道頓堀と同じく人名。大阪の商人だった岡田心斎に由来する。
  27. 正直、難波の付属品みたいに見える。

大丸そごう[編集]

心斎橋そごう改め大丸心斎橋店北館
  1. そごうが帰って来た。
    • しかし評判はあんまし宜しくない。
    • その昔は涼むなら空いているそごうでと悪口を叩かれていた。
      • 今でも空いている…。そしてとうとう大丸への売却が決まってしまった。
        • 本店なのに横浜三宮は勿論、千葉大宮のそごうよりも売り上げが少なかったらしい。
      • そごうは地元発祥の百貨店なのに、何故大阪ではあまり人気がないのだろうか?
        • やはり梅田・難波の2大ターミナルには勝てなかった。心斎橋地区は大阪の繁華街ではあるがターミナルではない(鉄道が大阪市営地下鉄しかない)。
    • 建て替え前のそごうの建物は、とても戦前の建築とは思えない様な近代的な外観だった。
      • 村野藤吾先生の設計。大丸とセットであってこその心斎橋だったのに・・・。
        • 難波にあった新歌舞伎座も彼の設計。しかしこちらも解体予定。
        • 大阪市内では他に阿倍野近鉄も彼の設計だったが、こちらも現存しない。
    • 因みに大丸はウィリアム・メレル・ウォーリズ先生。某アニメ学校と同じ人。
    • せっかく建て替えたのに数年で撤退・・・。一体何をしているのかと言いたい。
  2. 大丸とそごうの本店が隣同士に建ってる。
  3. 「次はそごう大丸前です」or「次は大丸そごう前です」
    • 「次は大丸前です」と変わった時ものすごく空虚な気持ちになった。
  4. そごうが大丸へ売却という話がある。
    • 「大丸・そごうのあいだ」はどうなるのか。「大丸・大丸のあいだ」?
    • そごう心斎橋本店は大丸の手によって、若者向けの商業施設に改装される予定だとか。
  5. ついにそごう心斎橋本店が消滅し、大丸心斎橋店北館に改装された。
    • とうとう大丸も無くなった。
      • そごう本店の建物と南館だけで営業しているが実はそごう買収前より面積は広くなっている。しかしデパ地下は梅田店はおろか、そごう時代よりショボい気が。
      • 大丸の建物は外壁を残して建て替えられることに。



関連記事