新交通システム

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 既に「しい時代の交通システム」とは言えなくなっている。
    • だからAGTと呼ぶことが増えた。HSSTやGBSも含んでモノレールLRT以外を「新交通システム」と呼ぶことも多いが。
      • 広義ではモノレールやLRTも新交通システムの一種。というか定義が結構ガバガバなので動く歩道すら含まれる事がある。
  2. 愛知にはその3種類(AGT・HSST・GBS)が一時揃っていたが、AGTは今消えてしまった。
    • 小牧市の見通しの無さを示している。愛知に今ある他の新交通システムもきちんと需給を計算したのか怪しい。
  3. 札幌市営地下鉄を含むべきかどうかで議論になる。
    • AGT(案内軌条式鉄道)として考えるならば含めていいと思うが、「地下鉄」と「それ以外の新交通システム」は分けて考えられることが多いため、含めるのが主流とはなっていない。
  4. 一時は既存路線までAGTに改造しようという動きも盛り上がるほど、ブームと化した。
    • その後の財政状況悪化等でようやく落ち着いたが。
    • 今はLRTにブームが移った感もある。まあ富山市しか実用化していないけれど。
    • AGTとモノレールは都市整備の補助金が下りやすかったと言うのもある。なお路面電車は「事業者が勝手に道路上に引いたものだから」と言う理由で一切無視。
  5. 利用客も多く成功しているものと、赤字に苦しんでいるもので両極端。
    • 利用客が多いのに赤字に苦しんでいるってパターンもよくある。
    • 沿線に集客施設がある路線ではイベントが開催される時に大混雑し、新交通システムの限界を痛感する。
  6. 乗客がいっぱい乗ると車体に悪影響を及ぼすのでクロスシート主体の車両が多いが、近年混雑が激しくなってきたためロングシート主体の車両が増えている。
  7. ガイドウェイバスがBRTではなく鉄道として扱われているはある意味こいつら(とトロリーバス)のせい。

日本の新交通システム運営体一覧[編集]

案内軌条式鉄道(AGT)[編集]

その他[編集]




関連記事