新京成電鉄

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

新京成電鉄の噂[編集]

8000形電車(新鎌ヶ谷駅にて)
  1. 京成電鉄の子会社。もとは軍事路線だったのを京成と西武が争って京成が勝利し子会社とした。
    • 負けた西武には、国から西武新宿延伸の許可が与えられた。
    • 陸軍の鉄道運転練習路線だったので、急カーブが多い。
    • そもそも何故京成の一支線ではなく子会社になったのかは不明。
    • 開業当時沿線がクソ田舎だった新京成を、自社路線にするのは危険だと京成が踏んだため。今思うとすごくもったいない。
  2. 沿線に団地が多い。
    • そして孤独死問題も多い。
  3. 雪でも地震でも止まらない。
    • 人身事故がおきても5分で運転再開。
    • 脱線は割と多い。あれだけくねくね曲がっていればね・・・。
      • 生まれてこの方40年お世話になっているが、見たことが無い。ほんとに??(沿線住民)
      • そんな事実は全くない。
    • くぬぎ山での車庫入れのときに脱線とかよくあるよ(笑)
    • 沿線で火災が発生していても減速するだけで普通に運行していた。
    • 台風でも止まらない。線路が冠水するとスプラッシュマウンテンになる。
  4. おそらく、運賃は千葉県で一番安い。初乗りは140円だが、端から端まで40分乗り続けても230円。
    • 今は250円になった。それでも安いんだけどね。
    • 千葉県の鉄道を1kmあたりの運賃で調べてみた。新京成(全線)は1kmあたり約9.4円だがディズニーは1kmあたり約67.6円。約7.2倍だったので吹いたwww(どうでもいいのだがw
      • ちなみにディズニーリゾートラインのきっぷは新京成線内完結の最も高いきっぷ(≒京成津田沼⇔松戸)と同額です。
  5. 親会社の京成よりも経営がいいらしい。
    • ここ数年は京成も黒字経営を継続中だぞ。
      • 今はむしろ新京成のがじり貧だな。ダイ改のたびに減車したり減便したり……
        • 全車6両化の噂が・・・
          • めでたく全編成6両になりました。
  6. 昔は松戸~千葉ニュータウン行き(ボディが銀というかアルミチックな車両)もあったが、北総線の初乗りの高さにキセルが頻発したため消滅したとも言われている。
    • 当時は松戸駅に中間改札がなくてJRと直接乗り換えできた。これも遠因かも。
    • 当時は北総線が京成高砂まで達しておらず、暫定的に松戸駅に乗り入れてJRと連絡していた。
    • 9.にある放送内容に変わる直前、松戸駅の放送装置の故障で、北総との直通がとっくに終了しているのに「千葉ニュータウン中央行き」の放送が流れることがあった。
      • 発車後、車掌がお詫びの放送を入れることもあった。
  7. 沿線にある都立八柱霊園の影響か、車内広告は、墓地と墓石関係しかない。
    • 窓に古臭い「戸袋に手を巻き込まれないように」のような丸いステッカー広告が目立つ
      • 最近はコナミスポーツクラブのステッカーもある。ちなみに五香と津田沼にある。
  8. 準大手私鉄の代表格。
    • しかし、西の準大手私鉄の代表格、山陽電鉄に比べるとファンは圧倒的に少ない。
    • でも営業距離では山陽電鉄の方がずっと長い。
      • そりゃあちらさんは、特急運転してるわ、阪神に乗り入れているわ、近鉄と並んでみたりするわ、でインパクト十分だからなw ところで、JRの陰に隠れて語られないが、山電の特急は意外と速いんだな。
  9. 松戸方面の放送の声が妙にエロい。
    • そりゃ、エロゲにも出てる声優さんだし…
      • 一応18禁ゲームには出ていないことになっている。
    • 松戸方面の声は萩原えみこという声優がやっている。ちなみに京成津田沼方面は男性の声。
      • これじゃあ、自殺する人が多いのでは?
      • このファイル、今とはトーンの高さや間のおき方が全く違う。今はもっと明るくはっきりした声だぞ
  10. ようやく京成線への乗り入れ決定。
    • 今日(2006年12月10日)から乗り入れ開始。でも平日の朝と夜かなり少ない。(無駄に平日は昼の本数が多い)
      • 京成津田沼駅の新京成ホーム(5・6番線)や階段が狭いので、平日朝も乗り入れを行うとカオスになる。
        • 新津田沼~京成津田沼間を複線にし、京成津田沼駅6番線を京成千葉線につなげれば、できないこともない。
    • これで京成本線と京成千葉線が事実上分断されてしまった。上野発千葉中央方面の電車は朝夕のほんの数本。
    • そういや、新京成と千葉線の優等列車(快速など)案はどうしたんだろう。
      • 現状では追い越しをできる駅がないから難しい。新鎌ヶ谷は高架化後も1面2線らしい。
        • 元々新京成は快速運転なんてする気がない。
  11. 初富あたりで松戸に行く人と津田沼に行く人が分かれる。
  12. 「しんけいせい」を漢字変換すると「神経性」。
  13. 似たような駅のつくりなので、パッと見て区別できるようホームに駅毎に違うカラー帯が付いている。
  14. 新「京成」を名乗っているが、都内も成田もかすってすらいない。
    • 新鎌ヶ谷駅で北総鉄道に、もしくは京成津田沼京成本線に乗り換えれば「新京成」として機能する。他に総武線(新津田沼駅)、東西線(北習志野駅)、武蔵野線(みのり台駅)、東武野田線(新鎌ヶ谷駅)、常磐線(松戸駅)のハブ線としても機能している。
      • 武蔵野線はみのり台じゃなくて八柱。
        • 社名に偽りあり!ということで「松戸習志野電鉄」ってどう??
          • わかりやすさでいったら「京成津松線」だろう。(言いにくいが。)
  15. JR津田沼駅に「New Keisei Line」と書かれた。
    • Shin-Keisei Lineじゃなくて!?
    • 新京成の京成は京成電鉄の「京成」だよ。東京、成田の京成ではありません。
      • 京成電鉄の「京成」は東京-成田の「京成」ですよ?w
  16. キャラクターの「しんちゃん」と「けいちゃん」はどう見てもつばめには見えない。
    • そのうち、子供の「せいちゃん」が出てきたりして。
  17. 最近公式サイトがかなり格好良くなった。
  18. 沿線に養護(特別支援)学校が多いからなのか、券売機には「障がい者割引」のボタンがついているが、2005年ごろから悪用者が多いからか新型機でしか買えなくなった。
    • 沿線に養護(特別支援)学校が多いって不確かな情報で別に新京成に限ったことではないし。養護学校から支援学校に名前変わった理由も知らず、「特別」をつけたす理由やあいて()で区切る理由がわからない。養護の人。
    • 近鉄と同様、そのボタンを押すと「係員がまいります。しばらくお待ちください」と言われる。
  19. 親会社より早く、ストアードフェアカードを導入した。
  20. 事故が起きる区間が集中している。特に八柱~くぬぎ山と、初富~三咲間。
    • 駅間距離が長い上に飛ばすとこに踏切があるから飛び込み放題。
  21. 2014年6月1日から新しい社章に変更されるけど、これは新京成のSなのか、それとも線路の曲がり具合なのか…。
    • スカイアクセスの翼だと?そういうのは北総への乗り入れを復活させてから言え。
    • 新津田沼-京成津田沼間の逆S字カーブを連想させる。

従業員の噂[編集]

  1. 駅員さんはよく言えばフレンドリー。悪く言えば溜口である。
  2. 車掌vs酔っ払いの闘いは圧倒的に車掌が勝つ。しかも怒鳴り声がはんぱじゃない。
  3. そもそも高卒以外は採らない。高卒で入る場合にも地元県立高校卒のほうが有利。大卒ではいる場合せいぜい一人。
  4. 車掌がわいせつ行為で捕まった。が、その直後札幌の小学校教頭が同じくわいせつで捕まり、こっちは忘れ去られた。
  5. 2010年7月のさよなら800形イベントから、急に鉄道ファンに優しくなった。
  6. まだ運転席背後の幕を閉めている運転士がいる。
  7. 若手は腰が低いんですけどねぇ・・・「残党」がアカンですわw
  8. 松戸駅到着時に「JR常磐線 金町・日暮里・上野方面は…」と、京成グループ魂全開のアナウンスをする車掌さんがいた(その後、自動音声が導入されたため、今もいるかどうかは不明)。

路線の噂[編集]

  1. 戦前に軍の鉄道連隊が訓練のために引いた線路を払い下げてもらったため、くねくねと遠回りしている。日本史の教科書にも載っている。
    • 戦前、鉄道は陸軍が管理していた。軍隊の大量・高速移動ができるため。旧国鉄のトップは総裁であるが、戦前は、その上に鉄道会議があり、総裁といえどもこの会議の一メンバー。この議長のポストは陸軍参謀総長が兼務することになっていた。これはプロシャの方式を見習ったものとされている。
    • 小学校のときの校長曰く、元山駐屯地への物資運搬用線路だったので被弾しないようにわざと曲げてあるというのが通説だった。
      • あと、鉄道を作るのは戦場だから、ずっと真っ直ぐな訳がないから、わざと曲げたらしい。
      • というより、限られたスペースでなるべくたくさん敷設実習をおこなうためには、どうしたってぐにゃぐにゃなルートになりますわな。
    • 現在の線路はこれでもできるだけまっすぐにしてある。軍用鉄道時代は2kmの直線距離を進むために線路を10km近くにまで迂回させていた。そのΩカーブの跡の一部が、廃線跡マニアの散策路になっているらしい。
      • 軍用鉄道時代の松戸附近は今のルートとは大分違うルートを通っていたようだ(GHQ発行地図より)
      • 戦後しばらくも自衛隊101運輸隊(鉄道部隊)の演習線が津田沼附近にあって、9600型蒸気機関車なんかが走っていたらしい。
        • 101運輸隊はその後古河に移転して解散だったと思う。
      • 千葉に移る前の鉄道連隊は現在の阿佐ヶ谷~高円寺の北側にあった。明治とか大正初期の話なので跡形とか全く残っていないと思われる。
    • 千葉工業大学の正門は元の駅の入り口。どんどんのびて、マラソン道路を通過し、最終的には稲毛の轟町あたりまでずっと線路だったらしい。
      • 千葉工業大学沿いの津田沼駅近くの歩道には、記念碑みたいなのが立ってます。
      • 正確には習志野市道「まろにえ通り」に面している門が正門だが、車両が出入りできない構造であるために実質的にレンガ門が正門。
        • 2012年秋からはレンガ門も歩行者専用になっている[内部事情]
    • 特に前原~新津田沼間のカーブはひどい。線路が「キキーーーッ!」と音を立てるほど。(地図を見てもらえば分かる。)
      • 何で前原~新津田沼~京成津田沼を地下化しねぇんだ?津田沼近辺も渋滞の元凶になっているからやれよ。
    • 河を渡る橋が一つもないらしい。トンネルも無いらしい。
    • 遠州鉄道ならぬ「演習鉄道」だった。
    • 初富の手前から五香まで県道を走ると、4km足らずの間に4度も踏切と交差する。県道が直線にもかかわらず。
  2. 駅と駅の間隔が1分~3分と短い。隣の駅が見えたりする。
    • 高根公団~高根木戸間は1分すらかからない。
      • もともと、高根公団、北習志野の駅はなかった。高根台団地、習志野台団地の造成とともにできた後付の駅なので習志野-<北習志野>-高根木戸-<高根公団>-滝不動の駅間はどれも短い。
    • みのり台~松戸新田間も1分ジャストぐらい。
    • 新鎌ヶ谷~北初富間は直線なので一番、隣の駅が見えやすいと思う。
    • 習志野~北習志野は所要時間0.5分。(駅の案内表示より)
      • そこを30分かけて迷いながら歩いた俺が通りますよ。(by旅人)
    • 中学生(部活の時)の時に普段乗りなれていた新京成線の感覚で総武線ひと駅区間を歩いたら駅の遠さに驚いた。
  3. 路線が大分くねくねと曲がっているのにずっと立ったままでも気分が悪くならないのが不思議。
  4. 京成津田沼~新津田沼間は単線。
    • この間で、吊り革のダンスが見られる。吊り革が左右に激しく揺れ、網棚の手摺りにぶつかり、もの凄い音を発する。知らない人は超びっくり!
    • 所要時間5分。
    • 前原から京成津田沼方面に乗ると前原~新津田沼は短いが新津田沼~京成津田沼間がとても長ったらしく感じる。
    • 線形が逆S字状。地図を見ればよく分かる。
  5. 矢切-柴又-高砂方面に延長する野望があったようだ。
    • 松戸市三矢小台三〜五丁目を地図で見ると、線路予定地の形がはっきり残っている。
  6. 船橋市のほとんどの団地の近くを走っている。
  7. 立体化が恐ろしいくらいに進んでいない。沿線のあちこちで渋滞の元凶となっている。
    • 特に鎌ケ谷市は。
      • 逆に鎌ケ谷市以外は立体化させる気すらないようである。
    • 2017年10月21日に、ようやく北初富~初富の下り線(津田沼方面)の高架橋が使用開始。
      • 仮線の使用開始から実に13年以上かかった。
      • 新鎌ヶ谷付近の強烈なカーブは残ったまま。
  8. 京成本線が当初計画された際、現在新京成線が通っている路線(薬園台・習志野駅周辺)を経由して成田につなげる計画だった。しかし、陸軍の習志野演習場が拡張されたため、路線が演習場を横切る形となってしまったことから、大久保に大きく迂回するコースに変更された。
  9. かつては北初富で北総鉄道が分岐していて、津田沼方は鎌ヶ谷大仏折り返しだった。北総線の都心直通で一番恩恵を受けたのは、本数が倍以上になった初富駅。
  10. 親会社よりだいぶ遅れて2014年2月からようやく駅ナンバリングを導入する模様。
  11. ずいぶん前に千葉県ホームページの県民のこえ欄で「混雑緩和と乗り換えのため、JR常磐線と新京成線の相互乗り入れをしてほしい」なんていう投稿があったが、「レールの幅が違うので無理です」とやんわり断られていたのがあった。

車両の噂[編集]

VVVF車の先達・8800形(新鎌ヶ谷駅にて)
  1. 座席の座りごこちはトップクラス
    • 電車のスピードはかなり遅い。
      • しかしあの急カーブだらけの路線を普通の鉄道レベルの速度で運転するために性能は結構イイ。
  2. 首都圏の並み居る大手私鉄よりも早く、インバータ制御の電車を本格導入していた。
    • その電車の音が小田急の電車みたい・・・(by小田急沿線住民)
      • 制御器とモーターのメーカーが小田急と同じく三菱電機だから。
  3. 夏は涼しく冬は暖かいという、車内の空調環境は完璧に近い。特に夏のJRから乗り換えたときの空気は格別である。
  4. カーテンは地元の名産の梨とブドウのマーク。
  5. 「あっ、8800系電車だ、8両だ!」と思ったら、6両化した「なんちゃって8800」だった。(悲)
    • 京成千葉線のホームが8両対応だったらこんなことにならなかったのに。
  6. 以前は京成の払い下げ車両、、ばかりでもなく独特な車両進化をした旧型車両が走っていた。戸籍上大正時代産まれの車両もつい20年前まで・・・
    • 駅の汚さもあいまって新京成じゃない、旧京成だとバカにされていた。
  7. そういえば車内に何故か鏡が設置されていたような
    • 多分、全駅にある。身だしなみを整えろってことでww
      • 駅じゃなくて車両ね。多分、痴漢防止用じゃないかな。
        • あれは自殺防止用らしい。
    • 名古屋市営地下鉄の車両も鏡が付いてる。
  8. 独特の声の車掌が多い。(やけに、こぶしを利かせた声の人とか。)
  9. 8000系に車内自動放送がついた。でも車掌さんの方が味があっていい。
  10. N800形以外は、他の鉄道会社よりつり革の設置数が極端に少ない。カーブが多く揺れが大きいのに、である。駅のバリアフリー化は一生懸命なのに、乗客の安全には関心がないらしい。
    • バリアフリー化は大事だろう。それに、つり革があるから安全とは限らない。
  11. 8900形の表示機は必ずどこか故障している。稀に「松戸」が赤色になっているときがあり、「回送」に見える。
  12. 8900形にダブルデッカーを連結させる計画があったらしい。
    • 幻に終わったどころか全編成6連化のとばっちりで廃車になった車両まで・・・。
  13. 運転室背後の窓と真ん中の窓は茶色っぽい色付きガラスになっている。
  14. N800系はわざわざ運転室背後の一番右の窓まで遮光幕をつけた。
  15. 新車体色がどう見てもウィラーにしか見えない。
    • 通称「いちごみるく電車」。
  16. 8800形の更新工事がスタート。外装・車内・足回りに手を入れるらしい。
    • 先行して部分的に更新している車両はあるので大丈夫だとは思うが、これの二の舞にならないことを願う。
  17. 2017年6月、8000形のリバイバルカラー第2弾が登場。
    • 第2次車以降の初期塗装になったが、登場時点でまだ同じ塗色の8800形がいるので、リバイバル感が全くない。

駅の噂[編集]

  1. 北習志野駅のエレベーター周辺は、2F部分が建設されていないため、エレベーターだけが地面から突き出てしまった格好になっている。
    • 駅ビルの建設により、残念ながら解消されてしまった。
  2. 北初富駅は北総鉄道の高架下の脇にあり、(宇都宮線の自治医大・石橋みたいな位置)日当たりも悪いため少々心細くなる。
    • そして、自動アナウンスは上記の萩原氏の声では無く何十年も前から使っているような古臭い物である。
    • 関西でいえば東海道新幹線の高架下にあるJR京都線の西大路駅のような感じ。
  3. 実は元山駅は利用者数24駅中8位。(2009年度)それなのに、放送も簡易放送で、電光掲示板もない。
  4. 薬園台駅改札内には二階が無い
  5. 前原駅のトイレは未だに男女共用トイレである。北習志野駅も駅舎を立て直す前は乗換駅にも関わらず男女共用だったが、駅舎が新しくなると男女別になった。
  6. すべての駅にエレベーターかスロープが付いているが、最後にエレベーターが設置されたのは利用者数1位の松戸駅だったりする(しかも2017年現在、JR松戸駅ホームには設置されていない)。

[編集]

松戸 - 上本郷 - 松戸新田 - みのり台 - 八柱 - 常盤平 - 五香 - 元山 - くぬぎ山 - 北初富 - 新鎌ヶ谷 - 初富 - 鎌ヶ谷大仏 - 二和向台 - 三咲 - 滝不動 - 高根公団 - 高根木戸 - 北習志野 - 習志野 - 薬園台 - 前原 - 新津田沼 - 京成津田沼(→京成千葉線・千葉中央)




関連記事