日本のインターチェンジ・ジャンクション

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
広 域 情 報
各都道府県内の新規追加は
路線別かつ起点から順にお願いします。


日本のインターチェンジ・ジャンクション 目次
北海道 青森
秋田 岩手
山形 宮城

島根 鳥取

福井

新潟 福島
佐賀 福岡 広島 岡山
長野 群馬 栃木
長崎
大分


埼玉
宮崎 愛媛 香川
山梨 東京 千葉
鹿児島 高知 徳島 和歌山 愛知 静岡 神奈川
沖縄

独立項目[編集]

北海道[編集]

札幌JCT・ICの噂[編集]

  1. 札樽道はもちろん、道央道もここが起点扱い。
    • IC番号のみならずキロポストもここでリセット。
  2. 札幌ICは旭川方面のハーフIC。
  3. 岩見沢方面の高速バスはここで乗り降りする。

岩見沢ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 国道234号とダブルトランペット型で接続。

旭川鷹栖ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 料金所は旭川市、ランプは鷹栖町になる。
  2. 旭川新道(国道12号)と道道で接続。
  3. 2003年に札幌方面からここまで4車線になった。

旭川北ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 旭山動物園はここが最寄。

札幌南ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 札幌ICまで開通した後もしばらくハーフICだったが、2001年にフル化された。
  2. 均一料金区間の南端である。
  3. 苫小牧方面の高速バスはここで乗り降りする。

北広島ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 北広島駅同様、旧広島町時代からこのIC名だった。

新千歳空港ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 文字通り新千歳空港へのアクセス向上のため建設され、2013年に完成。

苫小牧東IC・JCTの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 「え、ここ苫小牧?」と思ってしまうような周辺に人家皆無の原野にある。
    • 高速バス札幌~苫小牧線がここで出入りするが、上記の通り市街地から離れているため、起終点の苫小牧駅との間延々30分以上も下道を走る羽目に。

室蘭ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. ここから白鳥大橋まで一本の道道で結ばれている。

虻田洞爺湖ICの噂[編集]

  • 道央自動車道
  1. 2000年の有珠山噴火のため仮出入口を設けた後に移設された。
    • 旧IC出口付近には「ここでは出られません」の標識が掲げられている。

札幌北ICの噂[編集]

  • 札樽自動車道
  1. 2か所のハーフICが向かい合うようになっている。
    • 旭川・苫小牧方面は「第一」、小樽方面は「第二」とそれぞれ付いている。
      • 仮称の段階ではそれぞれ「麻生東」「麻生西」だった。
    • IC番号も異なる。
  2. 一応、札幌都心の最寄ICとなっている。
  3. 札幌-小樽間の高速バスのうち北大経由はここで乗り降りする。

札幌西ICの噂[編集]

  • 札樽自動車道
  1. 均一料金区間の西端であるが、料金所は下り線のみ。
  2. 札幌-小樽間の高速バスのうち円山経由はここで乗り降りする。

手稲ICの噂[編集]

  • 札樽自動車道
  1. 札幌市内だが、均一料金区間からは外れている。
  2. 現在はハーフICだが、小樽-余市間開通後は小樽方面入口を新設する予定だとか。

小樽ICの噂[編集]

  • 札樽自動車道
  1. 札樽道の終点。料金所はなく、札幌方面からは手前の朝里ICの本線料金所で支払う。
  2. 札幌方面から見て右手をウイングベイ小樽がお出迎え。
    • そのウイングベイ小樽へはランプを降りずにまっすぐ高架橋の上を通り、最初に信号のある交差点を右折し、次の交差点をさらに右折する。
    • 一方、小樽市街地へはランプを降りて国道5号を10分くらい。

十勝清水ICの噂[編集]

  1. 占冠-トマム間開通まで本線料金所が設置されていた。
  2. 路外給油サービスに対応している。
    • ETCのみならず現金車も可。これは非常に珍しい。

池田ICの噂[編集]

  • 道東自動車道
  1. ここを境に料金体系が変わるため、ブースが方向別になっている。
  2. 大阪府にある中国池田IC(より後から出来たICなのに単純に池田ICとなっている。
    • 大阪府にある中国池田ICは1970年、当ICは1995年に開業となっている。

本別JCTの噂[編集]

  • 道東自動車道
  1. 現時点では本別IC-足寄IC間の往来ができないハーフJCT。

青森[編集]

青森JCTの噂[編集]

  1. 一応JCTを名乗っているものの、実質的に青森ICの一部。東北道方面に行っても青森ICしかない。
    • 標識も青森ICの出口標識がそのまま使われている。

岩手[編集]

一関ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 同市の中心駅(一ノ関駅)と異なり、市名(一関市)と同じ名前になっている。

水沢ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 水沢駅にも水沢江刺駅からも離れている。
    • 国道4号にはつながっているが、水沢市街地や両駅からは遠い。
  2. 国道397号が仮のこのICと接続していたら水沢市街地からは近かったかもしれない。

盛岡ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 田沢湖はここから利用した方が便利。

安代JCTの噂[編集]

  • 東北自動車道 八戸自動車道
  1. 盛岡方面⇔八戸道が本線になっている。
    • よって、青森方面はJCTを利用しなければならない。

花巻空港ICの噂[編集]

  • 釜石自動車道
  1. IC出たら花巻空港まで直ぐ近く。
    • 同名の駅より空港に近い。

宮城[編集]

白石ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. このICから仙台方面は無人のPAが登場する。
    • 車の交通マナーも変わってくる。

仙台宮城ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 東北道側からの仙台市街地の入り口。
    • しかし、土休日は接続する国道48号1本しかバイパスがない影響でえらく混む。
  2. 一見すると何じゃこりゃ?と思うIC名であるが、「宮城」は旧・宮城町のことである。

泉ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 盛岡方面から仙台の玄関口。

大和ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 読みは「やまと」でも「だいわ」でもない。
    • たいわ」と読む。

亘理ICの噂[編集]

  1. 常磐道の終点で番号もリセットするが、終点という感じがしてこない。
    • 次の岩沼ICまで片側1車線だし…。

岩沼ICの噂[編集]

  • 仙台東部道路
  1. ここから仙台方面は片側2車線に突入する。

仙台空港ICの噂[編集]

  • 仙台東部道路
  1. IC降りて右折すれば仙台空港に到着できるが、回りは田んぼが多い。

仙台東ICの噂[編集]

  • 仙台東部道路
  1. 常磐道側からの仙台市街地の入り口。

仙台港北ICの噂[編集]

  • 仙台東部道路
  1. 多賀城駅はここ最寄。
    • 国道45号と接続している。

富谷ICの噂[編集]

  • 仙台北部道路
  1. 東北道に行かれない国道4号に接続しているIC。
    • 行けるのは常磐道・三陸道方面のみ。

秋田[編集]

秋田中央ICの噂[編集]

  1. 山の中だが県庁所在地の市街地最寄りのインターという点では、仙台宮城IC・山形蔵王ICと類似している。

金浦ICの噂[編集]

  1. 2017年現在終点一つ手前だが、酒田方面の行き来にはこのインターを使ったほうがわかりやすい。
    • ここほどではないが、終点の象潟ICと国道7号のつながりが悪いため。

岩城ICの噂[編集]

  • 日本海東北自動車道
  1. 由利本荘方面と秋田市街地の行き来にはここで出入りするのが便利なため、ここを境に通行量が変わる。
    • このインター以北は有料区間の上遠回りのため。

山形[編集]

山形蔵王ICの噂[編集]

  • 山形自動車道
  1. 山形駅に向かう際には降りて直進すれば到着できる。
    • しかし、仙台へ向かう際にはこのICより北にある国道48号線を利用してしまう。
  2. 山形蔵王PAと併設されているがICからの流入は不可。なので下り線を利用すればICから降りれて山形駅に楽に向かえる。

山形北ICの噂[編集]

  • 山形自動車道
  1. 天童市・東根市の事実上の玄関口。
    • 東北中央道を利用するよりもここから国道13号を北上した方が便利。

鶴岡ICの噂[編集]

  • 山形自動車道
  1. 新潟方面はここから国道7号を経由して鶴岡西ICに入る必要がある。
    • 鶴岡西IC以南の日本海東北自動車道は無料区間なので国道7号を使っても料金に影響されない。

あつみ温泉ICの噂[編集]

  • 日本海東北自動車道
  1. 国道7号から入ろうとすると、とんでもなく遠回りをさせられる。
    • 一応近道もあるが、集落の生活道路なので通らないよう案内がある。

鶴岡西ICの噂[編集]

  • 日本海東北自動車道
  1. 新潟方面⇔山形方面を利用する際には上記の通り、国道7号を経由して鶴岡ICを利用する必要がある。

福島[編集]

白河ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 新白河駅とともに白河にないのに白河の名がつくものの筆頭。
    • そのため白河中央SICが作られることに。
  2. なぜか片方向だけ立体交差というフルスペックダブルトランペット型インターのなりかけ。

白河中央SICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 福島県で初の独立型スマートインター。
    • それまでは福島松川などのパーキング寄生型のみだった。
  2. 従来よりオービスが設置されているすぐ南側に建設されたので、このSICまでの距離標識がオービスまでの距離標識として機能している。このオービスで捕まる間抜けはいるのだろうか?

矢吹ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. あぶくま高原道路から来るとぐるぐる回らされる。直進化させられないもんだったのか?

郡山JCTの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 色分け舗装の元祖的存在。
  2. 真ん中を県道が突っ切っており、沿線に周囲をジャンクション施設に包囲された民家が存在する。

本宮ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 車で3分も南に走れば郡山市。北側から郡山市街地に行くにはここで降りたほうが楽。
  2. インター出口交差点の標識が、磐梯熱海や猪苗代方面に向かうには仙台方面に北上しろと案内している。県道8号の存在を知らないよそ者には意味不明な案内だと思う。

二本松ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 実際には国道459号接続だが、まっすぐ走ると国道4号にトランペット型立体交差でスムーズに合流できる意外と使い勝手のいいインター。
    • 二本松から福島にかけての国道4号が東北道と遜色ないレベルの立体交差街道のため、福島市街地に南側から向かうならここで降りるとお金の節約になる。
  2. 下り線合流直後に急な上り坂&急カーブという鬼畜設計。

福島西ICの噂[編集]

  • 東北自動車道
  1. 料金所のすぐ目の前に交差点。混雑時は料金所よりも内側まで渋滞。
  2. 上り線合流してすぐに路肩に「熊出没注意」の看板。県庁所在地なのに。

いわきJCTの噂[編集]

  • 常磐自動車道 磐越自動車道
  1. 二輪車等の一部車両は磐越道経由しないと仙台に行かれない。

いわき中央ICの噂[編集]

  • 常磐自動車道
  1. かつてはただの交差点だった。
  2. 延伸の際にただの交差点を何とかフル規格インターに魔改造したため、やたらインター敷地が細長い。
    • 上り線からの流出は一度本線をわたってその後本線をくぐり抜ける。

鳥取[編集]

鳥取IC・JCTの噂[編集]

  1. 鳥取道の終点と同時に山陰道の起点IC。
    • 現在はICのみだが山陰近畿自動車道が完成するとJCTと併用する予定。
  2. 鳥取市街地の最寄りICだが、他の県庁所在地に属するICと異なり無料ICになっている。
    • 松江市には山陰自動車道に有料区間がある為。

はわいICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. ここはアメリカ合衆国ではありません。
    • 漢字に訳すと「羽合」になる。

名和ICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. 大山町役場はこちらの方が近い。

大山ICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. 大山口駅は近いが大山町役場から遠い。

米子IC・JCTの噂[編集]

  • 米子自動車道 山陰自動車道
  1. 米子ICから山陰自動車道松江方面はJCTとして信号を介せずに行く事が出来る。
    • 一方、倉吉方面は信号を経由する必要がある。

米子中ICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. 米子駅はここから出た方が分かりやすい。
    • 読みは「よなごなか」と読みます。
  2. 松江方面はここから有料区間に入る為、ここで降りる車も多い。
  3. 因みに鳥取方面のみの出入り可能となっている。

智頭ICの噂[編集]

  • 鳥取自動車道
  1. 国道53号で南下すれば智頭駅へ一直線。
  2. 岡山市街地へ行く際にはここで降りて国道53号で南下する事をお勧めする。
  3. 鳥取自動車道はここから智頭急行に沿って南下する。

鳥取南ICの噂[編集]

  • 鳥取自動車道
  1. ここで降りて53号線でいけば鳥取駅に楽に出られる。
    • しかし鳥取道の大部分が無料の為、鳥取ICをつかってしまう事が多い。

島根[編集]

六日市ICの噂[編集]

  1. 中国自動車道って島根県も通過しているんだ…と気付かせる存在。

松江玉造ICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. 米子方面からの車の多くはここで降りてしまう。
    • 出雲方面はここから有料になる為。

出雲ICの噂[編集]

  • 山陰自動車道
  1. 出雲大社から近いが、市街地から遠い。
  2. 出雲市街地(今市)からみて、西に位置する。そして、山陰道は今のところ(2017年現在)大田市の仁摩から出雲ICまで未開通。長距離移動者にとっては市街地の渋滞を避けられるため有用ではある。

浜田JCTの噂[編集]

  • 山陰自動車道 浜田自動車道
  1. 山陰道江津方面⇔山陽道益田方面へは一度、浜田自動車道を経由する必要がある。
    • 厳密には浜田JCTから浜田ICを経由する必要がある為。

瑞穂ICの噂[編集]

  • 浜田自動車道
  1. IC出口には島根県で数少ない縦型信号機がある。

岡山[編集]

津山ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 岡山の表記があるが岡山都心部からは遠い。
    • あくまで中国道からの岡山都心部の最寄りICなだけ。市街地へは岡山IC及び早島ICが近い。
  2. 目の前にイオンモールがある。
    • ゲーセンのアミパラもある。行脚勢には岡山行脚の穴場かもしれない。

院庄ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 事実上は津山西ICになる。
    • 広島・米子方面から津山市街地の玄関口になる為。

落合ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 落合総合公園と落合球場が最寄IC以外はこれといった特徴がないIC。
    • 真庭市役所は米子道の久世ICの方が近い。

北房JCTの噂[編集]

  • 中国自動車道 岡山自動車道
  1. 中国道はここから広島方面は更に利用台数が減少する。

北房ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. ここから広島方面は60kh/hに規制される。
  2. IC出口の信号機が点滅信号だが、あれは撤去した方が良いと思う。

山陽ICの噂[編集]

  1. 何が山陽ICなのかよくわからないIC。
    • 普通に赤磐市に属しているから赤磐ICでも良さそうな気がする。
    • 高速道路が開通した当時は、ここが赤磐郡の山陽町だったから。
      • ちなみに山口県の埴生インター(開通当時の所在地が厚狭郡の山陽町)も、仮称は「山陽」だった。既にここが開通していたのに何故「山陽」にしたんだろう。
  2. 因みに瀬戸駅から近く、南下すればすぐに到着する。

岡山ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 岡山都心部に最も近いIC。
    • それでも岡山都心部から遠い。
  2. ランプウェイが長い。

倉敷ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. こちらは、本当に倉敷市街地に近いIC。
    • ICから出て数十分で倉敷駅北口に到着する便利なIC。
    • それ故か混雑しやすい為、早島インターの利用が推奨されることがある(特に四国から来た場合)。

玉島ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 国道2号に直接接続しているようでしていないIC。
    • 岡山県道54号倉敷美袋線を経由して国道2号に出る為。
  2. 新倉敷駅から近い。

早島ICの噂[編集]

  1. 岡山と倉敷のほぼ中間に位置するIC(早島町の位置がそうだからということもあるけど)。

岡山総社ICの噂[編集]

  • 岡山自動車道
  1. 岡山市内に属するがどちらかというと倉敷市街地の方が近い。
    • しかし名前が名前だけに誤解されやすく、対策として、かつては出口案内標識の表記が「総社 岡山西」となっていた。
  2. 大昔(岡山ICが完成する前)は山陽道のIC扱いだったことがある。

賀陽ICの噂[編集]

  • 岡山自動車道
  1. 読みは「かよう」と読む。
  2. 高梁市街地はここが最寄ICとなる。
    • 備中高梁駅、高梁市役所、備中松山城はここが最寄ICとなる。
      • 但し、高橋市街地へ出るには山道を通らなくてはならない。
        • 出口には信号がなく、高橋市街地へは右折するので向かい際には要注意。

久世ICの噂[編集]

  • 米子自動車道
  1. 真庭市役所はこちらが最寄IC。
  2. 米子方面から津山市街地はここで降りた方が便利。
    • 途中にある中国道(院庄ICまで)の休憩所は全てトイレしかない休憩所になる為。

湯原ICの噂[編集]

  • 米子自動車道
  1. 岡山方面から倉敷市街地へ出る際にはここを利用した方が便利。
    • 国道313号で北上すれば、倉吉市街地に出られるため。
    • 隣の蒜山ICからもR482→R313経由で倉吉に出られる。SAを利用したい場合は蒜山IC経由がオススメ。
  2. ここから北、江府ICまでの県境越え区間は西日本有数の豪雪地帯。冬季はチェーン必須。

大原ICの噂[編集]

  • 鳥取自動車道
  1. 近くに宮本武蔵駅があるが、そこへ行くには時間が掛かる。
    • 宮本武蔵駅より大原駅の方が近い。

西粟倉ICの噂[編集]

  • 鳥取自動車道
  1. 近くには「道の駅あわくらんど」とあわくら温泉駅がある。
    • 休憩所が少なくしょぼい施設しかない鳥取道では重要な休憩所にもなれる。

広島[編集]

三次東JCT・ICの噂[編集]

  • 中国自動車道 尾道自動車道 松江自動車道
  1. 中国道⇔IC及びJCTを利用する際には料金所を通る必要がある。
    • 尾道自動車道、松江自動車道ともに無料の為。
  2. IC自体は地域活性化ICとして建設されている。

高田ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 読みは「たかた」ICであって、「たかだ」ではない。
    • ローマ字表記すると「TAKATA」と読む。
    • 因みに福岡県にも同名のICがある。
    • 同じ漢字の読みとしては千葉東金道路や能越自動車道、上信越自動車道(上越が付いているが。)がある。
      • 但し、これらの読みは「TAKADA」と読む。
  2. 安芸高田市の最寄ICだが、市街地からは遠い

千代田ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 北広島町役場はICから降りてすぐ近くにある。
    • 当時の千代田町が高速道路開通にあわせて、町の中心を千代田ICにするように計画したため。バスターミナルがあるのもそういうこと。
  2. 千代田PAからはかなり距離がある。
    • PAがある方の千代田は千代田石岡ICの方が近い。
    • 因みにJCTに関してはこちらの方が近い。
  3. 道の駅舞ロードIC千代田がバス停と併設されている。

広島北JCTの噂[編集]

  • 中国自動車道 広島自動車道
  1. 中国道大阪方面⇔広島道が本線になっている構造。
    • 大阪方面から山口へ向かう際には山陽道を経由した方が早い。
      • 中国道はここから山口JCTまで、特に閑散としている。
  2. それ故に、広島北JCT~山口ICまで無料化した方が良さそう。

戸河内ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 正式な読みは「とごうち」と読むが、「とがわち」よ読み間違えやすい。

福山東ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 福山市街地はこちらの方が便利。
    • 福山西ICは尾道市境に属しているため。
    • 福山SAにSICが出来れば良いのに。
  2. 次いでに広島方面からならここで降りた方が福山SAで休憩できる利点がある。

福山西ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 福山市街地より尾道市街地の方が近い。
    • 同時にしまなみ海道にも近いIC。

尾道ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 尾道市街地から見ると新尾道駅よりもさらにずっと奥にある。
    • かつて尾道駅と旧御調町中心部を結んでいた尾道鉄道の跡を探したい人には最適な立地。
  2. しまなみ海道を通行した後でこのICから山陽道に入ろうとするとあらぬ方向に逸れてしまいたどり着けない可能性もある。
    • (広島方面へ向かう場合)三原方面に逸れたら隣の三原久井ではなくもう一つ隣の本郷から入る方が吉。
    • 岡山方面の出口標識には「しまなみ海道」の看板があるが、尾道市内で迷うので福山西で出てR2バイパス経由で西瀬戸尾道から入るほうがいい。

本郷ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 愛知県にも同名のICが存在する。
    • しかもどちらも追加番号のICとなっている。(こちらは24-1、あちらは5-2。)
  2. 福山・倉敷方面から広島空港を利用する際にはここで降りた方が良い。

河内ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 広島空港の最寄りIC。
  2. 読みは「こうち」だが大阪を始めとした近畿圏では「かわち」が主流の為、誤読しやすいIC。
    • 逆に首都圏では「こうち」が主流なのに栃木県に上河内SA(かみかわち)と読むSAがある。

広島ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 夕方5時台のローカルニュースでこの近くの定点カメラの映像が映し出されることが時々ある。
  2. ここを出てアストラムラインの高架沿いに走ると紙屋町に着く。
    • 紙屋町にある広島BC発着の高速バスの鉄板ルートだったが、山陰方面への路線が西風新都IC・大塚駅ルートに移行して幾分減った。
    • このルートは「ローズライナー」以来広島交通中国バスチームの地盤といった感じが強い。そのため、両者と犬猿の芸陽バスは意地でもここを使わない。

五日市ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 入口から一般道をちょっと北へ進むともう安佐南区に突入する。
  2. 佐伯区中心部から山口県・九州方面へ向かう場合はここではなく西隣の廿日市ICを利用したほうが合理的。
  3. 開業日は五日市町が広島市に編入され佐伯区になったのと同じ日だった。
  4. 広島高速4号線を使うと、広島市中心街にも意外と近い。
    • そのため、広島から西側方面(福岡や山口県内諸都市)への高速バスはここで出入りする。

大竹IC・JCTの噂[編集]

  • 山陽自動車道 広島岩国道路
  1. ここから廿日市JCTまで、山陽道と広島岩国道路が重複する。
  2. 岩国市街地はここから出た方が便利。

広島北ICの噂[編集]

  1. 北広島ICとは全く関係がない。
  2. IC降りて左折すると可部駅あき亀山駅に向かう事が出来る。

広島西風新都ICの噂[編集]

  • 広島自動車道
  1. 松江や出雲から広島へ向かう高速バスはここで降りて広島高速4号線へ向かう。
    • ただし、全部というわけではなく、中筋経由の便は広島ICで降りる。

山口[編集]

山口ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 山口市を代表するICなのに閑散としている。
    • 後述されているように、九州方面からは小郡IC(山口宇部道路か国道9号に乗り換え)、広島方面からは防府東ICが事実上の玄関口と化しているため。

山口JCTの噂[編集]

  • 中国自動車道 山陽自動車道
  1. 下関方面から来た車の多くはここで山陽自動車道に突入する。
    • その為、中国道は特に広島JCTまで閑散としている。
  2. 開通当時は山陽道⇔下関方面しか行かれないハーフJCTだった。

小郡IC・JCTの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 下関方面から山口市街地の玄関口。
  2. 小郡ICと小郡JCTはそれぞれ別のランプを使用している。
  3. 中国道の小郡ICは国道9号、小郡JCTは山口宇部道路に接続している。
  4. 国道2号小郡道路(山陽道の一部扱いでもある)にも、同名の出入口がある。曖昧さ回避しなくてもよかったのかしら。

小月ICの噂[編集]

  • 中国自動車道
  1. 接続する道路が国道491号になって20年以上経つのに、出口標識のおにぎりは「2」のまま。
    • 現在の国道2号がある場所までは、10分ほど掛かる。
    • そもそも、R2小月バイパス開通前の旧道沿いですらない。

下関ICの噂[編集]

  • 中国自動車道 関門橋
  1. 本州最後のIC。
    • ここを過ぎると九州に突入する。
  2. 関門トンネルからも近い。

岩国ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 名前とは裏腹に山の中にあるIC。
    • 勿論、岩国市街地から遠い。
    • 新岩国駅や岩国城から近い場所にある。

防府東IC・防府西ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 構造的に1つのICとして機能しているので、まとめました。
    • 防府東ICは広島方面、防府西ICは九州方面。
    • 山陽道の両側を国道2号が並行している。
  2. 防府東ICは山口ICに代わる、事実上の山口市への玄関口でもある。

山口南ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道
  1. 21世紀になって、国道2号小郡道路と直接接続するように改修された。
    • その小郡道路も、山陽道扱いではある。
    • それまでは広島方面のみのICだった。

埴生ICの噂[編集]

  • 山陽自動車道(宇部下関線)
  1. 仮称は山陽IC(当時の所在地が山陽町)だった。
    • 既に山陽道の山陽ICはあったのに、どうしてそんな仮称にしたのだろうか。
  2. 九州方面からは手前の小月ICで降りても、時間的には大きく変わらなかったりする。
    • 2017年に小月バイパスの松屋ランプがフル化されたのでますます…。

徳島[編集]

鳴門ICの噂[編集]

  1. 神戸から徳島駅へ向かう際にはここで降りた方が良い。
    • 高松方面に突入する際、一回料金を支払う。
  2. 徳島県鳴門総合運動公園や徳島空港の最寄IC。でも、徳島空港より神戸空港の方が近いと思う。

鳴門JCTの噂[編集]

  1. 淡路方面から来ると、「徳島 高知 松山」(徳島道方面)「高松 高知 松山」(高松道方面)という四国の県庁所在地名が勢ぞろいした標識を見ることができる。
    • ちなみに徳島と高松だけ微妙に強調されている。

板野ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 徳島道藍住ICと近い。
  2. 四国八十八ヶ所の1番礼場霊山寺と2番礼場極楽寺の最寄りICにもなっている。

徳島ICの噂[編集]

  • 徳島自動車道
  1. 実は前はTB(出口前)があった。

藍住ICの噂[編集]

  • 徳島自動車道
  1. 高松道にある板野ICの徳島道版。
    • 鳴門JCTで高松道と繋がってからこのICの役割が薄れつつある。

脇町ICの噂[編集]

  • 徳島自動車道
  1. 徳島初の高速道路はここが終点だった。
  2. 徳島自動車道から高松市内はこのインターが近い。
    • 高松空港への最寄りインター。

美馬ICの噂[編集]

  • 徳島自動車道
  1. 国道438号を北上して山越えすると香川県にたどり着く。
    • 徳島道から琴平・丸亀方面の最寄ICらしいが、そんな使い方せずに素直に高松道を使った方が便利だろう。

井川池田ICの噂[編集]

  • 徳島自動車道
  1. 三好市街地と大歩危(おおぼけ)、四国別格二十霊場第15番札所の箸蔵時の最寄りIC。
  2. IC降りて直進すると香川県方面へ進んでしまう。
    • 直進で進んだ先には琴平町がある。
      • 勿論、箸蔵時は直進すれば到着できる。
  3. 故に三好市街地はIC降りたら左折する必要がある。

香川[編集]

津田東ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 当ICから三木町・高松市境界まで高松東道路に指定されている。
  2. 高松方面へ向かうと直ぐに津田の松原SAがある。

志度ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 旧志度町だけでなく、旧長尾町からの玄関口。
    • 故にこのICを使えば琴電の終点2駅(琴電志度駅・長尾駅)に行く事も可能。

高松東ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 川之江方面からのみ利用できるIC。
  2. ここから徳島方面は暫定2車線+高松東道路区間になる。
    • 但し、2018年度には4車線化の予定。

高松中央ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 高松市街地の最寄ICだが、高松市街地には決して近くない。

高松檀紙ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 高松西ICと対になるIC。
    • 徳島方面のみ利用可能。
    • けど、それだったら高松西ICと同名ICにしてフルICにすればよかったと思う。

高松西ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 高松自動車道はここで番号が一旦、リセットされる。
    • ここから『1』に戻る。
  2. 上記の通り、高松檀紙ICとは対になるIC。
    • 川之江方面のみ利用可能。

坂出JCTの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 実はここから坂出ICまでは瀬戸中央自動車道ではない。
    • でも、このJCTから事実上、瀬戸中央自動車道にした方が分かりやすいと思うがな。
  2. JCTの裏手に飯野山がある。
  3. 坂出市に属するが丸亀市の境に近い位置にある。

善通寺ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 善通寺市及び琴平町の最寄りIC。
    • 金刀比羅宮はこのICが最も近い。

さぬき豊中ICの噂[編集]

  • 高松自動車道
  1. 名神にある大阪の豊中ICと区別する為に、平仮名で旧国名の「さぬき」を名付けた。
    • でも漢字で讃岐豊中ICと表記した方が分かりやすいと思う。
    • だが、これなら他に重複しているICでも同じようにした方が分かりやすい。

坂出北ICの噂[編集]

  • 瀬戸中央自動車道
  1. 岡山方面のみのハーフIC。なので天候が悪いとこのICの利用が出来なくなる。

坂出ICの噂[編集]

  • 高松自動車道 瀬戸中央自動車道
  1. 坂出市街地及び丸亀市街地から最も近いIC。
  2. ここから岡山方面は瀬戸中央自動車道区間に入る為、料金が高くなる。
    • 加えて天候が良くないときは通行止めもになる事もある。
  3. 坂出市に所在するが、宇田津町との境にある。

愛媛[編集]

川之江JCTの噂[編集]

  1. 四国の高速道路の内、徳島道以外が交わるJCT。
  2. 勿論、徳島道も隣の川之江東JCTで接続している。

川之江東JCTの噂[編集]

  • 高知自動車道 徳島自動車道
  1. 高知道川之江JCT方面⇔徳島道徳島方面が本線。

新居浜ICの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. 新居浜駅に近くても新居浜市街地から遠いIC。
    • 新居浜駅へはICと長田通りの交差点を右折すれば南口に楽に到着できる。
      • しかし、新居浜市街地は新居浜駅の北口にある。

いよ西条ICの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. 対岸の県にある西条ICと区別つける為、平仮名で「いよ」を付けた。
    • さぬき豊中IC同様、平仮名より漢字で伊予西条ICの方が分かりやすいと思う。
      • 予讃線の駅には実際に存在する。

いよ小松IC・JCTの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. 石川県にある小松ICと区別つける為、いよ西条ICと同じく平仮名で「いよ」を付けた。

川内ICの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. 読みは「かわうち」。間違っても「せんだい」ではない。
    • 鹿児島の方のICは全て薩摩川内の名前が付いている。

松山ICの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. 高松方面からの車の多くはここで降りてしまう。
    • その為、伊予灘SAが閑散としている。
  2. と、同時にここから暫定2車線区間に突入する。

伊予ICの噂[編集]

  • 松山自動車道
  1. こちらは正真正銘、漢字だけで構成された伊予IC。

今治ICの噂[編集]

  • 西瀬戸自動車道
  1. 今治市街地から最も近いICだが、現時点では松山市街地はおろか、四国方面には行けないIC。
    • 将来的には今治小松自動車道が接続予定。その際に松山市街地や四国方面と接続する。

今治湯ノ浦ICの噂[編集]

  • 今治小松自動車道
  1. 現時点では今治市街地から四国方面にはいる為の重要なIC。
    • 将来的には当IC~今治ICまで併用されて西瀬戸自動車道(しまなみ海道)と繋がる。

高知[編集]

大豊ICの噂[編集]

  • 高知自動車道
  1. 早明浦ダムに最も近いIC。
  2. 読みは「おおとよ」と読む。

南国ICの噂[編集]

  • 高知自動車道
  1. 接続している国道32号を南下すれば高知東自動車道のなんこく南ICに辿り着く。
    • なお、当ICは「なんこく」であって「なんごく」ではないのでご注意を。

高知ICの噂[編集]

  • 高知自動車道
  1. 高知市街地の最寄りICなのに、山の上にある。
  2. 接続している道路を南下するとやはり高知東自動車道の高知南ICと接続する。

土佐ICの噂[編集]

  • 高知自動車道
  1. こちらは「土佐市」にあるIC。

中土佐ICの噂[編集]

  • 高知自動車道
  1. こちらは「高岡郡土佐町」にあるIC。土佐ICと紛らわしいのでご注意を。


関連項目[編集]

 0  高速道路・都市高速 ∞km
-1  IC・JCT ○km
関東 甲信越・北陸 東海 近畿 九州
-2  SA・PA !km
東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国地方 九州
 関連項目 ?km
ハイウェイラジオ ETC 高速隊 料金収受員



関連記事