日本の寺院

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
連絡事項あり
このページのご投稿「参拝スポットとの関連性」などに関して、管理者よりご連絡させていただきたいことがあります。
投稿者の方はトーク:日本の神社をご参照ください。


日本の寺院 目次
北海道 青森
秋田 岩手
山形 宮城

島根 鳥取

福井

新潟 福島
佐賀 福岡 広島 岡山
長野 群馬 栃木
長崎
大分


埼玉
宮崎 愛媛 香川
山梨 東京 千葉
鹿児島 高知 徳島 和歌山 愛知 静岡 神奈川
沖縄


独立項目[編集]

北海道[編集]

実行寺[編集]

  1. 元ロシア総領事館だったりする。と言っても維新の頃に後から入れてやっただけだが……
  2. 1600年代の開基と比較的歴史はある方。
    • 元々は流れ着いた坊さんが庵を結んだのが始まりであったが、維新のどさくさに紛れて法華教の中では北海道で一番偉い寺に就任。

青森[編集]

円覚寺[編集]

  1. 坂上田村麻呂が津軽方面鎮撫拠点事務所として建てたのを、彼が去る前に寺にしただけ。
    • とはいえ、その歴史は途絶えていないので評価するべし。
  2. ちゃっかり、インド産の仏像を所有している。
  3. 実は灯台の役目も果たしていたとか。沖を行く船は目印になっていたらしい。

岩手[編集]

中尊寺[編集]

  1. 平泉の世界遺産その一。
    • ただし世界遺産としてみると少し物足りない。観光地としてみれば十分だが。
  2. 目玉は金色堂。
    • 思ったより小さいのはいいとして、お堂が一方しか開いておらず、一度に見られる人数が限られる。そのため遠足や修学旅行とぶつかると鑑賞がかなり困難。
  3. 境内には他にもお堂が一杯。
    • 全部に賽銭を入れていくとすぐに小銭が無くなる。
    • ポケモンGOではご丁寧にもその大半がポケストップになっている(一部はジム)
      • 金色堂もジムになっている。が、ポケモンの配置はまだしも、バトルは至難の業と思われる(無料エリアからでもジムに入ることは出来る)

毛越寺[編集]

  1. 平泉の世界遺産その二。
    • 規模は中尊寺より小さく、世界遺産だと期待していくとかなり期待はずれ。ガチで何もなく、指定されたのが不思議なくらいの無量光院跡よりはずっとマシだが。
  2. 庭園は特別名勝だけあって、なかなか立派。
    • 特に平安時代の遺構としては唯一の遣水が素敵。
      • 水のせせらぐ音が耳に心地よく、緩やかなカーブや適度に置かれた水切り石などが実に優美。
    • 池に浮かんだ龍頭鷁首だけは萎える。
      • 貴族がああいう船を浮かべて楽しんだのは史実通りだが、現代の復元では場違い感が否めない。
    • 隣の観自在王院跡もいい庭園。こちらも世界遺産。
      • 後の回遊式庭園のように、如何にも「この道を歩いて欲しい」「この石組みを見てくれ」などと入園者を強制する仕掛けが無いので安心して回れる。タダだし。

宮城[編集]

瑞巌寺[編集]

  1. 伊達政宗の隠し砦。
    • 参道は後に真っ直ぐに造られたが、かつては曲がっていた(矢や鉄砲が撃たれないため)。
  2. 創建当初は天台宗だったが、伊達政宗の代に臨済宗に宗旨替えした。
  3. 東日本大震災で津波が境内にまで押し寄せたが、幸い本堂を始めとする建物には達しなかった。
  4. 宝物館は地下もあって結構立派。

円通院[編集]

  • 松島
  1. 瑞巌寺のすぐ南にある寺院
    • バラ園がある通称「バラ寺」。
  2. 夏に行ったら無料で麦茶を飲めるようにしてくれてあって、少し感動した。

西方寺[編集]

  • 仙台市
  1. 通称「定義さん」
    • 行政側の標記は「じょうげ」だが一般市民には慣用的に「じょうぎ」と呼ばれる。
    • 「西方寺?、何処のこと?、ああじょうぎさんね。」となるのはあるあるネタの域。
  2. 全国にある平家の落人伝説に連なる由緒ある寺
  3. 名物は分厚い三角油揚げ。揚げたてに醤油と七味唐辛子を掛けて食す。煮物にしても絶品。
    • 販売するのは地元の民謡歌手庄司恵子の実家の豆腐店。
  4. 仙台郊外観光地の定番。観光バスが絶えない。近年は特にパワースポットして有名に。

山形[編集]

立石寺[編集]

  1. 「閑さや岩にしみ入蝉の声」でお馴染み。
    • 近頃は暑さのせいで、夏の一番暑い時期は、セミもへばって逆に静かという有様らしい。
  2. 延暦寺から火を受け継ぎ、それを絶やさず燃やしている。
    • 一度、焼き討ちにあうも、その時は延暦寺から、もう一回火をもらっている。
      • 逆に信長の野望で、延暦寺オワタするも、ここから火を分けて、もう一回付けるという裏ワザに出る。
  3. 下山するための滑り台があった。
  4. 千段以上ある急な階段をひたすら登る。
    • 手すりはほぼ完備、直線距離的には見た目ほど距離ない、すれ違ったり小休止できる踊り場は適度にある、なにより途中の景色が素晴らしいから、意外と苦もなく登れる。
  5. ネットで入場は8時からと書いてるサイトがあるが、夕方18時から朝6時まで登山を禁止しているだけで、それ以外の時間なら入ることは出来る。
    • 入山料は備え付けの木箱へどうぞ。
  6. 近くの観光地として、山寺芭蕉記念館と山寺後藤美術館がある。
    • 松尾芭蕉の記念館は全国に幾つもあるが、それらの中ではここは展示スペースが広く企画展もやってて頑張ってる方だと思う。
    • 後藤美術館は、ロココやフランスのサロン絵画、バルビゾン派、アール・ヌーヴォーのガラスランプが中心。20世紀後半に個人で集めた割にはかなり頑張っていると思うが、逆に言えば名品は既に然るべき美術館などに収まっているので、これ位が限界だろうなというコレクション。
  7. 「山寺の和尚さん」の童謡でもお馴染み…ではなくて、あれは全然違う寺らしい。
    • ネコを袋に詰めて蹴るなど動物虐待もいいところ。こんな歌を聴いて育った子供の将来は…
    • というわけで、風評被害に悩まされているらしい。

茨城[編集]

常福寺[編集]

  1. 佐竹氏の菩提寺でもないのに、やたらとでっかくなっていた戦国時代。
    • パトロンの気分ほど大事なものはないと感じるね。
  2. 佐竹を追い出して水戸に入った水戸徳川家の初代藩主が菩提寺に指定。
  3. 瓜連城という城の比定地が本堂のあるあたり。

長福寺[編集]

  1. 袋田の滝の側。と言っても6kmほど離れているが。
  2. 花菖蒲の寺。
  3. 山門が風格あって宜しい。

栃木[編集]

鑁阿寺[編集]

鑁阿寺の城門・土手・橋
  1. 地元では「大日さま」と呼ばれ、七五三の御祝や、毎年節分の夜に行われる鎧年越でお参りする方が多い。
    • しかし、そこが真言宗大日派の本山であることを知っている市民は少ない。
  2. まるで平城のように周囲を堀が囲んでいる。
    • 平城のように、じゃなくて平城の一形態と思っていいでしょ。日本百名城の一つ。
    • 堀をまたぐ山門と太鼓橋の形状が独特。橋には御丁寧に屋根がついている。
  3. 折衷様の先駆け的存在。なのに国宝認定が2013年秋と遅かった。
  4. 徳川綱吉の母桂昌院のバラマキのおかげで造られrた多宝塔が残っている。

群馬[編集]

達磨寺[編集]

  1. 大泉さんが原付東日本の時に「だるま」を買ったところ。

龍蔵寺[編集]

  1. 厄除け「関東の三大師」の一つ。通称「青柳大師」
    • 他の2つ(佐野厄除け大師、川越大師)みたいな派手さはありません

弥勒寺[編集]

  1. 「日本三大天狗」のひとつ。

鎌原観音堂[編集]

  1. 浅間山の「天明の大噴火」で埋まった石段が有名。
    • 発掘の際、そこから逃げ遅れた親子の骨が見つかった。

茂林寺[編集]

  1. おとぎ話の「ぶんぶく茶釜」ゆかりの地。

養寿寺[編集]

  1. 国定忠治の墓がある
    • ギャンブル好きがお守りにと墓石を削ってしまうので、鉄柵で囲われている
  2. むしろ赤城山自体も参拝スポットかも。山頂に神社あるし。

満徳寺[編集]

  1. 江戸時代、全国で2つしかなかった縁切寺の1つ。
  2. 近くの世良田東照宮と同様、徳川氏発祥の地にちなんだもの。

大光院新田寺[編集]

  • 太田市
  1. 「子育て呑竜さま」とも呼ばれ、21世紀に入っても地元の家族連れ参詣者たちがそこで新生児の名前を授かったり、七五三でお参りに来たりする。

埼玉[編集]

慈恩寺[編集]

  1. 坂東三十三箇所十二番札所。
  2. さいたま市内では唯一の札所寺院。

喜多院[編集]

喜多院多宝塔
  1. 川越にある多宝塔と桜でお馴染みの寺。
  2. 裏口の小さい橋にまで名前が付いているが変な名前である。その名も泥棒橋。
    • この橋、別に下に池や川があるわけではない。ただ堀があるのみというもの。なんとなく城みたい。
  3. 多宝塔ばかりが有名だが、決してそれだけではない。
    • 今はもう使われていない楼門。これも大事な文化財らしい。
  4. 神仏習合の名残からか、仙波東照宮と喜多院の境がわかりにくい。どこに敷地の境があるのか……
  5. 周囲と比較して比較的小高い丘になっている。川越城を攻めるのなら、あそこに陣を置くと良さそうな立地。

本行院[編集]

広い駐車場
  • 川越市
  1. 駐車場がやったら広い。とにかく広いが、平日は1台も止まってないことだってある。
    • 平日だったら、車できてここに参拝して、喜多院とか川越城辺りまで見てきても怒られなさそう。
  2. 建物がとにかく新しい。どっかの新興宗教のような感じさえしてくる。
  3. 成田山の別院の一つにして、その第一号。

蓮馨寺[編集]

蓮馨寺境内
  • 川越市
  1. 安産祈願で有名だけど、一方で水子供養もちゃんとやってる。祈願が上手く行かなかった人のアフタフォローなのかな。
    • 水子供養の為の小さい銅像もある。必死の思いで手を合わせている人もいらっしゃるので決して冷やかしで写真を撮ったりしないように。
  2. 川越の古い街のエリアに一番近い寺。だから観光客が多すぎる。
  3. 境内のおびんづる様は触ると触った場所が良くなるらしい。自分は頭が悪いんで頭撫でといたんだが、良くなるかなあ。

水潜寺[編集]

  • 秩父郡皆野町
  1. 秩父三十四箇所の満願霊場にして西国・坂東を合わせた日本百観音の満願霊場

千葉[編集]

中山法華経寺[編集]

重文指定の塔
  1. 日蓮直筆の立正安国論が保存されている。
  2. 日蓮が最初に建てた寺。
  3. 日蓮宗の信徒にはこっちのほうが大事なんだろうが、一般人は千葉の中山というと、やっぱり、アレでしょうなあ。
    • 賽銭箱ではなく券売機にお金を入れ、勝馬投票券を買うのが中山と聞いて多くの人が想像するであろう行為だよね。(こんな事書いたら罰が当たるかな??)
  4. 朱い立派な五重塔がある。
    • 重要文化財に指定されているそうな。
  5. 中山大仏という立派な大仏様もある。
  6. 山門は立派だが、実は大正年間の再建品。
  7. 親台派の住職が居た。
    • 日中国交正常化時に台湾との国交が断絶してしまったのを嘆いた住職が蒋介石の胸像を建てたほど。
    • 後々、蒋介石一族は、国民党の大陸重視路線に合わせ、中国共産党に肩入れしていたのを見たら、どう思うだろう。

成田山新勝寺[編集]

開基1080年祭
  1. 実は初詣客数は毎年全国第2位。
  2. 大阪府寝屋川市に成田山大阪別院が、愛知県犬山市に成田山名古屋別院がある。
    • 特に大阪別院は京阪電鉄が誘致したことでも有名。そのため京阪の車内にお守りが飾られている。
  3. 毎年2月3日の節分祭も有名。
  4. 夫婦で参拝すると不仲になったり別れたりする、と言うジンクスがある。
  5. 滝(雄飛の滝)が流れてない事がある。

證誠寺[編集]

  1. タヌキ囃子の童謡でお馴染み。
    • 童謡の題名は「証城寺の狸囃子」と、わざわざ違う字を使っている。
    • 童謡と違って、證誠寺に伝わるタヌキは、哀れな最期を遂げたらしい。
  2. タヌキの供養のため、狸まつりが毎年恒例の行事になっている。

神野寺[編集]

  1. 證誠寺がタヌキ囃子なら、こちらはトラ騒動で有名。
    • といっても、このエピソードを知る人も最近は少なくなった。
    • 證誠寺のタヌキ、神野寺のトラ、立石寺ネコ、が日本三大「寺にまつわる動物」か。
  2. 聖徳太子が開いた寺だとか。
    • あの時代、飛鳥や斑鳩からはるばるやってきたのだろうか?
  3. 現在もトラに関する展示物を公開しているらしい。

東京[編集]

柴又帝釈天[編集]

  1. 男はつらいよファンの聖地。
  2. 参道を歩いていた若いお兄さんがお姉さんに一言。「ここ、彫刻がやばいらしいよ」
    • う~ん、やばいのか。

太宗寺[編集]

銅造地蔵菩薩坐像
  1. 銅造地蔵菩薩坐像がある。そこそこ知られている。
    • 映画やドラマなどでもたまにロケで使われている。薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」で出てきたのをなんとなく覚えている。
  2. 内藤新宿の由来。昔、この寺に内藤さんという人の大きな墓があったらしい。
  3. 閻魔堂がある。閻魔様が舌を切る道具を持って固まって座ってる。
  4. 内藤新宿らへんの岡場所女の投げ込み寺として発展していたらしい。寺社地はそういうのが自由なエリアだったらしいからねえ。

増上寺[編集]

三解脱門
  1. やはり地名にもなっているだけあって門が素晴らしい。
  2. 伽藍の大半が戦後の再建物で、真新しい。
    • だいたい本堂の真下に駐車場みたいなのがあったりと御利益のかけらもなさそうな感じ。
    • 唯一歴史ある建物は右の写真にも写っている三解脱門のみ。これだけは元和年間に造られている。
      • 因みに三解脱門というのは浜松町駅から増上寺方面へまっすぐ参道を歩いていくと、行く手を阻むかのごとく立っている門である。
        • 南北方向で言えば日比谷通り沿いに南下し港区役所の先で右手に見える。
  3. 芝公園や東京タワーを含めて、もはや宗教施設と言うよりは都市公園という感じがする。
    • まあ住所だって芝公園4丁目だしね。
  4. 実は赤穂事件の原因となったのは、増上寺の畳の張替えをするかしないかという話にあるという噂。
    • 御勅使饗応役の浅野長矩は、御勅使饗応役を仰せつかっていたが、御勅使が参られる際には畳を張り替えなければならないという慣習を知らなかった。高家の吉良義央はその慣習を知っていたがわざと教えなかったことが、赤穂事件の原因らしい。

泉岳寺[編集]

泉岳寺中門
  1. 言わずと知れたAKR47ファンの聖地。
    • 毎年12月14日にファン感謝祭が開かれている(?)
  2. 門前の土産物屋では、播州赤穂近辺、よくて姫路市あたりまででしか売られていない筈の塩味饅頭が店先に置かれている。
    • 因みに有楽町の東京交通会館地下に兵庫県の物産館が入っているが、そこでも売られていない。もしかすると東京で唯一塩味饅頭を手に入れられるところかもしれない。
  3. 赤穂義士記念館がある。
    • 確か入館料は有料である。入山料が無料だし、まあ見たい人は是非どうぞ。
  4. 駒澤大学名誉教授の小坂機融氏が現在の住職。(2019年現在)
  5. こんな感じで赤穂浪士に色々頼り切っている泉岳寺だが、有ろう事か、赤穂浪士切腹後、その遺品を市中に売っぱらったりした。
    • なんで遺品を売却したかと言うと、当寺の住職酬山の私欲が強すぎて、赤穂浪士人気に乗じて高値で売れると踏んだからだとか。確かにその読みは間違っておらず、それなりの値で売ることができたらしい。
    • しかし、すぐに瓦版屋にその話がすっぱ抜かれるや、ブチ切れた江戸市民の抗議が殺到し、泉岳寺は遺品をより高い値で買い戻したとかなんとか。

東禅寺(港区)[編集]

三重塔
  1. 高輪にあるあまり有名ではない名刹。
    • 美しい三重塔がある。しかしこれは1988年(昭和63年)に造られたバブルの塔でしかない。
  2. 日向飫肥藩伊東祐慶が赤坂の地に高僧を招いて開山させたのが始まり。
    • 寺名の由来も「東禅寺殿前匠征泰雲玄興大居士」という伊東祐慶の諡から。
    • 日向飫肥藩のみならず、伊達家(仙台藩、宇和島藩、伊予吉田藩)や池田家(備前岡山藩系のみ)の帰依も受けており、菩提寺の1つになっているとか。
      • 因みに伊達秀宗の墓もある。でも見学とかは一切受け付けていない。まあ仏様のことを思えば当然の対応と言えよう。
  3. 幕末の頃は英国公使館になっていた。
    • 因みに2回ほど襲撃されている。

神奈川[編集]

川崎大師[編集]

山門
  1. 正式名は金剛山平間寺。
  2. 初詣の人出は明治神宮、成田山新勝寺に次ぐ第3位。
  3. この寺への参詣客を運ぶ目的で開業した大師電鉄は現在の京浜急行電鉄の基となる。
  4. 地元民の発音が「かわさきたいし」ではなく「かわさきだいし」。たまげたなぁ…。
  5. 参詣者数は多く歴史も古い。
    • しかしながら、東京23区やその周辺の他の多くの寺院と同様、伽藍に歴史がない。

高徳院[編集]

  1. 大仏のある寺。名前は意外と知られていないかも。
    • 実際に行く段階になって初めて知った人が大半ではないかと。
    • ちなみに現在の住職は、慶應義塾大学の教授。

杉本寺[編集]

  • 鎌倉市
  1. 坂東三十三箇所一番札所。

新潟[編集]

西福寺[編集]

  1. 越後のミケランジェロが作ったカラー刷りの彫刻が保存状態も含めて素晴らしいと聞く。
    • 幕末明治の彫物師・石川雲蝶のこと。確かにもっと評価されていい人だが、越後のミケランジェロというキャッチコピーは、如何にも西洋コンプレックス丸出しのセンスでダサい。
  2. 開山堂お形状がおかしい。上に伸びすぎてる……
  3. 曹洞宗の寺院。
    • なのに本尊が釈迦如来像ではなく阿弥陀三尊像。

長徳寺[編集]

  1. 新潟県新発田市の寺。
    • なのに、赤穂四十七士の一人で、結構ええ立ち位置に居る堀部安兵衛氏の生家の菩提寺だったりする。
  2. 義士祭を年に一度執り行う。理由は無論、堀部安兵衛。

紫雲寺[編集]

  • 新発田市
  1. 新発田市に呑み込まれた紫雲寺町の由来となった紫雲寺潟の干拓工事での犠牲者追悼が目的で創建されたらしい。
    • 寺の名前→地名ではなく、地名→寺の名前という「○○寺」という地名の町では滅多に無いパターン。

長野[編集]

善光寺[編集]

牛に引かれて善光寺
  1. 牛に引かれて。
    • 牛を連れてきてる人を見たことがない……
      • それはお寺に伝わる説話としてだな。(詳しくないので略)
      • まあ、正月に牛のきぐるみ着て参拝している人を見たことがあるんで、許してやるか。
  2. お戒壇めぐりも有名。本堂地下の暗がりの中を歩いて鍵に触ってくる。
    • 真っ暗な地下に何かを隠しているらしい。
    • 前方を子供やおばちゃんの団体が歩いていると興ざめなことがある。「暗い~~ 見えない~~」「ここ曲がるで」「ここに鍵あるで~」
  3. 参道にみそソフトクリームなるアイスを売ってる店がある。
    • 味自体は濃厚な甘みが感じられて案外食べられるが、仄かだが根強く残ってる味噌の風味が非常に邪魔。
  4. ご本尊は元は大阪の堀江(和光寺)で本田善光が拾われた仏像が下の元善光寺に祀られ、その後ここへ、という変遷らしい。
    • いや、正確には拾われた仏像を祀ってたら、仏像が三体に増殖したので、そのうちの一体を運んだんだとか。拾われた方は大阪のお寺に祀られている。
  5. 西国三十三霊場、坂東三十三霊場、秩父三十四霊場のすべて巡礼した暁にはこの寺へお礼参りをする。
  6. 門前町が結構しっかり土産物・食事処があるが、なんと言っても有名なのが唐辛子の八幡屋礒五郎。
    • この店は知らなくても、そば屋とかで赤い缶に善光寺さんの絵が描かれているヤツ、見たことある人多いのでは。

元善光寺[編集]

  1. 飯田市にあるが、その所在地は座光寺(ざこうじ)という。
    • とはいえこの地に座光寺という寺は見当たらず、元善光寺の旧称に由来する地名らしい。
      • 旧称は正しくは、坐光寺、と書く。
  2. 善光寺だけでは片詣り、といわれるらしい。
  3. 善光寺と同じく、お戒壇巡りがある。暗闇の地下の回廊を歩いて鍵に触ってくると御利益があるというあれ。
    • 善光寺さんの方は右回りで内側に鍵があったと思うんだが、ここ元善光寺さんは左周りで外側に鍵がある。
      • どちらも右手で探りやすいようにしているんだろうな。
    • 鍵を触った後のところに提灯があって、少し道を照らしてくれてはいる。
    • 鍵に南京錠が2つぶら下がってたんだが、どういうこと?
  4. 下の方から見上げるとオレンジ色の屋根が目立つが、あれもこのお寺の一部。宝物殿の先にある戦没者の慰霊施設。

北向観音[編集]

  1. 近所にある天台宗別格本山「常楽寺」が所有し、管理している。善光寺とセットでおお詣りすると「片詣り」にならずにすむと言われている。

福岡[編集]

東長寺[編集]

  1. 福岡大仏というのが在る。木造では日本最大のサイズらしい。
  2. 実は弘法大師が初めて造ったお寺。
    • なので九州八十八箇所一番札所らしい。そんなんあるんだね。
  3. 五重塔が非常によろしい感じ。
    • 非常に均整が取れているが、2011年に完成したため歴史はない。

聖福寺[編集]

  • 福岡市
  1. 栄西が建立した日本初の禅寺。
    • 基本的に一般公開はされていないが、境内の一部を散策することは可能。

光明禅寺[編集]

  1. 紅葉の時期が一番素晴らしい、枯山水と苔の庭園が見事な寺。
    • 枯山水の小石で表現された波間に赤い落ち葉がたまる様子がなんとも言えん。
  2. 菅原道真の末裔が建立したらしく、太宰府天満宮とズブズブの関係だったらしい。

佐賀[編集]

大興善寺[編集]

  1. 寺の入口付近は、恐らく視界に占めるツツジの割合が世界中の寺の中で最も高いと思われる。それくらいのツツジ押し。
  2. 秋の紅葉も負けてはいない。ものすごく美しい。
    • だが、インパクトではツツジにボロ負け。

長崎[編集]

崇福寺[編集]

  1. 長崎で唯一の仏教系観光地。
    • 基本キリスト教物件か貿易系物件の2択のイメージがあまりに強いもんで……
      • ただし、中国様式の寺院(長崎華僑が建立)なので、普通の寺院とは雰囲気がまるで違う。

寿福寺[編集]

  1. 旧本堂に置かれたアクリル板に映る逆さ紅葉が美しいと一部で評判。
    • その口コミが長崎新聞にバレてニュースになり、ネット上で話題になり急上昇検索ワードになってしまう珍事発生。これは2013年11月22日のことだが、それで知って写真を見て感銘を受けた。

熊本[編集]

蓮華院誕生寺[編集]

  1. 胡散臭いことが多い寺。一応、真言律宗に属しているらいい。
  2. メルマガが「幸福ニュース」らしい。宗教屋の幸福という言葉ほど怪しいもんは……
  3. 世界一の梵鐘がある。
  4. 将棋の名人戦が開催されたのをきっかけに、毎年夏に子供向け将棋合宿が行われている。

大分[編集]

富貴寺[編集]

  1. 大堂
    • なんかよう分からんけど高校生用の山川の教科書に出てくる。最近、「もう一度読む教科書」シリーズで見て思い出したが、今の子もそんな感じなんかな。
  2. イチョウが落葉した時期が見頃。

佛山寺[編集]

  1. 山門の茅葺きがシャレオツ。
  2. 性空上人が霧島神社へ行った時に、ここに寺を造れと言われて建てたらしい。
  3. 具一切功徳慈眼視衆生
    • と喚く岩があるらしい、こっちが読経すればの話だけど。

鹿児島[編集]

最福寺[編集]

  1. 新井さんが護摩行を行う場所。
    • そして、スポーツ新聞に掲載されることでもお馴染み。
      • 意外にも地元鹿児島の新聞・民放ではあまり取り上げられない。
    • ヤニキに誘われたのがキッカケか。
    • 「目に悪影響だから止めたほうがいい」と散々言われているが…
    • しかし2018年は高野山で行われた。
  2. 鹿児島県内では「平川は1、2、3」のCMでお馴染み。
    • 大護摩祈願は後に4日までに期間が拡大され、紫原でも開催されるようになっても続いていたが、映像がハイビジョン化された2015年版から言わなくなってしまった。
  3. 建物は山の麓からもよく見えるほど大きい。
  4. 北朝鮮と関係が深いとされる。
    • 朝鮮総連ビルの競売で落札したが、期限内に資金を調達できなかった。
    • ちなみに鹿児島は在日率が全国一低い土地柄
  5. 赤と青地に「力」みたいな字が書いてあるステッカー(阿字マークというらしい)を貼ってる車を鹿児島ではよく見かける。



関連記事