日本奇祭協会

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全日本奇祭協会の主な活動内容:日本各地の奇祭の普及活動 奇祭の作成、普及、運営

奇祭の作成[編集]

  1. 4月1日 エイプリルフール祭 日本各地 祭りをすること自体がウソというオチ付き祭。
  2. 12月24日 クリスマスイブ祭 日本各地 とにかくエッチをする、できなきゃヤケ酒を飲むというオチ付き祭。
  3. 2月14日 バレンタインデー祭 昔は菓子屋の陰謀であったが、現在は3月14日とセットで高級ブランドショップとラブホの陰謀である。
  4. 2月3日 節分祭 日本各地 日本古来の行事と思われていたが、実は南蛮から伝来した祭り。↓と一対になっている。(嘘)
  5. 10月31日 ハロウヰン祭 欧米人&ごく一部の日本人 日本ではほとんど普及しておらず、南蛮伝来のくだらない祭りで、参加したやつは欧米化ぶれしたハイカラ野郎だと思われているが、実は日本古来から伝わる純和風の祭り。↑と一対。(大嘘)
  6. 5月1日 労働際 日本各地…特に代々木・広島・沖縄
    • 労働の神「隷仁尊」を祭る。隷仁尊のイメージカラーとされる赤をあしらった仮想をし、願い事を書いた板を掲げて街中を練り歩く。

日本各地の奇祭[編集]

  1. 「ツル多はげます会」の吸盤綱引き。
  2. やっぱ川崎市の「かな●●、でっかい●●」は外せないでしょう(笑)
    • 昔、某サイトのバカコテが自慢してた。彼に関するデマ(都市伝説)のいくつかは、この祭りに因んだものである。
    • 毎年ピンクのアレな神輿を担いでるオカマさんたちは都内の某女装クラブの会員である。(全員アマチュア)
  3. 「はだか祭り」異論は認める。



関連記事