星の子ポロン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

星の子ポロンの噂[編集]

  1. 1974年頃に放送を開始したアニメ。
  2. その後、約15年間に渡り主に地方局で再放送されていた。
    • 番組販売方式だったので、主に民法テレワークから外れた放送局で放送された。
    • VTRが貴重な時代に放送を開始したのに、動画が大量にうpされているのはこの何年にも渡る再放送のおかげ。
      • コメント見ていると別番組のついでに録画されていたものが多い模様。まあこんなアニメだけわざわざ録画する需要は皆無だし。
  3. 一応子供向けの教育アニメです。
    • の割に現実ではあり得ない事が題材になっている話もある。弾丸滑降とか。
      • 「弾丸滑降もほどほどにね」…ってどうすりゃいいんだ…。
    • 時代が時代のせいか「交通ルール」が題材になっている話が多い。
      • でも何故か、運転手が視点になっている話も存在する。子供向けって・・・
  4. チャージマン研!と並ぶネタアニメ。
    • しかし、ポロンの方が内容が酷いらしい。
      • 1話ぶんの放送時間はポロンの方が短い。(チャー研 1話1本5分 星の子ポロン 1話2本2分半)
        • ちなみにポロンには尺稼ぎは存在しない。短いので。
    • しかも放送開始時期も同じ。
  5. しかし星の子ポロンはナック制作ではない。
    • 「時報映画社」という会社の子会社が制作したらしい。
      • 主に教育のビデオを作っていたそうだ。
    • 現在は解散済み。つまり権利者不明なので、テレビで放送する時に許可を得られないので、画像がテレビで出ない。
      • さらに、このアニメのフィルムもあるかも不明。今うpされているのは視聴者が録画したものである。
  6. ブームになったのは2016年の話だが、動画自体は2009年頃からあったらしい。
    • ただし、当時は6本12話しか無かった。
      • その後、大量に映像が見つかり、2017年9月現在は78本156話もあるらしい。すげー。
        • しかし、まだあるらしい、全部で260本あるとかないとか。
    • 当時はチャー研のおまけみたいな扱いだった。
      • それが今では、4.の様に肩を並べるレベルになった。
        • しかし、今でもそれぞれの合作やmad等に出て来ることもある。
      • 視聴者層(MAD作者含む)もかなり被っている。よってチャーケニストの語録がそのまま通用する。
        • 「みんな見てねー!」→「僕は嫌ですね!」(40話の研の台詞)「嫌」(透明少年探偵アキラの偽田中総理の台詞)
  7. 内容を簡単に言うと、擬人化した動物が何かをやらかし、それをポロンが解決し説教するという話。
    • 説教はほとんど口頭だが、たまに罰を与えたりすることもある。
    • 登場する動物に妙に偏りがある。
      • 普通、まず思いつく犬や猫が登場する回数が少なく、逆に兎、猿、豚、狼、パンダ、狐辺りの次に思いつきそうな動物が登場する事が多い。
    • 動物たちが好き勝手しちゃうのは、2017年に話題になったあの擬人化アニメを想起させる人は・・・あまりいない。
  8. NHKベスト・アニメ100ではなんと総合38位に。
    • 1970年代部門では「機動戦士ガンダム」「宇宙戦艦ヤマト」に次いで3位。
    • ただし、権利者が不明の関係で(ry
  9. 星の子チョビンではない。
    • でも放送していたのは同時期だったりする。

登場人物の噂[編集]

  • なるべく動物のあいうえお順かつ、その動物内では登場順にしてください。

ポロン[編集]

  1. 何気にCV野沢雅子である。
    • これだけが唯一の救いと言うファンもいる。
  2. 頭からビームを出して来る。
    • そのビームで何でも出来るらしい。
  3. みんな見てねーー
    • バイバーイ。

[編集]

ワンチェン[編集]

  1. ポロンでは数少ない犬キャラ。
    • ちなみに女
  2. モデルさんとかの影響を受けて真似をし、道路の真ん中に行ってしまい、出られなくなってしまうのがお約束。
  3. ポロンに罰として髪を切られた事がある。女の命といっても良いのに・・・。
  4. 名前の由来は多分空耳だと思う。

[編集]

ボールウサギ[編集]

  1. 海水浴の時に、ボールを使って胸を大きくしようとしたウサギ。
  2. 作画を見ると、本当に胸がデカくなっているのかはわからない。
  3. 実は、泳げない。

[編集]

  1. ポロンは色んなキャラに罰を喰らう事があるが、こいつは特に酷い罰を喰らう事が多い。
    • 助けないとか治療をしないとかいろいろ
      • これをファンはOKA(Okamini Kibisii Anime)とコメするのが定番。
  2. 何故か普通に他の動物と暮らしているやつと、捕食をするやつが登場している。

発明狂狼[編集]

  1. みなーさん、これが僕の作った(以下略)
  2. ビジュアル的には狐臭い、でも狼。
  3. 全狼キャラの中では、一番マシな制裁を食らっている狼だと思う。

カバ[編集]

カバの王様[編集]

  1. 草食であるはずなのに、何故か肉を食べていた。
  2. 熊さん寅さんを食べようとした。肉と勘違いして。

カバ太郎[編集]

  1. 寝ぼけてごみ収集車で運ばれた方。
  2. カバオと紛らわしい。
    • そのため(ry

カバオ[編集]

  1. 石けんをサンドイッチにした方。
  2. アンパンマンのキャラクターとは関係ない。
  3. カバ太郎と紛らわしい。
    • そのため人気投票では、二人まとめてエントリーした。
  4. 実は後もう一人同じ名前の人が出ている。

[編集]

  1. イタズラのポジションにいる事が多い。
  2. 狼と違いが分からない場合がある。
    • 中には、制裁まで狼と同じ事も。

いいんです代[編集]

  1. ほんの数シーンしか出てこないちょい役。
    • でも人気キャラ。
  2. 別名ゾロリと呼ばれる事も。

釣り場キツネ[編集]

  1. 狼に似ている例。
  2. ×××に似た行為をしているように見える動作をした。
  3. 最終的には、モーターボートで暴れた。釣り堀なのにね。

[編集]

コロ助[編集]

  1. ハンギングマーン
    • この後本当にそうなりました。
      • そのため、キャラクターが吊るされるとこうコメされる。
  2. なんか妙に(ry
  3. ナリー、とは言わない。
  4. 他にも2人同じ名前のキャラがいる。
    • それも最初の9本以内に、被りすぎである。

サル[編集]

  1. 「僕は運動能力が発達しているから」とか言っている。

語尾消失ザル[編集]

  1. すげえや、すげえや。
    • ボールウサギを見て。

パンダ[編集]

  1. 日本に来て人気が出たせいか、結構出ている。
  2. ただし、作画にバラツキがある。
    • 可愛いのもあれば、ブサイクのまである。
      • ファンはその作画に対し産地を付けるのが定番。
        • ブサイクだけだと特定アジアらへんの産地が、色まで違うと南半球らへんの産地が付けられる傾向にある。

強情パンダ[編集]

  1. 僕は、釣れるまで帰らないからな。
  2. 中国産パンダとファンには言われている。ただし矛盾している。

赤ちゃんパンダ[編集]

  1. 虹を渡った。
  2. 声が妙に野太い、赤ちゃんだよな。
  3. こちらは韓国産パンダと呼ばれている。



関連記事