東京/北区

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「東京23区 北区」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本関東東京東京23区北区

東京23区・北区
埼  玉

練馬 板橋

豊島
荒川



宿
台東
千代田

調 世田谷 渋谷 中央
目黒 品川   TDR
神奈川 大田 羽田

主な街の噂[編集]

北区の噂[編集]

北区役所
  1. 北区民は足立区が嫌い。
    • 当たり前だー。一緒にしないでくれー
      • 地図を見ると荒川に取り残された足立区の一部が目に付く。「入れてくれ」と叫んでいるように見える。
        • でも絶対反対!河川改修「難民」は浮間(埼玉あがり)だけで沢山。
    • でも「北区に北千住レベルの繁華街ないじゃん」って言われると言葉に詰まる。
      • 確かに悔しいがそれは認めざるを得ない。が、逆にあっちは「北千住だけじゃん」。少なくとも鉄道駅から大きく離れた不便な地は北区にはなかったと思う。
        • 豊島5丁目団地は、陸の孤島じゃなかったけ?
      • 北千住なんてむしろ何もないじゃない。
    • 昭和40~50年代にはマンガにしか出てこないような不良たちが実際に居ましたが、足立や荒川の猛者にボコられすぎました。しかも足立や荒川の不良の真の目的は、越境してきて某国系の学校とのケンカですから、地元北区の不良連中は肩身が狭かったのです。その名残で足立がキライなんです。
    • もちろん最北端は足立。
  2. 川口市民に対して、かろうじて都民という優越感を持っている
    • ていうかアノ川口だから…(鋳物の川口)
      • 不動産の価格は赤羽のほうが川口よりも高い。
    • 荒川を渡って北区に入ると、同じ住宅街でも空気が変わった感はある。(by川口市民)
  3. 創価学会の勢力が強い
    • 強いねぇ。自民が分裂してるから、第1党が公明党だし(笑
      • どうでもいいけど、TVの代表質問に立つあのオッサンが十条の中華屋で隣り合わせになる違和感をなんとかしてくれ(笑)おまいさんはほんとに偉いんかと小一時間(ry
        • 昨今の北区と足立区の一部の衆議院の小選挙区にも、自民ではなく公明党のO氏が立候補している。
          • O氏のポスターがそこらじゅうに貼ってある。
            • そこから、岩手の小沢一郎氏が出馬をするらしい。
              • 小沢じゃなくて、元キャバ嬢で一躍有名になった「太田」和美氏の出馬の噂も。公明党は「あきひろ」を全面に出したポスターを準備中かも。
                • 太田あきひろのポスターには、「(地元の代表)」などと赤い字で書かれているが、どこにも公明党などとかかれていないから要注意!!
                  • しかも太田は生まれが豊橋市なので、北区とはもともと縁もゆかりもない。
      • 2011年4月の統一地方選で自民が第1党に。
    • やっと2009年の衆院選で太田の呪いが解けた!
      • 民主党議員の地元なのに、区議会では第4党とはこれいかに(第1党:自民、第2党:公明、第3党(1議席差):共産)
    • 俺の知ってるそこそこ高学歴の学会員で地方出身者は大体北区に住んでる気がする。
  4. 「北区に帰宅」と言うと怒られる
    • でもベッドタウンのイメージしかない。
      • それは事実…
  5. 埼玉」と言われることに腹が立つ。
    • 赤羽あたりだと新聞折込の広告の一部が埼玉と同じだったりする。(不動産・求人など)
    • 私はまえ赤羽のある書店においてバイトをしていたら、某氏から「赤羽って埼玉だよね?」などと言われてしまった(鬱)
  6. なぜか「萩の月」「阿部かま」といった仙台に関する広告が新幹線から見える。
    • 新幹線などを対象にした広告は行き先のものが多い。東海道新幹線からは東海・近畿以西の広告が結構あるはず。
    • そして住民もそれぞれの方面の地方出身者が多い。(一応該当するか?反対側にも縁があるけど)
  7. 内田康夫の著作、『浅見光彦シリーズ』の浅見光彦は北区西ヶ原在住の設定で、区役所では住民票も発行されている。
    • 現代美術家の沼田識史氏の出身地の住所は、『浅見光彦シリーズ』の浅見光彦の住所(北区西ヶ原)と同じ。
    • 作中の住所自体は架空だが、同じ町内(3丁目)に浅見家のモデルになってそうな豪邸がある。
  8. 23区で山手線ゲームをするとまずあげられない。最も影の薄い区。
    • 山手線も通ってる(田端)のにねえ。
    • 他県民に東京の北区に住んでるって言ったら「よく知らないけど23区じゃないよね?」と言われた。
    • 荒川区辺りとは最下位で並べるんじゃないか
      • 悔しいが同意せざるを得ない(by 荒川区出身)
  9. JRの駅の数が23区内で最も多い。(計9:田端・尾久・上中里・王子・十条・東十条・赤羽・北赤羽・浮間舟渡)
    • 駅が多いのに、6月オープンの新しい中央図書館はどこの駅からも平均して遠い。赤羽駅ビルにでもしたほうが結局は便利だったのにと今から批判あり。
      • 王子から北区コミュニティバスを利用するのが吉(帰りが大変だけど)
  10. 全国各地の北区のうちで人口が最も多いのだが、知名度は人口が最も少ない大阪市北区より低いと思う。→現在東京都北区は人口が減少中。2002時点。
    • 参考資料: 北区の人口
      東京都北区 330092人(2006年9月1日)
      神戸市北区 226045人(2006年5月1日)
      名古屋市北区 166619人(2003年10月1日)
      堺市北区 151143人(2006年3月1日)
      さいたま市北区 135016人(2006年9月1日)
      京都市北区 123753人(2006年8月1日)
      札幌市北区 122595人(2006年9月1日)
      大阪市北区 100392人(2005年10月)
      • どうでもいいが札幌の北区の数字がおかしい。倍くらいはいるはず。
        • 札幌市北区 275386人(2007年8月1日)
      • 大阪の北区はまさに都心なのにねぇ。
        • 都心だから少ない。あそこは仕事したり買い物に行く所で住む所じゃない。
  11. あの有名なトンボ鉛筆、カルビーの本社があるのを忘れてはいけない。
    • 昔は赤羽らへんに雪印工場もあった
      • 今は20階建ての「東京メガシティ」。北赤羽が最寄だが、志村坂上駅(板橋区)利用者が多い。
        • 珍味で有名な「なとり」を忘れてもいけない。本社は王子消防署の対面、一族のお屋敷は神谷あたりにあったような気がする。うちの母が内職で割きイカ割いてた。昔はホントに手で割いてたんだよ
          • その「なとり」本社前から赤羽方面に少し歩くと「ニトリ」東京本部(赤羽店)。本社は札幌だが、本社機能の大半が北区神谷に移転してきた。
    • カルビーは丸の内に移転。空いた赤羽の旧本社ビルにはなぜか吉牛が。
      • 現在はPALTACが入居。
    • KYこと西友も忘れないで。かつてセゾン時代サンシャイン60にあった本社は西友赤羽店内に移転統合済み。
      • まあ、今や北区というよりアメリカの会社なんだけど。
  12. 23区の研究学園都市。日本特殊塗料開発本部、日本製紙研究開発本部、国立国語研究所、大日本印刷の技術開発センターと包装研究所、日本化薬の機能化学品と医薬研究所、東京都立産業技術研究センター、東京外語大(現在は移転)、国立スポーツ科学センター等、国や民間のつくばへ移転しきれなかった研究所が多数存在する。
  13. 明治通り沿いに昭和町がある。
  14. 国立スポーツ科学センター、ナショナルトレーニングセンター、西が丘サッカー場がある西が丘地区は、日本の競技スポーツの総本山であり、虎の穴とでもいうべきところである。
    • 国立スポーツ科学センターは、フェンシング銀メダルの太田雄貴選手の練習拠点である。
  15. 同じ北区だけに、西が丘と西ヶ原は間違われやすい。
    • 例:「西ヶ原に住んでます」→「サッカー場があるところだよね」→「」
  16. 番長が弱い
    • 金剛?
  17. 浦和レッズのサポーターが意外と多い。
  18. 雑誌によっては、「東京都」も「区」も略され、単に「北」と書かれる場合があり、一瞬何のことなのか戸惑う。(例:北・匿名希望)
  19. 荒川に面するため、荒川区と混同されやすい(荒川区は荒川に面していない)
  20. 小池清と児玉清、名前もよく似ていて2人とも在阪局制作のクイズ番組の司会者だが、2人とも出身が滝野川。
  21. 北区から出ることを脱北と言う…わけがない。
  22. 公認キャラがなぜかいない。周囲の荒川区にも足立区にも文京区にも板橋区にもいるのに…。

十条の噂[編集]

十条駅前
  1. 十条銀座周辺における物価は東京23区内とは思えない水準。マンションの家賃もやたら安い。住みやすいのはいいんだけどさ。
    • 密かに大山商店街がライバル。
  2. なぜか2ちゃんねるでは上京者に人気のエリアになっている。物価と新宿・池袋への距離のせいか?家賃上がると困るからあんまり勧めんな(笑)
    • その破格の家賃により近年外国人労働者が急増中。
      • 外国人でも一緒に神輿が担げれば無問題。アフリカ系もベトナム人もコリアンも土着民も、みんな同じように混ざれるのがいいとこかと。
      • 近隣の保育園では、1クラスに1人以上の外国人の子供がいて、普通のメニューとは別の宗教食(といっても、本格的なことはできないだろうけど)の対応をしているとか。
  3. 最近はアド街やみのさんなどメディアが取り上げてくれたおかげで「観光客」が増加。なんとなく地方有名都市在住の方々の気持ちがわかるような気がするよ。行きつけの店に入れなくてトホホですよ。
  4. 十条駅~東十条駅間の道は狭く入り組んでいる
    • これって噂?
    • その間にある讃岐うどん店「すみた」は東京で一番うまい讃岐うどんって言われています。
      • すみたは2009年3月より赤羽に移転しました
    • 激安とんかつ定食の「みのや」も有名。昼の時間帯には店の前に行列ができている。
      • 不況の煽りかメニューが減ってしまった(看板のとんかつは健在)
      • ここは普通の人にとっては豚汁とご飯だけでもう十分な気がする。
      • 豪快な量の定食を出す。豚汁は丼によそうのが基本。
  5. 草月の『黒松』(黒糖と蜂蜜入りの皮がふんわりしたどら焼き)は名物。
    • 開店までけっこう時間がある平日の朝、ものっそい人が並んでてビビッタ。
    • 岸朝子著の”東京5つ星手土産”の表紙になっている。
      • 1個105円はさすがに安い。
  6. 今はなき東十条のサウナ☆☆☆、一部の間で熱烈なファンが多かった。
    • そのサウナとパチンコ屋の建物は、以前ダイエーだった。
  7. 京都人からしてみれば、地味な地名。
    • だからどうした。
      • 一条~九条はどこ?
  8. 稲荷台の住民は板橋区民という理由だけで駐輪場の値段が高い。なんと理不尽な。
  9. 大衆演劇のメッカ、篠原演芸場がある。
  10. 十条駅から歩いて赤羽のほうにいくと途中ででかい道路があり、そこから右(東)のほうにいくと、ガス●という美味しい家庭食堂があったけど、かなり前に潰れてしまった。
  11. 十条のN崎屋。
    • 十条銀座は一度N崎屋を追い払った事がある。十条銀座の核になっている「よしだフード」と「アサイ」の所にある空き店舗がその名残。
  12. 6月30日と7月1日にある通称「お富士さん」の盛り上がり方は異常。屋台もこれまた異常に種類と数が出るので必ず一度は行くべき。
    • そしてどこからかDQNが沸いてくる・・・どこでもそうなのかもしれんが。
    • 的屋で買った焼きそばなどを食べる場所が殆ど無いので通り沿いの路地は悲惨な事になっていたりする。
  13. 自転車で東十条から十条へ行くには必ずきつい坂を登らなければならない。赤羽に行った方が楽。
    • 東十条駅の北口経由なら、エレベーターが使えるので割と楽。
      • なお、西側のエレベーターでうっかり1Fに降りると、きつい坂を上る羽目になる
  14. 東十条商店街にある珈琲館が2013年に居抜きで神谷珈琲店になった。
  15. 東十条商店街で一番古い店は美紀という大型犬がいつも居る居酒屋、という噂
    • ほんとだそうです。通りが砂利道のころからあると美紀の店主が言ってます。(美紀のカウンターで書き込み)

浮間の噂[編集]

  1. 浮間舟渡駅は浮間(北区)と舟渡(板橋区)にまたがっているが、駅は北区に属す。荒川花火大会の際には最寄り駅であるのも関わらず、ほとんどの人がこの地名を知らない。
  2. 浮渡公園を心から愛している。
    • 浮間公園じゃないのか?
  3. 荒川が改修されるまでは埼玉(現・川口市)と地続きだった。
    • ていうか当時は埼玉に属した。荒川改修後に編入。「埼玉あがり」「中途採用」と揶揄される(泉麻人「東京23区物語」より)
  4. 若干だが、舟渡には優越感を感じる。
    • あっちはれっきとした「東京府北豊島郡」だったのに…「元・埼玉」に見下されるとは(憐)
  5. 浮間島。

田端の噂[編集]

  1. 実は北区。
  2. ばたばた
  3. 昔のテレビ番組「11PM」のテーマ曲を連想させる。
    • 人によってはゴールドブレンドを連想させる。
  4. 田端駅の南口で降りると誰でも田舎に帰ったような気分になるらしい。
    • 理由は行ってみればわかる。
    • 昔は南口を「裏口」、北口を「表口」と呼んでいた。何となく表現がヤバいからという理解ができなくもないが、いつから今の表記・呼び名となったのだろう?
  5. 実は隠れた鉄ヲタの聖地
    • 北区内のJR駅はそういうの多い。下にある尾久(上中里)や王子もそう。
  6. JR東日本の東京支社の建物もここにある。
  7. 芥川龍之介をはじめ、かつては文人が多く住んでいた。(田端文士村)
  8. 田端八幡神社と赤札不動ぐらいしか見所がない
  9. 北区の住民は「文京区と北区で、北区を選んでやった」と思ってる、
    • 別に誰もそんな事は思っていない。
  10. 文芸評論家である福田和也の出身地
    • キライなので知りたくなかった
  11. 昔から山手線沿線の中でも「屈指の地味さを誇る(by POPEYE)」地区だったが、ここ数年、更にその風格を増している。
    • かつての商店街にはやたらビルだけが増えているが、日々の食料を買うにも生協くらいしかなく、生活するには確実に不便な地区になっている。
  12. 上から読んでも下から読んでも「たばた」
  13. 駒込近くに謎の中華料理店「萬来軒」がある。昼も夜も営業していないが、早朝5時以前に営業の目撃例がある。客は一心不乱に餃子を食っていたらしい。なお会員制である。
    • 「会員制」としているのには別の事情があるらしい。
  14. かつて存在したデニーズはコインパーキングに変貌を遂げ、土佐屋商店さんは区画整理でなくなってしまった・・・ここで生まれ育った者として、さみしい。
    • その後コインパーキング跡地には、マンションが建った。当たり前の流れなんだね。
  15. 山の手が田端で下町が田端新町。なんで坂の下のが洗練されてそうな名前なのか疑問に思う。
  16. 田端新町と東田端は鬼っ子扱い(≒荒川区扱い)されているせいか、北区のコミュニティバスが通ってない。
    • 実は田端駅の住所は東田端。田端自体は東田端・田端新町とは似ても似つかぬ一軒家の犇めく住宅街にすぎない。

上中里の噂[編集]

  1. 上中里駅は都内でも屈指の利用者が少ない駅。ちなみに近くにある南北線の西ヶ原駅も少ない。
    • 上中里は京浜東北線・根岸線で、西ヶ原は東京メトロでともにダントツの最下位。
      • 京浜東北線というか、23区内のJR駅では利用者数がワースト2位らしい。ちなみに尾久もワースト3位。
      • ちなみにメトロのワースト2位も北区の志茂だったりする。
    • 毎日京浜東北線を利用しているが、上中里駅は3本に1本くらいの割合で停車すれば十分だといつも思う。
      • むしろ「必要ないだろ」とつくづく思う。
    • ドコモだけかもしれんが、この駅周辺だけ電波が異常に弱い。
  2. 宇都宮線・高崎線の沿線民にとって有名な「腸にミヤリサン」は上中里にある。
    • 尾久近辺で真っ先に思いつく車窓のランドマークといえばミヤリサンのネオン、というイメージがある。
      • わからない人のためにYouTubeのリンク貼っとく。[1]
  3. 駅前にある某中華屋は大盛がデフォルト。かた焼きそばを注文すると、のり切らない具が小どんぶりに盛られてついてくる。
  4. マージャン用具のかきぬま発祥の地



関連記事