松本清庁

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
ここが真ん中です。
この記事は悪過ぎです。


  • 本当は作家のための国家であったが、いつの間にか、米倉涼子が元首となり乗っ取りを果たす。
  • 繁華街など、悪女が活躍する場に現れ、マルボウ帝国とは抗争が絶えない。
  • 作家達の亡命先である西村京の亀井や十津川、キャバ城の釈由美子とも不仲である。

極悪度[編集]

  • 闇国家の最大規模を誇るマルボウ帝国ですら、米倉の極悪ぶりに舌を巻くとか。
  • 多くの情報を餌に多額の金銭をかすめ取るといったことも。
  • 復讐のために,米倉が筋書きを依頼者に手渡し金をいただくが,スナイパーを使うには高額なため,低額な自主実行コースを選択する依頼主が多く,それを選択した依頼主は大体実行後1時間30分ぐらいに西村京の亀井あたりに見つかって逮捕される。

伝説とキャバ城軍団との対立[編集]

  • 自分がクラブのママでもある米倉は、多くの勝手国の来賓を招くこともあるが,その際,当事国のスキャンダルを元に,来賓した幹部から多額の金銭を裏で要求しているらしい。
  • 自分がクラブのママでもある米倉は、かつて、釈由美子なる女性を子分として扱っていたが,いつの間にやらトップの座を揺るがさんとするため,彼女を追放。ライバル側がキャバ城国(キャバクラ幕府)を設立し,彼女を将軍に担ぐ。
  • 米倉はいかにも傲慢とも思える釈に対抗するため,キャバ城軍団の店に難癖をつけることも多いため,彼らでは米倉=キャバ城荒らしとして有名になる。



関連記事