枚方市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本近畿 > 大阪北河内枚方



枚方
摂津 寝屋川 交野

守口 四條畷
門真 大東

テーマ別[編集]

枚方市の噂[編集]

枚方市駅前にあります
  1. 府下で4番目の人口数、しかし40万人で頭打ちか?
    • 人口が減少に転じた。いつ40万人を割り込むだろうか…
      • 嘘情報。41万人後半に突入している('09年8月)
      • しかし2012年以降、人口が減少に転じた。
    • 北摂や大阪市内からは田舎と罵倒される。それでも府下4位の人口数。
      • 堺市からも田舎と罵倒される。
        • 京都府民にとっても枚方は充分田舎。
      • そして、高槻等の北摂から枚方に入ると都市機能の劣悪さに唖然とする。
        • 山から降りておいでよ。
      • 日本全体で見るとそんなに田舎でもない。
    • しかし、外国人が多い。
      • 関西外国語大学
        • そこの留学生が要因と思われる。
      • そもそも枚方は約1400年前に百済との交易が始まった頃から外国人(朝鮮民族)が居住していた。朝鮮半島系の百済王神社や王仁公園があるのもその影響。
        • そして戦時中になって多くの在日朝鮮人が軍需工場の多かった枚方に集まり(集められ)共同体を形成し、戦後も母国に帰る事なく留まり続けた為、外国人(特に朝鮮系)の多い街となった。
    • 現在、人口は増加傾向にある。2007年10月度の調査において、41万人を超えた。
      • しかし2009年以降人口は減少しつつある。2012年からは枚方市駅周辺を除く全てのエリアで減少している。と市のホームページに書いてあった。
        • 都心回帰の影響を強く受けている市の一つ。
    • 日本の市の中でも人口は多い方から40番台にある。
      • 2014年10月のデータでは55位に転落。
    • 対岸の高槻市はJRの新快速と阪急の特急が停車するため交通が便利だがその高槻市よりも人口では勝っている。
      • 理由は簡単。2町13村が合併して出来た為、面積がバカ広いから。面積が広ければ人口も多くなる。
        • 実は面積は高槻市の方が広い(高槻市:105.31km²、枚方市:65.08km²)。ただ高槻市は山間部が多いのでその分人口が少ないとも言える。
    • 40万都市にも関わらず市内に大きな商店街がない。近隣の寝屋川・高槻・茨木市などと比較するとよく分かる。
      • そのかわり高槻より居酒屋やスナック、バーが多い。特にビルの中にチェーン居酒屋が何件も入っている光景は高槻ではまずお目にかかれない。(by高槻市民)
      • そもそも枚方自体40万都市なのに影が薄い。
      • 枚方市は高槻市や茨木市と比較して主要駅が分散している(京阪:枚方市・樟葉・JR:長尾・京阪香里園やJR松井山手も駅勢圏に入る)ことも大きい。
        • 地域によっては河内磐船も駅勢圏に入る。
    • こんな感じで枚方は周囲から糞味噌言われているが、交野市八幡市の人々にとってはもっとも身近な「街」であるというのも否定はできない事実。
  2. 高校ラグビーは全国有数の強さ(啓光学園と東海大仰星)。
    • 過去には、市内の牧野高校も全国大会出場経験あり。
  3. 交野市は枚方市のオプションだと思っている。
    • 合併すれば「ひらかたの市」?
      • 市民であってもどこから交野なのかよく分からない。
    • 昔はアベコベで、枚方のある程度の部分が「交野郡」に属していた。
      • 2012年に交野警察署ができたが、市内東部の津田や長尾と言った地域は交野署管轄。
  4. 一時期、日本の首都(河内国樟葉宮)だった……らしい。
  5. ハイヒールリンゴと森脇健児と岡田准一(V6)は枚方出身で家が近所。またJanne Da Arc(全員ではない)、「ツバサ」で有名なアンダーグラフのボーカルとギタリスト、「踊るポンポコリン」のB.B.クイーンズの坪倉唯子(Vo)、またDir en greyのドラムも枚方出身。意外とミュージシャンが多い。
    • 森繁久弥も枚方市出身。幼少期を枚方で過ごした。
      • 川崎麻世は、森繁久弥が出た学校の後輩。
        • 川崎麻世の実家は枚方公園駅のすぐ近くの喫茶店。
    • 賀来千香子も枚方出身。
      • そういや、東西線が出来た時に、その日から東西線で通勤する旦那を持つ嫁の役でCM出てたけど、賀来さんは長尾とかの人なん? 樟葉とかやったらあんま笑われへんような気が。
    • 筋肉少女帯のギタリスト、橘高文彦も生まれは枚方(育ちは関東)
    • 樟葉出身者として、五島みどり(バイオリン)と、倉木麻衣(生まれは千葉だが樟葉育ち)を挙げとくわ。
      • 倉木麻衣は生まれも育ちも千葉県船橋市。樟葉には大学時代に3ヶ月だけ住んでいたが、その後すぐに引っ越した。
    • 岡田准一は枚方一中出身らしい。
    • アンダーグラフはベーシストも枚方出身やで(ドラマーは寝屋川出身)
    • 藤田まことも小学校時代の一時期住んどったとか。ちなみに蹉跎小学校に通っとったらしい。
  6. TSUTAYAは枚方が発祥の地。
    • なので香里園、1号線のTSUTAYAの規模を普通と信じていると、引越し先のTSUTAYAで愕然とする。
    • 10月枚方市駅前にまた新しいTSUTAYAが出来た。
    • 牧野高校の近くにも。
    • 枚方市駅前の近鉄百貨店が撤退した跡地にもTSUTAYAが百貨店を出店するらしい。
      • 店内、店外ともに非常に上品な雰囲気となっており、今までの古臭い枚方市駅周辺のビルと比べて輝いて見える。
    • そのためか、枚方市駅前にあるラーメン店ではTカードが使える。
  7. 市外局番3桁化は仕方ないにしても、あの番号はどうかと思っている。
    • 大阪市(とその周囲)以外はすべて072で始まる。昔ハイヒールモモコはラジオ番組で「07225~(堺?)」のお店の電話番号を思い切り「オ●ニーにGO!」と叫んでいた。
      • ただでさえラジオはボケた発言が目立つしな~…。
        • 市内局番は8から始まる。
      • 島本町は京都と同じ075やけど。(by京都府民)
  8. 「くらわんか」で有名
    淀川資料館にあるくらわんか舟の模型
    • くらわんか舟は、弥次さん、喜多さんの東海道中膝栗毛にも登場する。
    • 市立の「鍵屋資料館」で再現されているくらわんか舟のガキの口の悪さといったら…
    • 第二京阪道路のカントリーサインも「くらわんか」。
    • 新設の枚方なぎさ高校の当初の校名は「くらわんか高校」・・・流石に苦情が来たんだろう。
    • 実は発祥の地は対岸だったりもする。
  9. 難読市名として有名。
    • 「まいかた」や「まきかた」と読まれることが多い。また「牧方」と書かれることも多い。
      • 牧野の人は住所を書くとき、「枚・牧」どちらも含むので注意が必要。
      • 古くは「枚方」「牧方」が併用されていたので間違いでもない。
      • とうとう市が公式に「まいかた」ちゃうで、と2018年に自虐読み方調査をした。
        • しかし、当時の某官房長官が「まいかた」と誤読したため効果は乏しかった模様。
    • ある日テレのアナが「まきかた」と読んでいた。
    • フジテレビネプリーグでも誤答が連続。
    • 東京のラジオ番組に葉書を出すと「まいかた市」と読まれていた。
    • 東大阪に「岡」があるが、この「枚」も「ひら」と読む。
    • 談合のニュースの時はどうなっていたのだろう?
    • 多くの関西人は(ひらパーのCMのおかげで)正しく読むことができる。
  10. 1号線にROUND1ができたので田舎にも光が差してきたと思っている。
    • 隣に映画館できる予定。(2006.12)
    • 樟葉立替時に映画館が出来るというガセネタが出た。
      • 2014年のくずはモールのリニューアルの際に本当にシネコンができた。
  11. 枚方城なる城が枚方に存在する。
    • 何処に?
    • 一号線沿いにあるラブホテル「チャペル・ココナッツ」の事だと思われます。
    • 実はすぐ横に幼稚園があったりする。教育上問題はないのだろうか?
      • うちの妹が通ってたよ。ちゃんとよい子に育ってます。
    • 枚方第二小学校の近くにあった、と聞きました。
    • 交野線の沿線沿いのある意味名物的存在。以前は全体がピンクの派手な城だったがいつの間にか黄色く塗り替えられていた。
    • なお国道沿いにはもう一つ似たコンセプトのラブホテルがあるが、殺人事件があったり周辺の寂れた雰囲気も合わせてかなり異様というか不気味な雰囲気を漂わせている。
    • 枚方は宿場町が発展してできたまちなので、本当の城跡はない。淀川対岸の高槻市は城下町が発祥なので城跡がある。
  12. ダイコン・フィルム版の『帰ってきたウルトラマン~マットアロー1号発進命令』(庵野秀明監督・主演作品)の劇中における、謎の怪獣パグジュエルに襲われるヒラツネ市という都市のモデルは、枚方市といわれている。
  13. 映画「HIRAKATA」が東京と大阪で公開されたことがある。
  14. 北河内地区に属してはいるが東大阪八尾辺りに比べたら若干河内色は薄れてしまうような…。
  15. 寝屋川と交野と枚方で合併する話がでている
    • 寝屋川市にはその気は全く無いらしい。
  16. 実は蝦夷地。古代の蝦夷の強制移住先だった。酋長のお墓を現代まで大事に守ってくれたので、東北(特に岩手)の人は枚方の人と会うと感激する。
    • 強制移住先というか阿弖流為という人のお墓ですね。一応牧野がそう(首塚)だとされてますが、伝王仁墓がそうだという説もあったりします。岩手県奥州市水沢区の資料館でそう書いてました。
      • 「王仁」の読みが難しい。
      • 多分向こうさんは、そんなことは知らんと、大阪の街の人間と言うだけで感激するどころか徹底的に嫌ってくると思う。
        • 佐治さんの舌禍事件(1988年2月)のせい。
          • まあそれだけのせいでもあるまい。根本的に大阪人と東北の方々の馬が合わないということもあろうて。
            • 東北といっても表(太平洋側・内陸)限定ね。裏東北(庄内秋田津軽)の方々は大阪人と馬が合う。
  17. 最近は談合だのダーティーな話題に悩まされている。
  18. 実を言うと大阪市内から見て鬼門。
    • そして京都から見て裏鬼門(石清水八幡宮
    • そもそも京阪本線自体が大阪市から見て鬼門、かつ京都市から見て裏鬼門な都市ばかり走っている。
    • だか戦後になって沿線が発展しだした。
    • なので、京阪電鉄が香里園の宅地開発を行なうときに、成田山不動尊を誘致した。
    • このような歴史的経緯もあってか、都心からの距離の割には地価・家賃が異様に安い。
      • 鬼門は関係無い。家賃が安いのは梅田・難波に行くのに不便だから。
  19. 関西ローカルのムーブで大阪府で治安ワーストと認定された。
    • 分母といえる枚方警察所管内人口が突出して多いんだが、知事が変わって第二警察署建設も頓挫っぽい。
      • 平成24年7月2日に交野警察署が開署。
      • 一警察署の管内人口は日本一。 だったが交野警察署の開署によって解消。府道18号線を境に東側(枚方市東部を含む)が交野警察署の管内となった。
      • それでも2014年現在、枚方警察署管内人口は警視庁町田警察署に次いで全国2位。
    • 第二枚方警察署は建設が決定された。交野にできるのに、枚方警察署。
      • 間違い 仮称は枚方第二警察署。
    • 京阪沿線でもっとも治安がよい。
      • 京阪沿線の他の市に比べれば治安はマシな方だが、全国的に見ればそこまで良くもない。
    • 大阪府下の市で人口比では4番目に犯罪件数が少ない。(大阪府警発表2008年)
      • まともな繁華街が無い為だと思われる
      • しかし2014年7月に警察署の刑法犯過少報告が発覚、犯罪件数の誤魔化しが明らかになってしまった。
    • 日本で唯一置石による脱線事故が起こった地域。偶然にも死者は出なかったが100人以上の負傷者を出し、5000系1編成が廃車に追い込まれた。
  20. コミュニティ局「エフエムひらかた」が人気。
    • や大阪市内、宇治なんかにも入る。
      • その癖、枚方市内であるはずの光善寺駅周辺では入りづらいというアンバランスさ。
        • ネット放送(サイマルラジオ)スタートで全国どこからでもパソコンで聞けるようになった。
          • 西宮市のさくらFMは枚方市でも府道736号以西だと聴ける。
  21. 七夕伝説のまち。
    • 星にちなんだ地名が多い。
    • 天の川交差点は渋滞の名所でも有名。
    • 星丘地区は、アニメにもなったエロゲー「ななついろ★ドロップス」の聖地(ゲーム上では「舞方市星丘」)とされている。
  22. 1号線沿いに、パナソニックの球場がある。
    • 巨人・上原投手も、自主トレで利用したことがある。
      • 上原選手は2009年から米国へ羽ばたきます。
      • 上原投手の出身高校、東海大仰星は、このパナソニックの球場からクルマで10分程度の場所。
      • 球場だけでなく体育館も近くにある。昔そこのプールによく泳ぎに行った。
      • 上原自体は隣の寝屋川市出身。母校は市内の東海大仰星高校。
      • 2018年に出戻りした。
  23. 小松製作所が工場敷地を縮小。跡地へは市内の関西外国語大学が移転。
    • 関西外大が元あった場所には、市立図書館などを建てる。
  24. 西船橋という地名がある。
    • 読みは、にしふなし。
    • 近くには「利根川」という川もある(参照)。
  25. 市東部は素麺の産地でもある。
  26. 市章は、三十石船(淀川を行き来していた船)をかたどったもの。
    • だけかと思いきや、よく見ると「ヒ」「ラ」「方」を組み合わせてある。デザインした人、エライ。
      • ○に「立」にも見える。
  27. 関東で言うと相模原市が雰囲気的に一番近い。
  28. ダイコロの工場がある。全国の卒業アルバムの8割以上が、ここで生み出される。
    • 社会科見学に行くとアルバムと同じ製法で作った記念写真がもらえる。
  29. 交野市に近いあたりに、大きな浄水場がある。
    • しかし、このそばを通ると、パンの香ばしいにおいがする。
      • フジパン枚方工場から漂う香りと思われる。しかし枚方周辺のスーパーで枚方工場製のフジパン製品は何故かほとんど見かけない…気がする。
    • 大阪府の村野浄水場。一日の浄水処理能力は日本一。水道水の工場と呼ばれる。
      • 浄水場の東側を通る府道18号線は、通称「水道道」。 道路下には浄水後に大阪南部へ送り出される水道管が通っている。
  30. 枚方市でも氷室地区の住民は木津川市の高の原サティへも客が流れている。
    • 長尾近辺の住民は道路開発のおかげで松井山手や京田辺、城陽なんかへ行くのもそう手間ではなくなった。
  31. 堺市美原区と並ぶ消火器の産地である。
  32. 電波銀座でKBS京都が見れるだけでなく氷室地区を除きサンテレビも入るから電波事情は恵まれている。
    • 氷室地区はAM・FMともに在阪民放ラジオ局の電波事情がよくない。逆にお隣さんはほぼ入りやすい。
      • KBS京都ラジオは久御山町に送信所あるからねぇ、下手な京都市内よりも近いくらい。
  33. 堺県の最北端だった。
  34. つい最近まで花火大会があったのに・・・・・・。
    • とくにここの花火大会は開催が比較的遅い(8月下旬)ので、他の花火大会を見落としても行くことができた。
  35. 戦時中の市最大の事件は禁野の火薬庫爆発。
    • この禁野火薬庫への国鉄の線路が今の国道307号線と中宮平和ロード。
  36. かのメディアミックス総スルーマンガ「ラブやん」の舞台は枚方市。商店街や学校施設、ひらパーなんかは言うに及ばず、枚方城すらしっかり出ている。
    • その作者自身も枚方市民。
  37. 関西創価の小学校がある。
    • ちなみに創価の小学校は全国に2箇所しか存在しない(もう一つは東京都小平市にある)
    • なお、関西創価小学校の近くにある創価学会京阪文化会館は創価の地方会館の中では日本最大らしい。
  38. ytvの辛●さんの自宅があったようななかったような。
  39. 大きいのに相変わらず田舎と言われることに何かしら腹がたっている。
    • でもたしかに田舎。
  40. 現職の官房長官の地元。
    • 選挙戦最終日の枚方市駅前が、すごい。
    • 2012年12月の衆院選で落選しました。
      • 落選させたのは故・家鋪隆仁氏の眼科の主治医で赤星憲広の友人氏。そしてその医師(伊東信久氏)をその次の選挙で選挙区で落選させたのはあの佐藤ゆかり氏。
    • その前に自民党から出ていたのは「やる気、元気」のおばはん(井脇ノブ子氏)。
      • 思えば自民党の候補者は共に落下傘だな。井脇氏…大分→和歌山→静岡→大阪、佐藤氏…岐阜→東京→大阪
    • その官房長官は2014年に比例復活してしまった。
    • そういえば大阪府議会で民主党唯一の議席がここの選挙区だ。
  41. やたらと高槻市をライバル視している
    • 府県境を越えた八幡や生駒より、同じ府内で隣接する北摂の高槻や島本のほうが、極めて遠く感じる。阪急文化圏の高槻の上品な感じはとても庶民的な枚方とは遠い世界だし、周辺都市において高槻と島本だけが共通する広域行政が一切ない。高槻に無視されバカにされる枚方市役所は本当にメンツがない。鵜殿のヨシ焼きでもやりたい放題されているし。
      • 高槻市民が枚方をバカにする最大の理由は、かつて淀川にもう1本橋を架ける計画が出た時に、その橋の名称を「第二枚方大橋にする!」と枚方市役所がゴネたため。それが原因で計画はお流れとなってしまったが、以後高槻市民は枚方を「厄介なお向かいさん」と見なすようになったのだ。恨む相手は枚方市役所なのである。
      • 多くの高槻市民は枚方に対して生理的嫌悪感を感じているし、枚方大橋もなくなってほしいと思っている。
        • 府道17号枚方高槻線は淀川を渡れない。
  42. 何故か枚方市内に大阪市立高校という名の高校がある
  43. かつて大阪王将の本社があった。今も工場はある。
  44. 実は北河内の自治体で京都府に隣接しているのは枚方市だけ。
    • 奈良県にも隣接しているがあまりイメージにない。
      • 実際に枚方市から京都市大阪市奈良市までの直線距離はほぼ同じなのだが(どれも30km弱)、奈良方面には行き来しにくいので言われてもピンとこない。
  45. 市内には「村野」と「野村」という地名が両方ある。正直紛らわしい…。
    • 京阪の駅があるのは「村野」の方。浄水場もある。
  46. 枚方市って京都府と思っていた(by兵庫県出身)。北へ行くほど京都色が強まる。
  47. 枚方八景と言うものがある
    • それらは「樟葉宮跡の杜」、「牧野の桜」、「百済寺跡の松風」、「山田池の月」、「淀川の四季」、「万年寺山の緑陰」、「国見山の展望」そして「香里団地の並木」とされている。
  48. 枚方市で11chといえばアナログも地デジもK-CATチャンネル。
  49. 11チャンの枚方市広報番組「ウィークリーひらかた」はユーチューブにもアップロードされている。
  50. 禁野の田○眼科の前の道は私有地らしく、「関係者以外の車は進入・Uターン禁止」と書かれている。

地域ごとの噂[編集]

枚方市駅周辺[編集]

最近は衰退気味
発祥の地にできたTSUTAYAの百貨店、枚方T-SITE
  1. 枚方市民以外は知らないことがほとんどだが、昔は三越(撤退済み)・近鉄(現存)と大手百貨店の支店が進出していて、三越に至っては最盛期で隣のビルまで間借りするなど当時としては巨大駅前ショッピングモールを形成していた。ちなみに枚方市駅の高架化に伴って京阪百貨店が進出。1階の食品スーパーは若干高級志向だが内容はいい。
    • 三越の通りに面した部分がマクドナルドだった。(座席は、ない店舗)
      • ここが市内で最初のマクドナルドの店舗では?
      • マクドナルド枚方三越店は全国のマクドナルドの中でも利益率はトップクラスだった。
    • なぜここに近鉄百貨店があるのかわからない。
      • 枚方丸物(マルブツ)というデパート(本店は京都駅前=後の京都近鉄百貨店)だったのを近鉄が傘下におさめたから。
    • 近鉄百貨店の屋上遊園地の汽車は子連れの買い物客に人気だったが閉鎖。そして遂に百貨店自体が閉店、解体。
      • その近鉄百貨店跡地にTSUTAYAが新たに百貨店「枚方T-SITE」を建設。北河内の中心都市にふさわしい賑わいを取り戻せるか。
    • 北口には、枚方駅前デパートもあった。
      • まさにここがTSUTAYA発祥の地。
      • 長崎屋もあったが今は閉店し、100円ショップやドラッグストアが跡に入っている。
  2. 枚方市民は京阪・枚方市駅を「市駅」と略すことが多い。当然他の街で一般にこの表現は通用しない。
    • 寝屋川市民も寝屋川市駅を「市駅」略して言うが・・・?
      • 高槻市民は高槻市駅を阪急と略すが何か?
  3. ビオルネは若者が集まる。
    • そのビオルネにアニメイトが出来るらしい
      • らしいじゃねぇぇ、できたわよ。
      • 5階アニメイトの上6階にハローワークが2013年に移転。お前ら現実見ろよ。
    • ビオルネの最上階はもともとレストラン街だったが今や見る影もない。ゲームコーナーの周りには空きスペースが目立って見苦しい。これが40万都市の玄関口かと思う。
    • ビオルネの1階から地下には曲線エスカレーターがある。
    • ビオルネの一角に二郎系ラーメンを出す店がある。以前は別の場所にあったが移転してきた。
    • ビオルネのビルの間には京街道が通っている。
  4. 京街道を整備したのは豊臣秀吉
  5. 実はお隣の高槻市と同じく医学部がめちゃくちゃ駅から近い。

牧野・御殿山[編集]

片埜神社
  1. 枚方屈指の住宅街
  2. 牧野周辺の栄え具合に比べて牧野駅の停車列車が・・・
    • 駅そばもあるのに・・・。
      • 駅そばは既になくなりました。跡地にはコンビニのアンスリーの小型店舗ができた。
  3. 御殿山駅にアンスリーができる模様
  4. 森脇健司の実家がある。
    • ×森脇健司→◯森脇健児。今は当然ながら当の本人は住んでいないが、御殿山に住んでいたことをやたらネタにしたがる。
  5. 旧近畿情報処理専門学校がある。入学時にFD代1000円/枚を徴収する学校だった。
    • 中川家礼二の出身校。
    • 当時の愛称は「きんじょり」。
  6. 牧野駅北側の線路沿いの道に客待ちのタクシーが路駐しているけど、何とかならんか?
  7. 実は京阪牧野駅の南側には廃線跡がある。現在は住宅地やタクシー会社の営業所、変電所に使われている。
  8. 牧野駅の近くには河内国一の宮を名乗る「片埜(かたの)神社」がある。読み方は「交野」と同じだが漢字表記が異なる。
    • あれ?河内国の一宮って枚岡神社ではなかったっけ?いや、一宮が一つの国に2つある場合もあるからそれで良いのかもわからないけれど。
  9. 牧野公園の桜は「枚方八景」に認定されている。
  10. 「花より男子」。近鉄南大阪線の道明寺駅とは同じ河内国に収まっている。
  11. 京阪電車5000系電車がU字溝の蓋にぶつかり脱線した。U字溝の蓋を置いた中学生のいたずらだった。
  12. 「こんぶのくらこん」本社が招提にある。
    • このネタ、くずはのページに書いて良いか迷ったんだが…。
    • ホソカワミクロンの本社もこの近くにある。と言うか工業団地として色々密集している。
  13. V6岡田准一が気に入っていた「ベーカリー渚栄」が2017年4月いっぱいで閉店する。
  14. 養父ヶ丘は難読。兵庫県養父市と同じく「やぶ」。
  15. 府道17号は大型貨物車通行禁止。
  16. 磯島だけ摂津国三島郡だった。

津田・藤阪・長尾[編集]

大阪工大枚方キャンパス
JR長尾駅前
  1. 国会議事堂がある(国会議事堂そっくりな建物)
    • 議員の半分以上はちゃねらー
    • 国会議事堂を真似て作ったと教授から聞いたことがある。
    • 大阪工大の枚方キャンパスの校舎かな?一応国会から許可を取ってから建てたらしい。
  2. 津田と長尾は香川県さぬき市にもある。
  3. 枚方市で交野署管轄の地域。
  4. JR学研都市線沿線。
  5. 第二京阪道路が通る。
  6. 王仁の墓がある。
  7. 大阪国際大学がある。運営している学校法人はかつて帝国学園と呼ばれた。滝井と大和田に付属校がある。
    • 「帝国」というのはさすがに時代遅れなので、現在は「大阪国際学園」と改称されている。
    • 大阪工業大学や摂南大学のキャンパスもある。さすが学研都市。
      • 摂南は寝屋川の本部キャンパスよりもこっちの方が一目置かれやすい。
      • 京阪バスの摂南大学北口バス停は京都府八幡市内にある。
  8. 国道1号線寄りに枚方家具団地がある。
    • かつては「カグニティ枚方」と呼ばれていた。
    • 長尾駅の駅前を通る幹線道路は府道736号。ほぼ学研都市線に並走する。
    • 府道17号と府道735号は極狭区間がある。路線番号こそ43倍も差があるのに(735÷17=43余り4)。
  9. 何気に「宗谷」がある。但し読み方は「そうだに」。当たり前だが宗谷岬はない。
  10. 「ステーキ割烹 恒づね」のビフカツサンドは美味しい。
  11. 今後新名神高速道路も通る模様(付近にネクスコの通ります看板や家具屋のそれに伴う立ち退きセールなど)
  12. 穂谷に厳島神社がある。広島県廿日市市ではないのに。
  13. 三ノ宮神社もある。神戸市中央区ではないのに。
  14. 大阪府の最東端は国道307号と府道71号の交差点があり、枚方市東部清掃工場もある。府境を越えれば京田辺市だ。
  15. 杉中学校は京田辺市の天王からの越境通学特例がある。
  16. 奈良県にも隣接し、生駒市境近くに蓄産団地がある。
  17. 穂谷・宗谷・尊延寺・三陽台は最寄り駅が近鉄京都線の新田辺駅。
  18. ポムの樹発祥地。ポムの樹1号店は山田池公園の近くにある。
  19. 穂谷の原住民は重村さんが多い。
  20. 穂谷には関西外国語大学のキャンパスがあったが、御殿山キャンパスに移転したのに伴い2018年に撤退。
    • キャンパスがあったころは京阪枚方市駅はもちろんのこと近鉄新田辺・JR京田辺駅から直通のバスが運行されていた。

枚方公園・光善寺[編集]

  1. 枚方公園駅は戦後まもなくまで枚方駅だった。
  2. 枚方公園駅の東側に高級住宅街がある。その南側は最近、高層マンションが増えた。
  3. 国道1号と国道170号が重複する中振は光善寺駅の近く。
  4. 淀川寄りに出口という地名がある。
    • 地名の由来は中振から見て旧京街道への出口に当たるエリアの為。光善寺と合わせ蓮如上人縁の地でもある。
    • 1960年代後半までは対岸の高槻市三島江とを結ぶ渡し船があった。
  5. 実は香里園駅(寝屋川市域)のすぐ北東側まで枚方市域。
  6. 枚方市は大部分が丘陵部だが、ここの京阪本線より西側だけ平野部に属す。
  7. 枚方市はこのエリアのみ19世紀末に行われた「明治の郡合併」で北河内郡が成立するまでは茨田郡だった。逆に寝屋川市の丘陵部に属す打上は交野郡だった。

東香里・高田[編集]

  1. 1960年に入居開始した住宅都市。千里ニュータウンより入居開始が早かった。
    • かつてここには軍事工場があった。
  2. その中に開成中学校という進学校がある。決して神奈川県開成町ではない。
    • 大嘘。開成中学校は東京にある。枚方にあるのは開成小学校。しかもこちらは公立なので進学校でもない。ただ新興住宅地なので児童・生徒の平均レベルは枚方ではやや高めである。
  3. 近年、団地の建て替えが進む。
  4. 府道18号より東南側は交野市と間違えられやすい。
  5. 枚方市の最南端は星田駅(交野市域)の近くまで迫る。
    • もちろんE89第二京阪も通るが交野市と寝屋川市の間に位置し、枚方学研ICとは交野市を挟む関係。
  6. 公孫樹通という京阪バスで最も難読なバス停がある。
    • 「いちょうどおり」と読む。
    • 「茄子作(なすづくり)」も慣れないと難しい。
    • 「高田」は「たかだ」ではなく「こうだ」、「藤田川」は「ふじたがわ」ではなく「とうだがわ」と読む。藤田川には京阪バスの香里団地営業所がある。
  7. 「東香里」とは言うものの京阪の香里園駅には遠い。場所によってはJR星田駅なんかの方が近い。

ひらパーの噂[編集]

近畿の遊園地・テーマパーク#ひらかたパーク

枚方の交通[編集]

枚方市駅に停車する京阪特急
  1. 祝・京阪特急停車。
    • 市議会が陳情書出すくらい念願だったらしい。
    • 枚方市と樟葉に特急が止まって以来、京阪のダイヤは試行錯誤が続く。きっと枚方市民以外は良い顔をしていない。
    • 京橋を出たら京都七条までノンストップだったころが懐かしい。停めすぎやで。
    • でも大阪市、枚方市、京都市にしか特急が停車する駅がない(おりひめを除く)。
      • 樟葉駅は枚方市北部のターミナルだが八幡市の代表駅も兼任している。
    • しかし平日朝の枚方市停車「特急」では首都圏並みの混雑で、「準急」に避難する人多し。
      • 最近の「特急」はそこまで混雑しない(乗車率116%:2013年12月現在)。
      • 「特急」よりも「通勤快急」の方が混む(比較的利用者の多い香里園と寝屋川市からも乗って来る為)。
    • 2008年から枚方市ゆきの特急と樟葉ゆきの特急が頻繁に運行されるようになり、枚方市優遇傾向は続く一方である。
    • でも枚方市は京都と大阪の中間に位置し、人口も沿線では有数の多さである。だから樟葉はともかく枚方市への停車は当然だと思う。(JRや阪急が高槻市内に新快速や特急を停めているのと同じ)
  2. 狭い道が多いけどバスの交通量も多い
    • 市民病院前のバス道が片側1車線は異常
      • おまけにこの道は、歩道らしい歩道がないのに、関西外大生が歩くので、混乱に輪をかけている。
      • 府道144号線(杉田口禁野線)。起点から終点までずっと道幅が狭いが、中宮のあたりは最近整備されている。
    • 津田の交差点あたりは「これバス想定してないだろ」的な道だらけだが、歴戦の運転手は物ともせずに通り抜けていく。すごいよ京阪バス
      • 池之宮交差点~四辻~津田交差点の間は、嘗ては国道307号線だった。
  3. JR学研都市線 (片町線)が東部を通ってるが、ものすごく存在感がない。よくJR線がない市と勘違いされる。
    • 市の中心部を通っていないからねえ。寝屋川市も同様。
    • 実は民営化後も市内に非電化区間が存在した。長尾駅から京都府との府境まで。ここが貨物線を除くと大阪府内では最後の非電化区間だった。電化されたのは民営化後の1989年3月。
      • 平成初の電化だった。
        • 大阪府の旅客鉄道電化率100%達成は奈良県に次いで2都道府県目だったが、89年時点では沖縄を除く46都道府県全てに気動車定期列車が走っていた(沖縄除く46都道府県で気動車定期列車消滅はガミ線が電化された91年3月の神奈川県が最初)。
  4. 新幹線で東京へ行く時は京都駅から。
    • 家具町周辺在住ですが、八幡から直Q乗るルートがGoogle mapで出ます。ただ遅延云々考えて樟葉京阪→丹波橋乗り換えで京都駅向かう形になります。
  5. 北陸新幹線が通る予定で駅は松井山手に置かれる予定。
    • 新名神建設で立ち退きを迫られ、一段落ついたかと思えば今度は北陸新幹線。まさに立ち退き地獄。
  6. 高速の出口の案内標識に枚方って書いてある場所が3つある気がする(交野南・田辺西・京都南)、枚方地名書いてあるインターあるのにこれは・・・



関連記事