果物

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 植物 > 果物

  • 追加する際には分類ごとにあいうえお順になるようにお願いします。

独立項目[編集]

[編集]

  1. の親戚で、簡単に交雑する。アーモンドとも近い。
    • 杏仁豆腐は、これよりもアーモンドから作られてる方が多いとか?
  2. あんず飴は、駄菓子屋の定番。すっぱい。
    • ただし、屋台のあんず飴はあんずではなくすももの可能性がある。
  3. お酒。
  4. CLANNADのメインヒロインの1人
  5. 奈良市民は「からもも」と呼ぶ。
  6. 峠の釜めしの中に入っている。
  7. 日本を代表する俳優の娘。
  8. 二代目ジムリーダーだったり幼稚園児だったり次回予告でネタバレしたり「デュエルスタンバイ!」と言ったりする。
  9. 痰を切り咽を守る薬効がある。薬が飲めない妊婦が風邪をひいたときにはお勧めらしい。
    • 杏仁豆腐ならば熱があるときでも食べやすい。
  10. 林の中から製薬会社と大学がコンニチハ。

イチジク[編集]

イチジク
  1. 不老長寿の果物らしい。
  2. アダムとイブの絵で股間を隠しているのはこれの葉っぱ。
    • なので、知恵の実はイチジクという説もあるらしい。
      • 03にもあるが、股間が腫れたりしないのだろうか。
  3. 実をとると切断面から白い液が滴る。
    • 用心しないと被れたりするので注意。
      • 収穫の際、手がかゆくなる。
      • まれにイチジクの実を食べても口の中がかゆくなる人もいる。
    • 実はゴムの木の仲間なので、出てくる樹液の成分も近い。ゴムを作ろうとすれば作れるかも。
  4. 浣腸。
    • 寒い時期には湯煎で体温程度に温めると良いらしい。
  5. 実に見える部分は実は花。雌雄異株なのに日本には雌しか入ってきていない。
    • 受粉はイチジク専任のコバチがいて、幾つものイチジクの実の中に産卵することによって成立する。
      • この話を聞いて実に虫が入ってるんじゃないかと心配する人もいそうだが、受粉した実の中で無いと幼虫は育つことができないため、日本にはこの種のコバチはいない。
  6. この木を栽培する農家は枝を地面に這わせるようにして伸ばし、途中から上に分岐した枝を伸ばす。一般家庭の庭先に生えているやつは普通にわさっと生えているけれど。
  7. 数え歌のトップ。♪イチジク、にんじんさんしょしいたけゴボウ
  8. ドライフルーツもある。凄く甘過ぎて胸焼けする。
    • 漢字一文字で“く”だから、ってトンチか。

[編集]

「柿」バス停
  1. 海のミルクではない。
  2. 新潟でできた「平核無」(ようするに種無しの渋柿)が庄内柿おけさ柿へ派生。
  3. 某料理マンガの菓子対決では両方がこれのお菓子を出した。
    • 干したこれこそが駄菓子の甘さの基本である。
    • ある意味日本最古のお菓子。
      • 月餅でも甘味料として使われているらしい。
  4. 食べると法隆寺の鐘が鳴る。
    • 法隆寺にある柿の木の実を盗んで食ったら、警報サイレンが鳴ったに違いない。
      • 捕まると金を取られる。
    • 奈良には柿の奈良漬けがある。
      • 柿の葉寿司も有名。
        • 葉っぱごと食べるか、葉をはぎ取って食べるか、見解が分かれる。
  5. 隣の客がよく食べる。
    • 客を食べることもある。
      • それは妖怪。
  6. つくりの「市」はあくまで、「十」+「冂」ではなく「亠」+「巾」である。
    • 前者で書くと「こけら落とし」の「こけら」(JIS第三水準の漢字のため、漢字は記述せず)。こけらを食べても鐘は鳴らない、たぶん。
    • 「こけら」のほうの字は、昔は「木偏に“ホ”」のような字体を使用していた。
  7. 長岡市に柿町という地名がある。ここに行く越後交通のバスの方向幕が今は「長岡駅東口-柿」だが、昔はただ一文字「柿」だった。終点のバス停は右の写真の通り「柿」である。
  8. これの種とお菓子の柿の種は当然別物である。
  9. 石田三成曰く、体に悪いらしい。
    • それは干し柿。
      • 痰に悪いらしい。
        • 胆の毒ね。
  10. 学習塾などでは、毎年になるとこれの講習が行われる。
  11. ゴルフファンのかたがこれにお世話になっていても、そのことを知らないことも。
    • これが↑の3.につながる。
    • 最近はみんな金属製ですからねぇ
  12. 調理法は色々だが、おせち料理に入れられる。
  13. これが赤くなると医者が青くになるのだとか。
    • それはリンゴじゃないか?
  14. 葉っぱはお茶にもなる。
    • 葉にはアストラガリンとイソケルシトリンという血圧下降成分があるそうな。
  15. 実の色を焼き物に出そうとして苦労した人がいる。
  16. 日本の果物のイメージだが、ヨーロッパやアメリカどころか熱帯地方でもポピュラーな果物。
  17. 熟し過ぎてフニャフニャになった実は、冷凍庫で凍らせて『柿のシャーベット』にして食べても美味しい。
    • ただし「柿は身体を冷やす」そうなので食べ過ぎてはいけない。
  18. 何だかさわやかな感じや、すっぱい感じが全くせず、素朴な甘さだけがある。果物ではあるがフルーツっぽくない。
    • 干し柿は月餅の甘味料に使われているとか。
    • 酸味が無いのでジャムにするには向かないらしい。
    • 酸味がないことをよいことに、「なます」という野菜料理の材料のひとつに使われることもある。
  19. 昔は子供が良く盗もうとしていた。
    • 成功しても渋柿でがっかり。
    • 『サザエさん』でも毎年秋に恒例のネタだった。
  20. 日本の秋の風物詩。
    • 一個だけ枝に残しておく。これを「木守」というらしい。
      • 冬の厳しい時期に鳥達の重要な食べ物になる。
  21. 最近は熊や猿が狙って山から下りてくる。
  22. 柿の木は枝が折れやすいので登ってはいけない。
  23. 枝に白黒模様の変なものが付いてることがある。これはイラガの繭で別名が「雀の小便壷」という。とても硬い。
  24. 柿の木坂という地名をよく見かける気がする。
  25. 柿の実のヘタはシャックリの妙薬らしい。どうやって服用するのかは謎。
  26. 鏡餅の上にミカンではなく、代わりにこれを置く地域がある。
  27. 天ぷらにするとカボチャと区別がつかない。
  28. 猿が蟹の母を殺害した際に用いた凶器。
  29. 富有柿を「冬柿」だと勘違いしている人が多数いる。

カリン[編集]

登っても猫仙人とかいません。
  1. ToHeart2に居る。
    • こっちだとCV:中島沙樹。
  2. 生食することは無い。
    • のど飴でよく見る。
      • この間スーパーで生の実を売っていたのだが、食べ方が分からなくて手が出なかった。
  3. イチゴの妹。
  4. CV:釘宮理恵
    • 意外とあまり知られていない。
  5. こことは関係ないよな?
  6. 悪タイプ使いの四天王だったり増血鬼だったり豚に変身したり。
  7. キャラの名前としてよく出てくる割には、実物をちゃんと知っている人は少なそう。
  8. 昔はミニスカで愛国パンクロックやってて、その後ゴスロリの作家になり最近は反貧困やってる女性
  9. NHK朝の連続テレビ小説の記念すべき第50作目
    • 諏訪地方が舞台だった。

キウイフルーツ[編集]

  1. 中は翡翠色したものが一般的。
    • だったものの、最近は黄色の物も出始めた。
  2. の方に似ているから命名されたらしいが、実際の真偽は定かではないらしい。
  3. ある意味パパイアマンゴーとでワンセット。
    • どういう意味?
      • そういう曲が昔ありまして…。
  4. かなり意外なことに中国原産。
  5. 三鷹市の特産品らしい。
    • この前のゴチになります!でそこのキウイを使った限定メニューが出ていた。
    • トロピカルフルーツのイメージだが温帯植物なので日本でも簡単に育つ。で、たいてい持て余す。
  6. これを食べても球威が出るわけでもないし、9位になれるわけでもない。
    • 結構8位が入賞圏内という競技は多いから、それだとあまり縁起は良くないな。
  7. 実はマタタビの仲間。猫が近寄ると悶絶するので取扱注意。
    • 実はそれほどでもない。枝や葉はネコが寄ってきて酔っている。
  8. 面倒がって皮ごと食べると口の中がチクチクする。
  9. ワインみたいな酒も造れる。

ザクロ[編集]

バカが結実。
  1. 花言葉はバカ。
  2. 食べにくい。
  3. 人肉の味がするなんてのたまう輩は一度食べればその凡庸な味にがっかりするはず。
    • といっても果物としてはうまい。
  4. 最初知らずに厚い皮を食べ渋さに吐いた。
  5. 撲殺天使の妹。
  6. 一時期、ザクロジュースがダイエットの救世主としてもてはやされた。なんでだ?
    • 比較的低カロリーでカリウム含有量が多いから? どっちかと言うと高血圧や糖尿病の予防に効果がありそうだが…。
  7. 冥界の王ハデスがさらって来た嫁に四粒食べさせた。
    • そのため四ヶ月は冥界に留まることとなり、母親の豊饒の女神が嘆き悲しんで実りの無い冬となった。
  8. おとめ妖怪
  9. 紅一点。
  10. 昔は鏡を磨くのにつかったとか。

[編集]

  1. 鳥取の生命線。
    • ここで有名なのは、「にじゅっせいき」ではない。
    • 市川市鎌ケ谷市松戸市にとっても生命線。
      • 千葉から見ると二十世紀は過去の産物。 やはり香水、豊水。
        • やたら動きのいい奴がご近所に出没。
      • 香水じゃなくて「幸水」。それに「新高」を加えて日本の4大品種か。
      • 二十世紀はまだマシな方で、長十郎の方が悲惨。
      • もはや前世紀の遺物と。
      • 知り合いに貰った「稲城」が美味かったなぁ。
      • 最近出た「秋月」が個人的には好き。いや、決して律っちゃんは関係…リッチャンハオイシイデスヨ。
  2. リンゴとあれだけ形が似てるのにどうしてあんなに味から食感まで違うのか…。
  3. 「なし」のつぶての「なし」。
    • 「ナシゴレン」の「ナシ」・・・は「ご飯」の意味。
  4. 元となったのは中国、朝鮮半島、日本などに自生している「ヤマナシ」。
    • さらに日本に自生する品種として「イワテヤマナシ」がある。
    • 山梨の由来というわけではないらしい。
  5. 品種の中にはある意味合成地名な品種である「」がある。
    • しかも生産高は4位。
  6. 木にはアブラゼミがうじゃうじゃいる。
  7. コンニャク打法。
    • 懐かしいねぇ。その打法真似てケツ振ったもんだった…。ちなみに産地は浜田市
  8. 「無し」じゃ縁起が悪いから、「ありの実」という別名がある。
  9. 歌舞伎界のことを「梨園」という。
    • 「なしえん」じゃ、ないヨ。
  10. 西洋人には「実がザラザラしていて美味しくない」そうだ。
  11. 秋を代表する果物。これを貰ったり、売られているのを見ると、「もう秋なんだな・・・」と感じる。
  12. 「おもて梨」という種類があるそうな。

洋梨[編集]

  1. ラ・フランスとバートレットとル レクチエで意外と好みが分かれるところ。
  2. 日本では生産高トップ6で日本全体の90%を越えてしまう。
  3. 味や食感は異なるが、栄養成分自体はとほとんど同じ。
  4. あまり無農薬という言葉と組み合わせない方が良い食べ物の一つ。
  5. 職場の上司やお偉いさんに一番言われたくない言葉。
  6. 熟成が進んで腐りかけたときが食べ頃。
    • 鳥や昆虫も食べ頃の実を狙って襲来するので、生産者との仁義なき戦いの場となる。
  7. 「洋梨型」→肥満の体型の一つ。
  8. ラ・フランスはフランス本国では栽培していない。手間がかかってしょうがないので廃れたらしい。
    • ラ・フランスは実ごとに熟成の状態が異なるので収穫時期の特定が難しいらしい。
      • 買ったはいいが、店で売っている状態はちょっとまだ早そうで、しばらく家で置いておくものの食べ頃がいつなのかよくわからない。
    • ル レクチエも本国では殆ど栽培されていないらしい。病気に弱い上に長い追熟期間が必要だからとか。
      • ということは、フランス人観光客がたまたま日本を訪れてラ・フランスとかル レクチェとかを初めて口にするのだろうか?

ビワ[編集]

琵琶、じゃない枇杷。
  1. 漢字(枇杷)にして「木」を「王王」に変えると同じ名前の楽器(琵琶)に早替わり。
  2. 琵琶湖湖畔の名産…ではない。
  3. 三年八年、枇杷は早くて十三年。
    • とは言うが、実際は8年くらいで出来るらしい。
  4. ハヤヒデ。
    • ハイジ。
  5. 中国伝来らしい。
  6. 食べたあとに残った種を植えると普通に芽が出る。挑戦すべし。
  7. 茶にもなる。
  8. 「植えると病人が出る」との迷信がある。
    • もともと葉が茶(内服薬)やシップ薬になるので僧院で植えられていたらしい。
      • 病人を治療しながら、栄養のあるビワの実を食べさせていたので誤解されたらしい。
    • 植えてから結実するまでの期間が、家が代替わりするまでの期間に近いから、という説も。
  9. 最近は種無しビワも売られている。けど高い。
  10. 葉や樹皮が楮みたいに紙に出来るらしい。時間はかかるが。

ブドウ[編集]

塩尻駅の風景
同上。棚の下から撮影
  1. 「葡萄」と漢字で書くと匍匐(ほふく)前進の「匍匐」に草冠をつけたっぽくなる。
  2. 戦っているわけではない。
    • 踊っているわけでもない。
  3. 汁が服に付くとけっこうな色が付くので大変。
  4. 山梨岡山などの生命線。
    • 河内地方でもこっそり栽培されている。ワインも作っている。でも生命線、ってほどではない。
  5. 皮を剥いてから食べる派と、皮ごと口に入れて皮だけ出す派に分かれる。
    • 主に女性が前者、男性が後者。
    • 西洋人は、房ごと食べる、つまり皮も種も枝も食べるのが普通らしい。
  6. グレープフルーツとは似ていない。
    • なってる様子は少し似てるよ。
  7. 「ブドウのキバ」と漢字で書くと南欧の某国のことになる。
  8. これの果樹園での撮影はカメラマン殺しと言われている。
  9. 東京の某地名の名称が付いた品種もある。
  10. ワインの原料。
    • 更にあれこれやるとブランデーができる。
      • 最初はブランデーはワインが出来過ぎてしまったときの生産調整として作られたらしい。ブランデーは元々「焼きワイン」という意味だとか。
    • これまたあれこれやると、シャンパンができる。
      • 修道士が教会の改修費用を捻出するために売り出したらしい。
    • 実は栽培されるブドウの殆どが生食用ではなくワイン用。
      • ワイン用に果汁を搾り取った残りをあれやこれやするとグラッハというブドウ焼酎みたいな酒ができる。
    • はたまたあれこれやると「オー・ド・ヴィー・ド・マール」というスピリッツにもなる。
  11. 実は海でも採れる。正式名称は「クビレヅタ」。
  12. これを干した物は苦手な人が多い。
  13. かつては日本中の線路で見られた。
    • 本来のブドウの色とはかけ離れている。
      • その昔、「ブドウ色」と「ワインレッド」を取り違えた鉄道会社がおってだな…
  14. 食べる部分の実は紫色ってわけでもないのに、ブドウ味を謳った食品や飲料はたいがい皮の色である紫色をしている。
  15. 農薬を生むことになった植物。元は窃盗対策だったらしい。
  16. 種なし柿は品種であるのに対し、種なしブドウは房ごと薬に浸けて作る。ジベレリン処理。
  17. 実に貴腐菌というカビが付くと実の糖度が凝縮されて貴腐ワインの原料になる。
  18. マスカットもブドウ・・・・・・だよね?
    • ガムやお菓子、ジュースの味とかでは別れているけども。
  19. には酸っぱい果実らしい。
  20. ポリフェノールが豊富。
    • 「フランスの矛盾」の立役者。
  21. 種から油も採れる。グレープシードオイルとしてチリアルゼンチンから輸入されている。
    • オリーブオイルと異なり、冷蔵庫で冷やしても固まらないのでドレッシングやオイル漬けに向いているらしい。
  22. 鎧武のミッチがダークサイドに堕ちてから子供がブドウを嫌がるケースが出てきたらしい。

ポーポー[編集]

  1. 謎の果物
  2. トロピカルフルーツと見せかけて全然そうじゃない。
    • 原産地はアメリカ合衆国。ニューヨークあたりにも生えてるらしい。
    • 北海道でも取れる。
  3. アケビガキという和名がある。
    • この和名を付けた人は天才。味や形状、中身の色など、この名の通り。
  4. 花が臭い。
  5. ミスター・ポポの由来かもしれん。

[編集]

  1. 桃といえば岡山、岡山といえば桃。
    • でも生産量日本一は山梨
    • 福島のことも忘れないで下さい。
  2. ミヒャエル・エンデ著。
  3. 毛だらけ。
  4. ピピルマピピルマプリリンパ。
  5. 種は薬になるらしい。
    • 梅の種の中身みたいな味を期待して食べた事があるが、苦かった。
  6. たまにさらわれる
    • しかし、自ら冒険に出たこともある。
  7. 中央線や秋葉原と縁が深い。
  8. 冷蔵庫で冷やすと甘みがなくなるので冷やしてはいけない。
  9. 「太郎」を付ければ日本の有名な昔話。
    • でも桃から生まれたからと言って、その名前は安直過ぎる気がしないでもない。
    • ももをひらがなにすると、なぜかイチゴ味の新潟の氷菓子
    • 高橋英樹さんが演じていた。
    • そしてトマトでもある。
  10. しあわせゲットだよ!
  11. 缶詰は病気見舞いの定番だった。
  12. イタリアの自動車部品メーカー。
  13. 全日空系列の格安航空会社
  14. イザナギノミコトが黄泉の国を脱出するのに役立ったので神としての名前も持っている。

すもももももももものうち[編集]

  1. 果物には桃じゃないのに「モモ」のついたものが多くある。
    • 昔は、果物といえば「桃」だったのかも。
    1. コケモモ
    2. スモモ
    3. フトモモ
      • とりあえずインパクトはある。
      • 大腿ではない、分からなかったら「検索」。
      • 「グアバ」はこれの親類。
      • フトモモモモモモモモノウチ
    4. ヤマモモ
    5. ユスラウメ
      • 漢字だと梅桃とか桜桃と書く。
    6. 胡桃:クルミ
      • 多作な四コマ漫画家。
    7. ミンキーモモ
      • 魔法のプリンセス。
    8. 地上最強のヨメ。
  2. スモモとユスラウメはモモの親戚。あとは赤の他人。
    • 桜桃は「サクランボ」とも読める。これまた親戚だが一応別物。
      • 作家の太宰治はサクランボを食っては吐き食っては吐きしていた。そのため彼の命日は「桜桃忌」と呼ばれるようになった。(大嘘)
  3. 子作り、しましょ
    • あの歌詞は全体的に衝撃だったな・・
  4. 「淹れたてのお茶」と同じく、日本語変換の能力を測る試金石。
    • 「貴社の記者は汽車で帰社する」は固定変換語として入れられているので日本語変換能力の確認に使えない。
  5. シャワーズルカリオを使ってくる。同一人物ではない。

トロピカルフルーツ[編集]

アボカド[編集]

  1. 果物だけど塩分と一緒に摂取される事の多い変な果物。
  2. 果物の癖に妙に脂っこい。
  3. 食べ時が難しく、未熟なアボカドを食べると死ぬほど不味い。
  4. アボガドという人も多いが、正式名称はアボカド。
    • 原産地での名前の由来は「キン○マ」だとか。なんかおおらか過ぎる。
    • 「じゃねーし」byまゆゆ&さしこ。
  5. 種は毒。
  6. 種を埋めておくと栽培することが可能らしい。都内の個人でアボカドの収穫に成功した人もいるそうだ。
    • 最終的には20mを越す巨木になる。
      • 受粉の効率が悪い。花が200咲いて実るのは1個らしい。
    • 種に爪楊枝を刺して支えを作ると、水栽培でも発芽させられる。
      • 土には芽が出てから植えたほうが定着率が良いらしい。
  7. 犬とか猫に与えてはいけない。
    • 実は人間以外のほとんどの動物に毒らしい。
  8. 栄養分がすごいらしい
  9. 科学者の名前ではないらしい。

グアバ[編集]

  1. 和名は「バンジロウ」と、何だかオッサンぽい。
    • 某元チャンピオンの孫。
  2. 実を食用にするのはもちろん、葉も健康茶に加工される。
    • 健康茶は苦渋いので余り売れなかったみたい。

チアシード[編集]

  1. チアと言う植物の種だからチアシードである。まんますぎる。
  2. 最近ローソンがドリンクでやたらと推している。どうやらダイエットに結構向いている食べ物らしい。

チェリモヤ[編集]

  1. 食べた人の感想を聞いても味の想像ができない。
  2. 食べごろを逃すと青臭かったり苦かったりしてまずい。

ドラゴンフルーツ[編集]

  1. 実はサボテンの仲間。
  2. 身は一見ゴマ塩っぽい。
  3. 沖縄ではケーキの材料。
  4. 食べた後手が汁で赤くなったような…。
  5. 果肉の色は赤と白の二種類ある。

ドリアン[編集]

  1. 色々な意味で武器になる最凶の果実。
    • 交通機関への持込を禁止している地域も。
  2. 果物屋の店頭にあるのを見ただけで避けたくなる。
    • でも興味本位に触ってみたくなる。やっぱり棘が硬い。
  3. 東南アジアのスーパーでは皮を剥いてラッピングしてるがあまりの臭いのため目で探さなくても置いているコーナーが分かってしまうほど。
  4. 果肉は薄黄色。食感はバナナ並に柔らかく、かなり甘い。
  5. リンゴやミカンと同じくドリアンの木から実が生る。実が落下して毎年死人やけが人が出る。
    • 木は最大で40メートルほどにもなるので威力は絶大。落下音でテロでも起きたのかと勘違いする。
    • ドリアンを放り投げてヘディングで割ろうとする人をテレビで見たことがある。結果は頭に当たった後白目向いて気絶した。
  6. 助川。
    • 今は確か改名していたはず。なんて名前だったっけ?
    • 本名で活躍している。
    • 気がついたら復活してた。
  7. 東南アジアにはこれの飴があるがそれでもキツイ。特に胃に入ってからしばらくは、げっぷを出すだけでヤバい。
    • いやいや、羊羹にはかないませんって。
  8. オ・トワ・ラヴィ~♪
  9. レミファソラシドレ

パイナップル[編集]

こんな風に実がなります
  1. 真ん中の丸は最初から開いていると思っている人も多い。
  2. 食べると口の中がいがらっぽくなることもある。
  3. じゃんけんで勝ったら一定歩数進むゲームの「パー」。
  4. しりとりで「ぱ」が来るとよく出てくる果物。
  5. 昔使われていたタイプの手榴弾の俗称。
  6. 酢豚に入れるかどうかで分かれる。
    • ステーキに乗せるかどうかでも分かれる。
  7. 直訳すると「リンゴ」。
    • みんな「パイン」と略すけれど「松」と言ってるようなもの。
      • ステンレスをステンと略すのは「錆」なのでもっと変。
  8. よく考えると野菜かもしれない。木じゃないし。
  9. 肉料理と相性がいい。消化を助けてくれる効果がある。
    • それゆえに食い過ぎると胃に穴が開くこともあるらしい。
    • 上記のステーキに乗せるのもそういう理由だよね。
  10. 南国の果物のイメージだが、実は福島でも栽培に成功したらしい
  11. 正拳突きが得意。
  12. 固くて強くて遅い。
  13. 上だけ切ってまた生やせば一生食べられる。
    • 順調に育つと三年後に実を付けるとか。
  14. 私、信じてる!
  15. 漢字で書くと「鳳梨」(ほうり)。
    • 上の葉の部分が翼を広げた鳥のように見えるからこの名前になったのだろうか?
  16. ミクロネシアでは食べ終わった後葉の部分を外に捨てるとそこからまたパイナップルが生えてくることがあるらしい。
  17. 赤土などの貧栄養地でも育ち、実は生でも缶詰にしても高く売れるので日本の海外青年協力隊がアフリカで貧困撲滅対策の切り札として注目しているらしい。
  18. 手●弾の別名
  19. ある意味リンゴペンでワンセット。

パッションフルーツ[編集]

パッションフラワー
  1. 別名「クダモノトケイソウ」。
    • 名前の通り、花は時計のような形をしている。
    • 逆に花のほうの「トケイソウ」の実は食べられない。
      • そっちの英名も「パッションフラワー」。
  2. 小笠原では蒸留酒の原材料。
  3. 実はパッションは「情熱」ではなく「キリストの受難」という意味。
    • だから下記の人はあれ程の苦難を味わったのではないかという疑惑がある。
    • 時計みたいな花を十字架をはじめとする受難の象徴に見立てた命名。
  4. 精一杯、がんばるわ!

パパイア[編集]

  1. 鈴木。
  2. 地域によって、野菜として利用されるか果物として利用されるかが分かれる。
  3. ある意味キウイフルーツマンゴーとでワンセット。
  4. 年頃の娘さんをもつ男性がドキッとする果物。
  5. 昔「ここがヘンだよ日本人」で出演者のサンバ・ぜぺリンが「この木は男性不妊の治療に効く」と言っていた

マンゴー[編集]

  1. 宮崎産など、最近インフレ気味?
    • 輸入は、東南アジアからが多いが、関税はもちろん、輸送が難しいのでそれなりの値段になってしまう。
  2. 香港では、プリンにするのが定番。
  3. 東南アジアの大手スーパーで売られている、マンゴー入りヨーグルト(Made in 豪州)はオススメ。
  4. 宮古島のやつも美味いらしい。
  5. ある意味パパイアキウイフルーツとでワンセット。
  6. ここ数年、これを使ったジュースやヨーグルトなどのお菓子類が増えている気がする。
  7. ウルシ科であるため、人によってはかぶれることもあるとか。
  8. 濁点と長音を消すと…
  9. 文化大革命の頃にパキスタン政府からこの果物を贈られた毛沢東は何を思ってか北京の主な工場におすそ分けした。
    • 某工場ではそのマンゴーを祭壇に飾って毎日一礼していたらしい。

マンゴスチン[編集]

  1. 女王様。暴君と違って万人に薦められる甘酸っぱい味。
  2. 生モノは害虫検疫の関係で長年輸入できなかったが、殺虫技術の進歩により2003年ようやく解禁された。
    • 生だと味の劣化が早く、冷凍すると味が著しく落ちるのはライチと一緒。
  3. 名前がなんだかエロい。

ライチ[編集]

  1. 別名「レイシ」。ニガウリの別名といっしょ。
  2. 中国南部が原産。
  3. 楊貴妃がライチを愛するがあまり、が滅びたという話は有名。
    • 時の皇帝・玄宗が楊貴妃のためにライチを取り寄せることばっかり考え、国を治めるのをないがしろにしたためと言われる。
  4. アジアンスイーツに入ってることが多い。
  5. 日本でも沖縄、鹿児島を中心に栽培されている。冬の温度管理さえすれば、暖地では育てられる為、マンゴーよりも育てやすい。
  6. 塩を混ぜた夏場のドリンクが出てきた。
  7. 学校給食で冷凍のものが出されることもある。



関連記事

スポンサーリンク