新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

格闘技団体

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 新規追加は五十音順で。

GLORY[編集]

  1. 母体はオランダの格闘技ジム。
  2. 2012年にここと揉めたのを機に独立した格闘技興行を開始。
  3. 同じオランダのIT'S SHOWTIMEを吸収した。
  4. ここのホワイトナイトに名乗りを上げたが、大晦日興行を合同にさせた上、双方で揉めたため決裂した。

K-1[編集]

  1. 母体は正道会館。
    • 旗揚げに先立ちリングスに参戦して興行のノウハウを得た。
  2. 「空手」「キックボクシング」「格闘技」などが「K」になっている。
  3. 放送はフジテレビ独占だったが、現在はTBSも参入。一時は日本テレビでもやってた。
    • しかし、最近フジは熱心じゃない。SRSも終わってしまったし。
  4. 石井館長が×××をしてたので、トップが変わったが、プロレス化が甚だしい。
    • 最たる例が悪童バダ・ハリの反則。
    • 何しろ雑誌編集者上がりだからなあ。
    • 実際、プロレスに参入したこともあるが、ことごとく失敗している。
    • 石井時代にプロレスラーも何人か参戦して豪腕の前にことごとく散っている。
  5. PRIDEとは協力関係だったのが、いろいろあって絶縁。しかし、消滅後は元スタッフ陣営と組んでDREAMを立ち上げた。
  6. アンディ・フグと佐竹雅昭が活躍したあの頃が懐かしい。
  7. GPファイナルの会場が段々しょぼくなってる。東京ドーム→横浜アリーナ→有明コロシアム。新日本プロレスですら1.4を死守してるのに。
  8. FEG亡き後、Krushが母体となって再生。
関連項目

修斗[編集]

  1. 佐山聡が立ち上げた、総合格闘技の老舗。
  2. VTJの名でビッグマッチを開いている。

シュートボクシング[編集]

  1. 創始者はシーザー武志。
  2. 「立ち技総合格闘技」を称する。
  3. RENAのRIZIN参戦で知名度も上がってきたかも。

ストライクフォース[編集]

  1. UFCに対抗できるはおそらくここだけ。
  2. 六角形の金網(ヘキサゴンケージ)。
  3. DREAMとの提携で日本にも知られるようになった。
  4. でも、結局ここもUFC(ズッファ)に吸収された。

戦極[編集]

  1. DREAM同様PRIDE消滅を受けて立ち上がった団体。
  2. 興行名は公募で決まった。
  3. 「日本総合格闘技協会」なる団体が関わっている。
  4. 中継はPPV主体。
  5. メダリストな彼が入団したけど起爆剤になれるか?
  6. 東日本大震災後、メインスポンサー撤退で崩壊。

DEEP[編集]

  1. 「格闘技のおもちゃ箱」をコンセプトに旗揚げ。

DREAM[編集]

  1. 2007年に消滅したPRIDE元スタッフとK-1を統括するFEG、それにDEEPの大連立で2008年結成。
  2. 発足前に「やれんのか!大晦日!2007」を敢行。
  3. 旧HERO'Sの流れでTBSで中継する一方、PPVも実施。
  4. PRIDEで好評だった「煽り映像」も健在。
    • ただし地上波では見られない。
  5. ミルコとヒョードルを二枚看板にしようとしているが、微妙。
  6. FEGの経営難からここに売却されたが、2012年大晦日興行を巡りトラブルとなり事実上崩壊。

パンクラス[編集]

  1. 船木誠勝、鈴木みのるらが藤原組から離脱して旗揚げ。
  2. 名付け親はカール・ゴッチ。
    • 由来は古代ギリシャのパンクラチオンから。
  3. 旗揚げ戦は今はなき東京ベイNKホール。
  4. 現在は総合格闘技団体だが、プロレス部門もパンクラスMISSIONとして存続。
    • 2020年現在、パンクラスMISSIONに所属しているのは鈴木・冨宅飛駈・佐藤光留の3人のみ。
  5. 現在のトップはここの社長だった人。

ベラトール[編集]

  1. 意味はラテン語で「戦士」。
  2. ストライクフォースも吸収された現在、反UFC最後の砦となってしまった。
  3. 現在はバイアコムの子会社。

UFC[編集]

  1. 格闘技のメジャーリーグと称される。
    • じゃあWWEは???
      • WWEは「ワールド・レスリング・エンターテインメント」だから
  2. しかし格闘技ではメジャーであるロープのリングでなくオクタゴン(八角形の金網)を使用。
  3. 初期の頃はまさにバーリ・トゥード(目潰し・噛み付き・金的以外何でもあり)だった。
    • 1回だけ金的も認められた。いわば史上最凶のデスマッチ。
  4. 日本の総合格闘技ファン(特にPRIDEファン)からは忌み嫌われている。
  5. 石井ってもう参戦したの???
    • 石井はまだだけどKIDは参戦している。
  6. 帝拳ボクシングジムが日本の窓口らしい。
    • WOWOWの中継も帝拳を通じて取得していたものの、一時休止後は帝拳を介せず放送。
      • 2016年に再び休止しFOXに変わったが、2018年に2度目の再開。
  7. グレイシー一族が旗揚げした団体だが、大統領選にも立候補した某上院議員と衝突した結果、存続の危機に陥り、ズッファに買収された。
  8. PRIDEを買収してから規模拡大が止まらない。2010年にWECも吸収。国内外あらゆる選手に参戦を呼びかけるので、UFC以外の団体関係者は戦々恐々。
    • 米国内のUFC独占化、日本など国外の空洞化も懸念される。
    • 2013年にはストライクフォースまで呑まれた。
    • WEC統合で軽量級、ストライクフォース統合で女子にも広げた。
  9. なぜか相反するはずのWWEの元スーパースターも参戦。
  10. 総合格闘技興行が禁止されているためニューヨーク州に進出できていない。一度内定していたニューヨーク大会も中止にされた。
    • 2016年にやっとMSGで205開催。
  11. SEGとしての最終興行をディファ有明で開催し、ズッファになってからは日本開催は長らくなかったが、2012年2月にさいたまスーパーアリーナ大会を開催。
    • その後も不定期ながらさいたまで開催。
  12. 2016年7月、ズッファ撤退しWME-IMGの運営に変更。

RIZIN[編集]

  1. PRIDE消滅から8年が経ち、元代表の手で年末に旗揚げ。
  2. 世界各地の反UFC団体による集まりらしい。
  3. 日本でもケージが主流になりつつある中、PRIDEを再現するかのようにロープに拘る。
  4. PRIDEにはなかった女子の試合を組んだり、K-1やシュートボクシングも提供されている。



関連記事