楽天

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

事業別[編集]

楽天グループの噂[編集]

  1. 電子商店街の日本最大手「楽天市場」の保有会社。
    • 世界最大手のeBayはいったん日本参入したが、見事にここに勝てずコケて撤退したため、今はYahoo! JAPANと組み再起を図っている。よって現在のライバルはYahoo!ショッピング・オークションなど。
      • ショッピング・オークションサイトとしてはビッダーズもライバル。奇しくもここの親会社球団を持つ様になり、後述ソフトバンクと合わせ図らずも三つ巴に。
    • 旅行やら証券やらポータルサイト(infoseek)まで持つようになり、いつしか巨大グループと化した。
      • 電波も持つつもりだった。→ここ
      • いつの間にか、保険業界にも参入していた模様。
      • eBayは、二〇一八年に日本再参入を決めました。
  2. 東北楽天ゴールデンイーグルスの設立で、2004年からいっそう知られるようになった。
    • 参入を決めた当初、もうひとつの候補であるライブドアより人気がなかったことは、今では黒歴史となっている。ライブドア・ショック前、いかに世間の人の見る目がなかったかがよく分かる事象。
    • 奇しくもライバルYahoo!の親玉であるソフトバンク福岡ソフトバンクホークスを保有したため、球界でも張り合えるようになった。
    • ヴィッセル神戸はユニホームに関してのみのスポンサー。三木谷個人での出資形態を取っている。
      • その後正式に子会社になった。
  3. 円天市場なる紛い業者が現れたが、巨大な詐欺事件となって崩壊した。
  4. フュージョン・コミュニケーションズを東電から買収し、ソフトバンクを追う。
  5. 蔑称、落転
  6. サイト吸収合併が大好き。
    • 吸収される側のサイトユーザーの声なんて無s(ry
      • 上記の通りinfoseekがここに吸収された影響で、私はレンタルホームページスペースの料金を納める会社が二度も変わってしまいました(COOL ONLINE→infoseek→楽天)。
      • 昔のサイトにアクセスすると、3回に1回はインフォシークのトップページに飛ばされる。
    • 「旅の窓口」も優良サイトだったのに。
    • 一方でイーバンク銀行を支援する代わりに都民銀行楽天支店の事業譲渡をしてもいる。再編も得意な模様。M&A企業の特徴か。
      • そして楽天銀行と名前を改めさせた。
  7. 就活生からは離職率の高いブラック企業として知られている。
    • 正社員でさえ、社員食堂や休憩所が有料。
  8. 本社を六本木ヒルズ→品川区→二子玉川とコロコロ移転している。
  9. トレンディエンジェル斎藤が芸人になる前にココで2年間アルバイトしていた。

フュージョン・コミュニケーションズの噂[編集]

  1. 元々は日商岩井系だったのが、東電を経て、2007年に楽天グループ入り。
  2. マイライン開始と同時にサービス開始。国内どこへかけても一律料金が売り。
  3. パワードコムと事業統合したため東京電話も扱うことになった。(現在はサービス終了)
  4. 楽天の固定電話事業とプロバイダー事業は、ここの担当。

楽天カードの噂[編集]

  1. 楽天カードは「勢い」があるクレジットカードの代表。
    • 逆に言えば、2chなどで「ダサい」など酷評されるカードの代表でもある。
    • 8秒に1人楽天カードマンが増える。
      • CMやり始めたのはカードの登場からすると結構最近。
  2. プライオリティパス(海外ラウンジ会員)資格が年1万円強で手に入るという理由でゴールドは人気がある。
    • 楽天そのものに魅力を感じてというわけではないのがまた。
  3. ライバルはTポイントYahoo!)とPontaリクルート)。Amazon(三井住友提携)も入れていいのだろうか。
  4. 楽天自体はEC大手なので流通系だが、楽天カードの成り行き的に信販系という解釈も出来る。
  5. 足切りに初期与信(入会審査)ではなく途上与信を重視するというカード会社。初期与信でふるいにかけるセゾンの対極にある。
  6. Masterブランドのみ、未確定明細にアクワイアラを識別する情報が出るという、決済ヲタホイホイの変わった機能がある。

楽天銀行の噂[編集]

  1. 銀行法に従って、「UCC上島珈琲」や「シティバンク銀行」と同じく和英で重複表現になることを承知の上、現行名になっている。
    • イーバンク銀行のころの話。
  2. かつて、ネットバンクでは先駆者と言えるほど画期的なサービスを次々に打ち出していたが、経営が傾いて…
    • ATMの出金はおろか、入金にも手数料をかけようとしたら猛顰蹙を買った模様。
    • 当然、預金金利でも住信SBIソニーの後塵を拝するようになってしまった。
    • 遂に、当行間での振込にも手数料をかけることになった。終わったな…
  3. 海外で現金を調達する場合、手数料が最低水準となるカードを発行している。
    • スルガ銀行と同じようにデビットカード、VISAブランド。J-debitよりマシな存在であることには変わりない(というかこれが世界では普通、日本だけ普及していない)。
      • 最近はJCBの方が主流。純粋なネット銀行では珍しい。
    • このイーバンクマネーカードと一緒に、クレジット機能付のカードも持てるため、1人でカードを2枚保有できることになる。
    • 2009年4月に手数料を値上げし、2万円以上だとスルガ銀行の後塵を拝するようになった。
  4. 資産運用の面ではあきらめ、楽天と提携して決済中心に移行する模様。そのせいか、公営競技を取り扱うようになったりしている。
    • ジャパンネット銀行と類似してきた。セキュリティ強化の面でも。
    • 投資信託や外貨預金を扱ったときは、ソニーとかと競争するつもりなのかと思ったりもしたが。
    • ついに東京都民銀行楽天支店を閉鎖。楽天はイーバンク銀行に特化するようだ。
    • そして楽天銀行に商号変更予定。本社も楽天内に移転。
  5. イーバンク時代、当時まだホリエモンがいたライブドアと子供じみた大喧嘩をした。

楽天証券の噂[編集]

  1. 元は「DLJディレクトSFG証券」なる片仮名企業だった。DLJはアメリカの投資銀行。
    • Eトレード証券を買ったSBI同様、外資系が日本を見捨てたと言うべきか、日本が買い戻したと言うべきか。
  2. 2000年から続くマーケットスピードが売りの一つ。
    • また、ネット証券では投資信託の取扱本数や海外ETF、確定拠出年金など総合力でSBIと競い合う存在となっている。

楽天生命の噂[編集]

  1. 月額保険料2,000円の「スーパー2000」を目玉にしている。
  2. 楽天koboに代わって球場のネーミングライツに。



関連記事