横浜DeNAベイスターズファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

横浜DeNAベイスターズ > 横浜DeNAベイスターズファン

ベイスターズファンの噂[編集]

I ☆ YOKOHAMA
  1. 横浜市民にとって番長と言えば清原ではなく三浦、大輔といえば松坂ではなく三浦。
    • 松坂は埼玉という田舎の球団に行ったため一部では裏切り者扱い
      • いや、くじ引きで東尾さんが当たりを引いたんです。横浜はそれに運悪く外れてしまったんです。
      • 西武に出し抜かれてしまっても、横浜市民はいまだに「西武の宝」ではなく「横浜の宝」だと思っている
    • 元祖「大ちゃん」山下も東北へ行く前に球団を滅茶苦茶にした為、裏切り者。
      • 森の時点ですでに滅茶苦茶だったと思いますが・・・。
        • その森は阪神の優勝分析の書籍にて横浜の球団批判を展開
        • 森さんと近藤さんはファンに不人気だが、大ちゃんはなぜか憎みきれない者が多かった。
          • 他球団でもそうだけど、そこが生え抜きと外部招聘の差なんだよね。
            • 近藤は生え抜きなんだが。
            • 大ちゃんはむしろ「生え抜け」。いや生えてすらいないか。。
              • 昔はノーエラーの山下、今はノーヘアーの山下(本人談
        • 大洋の緑橙ユニホームの頃は大ちゃんもフサフサだったよ。紺色の横浜大洋になってからはツルツルになったけど。
        • 横浜監督に就任して「石井一久投手ノーヒット・ノーランで2位・横浜の勢いを止め、(ヤクルト)優勝への節目となった試合が最高の名試合」だと発言した尾花は……。
    • そもそも横浜市民にベイスターズファンは少ない。2005年の成人式に三浦が来たが不評だった。
      • 巨人ファンばっか…郷土愛を持てといってもアレだけ弱いとねぇ
      • 横浜市民が最も熱狂するのは高校野球だからねえ
      • しかしベイファンの成人には引っ張りだこで、取り囲まれてサイン責めだったよ。そのためになぜかスーツにβキャップを被って来る者までいたし
        • 奈良県出身だしさ。
        • でも三浦は神奈川県民にとって聞きなれた地名と同じだから受け入れられているという説もある。
      • 米軍基地の影響か、港湾都市であるが故か、他球団のファンに比べ外国人の比率が高いような気がする。
    • 大洋時代からのファンですが大輔といえば山下大輔です。
      • 「今日は負けないよ」「試合ねえだろ……」
    • てかそもそも「ハマの番長」つったら山崎賢一だ。
  2. 下関にファンが多い。
    • 球団発祥の地は下関。
    • 静岡も多いらしい。大洋漁業に馴染みがあったのか?それとも大ちゃんのお陰?(ユニフォームも静岡に因んでお茶の緑とミカンの黄色に変えたし)
      • 大洋時代に静岡(草薙球場)で春季キャンプを行ってきた縁でしょうねぇ。今でも準フランチャイズだし。
        • 静岡県民の野球ファンは東京への憧れの巨人以外には、県東部(サッカーでいうエスパルスのホームタウン)にベイスターズ、県西部(サッカーでいうジュビロのホームタウン)には浜松で主催試合行う中日のファンがそれぞれ多いと思われる。
      • というかあれは湘南電車の緑と橙ですから。
        • 静岡はファンもそうだが(?)出身の選手、コーチが多い。杉本正、山崎憲晴、鈴木尚典…。
    • 元々は大洋漁業の実業団で都市対抗にも出場し国体で優勝歴もある。
    • 下関の対岸の北九州も比較的多い。北九州市民球場でのベイスターズ主催試合はオープン戦も含めて意外と人が入る。
  3. 三十数年ぶりの奇跡的な優勝以来全く成績が振るわなくてまことに寂しい
    • あの優勝の年はねぇ、優秀な高校生アルバイトがいたからねぇ。埼玉なんぞにいかないでそのまま地元に就職してくれてたらねぇ。
      • 何度も言うようだが、外れくじを引いた権藤さんに文句を言いなさい。
        • 権藤さんより東尾が先に当たりくじを引いたはず。その時点で権藤さんはなす術なし。
    • そして忘れ去られる2005年のAクラス入り。借金フィニッシュだったけど。
      • あの頃からセ・リーグにもプレーオフがあれば尚更盛り上がれたのにと思う。
  4. 二軍(湘南シーレックス)の後援会の人が首相になったので「国民総ベイスターズファン法案」「毎晩NHKで横浜戦完全中継」を夢みたファンも多かったが、そんなことがあるはずもなく。
  5. 大魔神社にお参りしたことがある。
  6. 最近は新しい仲間(楽天)ができて嬉しい。
    • が、その新しい仲間が親会社を買収しようとしているので微妙。
    • 今の親会社が替わってくれるならば歓迎するところだ。
    • 同時に消えた仲間(近鉄)のことも思い出してやってください(涙)。
      • 近鉄は偶に強かったじゃない。
    • 同じ連盟で“仲間”と言えば、80年代まではヤクルト、90年代(特に前半)は阪神で、今(2000年代後半)は広島かな。
  7. 歌が難しくて気軽に歌えない。
    • 「♪wow wow… 横浜ベイスタ~~ズ 燃える星たちよ~」ってもう変わっちゃったんだっけ?
      • 確かCocoが歌ってたんだよね?
        • それはWINNINGの方。
          • WINNINGは今も応援歌として健在。
        • 横浜BoyStyleというイメージソングも歌っていたが、CoCoの黒歴史である。
        • これがきっかけでメンバーの1人が主力選手と結婚するも結局離婚。
    • ワンコーラスが多分12球団の球団歌で一番長い。
      • なんで大部分のファンは悲しいかなサビしか知らない。
    • 選手応援歌もそうだけど、メガホンの叩き方が何か独特で俺は好きだ。
    • しかし、ミョーにギャンブル関係から作られる応援歌が多い。佐伯のファンファーレ(競輪の)といい、今のチャンテ(サバンナチャンス)といい。
    • 選手別の応援歌はプロの作曲家が作っているらしい。
  8. 横浜スタジアムのグッズの売り上げは、横浜グッズより阪神グッズのほうが売り上げが良いらしい。
    • 横浜スタジアムを最近「ハマスタ」と呼ぶ事に違和感を覚える。昔は皆「横スタ」って言ってたぞ。
  9. 種田が出てきたら皆でがに股。
    • 来年あたり、「お前らたむけんかぁ~、チャ~って言ってみろ~」と阪神ファンの俺が言いそう。(古い?)
      • しかし、2007年で自由契約になってしまった。どうする?タネ・・・。
        • 獅子軍団と契約。
          • 獅子も一試合も出れず自由契約・・・。
    • 実は中日時代末期からガニ股打法だった。
  10. 佐々木主浩がマリナーズに行くことになったとき、背番号22は永久欠番だな・・・と思っていたのに、次の年にはあっさりとわけわかんない外国人(ベタンコート)が付けていたのを見て違和感を感じたファンは多いはずだ。
    • でもベタンコートはメジャーで大活躍中。
    • 現在は2007年入団の高崎健太郎投手が着用中。
      • 佐々木はDeNAの球団改革を腐したために完全に監督の芽が無くなった模様。
  11. いまだに大洋ホエールズファンを名乗る猛者がいる。
    • 大洋ホエールズでググると、とてつもなく自虐的なサイトがトップで出てくる。他チームファンながら「本当に管理人は横浜ファンか?」と思ってしまう内容。野球好きなら楽しめるかも?
  12. 中学校では、クラスの巨人ファンがベイスターズファンに虐げられていた。
    • ヤクルトファンの巨人ファンいじめもひどいよ。
    • うちの小学校でもベースターズファンの野球少年の前で下級生がうっかり「弱いベースターズ」と言ってしまい、ソイツが怒りくるって無我夢中で容赦殴りだし、先生方が止めに入るという事件があった。
    • 俺自身『ザコ浜』と阪神ファンから呼ばれ殴りそうになったことある(というか2008年)
    • 俺が通ってた学校(横浜市内の私立)は巨人ファンが多かったから逆に横浜ファンが迫害の対象だったね
  13. やくみつる、さくまあきら、みずしな孝之、綱島理友・・・
    • 要するにマニア好みのチーム…
      • 「巨人・大鵬・卵焼き」が子供の好きなものなら、大人が好きなものは「大洋・柏戸・焼酎」だったらしい。
    • 桂歌丸もお忘れなく
      • 歌丸師匠は横浜出身
        • 旧赤線地帯の南区真金町生まれで現在も在住。
    • 荒川強啓もな。微妙な人ばっかり・・・(歌丸除く)
    • 確か佐藤藍子も・・・うわ、なにするんだはなせくぁwせdrftgyふじこlp
    • メジャーどころでは、国分太一。彼は本物のファンらしく、大洋時代のエピソードをアツく語ってたのを見た事がある。
    • 今井翼がファンだって言ってたな。
    • 浅井信雄氏は本物です。
    • 最近の子じゃあ、玉置宏を知らんわな・・・(玉木宏ではない。彼はたぶんココ贔屓)
    • ジャズピアニスト・山下洋輔氏は大洋時代からのファン。
    • グラビアアイドル・川村ゆきえは北海道出身であるが、応援番組が縁でベイスターズファン。
    • やくみつるはDeNAベイスターズになったとたんに絶縁宣言しました。
      • でもやっぱりベイスターズ愛を捨てきれなかった模様。本人は「広い目でプロ野球をみることができるようになった」とか言ってたけど。
    • でもDeNA社は球団経営をよく頑張ってくれていると思う。TBS時代よりいくらか良くなった部分がある。ただしDeNA社の本業は好きじゃないが。
      • なんで報道とかで「DeNA」と略される事に違和感を抱えっぱなし。「広島カープ」→「広島東洋カープ」の時は「東洋」と略されないのに。
      • 週刊ベースボールは「デ」だよ。「DeNA」の方がまだ、マシ。
    • 鈴木保奈美は夫を巨人から鞍替えさせたほどの筋金入り。
    • 釈由美子も。
  14. TBS含む在京局や新聞からは相手にされないのは仕方ないにしても、横浜にあるラジオ日本FMヨコハマからまで中継してもらえないのは…。
    • ちょっとまて親会社に相手にしてもらえないのは問題なんじゃあ?
      • TBSに何か期待してるファンがいるとでも?
        • ネット中継ならやってるけど、実況が毒吐きまくってる。ニコニコ動画に行って「椎野」で検索しよう。
          • 左遷扱いなんじゃないのか? それで自棄になってるとか…。
          • でも、アレに関しては「もうやめて!○○投手だって一生懸命頑張っているんだ」以外何も反論できないのも事実…
    • FM局は普通スポーツ中継なんかしない。県域AM局がないからやってる側面があるとはいえ、NACK5が奇特なだけ。
  15. しかしTVKは心から愛し、また愛されている。
    • 佐伯さんはsaku sakuを心から愛している。
      • 佐伯はダルそうなカエラが好き
  16. 4位以上にここの名前があると激しい違和感を覚える。
  17. 東京湾の向こうにある球団にちょっと親近感がある。
    • 結構向こうの受けもいい。
    • 川崎球場を使用していた仲間でもある。しかし川崎球場は、そこを嫌がった大洋からロッテにホーム球団が変わったため珍プレーで取り上げられるほど凋落したのに、今の人気はまったく逆転しているのが何とも皮肉。
  18. ハッキリ言ってファンが弱い・人気ないということに自虐的だ。
    • 訓練されたベイファンは、横浜が強いとむしろ落ち着かなくなります
    • 負けまくったりクソ試合をしまくっていると遂にはだんだん楽しくなってくる「ベイスターズハイ」という現象も確認されている。
    • 暗黒時代の阪神タイガースファンと比較した場合、どっちが悟りの域に達していただろうか……
      • ある意味良い勝負だと思う。阪神も横浜も弱い時代が長かったし、その弱い時代のことがよくネタになるし。パだと昔のホークスとロッテ、最近(2000年代)のオリックスと楽天に共通しそう。
        • 暗黒阪神よりはベイスターズの方が戦力はあると思いますが・・・タイトル取る選手がタイガースにはいなかったもんね(通りすがりの阪神ファン)
    • 2009/05/10の阪神戦見に行った俺の知り合い(横浜大洋時代からのファン)は、「あんなバカばっかやってりゃあ最下位も当然だぁ!」と嘆いた。フォアボールを振り出しに、投手がバントゴロ取り損ね・味方野手が何でもないゴロをトンネルするわで、1本のヒット打たれずに4失点。「そんなんじゃあ勝てっこねぇやな…」と言うにとどめたが。
  19. 佐伯さんのジャイアントスイングをもう一度見たい。
    • 珍プレー特番でよくネタになって面白かったな。(by阪神ファン)
      • 珍プレーに出たといえば、ブラックホッシーも面白かった。
  20. 新潟県民で横浜ファンは1%に満たない。石を投げても全く当らない。当るのは巨人ファンだけ(by元新潟県民)
    • こんなとこに書くなよ。新潟なんて関係ないじゃんか。
    • そりゃ神奈川県内ですら県央の方に行くと殆どファンがいないのに新潟じゃファンが作られるわけがない。
    • どう考えても、新潟は野球よりこっちが人気だろ・・・。
    • 2009年、ベイスが主催試合を行う模様。
      • その試合の試合前、元ラーメン屋の監督がメンバー表の先発投手に2軍投手を誤記するという信じられないミスを犯す。あわや没収試合。
        • その二軍投手は一軍に帯同していたため、3分の1イニングを投げて交代。本当の先発投手がこの後投げたが、中継ぎ投手の最多奪三振数を更新して零封という離れ業をやってのけた。
    • そして2010年も主催試合を開催。しかも今度はなんと巨人戦・・・。
      • 2011年は阪神戦。しかもサヨナラ勝ち。
  21. 優勝よりも、敗北新記録を期待するファンもいるとかいないとか。
    • 大洋時代を含む記録としては、通期100敗ないし15連敗。
    • そして球界記録として、通期104敗ないし19連敗。
      • あの~…2003年には対阪神戦16連敗してますけど…。
        • 星野阪神以前は、阪神をカモにしていた。
  22. 巨人の山口鉄也は、実は横浜ファン。本当は地元球団のベイスターズに入りたかった。
    • 入団テストの際に、大魔神佐々木が獲得を進言したが2年で13億ぶんどった男にTBSは聞く耳持たずだったという…。
    • OB・故加藤博一氏の追悼試合では観衆29866人と、ベイブルーシートが出来てからの最多動員を記録。対阪神戦とはいえ一体何なんだこの球団は。
  23. 「サイレントK」こと石井裕也も根っからの横浜ファンらしい。となると、トレード志願でもしたんだろうか?(2008年、小池(現中日)とトレード)
    • とはいえ小池も横浜出身の横浜高卒。もっと他にいなかったのか?
      • その石井は2010年開幕直後にトレードで北海道へ。
  24. 桃鉄でもネタにされたらしい。
  25. とにかくただでさえファンが少ないのに県内全体にファンを増やそうという努力が全く見受けられない。もう無駄だと諦めきってしまっている。
    • そもそも地域名の付いてる球団の中で唯一都道府県名ですらなく市名しかつけていない。基本、横浜以外の神奈川県民は眼中にないらしい。
      • 一応平塚相模原でゲームはやっているし、なんといっても横浜2軍のチーム名を見ればそれは言いすぎだろう。それに「横浜」の名称価値も捨てがたい。ただ、やはり強くないと・・・。
  26. いつの間にか、どの球団よりも応援歌を使いまわすようになった。
    • 大洋時代の応援歌も多い。
      • 復刻ユニホームみたいに、昔を思い出す古いファンもいそう。
    • なんとなくオリックスにも共通するかもしれない。阪急〜青波・近鉄の時代も含め懐メロの流用が多い。
  27. キヨシのどん底節が正夢にならないように願っているが…。
    • 開幕早々「46イニング連続無得点(球団新記録)」とかやっちゃう時点ですでに……。
  28. 「横浜が優勝するにはダルが何人必要か」のシミュレーション結果に大笑いすると同時に、それって優勝無理じゃんという一言にハッとする。
    • ちなみに結果は・・・・・・4人でギリギリ(日本シリーズ7戦目までもつれる)。5人なら安泰。
      • なお、シミュレーションソフトはパワプロ2011で全試合オート。
    • 「イチローが何人必要か」とかの派生バージョンもいろいろある。
    • 12球団のうち11球団を横浜にし、広島を混ぜたら広島が優勝したのもびっくりだ。
  29. 熱烈な細山田ファンもいる。武史カムバック。
    • なんせ、あのノムサンが細山田のリードは理解不可能と言ったんですから。オバQにいたっては、「見逃し三振が増えて、知らない間に勝っている」。
    • ベイスターズOBで現在もつ鍋屋経営の某N氏に「今のガルベス(元巨人)でも細山田よりは打つだろ」などと言われたことはある意味伝説。
  30. ベイスターズの応援歌は12球団一カッコイイとファンは自負している。
    • チャンステーマ0~4の5曲に加え、Fight Oh!Yokohamaなど。
      • チャンステーマ0はわんぱくダック夢冒険・月面ステージ(FCソフト)のオマージュである。
      • 「でっかいカツ丼ベイスターズ!」でお馴染みの「攻めまくれ」も。
    • 上記応援歌に加え、選手別、投手別、代打、投手交代、得点時、こてんぱんにやられているとき、試合開始前など、その時々に合わせた歌が他球団に比べて多い。
      • こてんぱんにやられている時の曲(通称「ヤケクソチャンテ」)の元曲は、ドアラのイメージが強い「LOVE & JOY」だったりする。
      • 汎用応援歌と投手用応援歌は左右で曲が違う。
        • 左腕が少ないので左投手応援歌はレア曲と化している。
    • JR関内駅でも流れる、「熱き星たちよ」は、買収を機に歌詞変更され、「Oh Oh wow wow 横浜ベイスターズ」→「Oh Oh wow wow DeNAベイスターズ」に変更された。
      • 以前からのベイスターズファンは、今だに旧歌詞のまま応援歌を歌い続けている。
        • 球団本拠地が変わっていないので当然とも言える。「Oh Oh wow wow TBSベイスターズ」じゃ…
        • 親会社が変わるたびに、歌詞が変更されては、もう球団の存在意義がプロモーションツールでしかなくなるw南海→ダイエー→ソフトバンク然り。
        • ファンも自主的に「DeNA」と歌うのはむしろ『勇者の遺伝子』。
        • 作詞が森雪之丞、作曲が布袋寅泰である。しかも、布袋寅泰がハマスタにやってきて、「勇者の遺伝子」を披露したことがある。
      • 横浜得点時は、現在もなお「Oh Oh wow wow 横浜ベイスターズ」と歌われるのがデフォルト。間違っても「Oh Oh wow wow DeNAベイスターズ」とは歌わない。
  31. 横浜には、横浜の球団としてのベイスターズファンはいても、DeNAファンはほとんどいない。
    • 球団名から企業名を取り除き、以前の球団名にして欲しいと願っている。
      • ならTBSに戻ってもらえばいいんじゃない?
    • チームを強くし、ハマスタを満員にするために努力し、実現してくれた有能親会社にそんな心無いことを言うなんて、果たして本当のファンと言えるのだろうか?
  32. たったの1年でファンの心を鷲掴みにした、ナイジャー・モーガンが退団。
    • ご~ご~ご~も~がんが歌えなくなって寂しい。
  33. 「I love」を「I ☆」と表現したがる。
    • そしてその対象が勝ったときには 「I ☆ ○○!」 と言いたくなる。
  34. 「ハマの番長」、「ハマの龍神」、「ハマのゴメス」、「ハマの愛子様」など愛称に枚挙に暇がない。
    • 「ハマの○○」が何にでも使えて便利な反面何かあればとりあえず「ハマの○○」と呼ばれるようになる。
  35. グリエル3兄弟の名前を噛まずに言うことは不可能に近い。(長男:ユニエスキ・グリエル、次男:ユリエスキ・グリエル、三男:ユニエルキス・グリエル)
  36. Twitterでは勝った時に\横浜優勝/とつぶやくのがお約束。
    • これがあるからか、他球団ファンがよく使う「○○ほー」の類はあまり見ることがない。
  37. 駒田がファンのヤジにキレまくった。
  38. 2002年4月5日に「電波少年的ペナントレース」が始まったが、2002年5月11日、横浜ファンの芸人が横浜6連敗&雨天中止で11日間絶食になってしまい、ドクターストップがかかってしまった。
    • 2002年5月8日の広島戦で横浜がソロホームランを5本かましたのに7-5で負けた。でも、横浜ファンの芸人はホームラン・バーを5本もらえた。
  39. ファンが広島で横浜DeNAのユニフォームを着て歩くと、命の保証が無いらしい。
  40. 「熱き星たちよ」 と 「横浜市歌」 が歌えて当然。
  41. プロポーズを見ている時には 「I ☆ YOKOHAMA」 とボケながら突っ込む。
  42. 2016年のドラフト会議でラミちゃんが狙っていた柳裕也を中日に取られたとき、最初は「最悪!」と思っていたが、今は「取らなくてよかった。」と思っている。(外れ外れ1位だった濱口遥大が大活躍したから。)
    • 2017年のドラフト会議でラミちゃんが清宮幸太郎を狙うのをやめて、東克樹を取りにいったとき、「お見事!」と思った。

プロ野球ファン
パシフィック・リーグ セントラル・リーグ
ベイスターズファン
プロ野球選手ファン
セ・リーグパ・リーグ
引退選手 : あ行か行さ~な行は~わ行
横浜DeNAベイスターズ
弱さ ファン 横浜スタジアム 川崎球場 親会社
もし強かったら 勝手に国づくり 偽モノの特徴



関連記事