水商売

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. 水を配ればなんでも水商売。
  2. 店で雇われてる分まだマシ、的な所もある。路上でやるのは色んな意味で危険
  3. そういえば、なんで「水」なんだろ
    • 水(酒)を売ってるからでは?
      • 客商売は、「水物」だから(不定で先が分からないの意)。
        • 大手飲料メーカーも水商売。原料がほとんど水で原価は安いがヒットするかどうか解らないから。
  4. ニートより偉い。それぞれ専門もある。
  5. みんな苦労人。人に云えない過去が在る。
  6. おっぱいパブまでが水商売
  7. 人間性はピンキリ。哲学を持ったバーテンからブランド買いで散在しまくるキャバ嬢までいる。
  8. バカは大成しない。会社員よりよほどシビア。
  9. 銀座とか新地では、お相手するのが一流企業の偉いサンだったりするのでバカでは決してホステスは勤まらない。
    • なので、新聞は日経を読んでる。
  10. 一般にはホステス、ホストを想像するが意外にタクシーの運転手も水商売である。
  11. 水道局の職員が自称する。
  12. スポーツ選手の結婚記事とかに出てくる「家事手伝い」はたいていこれ。

ホステス[編集]

  1. 不倫への入り口。
  2. 肝臓が資本。
    • ウーロン茶が普及したのは、お酒に弱いホステスさんのためだそうで。
      • ウーロン茶には脂分を取る作用があるので、声を出し続ける仕事にはキツイ飲み物のような気が。
    • 客からとりあえず頂くだけ頂いて、裏で流し台に流す。
  3. キャバクラやスナックで働いてる女性。ホストの女性バージョン。
    • 「女給さん」やら「社交員」やらを経て、女性接客係を指す言葉として定着した。
    • 元来の意味は「女将」(主人の女性版)なので、下っ端ホステスとかは矛盾していることになる。
  4. ホステス→ホスト→(物欲)→おっさん→ホステスの、お金の循環の一翼を担ってる人たち。
  5. さまざまな客に話を合わせられる教養や情報が必要。
    • 学歴は不問だが、気軽な気持ちで入るととんでもない目に遭う。
  6. 「ユースホステル」を「ユースホステス」と間違える。さぞかしご指名が多いことかと…
    • 自分は「ユースホテル」だと思っていました…。
  7. この仕事をしてしまうと、アナウンサーにはなれない。
  8. 空港にもいるが、やってることは全く違う。

キャバ嬢[編集]

  1. 女の仁義なき戦い。
  2. 金のための偽善。
  3. いざ!キャバクラ!!。
    • その他にキャバクラ幕府も忘れてはいけない。
    • スカ色電車で総武(ソーブ)線までハシゴ。
    • 最近になってキャバクラ三国志も出てきました。
    • 組合もできたが加入しているキャバ嬢は、ほとんどいない。
  4. たまに、ニューハーフが働いたりする
  5. 近年ではバイトでキャバ嬢をする大学生がいる。
  6. キャバ嬢がお店で飲むお酒のほとんどがノンアルコールのジュース。
  7. 女性の職場なので、お店の裏ではキャバ嬢同士のイジメやケンカがよくある。

芸者[編集]

  1. ジャパニーズ・トラディショナル・水商売。
  2. 二昔ぐらい前のハリウッド映画とかでは定番の日本ネタ
  3. 特に京都では「舞妓」「芸妓」と呼ばれる。



関連記事