沖縄ぬ学業

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

沖縄ぬ学業ぬ噂[編集]

  1. 教師のほとんどが日教組であり、ゆいレール各駅に日教組の宣伝ポスターが貼られていたことがある。
    • 日教組ではなく「沖教組」である。こういう独自団体を作りたがるところが沖縄的。
      • 日教組と沖教組が別物?こんな本土のとんちんかんにもなめられる現状をいつかは変えてやる。
  2. 高校・大学を卒業して就職しても中学生時代の同期先輩に頭が上がらない。
    • 各地域の青年会のつながりもあり上下関係があったりする。
      • それが嫌な奴は東京の大学に進学しそのまま東京で就職して地元には帰ってこない。
  3. 驚く事に中学校の○○期同窓会があって横断幕を米軍基地付近やグラウンドの金網に掲げる。
  4. 卒業式の定番こと、「蛍の光」の4番に、「千島の果ても、沖縄も(以下省略)」の歌詞が使われていた時期がある。
    • 戦前のことで、日本の領土がへと拡大して行く中で、歌詞も変わっていっている。歌詞の変遷で日本の領土拡大の歴史をみることができる。
  5. センター入試、全国学力テストは最下位の常連。また唯一高校の偏差値も最上位クラスでも50台中盤というレベルの低さ。ちなみに偏差値60台の高校が一つもない県はここだけ。
    • 4年連続で1,2位を争う秋田県から教師を招致して学力テスト対策を行うも、今一つ成果が伴わないらしい。
      • 秋田出身の教師もあまりの暑さにバテてしまい、上手く「コツ」を伝授できない。
        • その秋田もセンター入試では沖縄と争うほど最下位の常連。まぁ中学まではいいんだけどね…
          • 秋田ではずば抜けてできるヤツはいないものの基礎はしっかりできていて落ちこぼれはほとんどいない。それに対して沖縄は基礎学力さえ碌についていない上に、学習意欲に乏しいのが問題。
  6. 県外に出るようになるまで、学校における「上履き靴」や「下駄箱」の存在を知らぬ者が少なくない。県内にある高校以下の学校で、このふたつがない(つまり教室まで土足で上がる)ケースがままあるため。
  7. 冬休みは本土に比べて短く、特に年始の始まりが早い。殆どの学校は1月5日、遅くても6日には学校が始まる。なかには4日から始まる学校さえある。

沖縄ぬ大学[編集]

主な大学[編集]

沖縄国際大学[編集]

  1. 普天間基地の隣。
  2. 自慢は「沖縄の私大ではTOP!」
    • ただし学生は全体的に琉大よりおされ!
  3. 前学長が沖縄びいきらしく、県外には受験会場を設けてない。したがってうちなーんちゅ率は高い。
    • 推薦も沖縄出身者優先らしい。
  4. ヘリが大学構内に墜落するという大事故が起きたのにもかかわらず、全国ではあまり大きな話題にならなかった。
    • ある意味琉大祭の酒販売問題のほうが印象強い。
    • 「スーパーJチャンネル九州・沖縄」ではしつこいくらいに繰り返し流れている。海上に墜落する事故であってもこれを引き合いに出すレベルで。
  5. 事実上復帰前の国際大学。
    • 最初沖縄大学(那覇)と国際大学(宜野湾)を合併させて1つの大学にしようとしたが、沖縄大学側(多分学生自治会という名の過激派)が猛反発、結局沖縄大学は半分に分かれ存続した。
    • 以前は付属学校(中央高校)もあったが消滅、球陽高校に継承された。
      • 中央高校OBにはあの「とうまみきお」さんがいる。

名桜大学[編集]

  1. 元々は公設民営の私立大学だったが、現在は公立大学となっている。
    • 公立と言っても沖縄県立でも名護市立でもない、複数の市町村が運営する組合立大学である。

沖縄キリスト教学院大学[編集]

  1. 略称は「キリ学」、そして野球部ユニフォームには「KIRIGAKU」。



関連記事

スポンサーリンク