深セン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「深セン」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア中華人民共和国広東省深セン

  1. 日本のガイドブックに深「土+川」とかかれることが滅多にない
    • 普通のパソコンでは出ない。深センとか書く場合も。
      • 普通のパソコンで出せます。方法を知っているか、知らないか、それだけです。
        • 常用漢字外。大人の事情で書きたくても書けない場合あり。酌量してあげてください。
          • 「深セン」って書かれると、どっかの車両センターっぽく思えてしまう。
    • 北京語読みは「シェンチェン」。
      • 香港との統合が実現した場合、広東語読みが…
        • WPの深セン市を見る限り、粤拼(広東語拼音)では「sam1 zan3」らしいけど・・・よく分からん。
          • 香港に赴任経験のある親類は広東語読みで「サムチョン」と言ってた。
    • 「地球の歩き方」や「JTBワールドガイド」の『香港』でも「深圳」と書かれていますが……カナ表記はあんまり見た覚えがない。
  2. 香港人は深圳人を嫌い、深圳人は香港人を嫌う。
    • シンセンは香港を妬んでいるが、でも中国ではシンセンと広州は最も裕福である。
  3. 深圳は中国の中でもかなり発展した都市だが、中国一の治安の悪さである。
    • あと反日でも有名。
      • 香港との経済格差への不満を日本にぶつけている感じ。
      • ここは中国で最も発展している。
      • しかし、高層ビルだらけとはいえ、香港のそれと比べると貧弱に見えてくる。
  4. 工業団地ばかりでは文化がないので、2007年になって市当局は博物館を市内だけで30個にするらしい。
    • ちなみに深圳は1980年頃は人口わずか1万人程度の漁村だったが、25年たって2006年現在は500万人とも、周辺+未登録ふくめ800万人とも言われる急成長を遂げています。
  5. 深圳では、深夜「日本人の酔ったおじさん」が裏道に入ると非常に危険ですが!命の危険もあります!
  6. ロシアのシェチェンとは関係がない。
  7. 香港の植民地
    • 香港のおかげで発展。
  8. 京王線新宿~初台~幡ヶ谷~笹塚間の通称。
    • 新線やがな。
      • 新鮮な驚き。
    • 京王井の頭線、渋谷~○○~駒場東大前~。
    • 現副都心線・池袋~小竹向原の旧称。
  9. 新しい都市なのでガス水道設備が整っているなど、住んでみると意外と暮らしやすい。
    • が、それを口にすると香港在住者などから戦慄のまなざしを向けられる。
  10. シンセンのひとり当たりのGDPは79,221元で2007年は1元15円だから、日本円で118万8315円であり、月収10万円近く。
    • 中国の中で比較的豊かだから香港と合併できるんだ。
  11. ここの人口は1200万人。700万人の香港と合併したら、香港はオランダのような小さい経済大国になる。
  12. 「ふかせん」ってどこかと思ったよ。ふぅ。
    • やっぱり「シェンチェン」の方がよかった?
  13. 地下鉄では、北京語・広東語英語の順でアナウンスがある。



関連記事