新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

差分

移動先: 案内検索

新潟/下越

743 バイト追加, 2015年9月30日 (水) 16:54
編集の要約なし
#***「たかはし」のおばちゃん元気か?
#水原の「椿餅」は、外郎のような長方形で笹の葉状の包み紙に包んである。
#御公儀の代官所があった。
===安田===
==北蒲原郡の噂==
#蒲原郡が五分割されて誕生。分割前の旧蒲原郡は今の埼玉県よりも広く、北東中西南に五分割してようやく平均的な面積になった。
#*分割前の旧蒲原郡の面積は本州以南では第3位だった。奥羽を除くとトップに躍り出る。
#*五分割された各蒲原郡の中では、この北蒲原郡が最も面積が大きかった。
===聖籠町の噂===
[[画像:ざぶ~んバス停.jpg|frame|「ざぶ~ん」は入浴施設の名前。]]
#***津川は会津藩が日本海へ往復できる唯一の港だったそうなので重宝されたそうな
#**江戸時代の東蒲原の領域は「越後国の領地だが行政は陸奥国会津藩が担当」することになっていた
#***会津藩は東蒲原以外にも越後に結構領地を持っていた。
#**おかげで会津の山であるはずの[[福島の山#飯豊山|飯豊山]]が新潟側に取り残されかけた。しばらく紛争状態だったが、幅僅か1mの登山道と山頂を福島県のものとすることで解決を見た。
#*遡ると上杉景勝の会津移封の際に佐渡とともに上杉領に残留したのが始まりらしい。その後は会津と一体のものになり、明治中期に至る。
#市にならずして郡を維持し続けている。
#*ただ、1村のうちの1大字を五泉(旧中蒲原郡)につまみ食いされたことならあった。
#**北蒲原郡からつまみ食いした地域もある。
#*市にならないのではなく、な れ な い ・・・ 。 過疎・・・
#*バブル前の頃、東蒲原郡を丸ごと五泉市に編入するという案も立てられたが五泉の人は相当嫌だったみたい(笑)
#**2008年4月1日、発足おめでとうございます。
#原幹恵は子供の頃、神林村に住んでいた。
#村上市と合わせればかつての郡域と一致する。蒲原・魚沼・頸城の3郡が分割された後は越後国内で最も広い郡だった。
===粟島浦村の噂===
匿名利用者



関連記事

案内メニュー