特定アジア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
半保護中
このページは現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。
特定アジア.png
  1. 中華人民共和国,大韓民国,朝鮮民主主義人民共和国の三国を指す。
    • 問題を起こしているのは特定アジア3カ国なのに、(日本のメディア・マスコミ等が)他のアジア諸国が一まとめにくくられることにたいして疑問を覚えた一部の人間がこう呼び始めた。
      • 2ちゃんねるこのスレの35レス目のID:dM6WNT780が発祥といわれている。)
      • もともとこの3か国をまとめる名詞はあったのだが、それではメディアに出せないという事でこうなった。
        • 勝手に出せないと妄想し始めたら本当に出せなくなった。
      • その呼び方は「極東3馬鹿」。
      • 「戦勝国でも敗戦国でもない第三者的立場の国」という意味。
        • アメリカ様からそう呼ばれたときは歓喜していた。
      • 現在では「恩知らず」という意味でもある。
    • 櫻井よしこ「あなたのおっしゃるアジアって、どこの国のことかしら?」名言だ。
    • ようは「東アジア-台湾香港」ってことのように思えるんですが……台湾も外省人には反日派も多いので一概にはいえないですけど。
      • 「東アジア諸国のうち、とくに日本との間で政治・経済・社会的な問題を持つ国」って意味じゃないんですか?
      • モンゴルロシア極東も一応東アジアですよね?
      • 何故か忘れられたマカオ
  2. これらの国々はいずれも政治的に日本を嫌っている。
    • そして一部(シンガポールブルネイ・ダルサラームフィリピン他)を除く東南アジアから蛇蝎のごとく嫌われている。
      • でもシンガポールも、軍のキャンプは中国ではなく台湾でやってるし、微妙。
    • 上記3カ国も韓国は相当嫌っている。シンガは華僑が多いので中国への反感は少ないが、マレー人系シンガポール人からは華僑はあんまり好かれていない。
    • モンゴルも韓国を嫌っている。朝青龍が韓国人記者に向かって「このキムチ野郎!」といったらしい。
    • ちなみに、モンゴルベトナムは共産主義国であるにもかかわらず中共大嫌い。この辺大事。
      • なお、現在のモンゴルは民主主義国です。
        • 知らなかった……でも、こういう人が輩出できる分、やっぱり他の馬鹿3国とは違うと思う。東アジアの良識同士として日本とモンゴルは仲良くしていくべきだな。
          • 誤:「なお、現在のモンゴルは民主主義国です。」正:「なお、現在のモンゴルは資本主義国です。」
            • 共産主義の対義語は資本主義。民主主義の対義語は全体主義。
              • 現実の共産主義はもれなく全体主義だから誤りとも言えない。
                • 全体主義ではない国もあるので、誤りである。
    • 韓国に至ってはアジアのみならず、アメリカ・ヨーロッパのほとんどの国からも嫌われている。
      • まあ日本のおかげで経済成長した事を知らず自力で経済成長したと勘違いしたため間違った優越感を抱いてしまった(嫌韓流)
  3. 反日教育が徹底している
  4. 韓国以外は民主化されていない。
    • 実はこの違いは大切なことだが軽視されがち。
    • 韓国も本当に民主化されているとはいえない。
      • 韓国国内では、親日家と犯罪者は同一視される等の理由で。
        • 日本でも、自分と意見の違うものはサヨだのウヨだの呼んでレッテルつけてるがな。
          • だからといって、国に居られなくなるようなことは日本では無い。
          • それを国ぐるみでやっているのが韓国という国です。
    • 大統領は5年1期の任期が切れると逮捕されることが多い。
  5. 原爆投下を支持する唯一の地域。
    • 原爆投下を一番強力に肯定しているのはアメリカ合衆国です。
      • しかし原爆投下を否定するアメリカ人は普通にいるが、原爆投下を否定する特亜人はまず見られない(そんなことを言うと国賊扱いされるため)。
      • かつ大で利益の割りに副作用がでかい計画のことを日本では戦艦大和や万里の長城に例える向きがあるが、アメリカではマンハッタン計画(原爆開発計画)に例える向きがある。
    • 韓国は経済破綻・世銀の介入後社会システムの改革が徹底して行われた。一方、日本は全体主義国家へと退行しつつあり、現在「特定アジア」の定義を満たすのは日本、中国、北朝鮮の3カ国。
    • というか特定アジアの定義は中国・北朝鮮・韓国じゃないのか?
    • 最近の異常なウォン高…(以下ノートに移動)
  6. でも日本が全体主義化しているって言うのは当たってるかもしれない。
    • 当たってない。昔から全体主義で民主化されたことが無いだけ。
      • ↑むしろそれは韓国にいえることだと思…(以下ノートに移動)
      • 日本は全体主義ではない。一部の人がそう思ってるだけ。だから、特亜の定義に当てはまる国は中・北・韓でOK。
  7. 全ての国で徴兵制を実施。
  8. アジアではないが、ここと同じ道を行こうとするヨーロッパの某国が最近になって誕生した。
    • ↑↑ここの大統領は、日本の国技を散々、罵倒している。
      • ただそれでも、日本の常任理事国入りには賛成している。
      • この人この人この人に比べればまだまだかわいい方。
    • 算数が出来ない言語の分際なのにな。
      • 同じくにでもシラクは別格だろう。懐かしいな。
        • 言語を馬鹿にするとか特ア以下だな。リアルバカ(笑)。国(の政治)と言語を結び付けるとかバカ丸出し。
        • サルコジ大統領が反日だろうがフランス共和国そのものの対日感情は良好。
          • そもそもサルコジ大統領はそんな反日の人じゃなくて「シラク大統領とは違う」とアピールしたいがために逆の行動を取ったら結果的にこうなったというだけ。日本の安保理入りも支持している。
  9. 日本のネット掲示板が右傾化したのはこの三国のせい。
    • 逆に日本だけが左傾化しているのもこの三国のせい。
      • 匿名掲示板は、どこの国でも右傾化する傾向にあるらしいが。
  10. この国々(特に中国)が経済発展する事により近隣の島国では、ぼったくりブームが起きる。
  11. オリンピックだけが味方らしい。
  12. 特定アジアは民族主義国家、ファシズム国家、共産カルト国家の三ヵ国からなる。反日国家という共通点はあるが、日本が絡まないと団結力は無いに等しい。
  13. 上記三ヵ国にここここを加えると特定五ヵ国。
    • アジアではないと思います。↑
      • どういう枠組みよ、ソレ。
      • 6カ国協議メンバー マイナス 日本 = 特定五箇国 ってことか?
  14. 特定アジアと比較して、他のアジア諸国は日本に感謝してる親日国だと判断するのは危険。フィリピンシンガポールもどっちかというと反日だし、日本による侵略行為を肯定している国はいない。ただ、特定アジア以外の国々は積極的に反日活動を行わないだけ。
    • シンガポールの初代首相リー・クァンユー曰く、「許そう。しかし忘れない」。
    • NHKが2004年にした調査によると、「過去の日本について憤りを感じるか?」という項目がフィリピンは20%だった(韓国は80%)最近のBBCの調査でも日本を好影響としたのは70%を超えている。フィリピンを反日国家と断定するのは単純では?
  15. 基本的に日韓中は犬猿の仲だが、なぜか皇太子さまは日韓中友好コンサートに参加。[1]
  16. 日韓朝中の4国は決して相互の仲が良いとは言えないが、それでもイスラエルとかアイルランドをみるとかわいいものだと思えてしまう。露や米を加えてもいい。
    • 中朝は仲がよさそうだが、実は過去に何度も対立した。今中国の経済支配を受けはじめている北朝鮮では、傲慢にふるまう中国人に反感を持つ国民も増えているという。
    • インドパキスタンギリシャトルコとの関係ほどでもないだろう。
    • と、日本から見るとそうなのかもしれないが……
      • そもそも半島南北は今でも戦時体制だし(あくまで休戦であってどっちもお互いを正統な国家とは認めていないし、半島全域が自国領としている)、そろそろドンパチ再開という噂もある。
      • 韓国と中国の間にも間島問題、朝鮮国境問題が存在し(韓国では公式には韓国は中国と国境を接している事になっている)、対岸の中国沿岸部を攻撃可能なF-15を欲しがったのも一端にはこれがある。
      • つまりこのあたりも充分ホットウォー寸前。日本人はマスコミに誤魔化されているか、すぐ近所で戦争が始まるかもしれないという現実から逃避してるかのどっちか。
        • ちなみに一番危ないのは韓国が暴発すること。他の2カ国は政府が民衆を抑えつけているので土壇場になってもトップがビビればそれまでだが、議会制の韓国は逆に民衆がヒートアップすると政府もそれにつられる可能性がある。
  17. 中国は中共が自分の腐敗を日本に転嫁しているだけで、個々人の価値観は割りとまとも。



関連記事

スポンサーリンク