提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 哺乳類 >

ヨーロッパオオカミ
  1. 日本では絶滅したらしい。
    • ただし、まだどこかの山奥でひっそりと生息しているという噂も。
      • 農業国である日本では畑を荒らす獣を食らうため「オオイナルカミ」略してオオカミになった。ほら、中国でもけものへんに「良い」と書いて狼だろ。
        • 逆に畜産国である西洋では家畜を食い荒らすクソケダモノとして殺されまくった。
  2. 夜はいろいろとスゴい男のこと。
  3. 「体力の限界・・・」
    • 大相撲ファンでないとわからないかも。
    • 原産地:北海道福島町。
    • 「ウルフ」の由来はちゃんこの準備のため魚をさばいている姿が狼に似ていたかららしい。
  4. の原種。中国あたりにいた小型の亜種が自らヒトになついてきたものが犬に変化した、という。
  5. 満月を見ると人間から変化する。
    • 月見うどんを食べようとした時にも変身。※本当は卵とじうどんを注文した。
    • 猫型ロボットでも変化する場合がある。
  6. 逃げる獲物を執拗に追跡し、力尽きたところを襲うといわれる。
    • ここから転じて、女の子を家に送る男が変身する。
  7. 群れで生活。
    • 単独で行動するのは、新しい群れを作る為に独立した若い狼ぐらい。
      • 「俺は狼だから誰とも群れない」とか言ってる奴は、放置しておきましょう。
        • 若い雄なら間違いではない。放置すべきなことにかわりはないが。
  8. サーキットにも生息するらしい・・・(古っ)
    • 羊の皮を被る種もいたらしい…
    • 今も名古屋のテレビ局にいるぞ。
    • 大阪の長居公園にも生息している。
    • 「狼」のパロディで「」になっているのもあった。
  9. 人間の赤ん坊を育てることがある。
    • モンゴル民族は蒼い狼から、トルコ民族は灰色の狼から生まれたという伝説がある。
      • 遊牧民にとって家畜を狙う天敵のはずだが、自分たち」に近い生態に共感を覚えるらしい。
        • トルコで「あいつは狼だ」と言うと、孤高の知恵者という意味に近く、褒め言葉。
      • 「蒼い狼」がモンゴル人にとって英雄の代名詞のように、トルコでも「灰色の狼」というと英雄の意味になる。
      • 「蒼い」は「青」だけでなく「灰色」の意味の場合もある。モンゴルもトルコと同じとみなせるのでは。
    • ローマ帝国の建国者も育てた。
  10. わっちのである。
    • 「わっち」はわっちの一人称じゃ。それより「嫁」とはなにかや?教えてくりゃれ。
  11. コーヒーに拘っている。
    • まずいコーヒーには金を払わないが、うまいコーヒーには万札を切る。
    • うまいコーヒーを飲んだ人間の精力を吸う。
  12. オオカミに近い犬種のハスキーなどは警戒心が薄くあまり吠えず、放浪癖がある。オオカミとのハーフの犬も同様。
  13. オオカミ犬の毛並みは大変美しい。アメリカではオオカミの比率がある程度以上高いオオカミ犬は人になつかず危険ということで個人での飼育が禁止されている。
    • しかしオオカミ比率98%の室内飼いオオカミ犬がとあるTV番組のスタジオに連れてこられていたが、ゲストにべろべろに甘えていた。何なんだ。
  14. 「大五郎!」「ちゃーん!」
  15. 「狼だ-! 狼が来たー! 狼だよー!」
    • 「おいおい、また言ってんのかよ。いい加減にしろよ。」
    • 話はずれるがかつてスパロボにレイズナーが出たとき、エイジが原作どおり「地球は狙われている」と伝えに来たわけだが、プレイヤーの反応は「うん、知ってる。いつものことだから」だった。
  16. 笑い声は「ウルッフッフッフ」。
  17. ヤギと仲良くなった奴がいる。
    • 「本当にあのオオカミってやつは、目がつり上がってて鼻が不細工で耳が尖がってて…」
  18. フンは「のろし」の材料として珍重された。
  19. 北欧では太陽を食らい、月を引き裂いて世界を滅ぼすとされた。どんだけでかいねん。
    • 神々の黄昏が訪れた暁には最高神を丸呑みにするくらいの実力者なのでそれくらいの芸当ができても違和感はない。
  20. 西洋の童話では名悪役。
    • 女装したり家を吹き飛ばしたりと一般的なものとは異なる生態を見せることもある。
  21. この動物の絶滅により生態系がおかしくなった地域では他所から再導入されたこともある。
    • イエローストーン国立公園ではうまくいったためヨーロッパや日本などでも検討されるようになってきたとか。

関連項目[編集]




関連記事