提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 哺乳類 >

全般[編集]

マンドリル
  1. 人の食べ物の味を覚えたら大変なことになる。
    • 一人×××を覚えると、もっと大変らしい。
    • 玉ねぎの皮を剥かすと剥いても剥いても芯が無いから怒り出す。
  2. プロゴルファー。
  3. 巨大ブタネズミにちょっかい出して噛み殺された。
    • でも、身近にいる申年のオッサンはいつもカピバラおじさん(子年)と一緒に昼食を食っている…
  4. 埼玉の高校球児。
  5. 未来の地球の支配者。
  6. クワイ河マーチ
  7. 時々家を荒らして食べ物を盗っていく。
  8. ホンダの50ccバイク
  9. 岩石。
  10. バレンティーノ・ロッシの蔑称。
  11. 岡村隆史・久保田利伸も猿。
    • 北島三郎も…でもこれって「南方顔」差別っぽいな…
    • 前米国大統領も猿。こちらはマカク(日本猿および類縁種)タイプ
      • 一般に白人にはマカクっぽい顔が多い。中世にスペインにいたイスラム勢力が、ピレネー以北の人間を「白いサル」呼ばわりしていたとのこと。
  12. ♪おさ~るさ~んだよ~♪
  13. おしりが真っ赤なのは周知の事実。
    • ヒトの女性の胸が大きくなったのは、二足歩行で尻が見づらくなったのが原因らしい。
  14. 英語では「monkey」だが、発音は「モンキー」ではなく、「マンキー」。
  15. 鳴き声は、「ウッキー」なのか「キャッキャッ」なのかは不明。
  16. 孫悟空で有名。
    • おさるのもんきち、エキセントリック少年ボウイでも有名。
  17. 人間の祖先。
  18. 積み木は得意。
    • ブロックも得意
  19. 電柱に登る。
    • どっかの落語の話やんか!!
  20. 去る。
  21. やんちゃるモンちゃは黄緑色だが、悪魔に変身すると紫になる。
  22. 浦安鉄筋家族に2~3匹程度いる。
  23. 哺乳類の多くが人間で言う「赤緑色覚異常」に相当する2色型色覚であるのに対し、猿の仲間は人間と同じ3色型である。
    • 哺乳類の祖先である単弓類(古生代末期にいた哺乳類型爬虫類)を含めた爬虫類・さらに鳥類は4色型色覚を持つ(あるいは持っていた)と考えられる。
    • ところが哺乳類は恐竜の影に怯えながら夜間に活動するようになったので、色覚は退化して2色型に。(つい最近までは色覚がないと思われていた)
    • 猿の仲間は比較的安全な樹上で昼間に活動するようになったため、再び赤と緑を区別するようになった。果実や葉、昆虫などを食べるためには色覚は重要なので…
      • 当然ながら分類上は猿に含まれるヒトもこの特徴を受け継いでいる。
    • 発生的に赤と緑の受容体は近く、実は波長ピークはわずかしか違わない。
      • ヒトで言う赤緑色覚異常も結構いると考えられる。
  24. 日本人など黄色人種全般への蔑称でもある。
    • あの有名な「猿の惑星」も実は……
    • 黒人、白人のほうが猿顔率が高いのは内緒。
  25. (⌒,_ゝ⌒)

原始猿(原猿・メガネザル)[編集]

  1. 原始的なサルについての噂。

アイアイ[編集]

  1. 誰でも知っているサルだが、外見は超キモい。
    • 実は例の童謡の作詞者は図鑑でしかアイアイを見たことが無く、かなりオブラートに包んだ表現で書いたらしい。
      • おめめや尻尾よりもまずそのデカすぎる耳に目が行く。
  2. 中指が長い。これで木をほじくって中にいる虫を食うらしい。
  3. 現地では「悪霊」扱い。見ると不幸が訪れると信じられているらしい。

インドリ・インドリ[編集]

  1. うるさい。日本の猿山など比較にならないほど声がデカい。
  2. 超かかあ天下。

キツネザル[編集]

  1. 文字通り顔の猿。
  2. マダガスカル島のワオキツネザルが有名。
  3. かなり原始的な種類だが、某ディズニー映画のように中生代に生息していたというのはさすがに間違い。

ベローシファカ[編集]

  1. 欽ちゃん走りする白いサル。
    • 大変足が長い。そのため、他のサルのように4つんばいで歩くことが出来ない。

メガネザル[編集]

  1. 夜行性なので目がくりくりして可愛い。
  2. 首が180度後ろを向く。エクソシストかっ。
  3. 漫画「ジャングルの王者ターちゃん」で最初に作者に来た投書。意外にもアフリカには生息していない。

新世界猿[編集]

  1. 「新」と付いているが別に新しく生まれた種族ではなく、発見された大陸がたまたま「新世界」と呼ばれていただけである。
    • 「猿の惑星」に出てくる猿どものことでもない。
  2. 旧世界猿と比べて鼻の穴が外向き、つか、間隔が広いので不細工に見える。

マーモセット[編集]

  1. ポケットモンキーとも呼ばれる超小型の猿。

リスザル[編集]

  1. 全世界で最も脳の体重に占める割合が高い生物。人間より高い。
  2. 地球で初めて大気圏外を突破した霊長類。ガガーリンより3年も早い。

旧世界猿[編集]

  1. アジア・アフリカに生息するサル。

アカゲザル[編集]

  1. ニホンザルの近縁種。ただし、尻尾が長い。
    • というか、ニホンザルが短すぎる。
  2. 実験動物としての需要が高い。
    • ロケットに載って宇宙に行ったこともある。

カニクイザル[編集]

  1. リアル猿蟹合戦を毎日繰り広げている。
    • 実はカニを食う機会はそんなにないらしい。
  2. 知能が高いので、現地の人は調教して高い所の木の実を取らせたりしている。
    • 知能が高い上に不潔なため、世界の侵略外来生物ワースト100に入っている。
  3. 実験動物として一般的なサル。

キンシコウ[編集]

  1. 金色の毛並みを持つ美しいサル。
  2. 孫悟空のモデルだと言われていたがどうもウソらしい。

テングザル[編集]

  1. それ以外の名前が思いつかないインパクト最重視の外見。
    • メスと子供はフツーのサル。
  2. 食べたものをいったん戻してもう一回噛む、いわゆる反芻を行うことで知られる。

ニホンザル[編集]

日光東照宮の有名な彫刻
  1. 動物園の猿は焚き火に当たる。
    • 芋も焼く。
  2. ボスがいる。
  3. 秀吉
    • 天下を取ったのも束の間、死後あっさりに明け渡すことに。
  4. 地方によっては温泉にも入る。
    • 海外からの旅行者の間では、日本の隠れた名物にもなっているらしい。
    • ヒト以外の霊長類で水を怖がらない数少ない例らしい。
    • ルシウス技師とともに古代ローマ帝国に渡った個体も存在するらしいが、現代イタリアで棲息の痕跡は確認されていない。
  5. 農家の大敵。
  6. 日光へ行くと観光客から食べ物を強奪する。
    • それは昔の話やがなぁ。今は猿への餌付けは条例で禁止されてるんやで。
    • その市内にいるサルの一部は、人間の校長先生の下、軍団をなして、観光客に芸を披露している。
      • 2013年末に解散する。お疲れ様でした。
      • 2年後、新たな校長の下で復活。
  7. 民話に、この動物が何匹も出てきて橋をかけた話がある。
    • 蟹に柿の実をぶつけて殺害し、子蟹とその仲間に袋叩きに会った奴もいる。
  8. 動物園で、子供用の電車を引っ張ったりもしていた。いわゆる「お猿の電車」なるもの。
  9. 法被を着て踊る猿のCMがあった。
  10. 長野を走る元・空港特急。
    • 由来は上記の温泉に入るサル。
  11. 実際、群れで高度する動物なためと仲は悪いらしい。『火の鳥乱世編』もあながちウソではない。
    • ただし戦国時代の猿(後に大阪に巣をつくる)は(後に石川に巣をつくる)と仲が良かった。
      • こうなるとが欲しくなるが誰だろう。
  12. 紐で繋がれて大道芸をさせられる。
    • 忍者は猿に鍵を開ける特訓をさせて、旅芸人の振りをして門の中に猿を投げ入れ、内側から開けさせた(←ホンマかいな?)らしい。
  13. 宮崎の幸島では芋を洗う。
    • よく一匹目が洗い出したら島の全員が同時に芋を洗い始めた、という話を聞くがあれは大嘘で、本当は他の猿がたまたま近くで見ていたのが時間をかけて島全体に広がった、というのが真相である。要するに、ただのサルまね
  14. 尻尾は凄く短いがオナガザル科。
  15. を仏壇に供えて経を読んでいた。
  16. 過去にはたびたび食用にされていた。

ハヌマンラングール[編集]

  1. 「仏様を大事にしない奴は死ぬべきなんだ!」でおなじみの風霊白猿ハヌマーンから名前が取られた。
  2. 銀色の美しい毛並を持っている。小乗仏教では霊獣としてあがめられていた。
    • とはいえ、最近では人間に調教されアカゲザル退治をやらされるヤツもいるらしい。源平合戦だな。
  3. オスがハーレムを乗っ取ると、そのハーレムにいる子供を皆殺しにしてしまう。ライオンのようだ。

ヒヒ[編集]

  1. 別にこんな笑い方をするわけではない。
  2. 猿なのに木に登るのが恐ろしく下手糞。絶対に登ろうとしない。
  3. 『狒々』という猿の妖怪から名前が付けられた。「ぬらりひょんの孫」にも登場している。
  4. ゴリラより気が荒い猛獣。
    • をボコボコにしたこともあるらしい。
      • ちなみにゴリラが豹と出会うと速攻で逃げる。
        • どっちが?
          • ヒント:ゴリラは知能が高い分打たれ弱い。
  5. マントヒヒはエジプトでは知恵の神トートの使いとしてあがめられ、死んだらミイラにされた。まああの国の人はあらゆる動物を片っ端からミイラにしちゃうからなあ。
  6. アウストラロピテクスに殴り殺された化石が発見されている。つまり 現代人<ゴリラ<豹<ヒヒ<アウストラロピテクス。
  7. 雄の狒は高齢になると×××になるらしい。

類人猿[編集]

  1. 尻尾を持たない高い知能を持った猿。英語では「Ape」とされ、尻尾のあるサルとは分けられている。

オランウータン[編集]

  1. 名前は「森の人」という意味。
  2. 下に有る通り、実は類人猿である。
    • 但しヒトとの共通祖先から別れたのは1500万年前と、ヒト上科では最も疎遠。
      • ちなみにヒトとチンパンジーが共通祖先から別れたのは600万年前らしい。
  3. アメリカでは麻薬ジャンキーがラリっていた隣の部屋で放し飼いにされていたこいつが、隙間風の匂いでラリって大暴走し麻薬密輸犯をボコボコにした事件があったとか。なんで飼ってたんだよ。
    • 握力はチンパンジー以上なので、実際戦ったらまず勝ち目はない。
  4. 英語での発音は「オランガタン」に近い。
    • NHK「みんなのうた」でそんなタイトルの曲があった。
  5. 和名「猩々」。
  6. アルゼンチンの裁判所で人間同様の人権を認める判決が下ったことがあるらしい。

ギガントピテクス[編集]

  1. 雪男の正体として、よく取り上げられる絶滅動物。
    • インド~中国南部にいたのでイエティの正体としてはもってこい。
  2. キングコングの先祖という設定にされたこともある。
  3. リアル・獣の巨人
    • 流石にあんなでっかくはない。
      • だいたい3m級巨人ぐらい。
  4. 下顎と歯しか見つかってないので、顎がたくましいだけの小柄な奴だった可能性もなくもない。
    • それはそれで、面白い見た目になる。

ゴリラ[編集]

埼玉県某所にて・・・
  1. 学名が「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」
    • あれ、「ゴリラ・ゴリラ」じゃなかった?
      • 「ゴリラ・ゴリラ」がゴリラ三種の総称で、中でも一番デカい種族のマウンテンゴリラが「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」という学名。頭が痛い。
    • ちなみに「タエ・シムラ」と呼ばれる生物の学名は「ゴリラ・シムラ・ゴジラ」(by坂田銀時)。
  2. 人間のあだ名に用いられる頻度が高い。
  3. バナナとセット扱い。
    • 実際にはバナナは東南アジア原産なのでアフリカが主な生息地のゴリラとの組み合わせは本来なら不適切。
    • 中世以降はバナナもアフリカに持ち込まれたが、やむを得ない理由でバナナ農園を荒らした際は、果実ではなく茎や若芽の方を好んで食べる
  4. 実は動物ではなく、類人猿というグループになっている。
    • 他にはチンパンジーもそう。
      • オランウータンとテナガザルもそう。
    • 類人猿も動物の一種。
      • でも、どういうわけか英語だと猿はmonkey、類人猿はapeで別扱いされる。
        • 日本語でも、別扱いしてるじゃん。
          • 類人は猿に含まれるが、apeはmonkeyに含まれないということ。
        • 尻尾があるのがmonky、ないのがape。
        • 映画「猿の惑星」では、猿が「モンキー」と言われて、「ふざけるな!オレはエイプだ。」と切れるシーンがある。やはり格付けはape>monkey
      • そして、人間も動物の一種。
  5. 昔は伝説の幻獣だった。
  6. 知能が高いため、車のナビゲーションとしてよく使われる。
  7. いつも胸を叩いてる。
    • そしてウホウホうなっている。
    • グーではなくパーで叩く。
  8. エネオスに入社した。
    • エネゴリ君。
      • 何かあるとすぐに胸を叩く。
  9. 某武装警察の体長。
  10. 日本円で、200~300円ほど。
  11. 漫画家。
  12. アーノルド・シュワルツェネッガーが出演した映画の日本での題名。
    • 因みに原題は"Raw Deal"。
  13. 宇宙猿人の二人
  14. やっぱり、ホンダのバイク。
  15. あっちこっちそっちにゴリラっぽいキャラがいる。
  16. 電車に乗るとぶっ壊れる(←当然でっせ)!!
  17. 巨体と怪力に似あわず一物は人間の小指くらいしかないらしい。
  18. 繁殖形態は一夫多妻のハーレム。漢らしい!しかしあぶれたオスどもがハッテン場ハーレムを作ることもあるらしい。
  19. 全般のNo.6の項の替え歌で、2番目に登場する動物。
  20. 繁殖期を除いて、外見に似合わず(?)穏やかな性格らしい。動物園で子供が転落した際にもメスが守って、興奮するオスを老いたゴリラが抑えるなど、なかなかチームワークが取れているとか。
    • 腕力は高いが戦闘を好まないため、猛獣(例:ヒョウ、ライオンなど)と出会ったらすごすごと引き返すらしい。向こうも腕力が高すぎて怖いのでゴリラなんぞ襲わないので。
      • 「あんなのとガチで戦ったらめっちゃ痛い目に遭う」→「だめだ、総員退避」という思考が優先するとか。「蟷螂の斧」の真逆だと言えば分かりやすい。
  21. 生息地では「貴方がゴリラに何もしなければゴリラも貴方に何もしない」と言い伝えられている。
  22. メスはお年頃になると群れから旅立って、別の群れの住人になる。
    • オスもお年頃になると群れから旅立って、別の群れのボスに闘いを挑んで群れを乗っ取ろうとする。
  23. 嵐の桜井君が昔着ていたちょっとエッチなTシャツ。
  24. 見た目によらずストレスには弱い。
    • ちょっとしたことですぐに腹を壊したりとか。
  25. アメリカかどこかの動物園で檻の中に落ちたヒトの子どもを助けたことがある。
  26. しりとりではよく「リンゴ」と「ラッパ」の間に入る。
  27. 人間と会話ができる唯一の動物。

チンパンジー[編集]

  1. どこかの国の総理大臣の愛称。
    • 某国の前大統領では
      • あなたとは違うんです。
  2. 動物向けニュースで有名。
  3. シンバルを叩く。
  4. 某ドラッグストアのCMに出ていた。
  5. 一匹で電車に乗れそう。
    • でも駅員にとっ捕まえられそう。
  6. 「オスの股間には花が咲いている」と酷評される。
    • 「チン」だけに…。
    • メスには咲いてないのか!?
  7. バナナ大好き!!
    • というのは最近「そうでもない」という事実が判明した。
    • 例の天井から吊るす実験が有名すぎたからだろう。
  8. 「浦安鉄筋家族」の大沢木家のペット。
  9. マスクを被り、マントを羽織って空を飛び、ゼスチャーで会話も出来る個体がいる。
    • マスクをかぶったゴリラと対決して瞬殺されたこともある。
  10. 全般のNo.6の項の替え歌で、3番目に登場する動物。
  11. 子供のうちは可愛らしく人にも懐くが、成体になるとまったく手に負えない猛獣と化す。お菓子泥棒が精々のニホンザルと似たイメージを抱くのは間違い。
    • 握力が300kgもある上、平気で他の群れの子殺し&共食いに至るため、本気で攻撃されたら人間なんてひとたまりもない。「チンパンジー 凶悪」などで検索するとその手のグロ話がわんさかと…。
    • 「アカコロブス」というオナガザル科のサルを捕食してしまうことでも知られる。実は霊長目で一番肉食傾向が強い。
  12. 歯を出して笑ったような顔をするが、これは威嚇の表情。このとき逃げないと強力な握力で頭を握られ、石に頭を叩きつけられて糞を浴びせかけられる。
    • 一連の行動はパッケージ化されてて、途中で止まることはないんだとか。
  13. 恐ろしいことに単純な記憶力だけなら人間を上回るらしい。
  14. エッチの時間が驚くほど短い。
  15. ガガーリンより先に宇宙飛行を行った。
  16. 戦前にソ連がヒトとの雑種を作ろうとしたことがある。
    • その研究のために作られた霊長類研究所は今も存続しているとか。

テナガザル[編集]

  1. お歌が大好き。
  2. 雲梯はたぶんコイツを見て思いついたのだろう。

ボノボ[編集]

  1. ヒトにもっとも近い動物。
    • 昔はピグミーチンパンジーと呼ばれていた。が、DNAを調べると、チンパンジーよりもヒトとの共通点のほうが多かった。
      • ヒトとボノボの間に線を引くくらいなら、ボノボとチンパンジーの間に線を引いたほうが妥当だということ。
    • かなりさまになった二足歩行ができる。四足歩行と半々くらいで生活しているらしい。
    • 相当高度な社会生活も営んでいるらしい。
    • 決まった発情期が存在せず、いつでもどうぞ状態なのは、動物界でヒトだけだと思われていたが、ボノボもそうらしい。
    • 2頭のボノボに英語を覚えさせることに成功したという報告がある。スゲー。
      • さらにそのボノボはゲームの「パックマン」を遊ぶことができるようになったという情報もある。
  2. 二足歩行するラッコのことではない。
  3. 類人猿には一夫一妻からあらゆる人間の性倒錯が見られるが、ボノボはレズ・乱交・近親相姦担当。

関連項目[編集]




関連記事