発電

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:福島第一原発に関する投稿

発電の種類[編集]

  1. 大まかに言えば太陽光発電とそれ以外
    • それ以外=モーターを回すタイプ

火力発電[編集]

  1. 燃料は石油、石炭、天然ガスと多岐にわたる。
    • 二酸化炭素の排出量は石炭>石油>天然ガスらしい。
    • 電力会社にとってライバルとなるガス会社から天然ガスを買って使う場合もある。
      • 電力自由化によりガス会社が自ら電力の小売りに乗り出す事例も出てきた。
    • 最近は地球にやさしいバイオマス発電も登場。
  2. 燃料で水を沸かし、その水蒸気でタービンを回す。
    • コンバインドサイクルという排熱まで利用する技術も開発された。
    • 蒸気機関の直接的な進化系といっても過言ではない。
  3. 中国では煙突に煙の有害物質を除去する装置がないため周辺への健康被害が大変らしい。
  4. 実は放射能を出す。石炭だけだが。
  5. 屋台で使うような手提げ型の発電機も、ガソリンが燃焼する力を使うので、ある意味火力発電。

水力発電[編集]

  1. 環境に良いとはいうが実はかなり悪かったりする。
    • 森林を破壊するからね。
  2. 日本ではこの方式の大規模な発電所を新設できる場所はほぼ無くなったとか。
    • 再開発による貯水量や発電量の増大は所々で行われている。
  3. ラオスが「東南アジアのバッテリー」と呼ばれるのはこの発電のおかげ。
  4. 時代は小水力。・・・なんて散々うたった割には流行らなかった。
  5. 最初に普及した大規模発電方式であり、再生可能エネルギーでもある。
  6. 夜間の余剰な電力で高い場所に水をくみ上げ、昼間に高い場所から水を落として発電する「揚水発電」もここに含まれる。
    • バッテリーの充電・放電に似ているため、「巨大な二次電池」とも言われている。
  7. 電気の通わぬ山間部で電力を得る手段としては意外と主流。
    • 旧ユーゴの内戦では遠方の発電所との接続を絶たれたある街で市内を流れる川に水車を設置して発電していたという記録もある。
  8. 都市開発のゲームでは地形操作しないと作れないことも多い。

原子力発電[編集]

  1. ウラン235等の核分裂反応で熱を取り出す。
  2. 一応メリットは火力発電に比べて「1gあたりの発熱量が多い」事だが如何せんデメリットが…
    • まあ、一応二酸化炭素は出ないけどね。
  3. 世界で初めて実用化したのは実はソ連。
  4. 日本以外の国では大きな冷却塔を建てそこから余った熱を放出するのが一般的。
    • 日本では代わりに温水を排出するため原発近くの海や川の水温が上がる問題が発生している。
  5. 特撮ではこの方式の発電所が怪獣に襲われることもある。
    • 特にゴジラは何度も襲っているイメージ。
  6. 地域の安全を脅かしかねない国がこれを導入すると「核開発の前触れではないか」と疑われることもある。
    • 話がそれるが米国が原子力発電をやっているのはもっぱら核開発のためである。スリーマイル島事故以来商用から手を引いたようだ。
  7. 燃料となるウランは特に2000年以降原油につられるように価格が乱高下していることはあまり知られていない。
  8. 高レベル放射性廃棄物の処分についても大きな問題だが、再処理工場で精製したプルトニウムも使い道が定まらない。
    • 下手に外国に運ぼうとすると海賊に襲われかねないそうで。
  9. 大事故が起こると忌み嫌われるが、安全な避難所としても活用される。
    • 女川原子力発電所では安全な避難所として町民が利用していたほど。

太陽光発電[編集]

学校の屋上に設置した事例
  1. 最近流行りだが発電の仕組みを上手く説明できる人、いる?
    • 発光ダイオードが光る仕組みを逆に応用したものらしいけどいまいち分かりづらい。
  2. 当然といえば当然だが、夜間の発電はできない。
    • 宇宙に大量の太陽光パネルを飛ばして発電所にし、地上にはマイクロ波でエネルギーを送るという構想があるらしい。
  3. 遮るものがない宇宙空間では安定した電力供給ができる。
  4. メガソーラーなんかの建設現場を見ていると、これこそ自然破壊だと言いたくなる。
    • 実際、土手を削って設置した結果、大規模洪水が発生した事例も。
  5. 最近ではエコの観点から屋上に設置される事例もある。
    • というより、本来はこういう設置方法をされるべきものなのではないかと・・・
  6. 立地条件によってはソーラーパネルが雑草に覆われ発電量が落ちることも。
  7. 山中にメガソーラーなど造るのはいいが、斜面の排水対策をしないことが多いせいで結局現場が崩壊の基点となったりもしている。

太陽熱発電[編集]

  1. 名前が太陽光発電に似ているが、仕組みは全く違う。
  2. 太陽の光を大量の鏡で一点に集めて、その熱で水を沸騰させ、発生した蒸気でタービンを回す。
  3. 小学校の理科の実験の定番「虫眼鏡で紙を燃やす」を応用したもの。

風力発電[編集]

  1. 風さえあれば24時間発電可能。海沿いや山の中にある白い風車が印象的。
    • ただ、モーター音がうるさいとか。
    • 人の気分を悪くする低周波を出すため、人が住む場所の近くには設置できない。
  2. 鳥が風車に衝突して死亡する事故もこの発電の問題点として挙げられている。
  3. ブレードが固定されていて動かない筐体がごく稀に生じる。

地熱発電[編集]

  1. 火山の熱を利用して発電する。
    • 火山大国日本にはピッタリ。
      • しかし日本では火山の多くが国定公園とされるため安易に建設できず活用例はまだ少ない。
        • ようやく政府が「景観を損なうことが無ければ作ってよし」とすることが決められた。
  2. 地下水があることが前提だが、いちおう地下水が無くても技術的には可能。
    • 地下水は高確率で温泉としても活用されているため、源泉が枯れるとして地元民から反対されるケースがある。
  3. なので最近作られているのは源泉をパイプに通し、その熱を使いパイプの中を通る化学物質(ペンタンとか)を沸騰させるバイナリー式が多い。
    • 沸騰したペンタンは近所の湧き水とかで冷やされまた液化する。
    • 地熱発電ができるような温泉はえてして高温の源泉に地下水を混ぜて適温にしていたりするので、温度が下がった源泉と温度が上がった地下水を混ぜて使えば源泉の枯渇は関係ない。

マグネシウム発電[編集]

  1. 水中と空気中のマグネシウムを利用する二方式。
    • 実用化に向けて実験中。

関連項目[編集]




関連記事