Tc79929さんおよび富士見野男さんが管理者に就任されました。

百貨店

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

全般[編集]

  1. 値段のするものが置いてある。
    • 日本に数店しかないお店がしばしば入る。
  2. エスカレータは4本1組のことが多い。
  3. 各駅に停まるエレベータはだいたい優先エレベータ。
  4. エレベータにはだいたい乗務員が1人ついていた。
    • 最近はその業界も厳しいらしく、無人運転が多くなった。
  5. だいたいクレジットカードを発行している。
  6. 最近コンビニが百貨店内に住み着いてきたらしい。
  7. 大手百貨店だと、国際空港内に受け取り場所を設けているところも。
  8. プロ野球のリーグ優勝ならびに日本一が決まると、大体「優勝おめでとうセール」をやっている。
    • その場合、そのチームの監督の背番号にちなんだ値段になるのがお約束。
      • オープニングは、くす玉割り・鏡開きがおなじみ。
  9. 呉服店がルーツのものは高級路線、鉄道会社が設立したものは大衆路線ということが多い。
    • 鉄道系の中でも阪急百貨店は今は高級路線だが、元々は大衆路線だった。
  10. 関東では「デパート」、関西では「百貨店」が一般的な呼び方。
  11. 都市部における「百貨店」と地方における「百貨店」は微妙に違う時がある。
    • 地方でデパートと言われてるブランドは都市部ではスーパーに扱われたり。
      • そもそも、百貨店型で出店したスーパーが少なくなかったりする(特に1970年代)。
        • 2010年代も現存する店舗としては佐世保のイオンがある。
        • 九州だと寿屋の一部店舗が「百貨店」を名乗っていた。実際にフロア構成は百貨店そのものだった。
    • GMSに分類されそうな店も「百貨店」と呼ばれたり。
  12. いわゆる「デパ地下」は日本特有の概念。
    • 海外では食品売り場が1階にあるケースもある。
    • 食料品売り場を地下に置くと保安上地上階と分離しやすく遅くまで営業できるという利点があるらしい。
  13. 発祥の国を飛び出し複数の国や地域で営業するブランドもある。
  14. 近年ではショッピングモールやネットショッピングの発達により危機に立たされている。
    • 事業者同士の経営統合も増えてきた。
  15. 日本では屋上にミニ遊園地を備えているところが多かった。
    • だが現在では遊具の陳腐化や非常時用のスペース確保のため少なくなってしまった。

店舗別[編集]

トキハ[編集]

  1. 大分空港から乗る人はみんなトキハの袋をもっている。
    • 羽田の到着ロビーでもヒマワリの袋を見ると大分便が到着したとわかる。
  2. 「ときは」と読むのは県外人。「ときわ」が正解。
    • ちなみに「トキハ」の「ト」にアクセントを置く人は生粋の大分人(3文字の単語を頭高尻下で読む大分弁の特徴が出ている)
      • 昔、英語では"Tokyo"を「キオ」と発音していたけど(今は「キョ」と発音する事が多い)、そんな感じに「キワ」と発音すればいいのかな。by 関東人
        • YMOのテクノポリスでの「トキオ」のイントネーションに近い。
          • ジャニーズの「TOKIO」の発音と同じです。
  3. 昔は「トキハ」で買ったもの以外は進物として認められない空気があった。そのせいで、県外に出張する時の手土産もヒマワリの袋は必須だった。そのせいで、県外の人は皆不思議がっていた。
    • 「ひまわり」の大分の年配の人に対する刷り込みは異常な程強い。
    • トキハで県外者向けにおみやげを買うとき、「ひまわりの袋は恥ずかしいのでちょっと・・・」というと、店員のあからさまに表情が険しくなる。
  4. 幼少のころはトキハは全国区だと本気で信じてた。
  5. 「クシコスポスト」「ペルシャの市場」を聴くと条件反射的に「五時の市!」
    • 学校の音楽で流れても5時の市。妹に聞かせても5時の市
    • 全国的には運動会の定番BGMである「クシコスポスト」だが、大分では運動会とはあまり結びつかない。
  6. トキハの系列でアテオがあるが、表記は『atio』反対から読むと『oita』すばらしい愛県心。
    • だが熊本資本だったりする
      • 古荘本店だったっけ?
    • 年寄りはあれをアテオとは言わない。今でも「インダ」という。(注:昔は「トキハインダストリー」という名前だった)
  7. 1店舗でトキハ本店より大きいデパートは福岡市にも無い。
    • 岩田屋本店がありますが何か?(岩田屋48,500m²・トキハ会館約42,000㎡。ちなみに博多阪急がほぼ同じスケール)
      • 現在の面積になったころは福岡どころか中四国まで含めても最大だった。まあ、過去の栄光という奴ですな。
  8. トキハわさだ店は日本最大の郊外型百貨店。
    • トキハ厨乙。
    • そもそも郊外型百貨店って国内だと大分と宇都宮ぐらいにしかなかったような……
      • 長野県山形村の井上百貨店アイシティ21もそんな感じだと思う。他にも系列外のSCに入ってる例も含めればもっとあるし。
    • 百貨店というよりは、横にやたらと長いショッピングセンターといった感じ……。
  9. トキハで働いている店員は、プライドが高い割には欠品が多く、大分の地元の品(きつき紅茶など)でも置いてない場合がある。お歳暮のパッケージでも、お歳暮フェアが始まってから日が浅いのに「売り切れです。」と憶気もなく言えるくらいにプライドの高い経営方針。
  10. 本店の地下駐車場は、ワゴン車が入れない。
    • なのでわざわざ遠くに止めに行く
  11. 大分のテレビ局のローカル番組には大抵提供している。
  12. 独自で「RUCCHA」なる電子マネー機能付きICカードを導入する。今更感はある。

中合[編集]

  1. 福島市が誇るデパート。
    • ダイエー傘下になりその流れからイオングループになったためああだこうだ言われるが、今でも贈答品や福袋は人気。
    • 学校の教科書をはじめ、潰れたコルニエツタヤから引き継いだ制服の受付など、学校に入学したらまず向かうのはここ。
      • ただし靴だけは引き継げなかった。
  2. 屋号を変えていないためあまり目立たないが、県外のデパートを傘下に収めている。
    • 函館の棒二森屋や山形の十字屋、八戸の三春屋がそれ。
  3. 東北で唯一、こち亀記念イベントの開催地に選ばれたことがあり、ここで行われたことがあった。

十字屋[編集]

  1. 山形の百貨店。
    • かつては中小型店舗含めて東日本一帯に店があった。
  2. 中合が親会社。
  3. 2018年1月末で閉店。
  4. 発祥の地は平塚。
  5. OPAはここから派生した。
  6. 銀座十字屋とか京都にあるJEUGIAは全く関係ない。

福田屋百貨店(FKD)[編集]

  1. 自身の生き残りのために繁華街を捨てた。
    • 市街地の空洞化を嘆く声はあっても、福田屋への批判めいた意見は地元メディアではほとんどゼロ。さすが商工会議所の会頭だけあるわ。
    • 福田屋の成功は地方百貨店業界に波紋を広げた。
    • それを真似た上野は見事に潰れる。
  2. 本店とインターパーク店の品揃えの差って…?
    • ショッピングヴィレッジとシネコン(MOVIX)の有無以外、大して違いが無い気がする。
      • インターパークスタジアムではスポーツクラブも始めた。
  3. 福田屋の包装紙は、栃木県内では東武の包装紙と並ぶ神通力を持つ。
    • だがその昔は、宇都宮で一番貧乏臭いデパートと言う扱いだったのは秘密。上野百貨店が倒産した時に上野の外商部を東武宇都宮と奪い合って今があるらしい。
      • 宇都宮以北限定の神通力じゃね?
  4. 宇都宮駅からインターパーク店への送迎バスは、明らかに時間かかりすぎ。
    • 公共交通機関で行く所じゃないよなあ、あそこは。車社会栃木の象徴だもん。
      • 地理的には雀宮駅からの方が圧倒的に近いのに、道路条件が悪いのか先天的に需要が低いと睨んだのかシャトルバスがない。
  5. 百貨店を名乗っているが、百貨店協会に加盟せず、全国のスーパーマーケットが参加するチェーンストア協会とCGCグループに加盟している。
    • でも「あなたもわたしもCGC~」の歌は店内にはかからない。
      • 伊勢丹の垢でも煎じて飲めって気がする。
  6. 宇都宮を中心とした県央でイオンの勢力が弱いのは間違いなくここの影響。
    • その代わりと言っちゃなんだが、栃木の福田屋は営業時間短縮。撤退のうわさあり。まっ、栃木のジャスコも食品売り場24H営業やめたけど。
      • 本店&インターパーク店と、それ以外の店の格差が激しすぎる。西武の池袋とそれ以外、っていうレベルではない。
  7. 会員カードを作ると、もれなくバーゲンの時期のDMが付いてくる。
    • ほとんどがゴミになるのは言うまでもない。郵便代と森林資源もったいねぇ…。
    • バーゲンの時期に本店前の通り(競輪場通り)を通るとえらい目に遭う。とにかく動かない。
      • それは10数年以上前の話。みんな学習能力があるので、抜け道利用するなどして酷い渋滞は回避されています。というかここ数年、宇都宮店近辺の競輪場通りが酷く渋滞することってないでしょ。
  8. 2011年中に栃木店と真岡店が閉店することが決まった。(ソースは2010年7月23日付の下野新聞)
  9. 繁盛してるようにみえても、経営は厳しいらしい。正社員のボーナス安いし、サービス残業当たり前。
    • 年配の社員を栃木・鹿沼・真岡などの通勤に不便な地へどんどん転勤させる。(辞めさせる気マンマン)
      • 正社員の退職金すらでないらしい。(一時金みたいのが少々)
    • そういえば最近、くじ引きやらなくなった。はずれの赤玉でもラップとかもらえて助かってたのに。
    • 休日はそれなりに客がいるが、平日の午前中はガラガラ(特に宇都宮店)。
    • 肉売り場での試食は、ウィンナー類のみ。
  10. インターパーク店は宇都宮南部~上三川~真岡近辺のDQN女子中高生の格好の万引きスポット。真岡市内の某実業高校の女子高生が制服を着て店内に現れると、警備スタッフは厳戒態勢になるらしい。
  11. かつて栃木から撤退したLoftが宇都宮店とインターパーク店に復活している。

福屋[編集]

  1. エールエール
  2. 八丁堀広島駅前店以外にも店舗はあるが、しょぼい。
    • その広島駅前店は、エールエールA館に入居している。一時は三越になりかけた。
      • 計画凍結中のエールエールB館には西武が来ると言われていた。
    • 2店舗以外では尾道店が比較的大きい。あとは外商店舗(ギフトショップ)規模。
  3. 原爆病院にもある
    • ん(?)
  4. 西区庚午にはボルボのディーラーまである。
  5. 八丁堀で7階の貴金属売場が爆窃に狙われた
  6. 何でかスタバの豆専門店がある(あった?)
    • 東京以外であるのは、ここだけ。
  7. 広島市内で「お使いもの」にするならココ。お年寄りには相当受ける。

松屋[編集]

松屋銀座
  1. 牛丼屋ではない。
    • 吾妻橋と国際通りにあるけどね。
    • 銀座本店のトイメンにライバルの吉野家が出店して来やがった。
      • 牛めし屋のほうは、銀座に出店していない。
  2. 老舗のデパートだが、デパートらしからぬ天井の低さ。
  3. 東武伊勢崎線の浅草駅があるが、急カーブのため6両しか入れない。
    • 8両用ホームもあるが、ドアカットだったと。
  4. ブラインドみたいな外壁の内側に、建設当時のモダンな外壁があるらしい。
    • 改修工事でモダンな外壁が復活した。
  5. 銀座松屋も忘れないで。
    • 本店はこっちなんだけどねぇ...
    • ボーイスカウトご用達。
    • 毎年夏にNゲージ主体の「鉄道模型ショウ」開催。
    • 近くに松坂屋もあるが、名前が紛らわしい。
  6. 福岡にも有ったが東京の松屋と関係なし。どっちも倒産。福岡松屋はマツヤレディス、ミーナ天神に。
  7. 大阪には松屋町があるが、当然松屋はない。
  8. 銀座店は銀座デパート一人勝ち出来るほどのオシャレ。しかし浅草店は……

関連項目[編集]

丸栄[編集]

  1. 立地に関しては松坂屋に勝っている。
  2. 名古屋在住鉄道ファンには馴染み深い。
  3. 名古屋嬢を手軽に見られる場所。
  4. 名古屋の4Mデパートで一番影が薄かったが、「ギャルエイ」と自称するほどに若い女性向けに注力してから独特の存在感を発揮。

丸広百貨店[編集]

  1. 川越の百貨店。
    • 発祥は飯能。
  2. 屋上に遊園地がある。
    • 一時期日本唯一だったことも。
  3. 飯能には店舗が2つあったが東飯能にあった方を閉鎖した後、飯能にあった方が老朽化したため東飯能側に居抜き出店した。

丸物[編集]

  1. 京都を中心に東京から北九州まで店舗を展開していた百貨店。
    • ブランド名はもともと「京都物産館」として開業したことにちなむ。
  2. 新宿店にはストリップ劇場が入居していた。
    • もともと露天商の組合が建てた店舗を買収したもののため追い出したくても追い出せなかったらしい。
  3. 後に近鉄の資本参加により「株式会社京都近鉄百貨店」となった。
    • そのため当時の岐阜店は「京都近鉄百貨店岐阜店」などというどこにあるのか一瞬見当がつかない名称になってしまった。
    • さらに後になって「株式会社近鉄百貨店」(阿倍野、上本町などの店舗を運営)と合併した。
  4. 現在この百貨店の流れをくむ店は全て閉店済み。
    • 渡辺節設計の京都店の建物くらいは残してほしかった・・・。
    • なお東京丸物は運営会社と店舗ごとパルコになった。

マロニエゲート[編集]

  1. もともとプランタン銀座だった所。
  2. 読売新聞の関連会社。
    • 1972年までここに本社があった。

三中井百貨店[編集]

  1. 朝鮮・満洲・中国大陸に18もの店舗を設けていた内地資本の百貨店。
    • 一時期は朝鮮での売り上げが三越をしのいでいたという。
  2. 日本の敗戦により全ての店舗を失い百貨店としては消滅。
    • 戦後に内地に新規出店するという話もあったが流れてしまった。
    • 現在は彦根にある同名の洋菓子店に名残をとどめるだけ。
  3. 新京店や釜山店は90年代まで建物が残っていたが再開発により取り壊された模様。

ヤマトヤシキ[編集]

  1. 本店より加古川の支店のほうがイメージが強い。
    • 加古川店はそごうが撤退した後に居抜きで入居した
      • 実は現在の加古川店ができる以前にも加古川に出店していたことがある。
  2. 昔:播州唯一の大規模小売店。今:ぶっちゃけなくてもええ存在。特に姫路ではこの色が顕著。
    • ほとんどのもんがイオンで済むし、高いもん欲しかったら山陽百貨店行ったらええし。
  3. 高島屋と提携している。そのためロゴが高島屋のそれと似ている。
  4. 神戸以東での知名度はほとんどない。
    • そりゃお膝元の姫路ですら知名度はアレだし、加古川より東にはないから知らないも当然。地理に詳しい鉄ヲタでも知らない人が大多数。
  5. 2018年2月末で姫路の本店が閉店。これで本店が閉店して支店だけが残ることに。

リウボウ[編集]

  1. 県内最大の流通会社。

リウボウインダストリーの噂[編集]

  1. 沖縄に残る唯一の百貨店。
  2. 百貨店はゆいレール・県庁前駅前のパレットくもじ本店と、別館(旧沖縄三越に予定)。
    • 他に、撤退した沖縄三越から引き継いだ3つのサテライトショップがある。
  3. かつては山形屋、三越と並ぶ沖縄百貨店御三家であった。
    • 山形屋は1999年8月に、三越は2014年9月末に撤退した。
    • そのため、リウボウは山形屋に入っていたテナントやブランド、三越の沖縄本店などを引き継いだ。
  4. 沖縄最後の牙城なので、何とか存続してほしいものだ。
    • 沖縄百貨店御三家はいずれも、ADO(全日本デパートメントストアーズ開発機構)の加盟店であったが、山形屋は独立系、三越は三越伊勢丹系、リウボウはそごう・西武寄りである。
  5. 文字通り読んではいけない。
    • ローマ字表記なら一発でわかるが「りうぼう」ではなく「りゅうぼう」と読む。
    • ここといい山形屋といいトキハといい天満屋といい、どうして百貨店は読みをややこしくしてるんだ。
  6. スーパーマーケットやショッピングセンターとしては、どうしてもサンエーのほうが存在感がある。

関連項目[編集]




関連記事