直方市

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ご当地の噂 - 世界アジア日本九州 > 福岡筑豊直方市

古賀
鞍手

久山 直方

小竹
飯 塚 福智


糸田

田川
嘉 麻
   
筑前 朝 倉 東峰 大分

直方市の噂[編集]

  1. 筑豊の人以外は、あんまり読めない。のおがたと発音する。
    • 地元の人間は「のうがた」と発音していたが、直方駅のローマ字表記で初めて「のおがた」と気付く
      • IMEでは「のうがた」「のおがた」両方とも変換可能
    • 他地域の人は大抵「ちょくほう」と読んでしまう。
      • 「なおかた」だと思ってました。
      • のおがたたいの体積は縦×横×高さ
  2. 筑豊という地区に一応いるが、田川・飯塚に比べて影が薄い。
    • でも「筑豊の中心」と言われることも多い。
      • でも他地域では「ああ、あの田舎ね」と言われる。筑豊は全域そうか。
    • どちらかといえば北九州のベッドタウン的要素が強い(直方市と北九州市八幡西区は隣接しており相互の流動も多い)。
      • 八幡ならまだわかるよ。筑前国同士だったから。
    • でも筑豊高校は直方なんだよな。
    • 「直方平野」も一般的にはマイナーだろうな。
      • 鉄オタと筑豊出身者以外は「ちょくほうへいや」とか「なおかたへいや」だの読んでたな。
    • でも、もともと嘉飯山地区と国が同じだった(違っていたのは田川の方だった)。
      • 豊前(田川側)の元飛び地が直方市にあったり。
  3. 魁皇・びっくり市・もち吉しかないと思われている
    • もち吉はあちこちに支店ができたために、わざわざ直方で買ってきたという価値観が無くなってしまった。
      • もち吉の力水は500mlのペットボトルで大相撲の会場にて無料配布される。
    • はせがわ仏壇店も直方発祥です。
  4. びっくり市
    • 年初めに肉うどんが無料で振舞われる
    • その名もびっくり開運肉うどん。数トンのうどんと肉を重機で豪快に煮込む、まさにビックリなうどんである。
      味の好みは分かれるところだが、こまけぇことはいいっこなしだ。
  5. もち吉の水〜昔機関車の洗浄に使われていたという都市伝説がある。
    • あんなに汲んで大丈夫なのだろうか。
    • すでに何年も前からもち吉の周辺道路一帯は地盤沈下が深刻な問題になっている。
    • (もち吉のせいというより、そこかしこに炭坑跡が地面の下に残っているためでもある)
    • 直方駅の改札入って歩道橋までの間は、昔ホームだったが地盤沈下を放置してただの通路に成り下がったもの。他のホームはかさ上げした。
  6. 方言は博多弁に似ているが、博多ほど受け入れてもらえない
  7. 浜崎あゆみは直方の小学校に通ってたらしい
  8. サ行の発音は、シャ・シィ・シュ・シェ・ショ。例)先生→しぇんしぇい
  9. 成金饅頭
    • 成金饅頭を作ってる店は現在4軒。博多屋、大石、四宮、喜久屋。どれも微妙に違って美味しい。
  10. 魁皇の出身地で、博多から特急「かいおう」が走る。
    • 存命中の人物名が特急名として使用されるのは非常に珍しい事例である。
    • いつの間にか、増発している
    • 魁皇引退してもそのまま?
      • 2011年とうとう引退しましたが・・・
  11. 20年前直方は、繁栄してた
  12. 危うく「ゆたか市」になるところだったらしい
    • うへぇ…、やだなぁ…。
  13. 「くらこー」といえば鞍手高校の事を指す。(北九州地区では小倉高校)
  14. 近年は衰退気味だったがイオンの進出などで21年ぶりに人口増に転じた。
  15. 直方高校はNHKドラマのモデルにもなった。
  16. 炭鉱の印象が濃いが、市東部には桜や紅葉の名所やキャンプ場などもある。
    • 直方の場合、炭鉱の印象自体が筑豊の中ではちょっと薄め。
      • どっちかってと運搬らしー。だから田舎なのに平筑(元国鉄)は複線なんだとか。
  17. 筑豊本線により、福岡市との繋がりも濃くなってきた。
    • 1968年の篠栗線開業以降。
  18. 2年間ほど、直方藩が存在した。
    • 東蓮寺藩とも。
  19. 「北九州圏」とは言われても、「飯塚圏」とはあまり言われない。
  20. もともとは「皇方」と表記した。「皇」は尊良親王のことらしい。
    • 知ったときはびっくり。こんな高貴な由来があったとは・・・。
  21. 旧国境を越えて、平成大合併でできたばっかりの福智町と合併しようとしているらしい。
    • 更に、これまた平成大合併でできたばっかりの宮若市をも…。
  22. 最近は、求心力が急上昇。
  23. 直方で「花」と言えば、チューリップ。
    • 遠足では定番スポット。
  24. 炭鉱時代は、炭鉱よりもむしろ卸問屋で栄えた。
  25. B級グルメと言えば、焼きスパ。
    • 給食のやつは美味しくないらしい。
  26. 「高取焼」たる焼き物がある。
  27. タモリがかつてよくネタにしていた。

直方[編集]

  1. 直方駅は、初代博多駅を移設した駅舎(という噂である)
  2. 多賀神社は縁切りの神様、なのに近隣中高生のデートスポット。

感田[編集]

  1. 感田は「がんだ」である。
    • ガンダーラではない。
  2. イオンモール直方は北九州市からの買い物客も多い。
    • 八幡東が出来たせいで減った?
  3. 明治の町村制後の自治体名としてありそうだが、当時の時点で頓野村の一部になっていた。

植木[編集]

  1. 新幹線の駅が欲しいが、作るお金が無い。
    • その昔商店街の人が反対したとか。
      • 新幹線駅は断念したようです。(2006/10/03付・西日本新聞より)
  2. 直方パーキングエリアは片一方しか無い。(上り線だけ)
    • でも下りでもバス停名は「直方PA」。鞍手PAではない。
  3. すぐには直方市にならず、市発足から20年以上経ってから途中参加。



関連記事