新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

石野真子ファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 豊中市民会館は聖地だ。
  2. 「八重○」というクイズ(あるいはアンケート)を問われると「歯」と答える。
  3. N渕T、H岡Sの名前はタブー。
  4. 後年デビューしたM田S子をはじめとするアイドルを、ポジションを奪った感があるという理由で敵視している。
    • モーニング娘。ファンを兼ねている人は彼女らが人気度を抜いた時にその記憶がよみがえったことだろう。
    • ライバルは沢田研二と思っている。
    • 大半は敵視などしていない。例えば、石野真子の親衛隊メンバーでも結構な数が松田聖子隊結成に動いた事実だってある。
  5. ドラえもんファンを兼ねている人は「彼女の芸能界復帰は、誰かが『ウソ800』を飲んで『真子ちゃんも百恵ちゃんみたいになってしまうのか』と言ったからだろう」などとついつい思ったりする。
    • あなたも狼に変わりますか~♪「ハイ!オオカミ男クリーム」(←CV:大山のぶ代)
      • 更に広島東洋カープファンと三つ又かけている人にとって1979年は栄光の年になったことだろう。
      • マジで狼に変わりたくなるような笑顔だった事を忘れられない。
  6. この番組の決めポーズを見ると「あなたも狼に…」と反応してしまう。
  7. 弘道お兄さんの「天使の羽根ランドセル」CMを見て「ワンダーブギ」歌唱シーンを思い浮かべる。
    • 最近では香取慎吾の「ドールバナナ」CMにも反応する。
  8. 虫さされにはムヒ、アイスバーならカネボウBOB、シャンプーなら「リンスのいらないメリット♪」だ。
  9. スカパー!で放送される「カックラキン」や「ドリフ大爆笑」の彼女の出演回は必ずブルーレイなどに保存する。
  10. 彼女が現在でも「いしのようこの姉」と言われていないことに安堵している。
    • 「志村けんのだいじょうぶだぁ」が放送されていたころは青ざめていた。
  11. 「めまい」といえば小椋佳ではないし、「東京タワー」といえば角松敏生でもリリー・フランキーでもない。
  12. 初出場回が記念すべき小林幸子の初出場回且つ山口百恵&美空ひばり(特別出演のため出場回には含まず)の最終出演回となったNHK紅白でトップバッター(歌唱曲:「ジュリーがライバル」」)を務めたことを誇りに思う。
  13. 80年代の泣く子も黙る怖さを誇ったアイドル親衛隊はこの人がいなければ生まれてなかった。
    • それ以前にもキャンディーズに全キャン連とかが居たけど、マジモンのゴロツキ少年を一個の統一した軍団にまとめあげたのは石野真子隊を結成しその方面では神格化されている某氏。マジモンの×××とタイマン張って来るような武闘派だった。
      • 因みにそんな石野真子隊で下っ端やっていたのがあの嶋大輔。
  14. 春ラララやジュリーがライバル、狼なんか怖くないばかりがクローズアップされるけど……
    • 『失恋記念日』は地味に名曲やで。78年のレコ大受賞曲やけど、受賞者の中でまともなアイドルというとこの人くらいやった気がする。
  15. 春ラララは歌詞的にどうよ?と思わなくもないが、曲のポップな雰囲気と真子ちゃん自身の可愛らしさでごまかしが聞いていると思う。
    • 「今カレと元カレを合わせるってどういう女やねん」と思うのはファンであっても正常な思考回路。



関連記事