福井の交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

道路交通の噂[編集]

  1. めざせ!交通マナー日本一
    • 赤色灯回転させてるパトカーを見かけない日がない。
      • 赤色灯見た事無いですが?見かけるのは、事件事故ぐらい。
        • 警察が交通取り締まりをしている所を全く見たことが無く(実際?全くやって無い)やってるのは事故処理ぐらい。
          • しかし、死亡事故多発警報を発表すると思い出したかのように取締りをする。分かりやすい。
          • シートベルトとか速度違反なんかは結構な頻度でやってますよ?同じ場所で、同じ時間帯に。
  2. 冬期における路上駐車は厳禁。下手すると除雪車が雪と一緒に持っていってしまいます。
    • 他にも「冬期間だけ駐車禁止区間」が発生するので注意する必要がある。
  3. ご老人にとって、道路はどこでも横断歩道。
  4. 梅街道は農道なので農機具優先。農道のくせにNシステムまでついているハイテク農道
  5. 「交通マナーが悪い」というより「交通ルールが統一されてない」。
    • というより法規を知らない人が多い。のんきな田舎者にもほどがある。
    • 青は進め、黄色も進め、赤になって3秒までが注意して進行。
      • 黄色上等赤勝負。
    • 「交通マナー日本一」といわれるが、正確には「めざせ!交通マナー日本一」である。
      • 対向車が来ても右折
      • 赤信号右折矢印でも直進OK
    • 福井県警察本部は、福井県の運転マナーについて、他府県からの移住者に実際にアンケートをとったことがある。
      • 結果は「愛知県」「大阪府」「京都府」からの移住者は「前のところよりマナーがいい」とのこと。
    • 以前、福井新聞の投稿欄に「右側の車線を追い越しもしないでゆっくる走るのはいかがなものか」という投書があり、翌週、別の読者が「右を走るのは法律違反でない」と反論した。そのまた翌週には県警が「右側を走り続けることは法律違反ではないが、マナーの観点ではよくないのでやめてほしい」とコメントし、低レベルの論戦を繰り広げた。
    • でも、右に 曲がる用があれば 仕方ないんじゃない スピード違反で捕まるより。
      • 普通、遅い車は左を走って曲がる一つか二つ前の信号ぐらいで右車線にウィンカーを出して入る。10km先で曲がるやつでもずっと右キープ。だから、右車線がいつも混雑。
  6. どこに行くにも車。ノーマイカーデーでも車。
  7. 意外とコミュニティバスが走っている。乗っているかは別にして。
  8. ウインカーをだすのはもったいない
    • ライトをつけるのももったいない。
  9. 都心より郊外の方が圧倒的に便利なため8号線は常に渋滞
    • 特大の信号機は8号線名物だったが、LED化により急激に数を減らしている
  10. テレビで、「『右折車は曲がった先の信号が赤でもそのまま進みなさい』という標識が威圧的」と取り上げたら、文章が「―赤でもそのまま進行できます」に変わった。
    • 敦賀の金山バイパス高架下にある交差点は「右折車は曲がったら停まりなさい」。
  11. 福鉄の分岐がある関係で、大名町や新木田交差点は信号の矢印が複雑に変わる。
    • そして矢印の関係でフェニックスの大名町交差点は直進レーンが南北両方向とも名目上1車線しかない。
      • 南行きに至っては3方向に対して2車線しかない。
  12. 毛矢・東下は歩車分離というより、右折車の軌道内停車を阻止するための車車分離(電車と自動車)。
  13. ネズミ取り(隠れて取締)が当然のように復活している。速度なら堤防、一時停止違反なら点滅信号がある所で行っている。
    • 坂道でも やめて欲しいね 悪意がなくても ある程度でスピードは 出ているし
  14. ショッピングセンターの駐車場で、ドアをぶつけられるのは当たり前。
  15. 中部縦貫道のトンネルが用意されているが、看板で入り口をふさがれている。
    • その下には一般用のトンネルがあるが、なぜか「中部縦貫道」と書かれた看板が…。

鉄道(主にJR)の噂[編集]

  1. JR西日本のことを汽車と呼ぶ。もっとも最近では年寄りしか言わない。
    • 因みに越美北線は非電化線区。電車ではなく気動車(ディーゼルカー)。
      • しかも一昨年の豪雨から未だに一部区間が復旧されていない。
      • もう全線復活したよ
  2. 小浜線の電車はたまに一両編成で走る。その姿は消しゴムの様である。
    • 新車導入時、座席が従来の5分の1になって乗客の反感を買った。
      • 折りたたみ椅子を持ち込んだ老人もいたらしい。
  3. 小浜線の定期券を買うと、素敵な小浜線グッズが付いてくる。当の利用者は主に高校生なので、あんまり嬉しいということはなさそう。
    • そりゃそうだ。そういうのは鉄ちゃんや観光客が欲しいだろう。
  4. 勝山はJR西日本に縁がない。えちぜん鉄道しか走っていないから。そもそも自家用車の方が便利で速いので、学生と老人以外はあまり利用しない。
  5. JR西日本福井駅は新しくなったが自動改札にはなっていない。
    • あっても、使えるかどうかぁ。
  6. 福井(市)の人にとって駅というのは福井駅のこと。他の福井市内にある駅は…?
    • そのまま○○駅とその駅名で言われるだけ。
    • だけど「福井」とつく駅名なにげに多い
  7. JR福井駅前の街路樹は夕方になるとスズメの木と化す
    • 最近はカラスの方が多い。うっかり下で居ようものなら糞爆弾落とされるので注意。
  8. 進方向の先頭車両では無く、最後尾の車両の運転台で運転しているのに驚いた。
    • 旧式の車両だから。
    • 旧式では無く、新快速用に登場した新型車両です。

福井と北陸新幹線[編集]

  1. まるで県民全員一体となって、願って要るかの如く捏造する県などのお役所!
    • そんな中、反対派グループが登場すると、圧力をかけて潰しにかかるらしい!
      • という賛成派への圧力が根強い
  2. 駅には、決まって地元住民&地域民全員が願っているが如くの捏造看板が在る。
    • 全住民が賛成はしていないのも事実だが、全住民が反対もしていない。
  3. 新幹線が開通し沿線自治体が、在来線と問題の福鉄両方への財政負担をした場合、自治体の財政破綻する可能性が高いらしい。
    • という謎理論を振りかざす反対派が妙に多い。
  4. そもそも現状(米原経由)でも東京・福井が3時間30分圏なので新幹線の必要性が薄い。「サンダーバード」との二重投資という批判もある。
    • 北陸新幹線が金沢開業しても大してメリットはない。米原経由と時間が変わりなく運賃料金だけ上がる。むしろ富山まで乗継を強いられる事になる事態に。
      • 九州新幹線の場合、大分博多直通のソニックや早朝の特急有明が残るなど在来線と新幹線の役割分担が進んでいる。同様にこれを北陸でも期待する向きがある。
    • 新幹線が出来ればサンダーバードはなくなるため、二重投資にはならないで済む。まあ敦賀までの営業の間は、両方走る可能性があるが。
  5. 経営分離後はIR・あいの風と同様にICOCAを導入するのだろうが、そうなると敦賀以南までそのまま乗り通して使えるようになるんだろうか。
    • IRは残念ながら…。
    • 結局使えるようになりました。
  6. 「ふくい」も「えちぜん」も同業他社に取られているので、3セクのネーミングがおれんじ鉄道やいさりび鉄道並みのトンデモな物になりそうな気が…。
    • 意外とえちぜん鉄道が引き受けたりして・・・?ないな。でもアテンダントが元JR路線でも乗務したりするならそれもいいのかもしれない。

京福電気鉄道の噂[編集]

京福電鉄(福井)の噂[編集]

  1. 2000年から2001年にかけて、半年の間に2度も正面衝突事故が発生。国交省の事業改善命令に「会社が傾く」と言って営業の継続を断念。結果、えちぜん鉄道が事業を引き継ぐ(永平寺線は廃止)
    • 事故の前から経営は十分傾いていた
    • あの事故のせいで、都電6152号「一球さん」は廃車になった。
    • 2000年の事故の時の、故障電車側の運転手は鉄道員の鑑。こいつらも少しは見習え。
      • 某サイトでこの事故について「現代人が同じ対応を取れるか? と疑問を呈していたが、それを実証してしまった。まさに「壮大な負の実験」をしてしまったといえる。
        • 注:この2回の事故からバス転換決定とその断念(バスでは大体足り得ずとしてえちぜん鉄道としての存続)まで、「壮大な負の実験」と言われる。
    • 全路線廃止後バス道路にするって考えもあったような・・・。
  2. 昔は坂井郡(今の坂井市・あわら市辺り)にもっと路線があった
    • 永平寺線―金津(今の芦原温泉)~東古市(今の永平寺口)~永平寺
    • 丸岡線―本丸岡(今はバスターミナル)~丸岡~西長田
    • 更に越前本線も大野市まで伸びていた(勝山-京福大野)。国鉄越美北線の開通で勝ち目がなくなり撤退した。
  3. 女性運転士もいた。

京福バスの噂[編集]

  1. 京福電気鉄道の子会社「京福バス」が県内のバス路線を運行中
  2. 京福電車全面運休中の代行バスを運行。
    • 越美北線の代行バスもやっていたが、長期になってしまうのでJRバスに変更。
  3. 九頭竜川を渡ると(森田以遠)急に運賃が上がる
  4. カラーリングがどことなく伊予鉄道に似ている
  5. 年々本数が減ってるようにしか思えない。
  6. 時々、時刻表より先に停留所を通過する(10分以上前に通過もあった)
    • この前乗ったら、降車ボタンを押しているのに停留所を通過して、次停留所のアナウンスを流す運転手がいた。150m走って客に言われてそのままおろしたが、客に「もう、しっかりしてよ」といわれる始末。
  7. 高速バスは福井鉄道と共同運行。
  8. 車内放送がヤスサキの店内放送とおんなじ
  9. なにげに、「京福リムジンバス」で分社化していた。
    • 京福バスの子会社ではなく京福本体の子会社。北陸自動車道片山津IC近くに本社がある。
  10. 路線バスの一部でカードリーダーがついているが、京福は頑なに回数券なので挿入口を塞いである。
    • の割に、一部車両には整理券にバーコードのついたやつを採用。運賃をちょろまかせないようにしている。
  11. バスターミナルは昭和の雰囲気。差し込み式の時刻表や、行灯式の発車案内がある。発車するときは回転灯がつく。
  12. すべての路線に系統番号があるのに、福井市内を走らない路線は車両に系統番号を表示しない。
  13. 東京には夢のあるバスが、大阪には愛をのせたバスが、名古屋には光るバスが走っている。
  14. 京都の京都バスに塗装がそっくり。
    • 京都バスも京福グループ、京都バスの中古が塗替なしで京福バスに移籍したこともある
  15. 福井における京阪グループ最後の砦。
    • 鉄道はえちぜん鉄道に移管されグループを離れたので。
  16. 実は元々京福とは関係ない「丸岡自動車」として設立された会社である。
    • その後京福の系列に入り長らく「丸岡バス」という小規模な会社として存在していたが、京福のバス部門分離時に受け皿になったことで現在の姿になった。

京福リムジンバスの噂[編集]

  1. 上にもある通り、京福系ながら実は加賀市に本社がある石川県の会社である。
    • 石川県内で貸切事業を行いたいためらしい。
    • 福井県側では福井市内でなく何故か丸岡に営業所がある。京福バスがかつて丸岡バスだった名残?
  2. ただ路線は社名通りの小松空港~福井線のほかに永平寺ライナー(福井駅~永平寺)の運行も行っているので、どちらかといえば福井県側の方が存在感がある。

福井鉄道の噂[編集]

えちぜん鉄道の噂[編集]

  1. 京福のお下がり。意外と繁盛している。
    • 一部の車両は愛知環状鉄道のお下がり
      • 阪神の車体と元JRの下回りを組み合わせたのもいる。
      • JR119系の中古も入っている。しかも走行機器をVVVF化して。改造は阪神尼崎工場内にある阪神車両メンテナンスで行われた。
        • 元阪神の車両は廃車されたが、こんな所で今でも阪神との繋がりがあるのかも。
  2. 2007年秋に日華化学前駅と八ツ島駅を開業。
    • 9月1日に開業しました。木製ホームです。
      • 木の床を剥がすと出てくるコンクリートの土台がLRT対応になっている。
  3. 福井駅周辺の高架でもめている
    1. 京福が現役だったころは、京福2階・新幹線3階の二重高架になる予定だった
    2. えちぜん鉄道になってから、高架を2階建てに改め、とりあえず新幹線の高架に乗り入れることにした
    3. 2007年1月、勝山永平寺線だけ高架にして、三国芦原線はLRT化して田原町から福鉄に乗り入れる案が出てきた
    • 高架化によって新福井駅が「高架駅なのに構内踏切がある」という謎の構造になってしまった。
      • 新幹線だとポイント分岐してそろそろ福井駅のホーム?という距離。スケールの違いを感じた。上下列車の間も妙に広いしね。
  4. 三国芦原線は一気に変換すると「三国泡螺旋」に、勝山永平寺線は「勝山衛兵自薦」になってしまう
  5. 「轟」と書いて「どめき」と読む。何かおどろおどろしい。
  6. 越前開発駅のホームは細い。(阪神・春日野道駅のイメージ)
    • 越前開発に限らず、島式ホームのほとんどが狭い。駅名標も屋根もなく駅舎とは踏切で繋がる形状。路面電車の電停みたいな感覚。
    • 越前開発は新福井~越前開発間の単線化とともに棒線化され問題解決・・・と思いきややっぱり狭い。
  7. アテンダントの存在に驚いた。電車に乗ったら「ご乗車ありがとうございます」とねえちゃんが…駅での精算が減るので存在価値はある。車内放送はするし、観光バスのガイドのようだった。
    • そのおかげでマスコミの取材が増え、TVの鉄道番組や旅行番組でかなり紹介されてるらしい。
      • 本が出版されたからね
        • この本のせいか、アテンダントの追っかけの為に現地へ来る人も増えつつあるとか、ないとか。
    • えちぜん鉄道の成功を見て、全国の中小民鉄でアテンダントを採用する所がどんどん出て来ている。
    • 通りがかりに質問すれば永平寺ゆきのバスの接続案内もしてくれる。
  8. 福井駅の待合室にあるコーヒーメーカーの、グダグダに煮詰まったコーヒーを買う人がいるのか?(1杯100円)
  9. 乗客数がウナギのぼり。年間300万人突破で黒字化目前
    • 転換してうまくいった例だな。JRから転換した3セクも見習って欲しい。
    • そして、黒字化達成。勝山の恐竜や芦原温泉などをうまく利用して客を呼び込んだおかげ。もちろん地元利用者のことも忘れていない。
  10. 永平寺線を復活させるべき。
    • 旧永平寺駅は永平寺観光にけっこう便利だった。
    • 支線としてだらだら走っていたから見放されたのであって、福井から直通の急行でも走らせれば利用客は掘り起こせると思われる。
    • 永平寺線は「廃止」されてしまっているので、再度敷設免許を受けなければならないので難しいかと(大堤商店西武安比奈線の用にどっからどーみても「廃線」でも、名目上「休止」なら設備が整えばすぐにでも再開できる)。
      • 広島の可部線がこの方法で路線復活を果たした。
    • 鉄道免許は失効すると同一事業者による免許の再取得は難しいぞ。
    • ちなみに永平寺線は全線サイクリングロードに転用された。筑波鉄道なんかと同じ感じ。
  11. 会社名としては、より地元にちなんだ名前として「くずりゅう鉄道」もあった。が、略称が×××だったのでやめたとか。
  12. えち鉄の鉄道模型がばか売れ
    • ジョーシンでは入荷した100個が数日でなくなる人気ぶり
  13. ここの構内踏切は「ジャンジャン」鳴るらしい。色あせた古いものもあるので、京福時代からの伝統だと思うが・・・。
    • 似たような表記は福井鉄道にもあったが、いつの間にやら「ジャンジャン」表記はなくなってしまった。えち鉄は狙って残してる?
  14. ひとまず高架化こそしたものの、果たして新幹線開業までに設備撤去やら移設やらが全て終わるかが気がかりだ。
    • 福井駅に関しては仮駅にせずにそのまま新幹線に流用できるような内装にしておけばよかったんじゃないかという気がしなくもない。
  15. 西長田・下兵庫と神戸を思わせる駅名が続く場所がある。
    • JR神戸線には新長田駅の隣に兵庫駅があるので。
    • さらに下兵庫駅の隣は大関駅で、これまた神戸高速鉄道の大開駅と字面が似ている。
      • しかも大開駅はJRの兵庫駅と徒歩で行けるほど近い。
    • 下兵庫駅は和歌山県にもある。
    • 該当区間の駅名が軒並みキラキラネームと化したので神戸っぽさは微塵も感じられなくなった…。

[編集]

三国芦原線
福井 - 新福井 - 福井口 - まつもと町屋 - 西別院 - (福井鉄道福武線←) 田原町 - 福大前西福井 - 日華化学前 - 八ツ島 - 新田塚 - 中角 - 仁愛グランド前(臨時) - 鷲塚針原 - 太郎丸エンゼルランド - 西春江ハートピア - 西長田ゆりの里 - 下兵庫こうふく - 大関 - 本荘 - 番田 - あわら湯のまち - 水居 - 三国神社 - 三国 - 三国港
  • 福井鉄道との相互直通区間(フェニックス田原町ライン)は鷲塚針原まで。
勝山永平寺線
福井 - 新福井 - 福井口 - 越前開発 - 越前新保 - 追分口 - 東藤島 - 越前島橋 - 観音町 - 松岡 - 志比堺 - 永平寺口 - 下志比 - 光明寺 - 轟 - 越前野中 - 山王 - 越前竹原 - 小舟渡 - 保田 - 発坂 - 比島 - 勝山

航空[編集]

  1. 福井空港は諦め小松空港に力を入れている
    • 福井空港は滑走路が短過ぎて。ジェット機が降りられないからねえ。
      • 羽田空港へのジェット便に固執しなければ、DHC8-Q400の運用で他の地方空港への航路が開けたのにね。
    • 前知事が福井空港(春江)の拡張にこだわりすぎたからねえ。
      • 確か、今庄が新空港に立候補してたんだが…。
    • どんなに小松空港に力を入れても、若狭の人間は利用しない。
      • 北海道に行くときは使います。小松まで1時間半、小松から1時間で千歳に着きますがww
        • 小松まで行くくらいなら普通は伊丹に行くでしょう。1日1便しかない小松-千歳を使うあなたは奇特ですねぇ。
          • そんなん個人の自由でしょ。
        • 観光ならトワイライトエクスプレスが最高。でもチケットの確保には強運が要る。
          • 2015年3月に廃止。今後は航路のみ。
    • 北陸新幹線金沢開業の時点では、新幹線で福井までの所要時間は北回りも南回りも殆ど変わらないので金沢と違って航空もまだ有利である。
      • とはいえ金沢と福井の需要合わせて今の本数が維持されていたのだから、福井も減便のとばっちりを受けそうな予感が。
        • 代わりに値下げの恩恵が受けられることになった。金沢で競合する分だけ航空会社も特割を拡大。

船舶[編集]

  1. 敦賀港から新潟秋田苫小牧
    • 関西の人がフェリー乗るというと、ここか舞鶴になる
      • 名古屋からの太平洋フェリーが北海道の苫小牧港まで39時間半かかるのに対し、新日本海フェリーでは同じ苫小牧まで19時間(厳密には苫小牧東だが)
        • 敦賀はその立地的に中京圏の人も使える
        • 新潟と秋田に寄る便でも31時間である。
          • とはいえこっちは新潟~秋田~苫小牧便の延長という色合いが強く、週1便のみ。
        • 最も舞鶴と違って京阪神地区からの連絡バスはない。舞鶴からは小樽にいけるのでそっちのほうが需要あるのか。
          • 京阪神地区から敦賀は舞鶴と違い「新快速」で直結してるのも大きいだろう。
  2. 第二次大戦前は、横浜や神戸、新潟、下関と共に海外への連絡口でもあった。

関連ページ[編集]




関連記事