福建省

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「福建省」を検索

ご当地の噂 - 世界アジア東アジア中華人民共和国福建省

俄羅斯
新疆 外  蒙  古 黒竜江



内蒙古
西

寧夏
西
北京 遼寧

西
河北 天津

山東 黄河
江蘇 長江
四川 重慶 湖北 安徽 上海
雲南 貴州 湖南 江西 浙江
広西 広東 福建 琉球
澳門 香港
南沙 南海 海南

福建省の噂[編集]

  1. 中国の静岡
    • ただ静岡と仲良しなのは浙江省のほう(お茶の故郷なんだとか)。30年近い付き合い。最近も防災に関する協力協定を締結。
  2. 日本に出稼ぎに来てる中国人の多くが福建出身者。
    • 「出稼ぎ御殿」があちこちに点在。
    • 一部では、日本で強盗を働いて貯めた金で建てた家も存在するらしい。
  3. 実は一部地域が中華民国(台湾)の統治地域となっている。
    • 中華民国(台湾)に向けたミサイル数百機が配備されている。
    • 「中華人民共和国福建省」「中華民国福建省」の2つに分かれる。
  4. サントリーの烏龍茶。
    • ちなみにサントリーは三得利と書く。
  5. 「はれときどきぶた」に出てくる中華マダムは確か福建省。
  6. タイガーバーム創始者の出身地がある。
    • 博物館があり、タイガースファン垂涎みたいな車に載った創始者の写真が飾られていたりする。
  7. Wikipediaの情報によると、日本で天然記念物になっているカブトガニがここでは食用になるらしい。
    • カブトガニが食われてるのは確かだが。日本にいるカブトガニとは別種。
    • 大してうまいものではないらしい。
  8. 広東省と並んで世界各地にネットワークを持つ華僑や華人の先祖の出身地。
    • ここら辺に商売上手な客家人が住んでいる。
    • 孫文、鄧小平、李登輝、李光耀、李顯龍、謝枢泗が有名。
  9. 海を恐れぬ民(司馬遼太郎談)。危険水域と恐れられた台湾海峡を軽々と越えることは勿論、世界中恐れずに進出する。
  10. ここの漢字の読み方は日本語の音読みによく似ている。
    • ↓から考えると日本語の音読みに似ているというのは福建でも一部地域の言葉なのだろうか。
  11. 数十km離れただけで通じなくなるくらい方言差が激しい。
  12. 台湾と海底トンネルで結びたいらしい。
    • すでに入口用地は確保してあった気がする。
  13. 台湾人が最も好きな中国の地方
    • 当たり前。祖先がこの辺の出身が多い。
  14. 何気に「泉州市」なんていう都市が存在する。何かここみたい。
    • 但し大阪府内に「泉州市」は存在しない。「和泉市」だったら存在するが。
    • 「南泉州市」も合併でできるはずだったが実現せず。
  15. 省府の福州と厦門をはじめとした閩南地域の行政の仲が悪い。ちなみに行政の格だと厦門のほうが上だったりする。
  16. 金門砲戦の時に核攻撃の標的にされかけた。

厦門[編集]

  1. Xiamen(アモイ)には中国国内最大規模のクラブがあるそうな
    • 厦門の南普陀寺には何万匹(?)もの亀がウジャウジャ。亀好きなら一度は行くべき。
  2. DELLのPCはアモイで生産されているというのを何かで見た。
  3. アモイの空港である「廈門高崎国際空港」の検索結果がいかがわしい。仮にもANAが毎日直行便飛ばしている所なのに…
    • 「シアメン」になってた(2015年12月時点)。
  4. ここにある鼓浪嶼はかつてコロンス共同地界と呼ばれ西洋人が多く住んでいた。



関連記事

スポンサーリンク