秋田の駅

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本の駅 > 東北 > 秋田

秋田県内にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

奥羽本線[編集]

湯沢駅の噂[編集]

所在地:湯沢市表町

  1. 市町村合併で多少大きくなったのに、無人化されそうである。
  2. 新幹線にも乗れて安くてお得な、JR東日本「土日きっぷ」の利用可能区間の北限である。秋田県で唯一の利用可能エリアに属する。逆に言えば湯沢より北の横手では使えない。
    • 新庄までしか使えなかったときに、新庄-湯沢間の往復を払って湯沢へ行った。湯沢がエリアになってからまだ行ってない。今、使えるのが悔しい。
    • 湯沢市内である1駅隣の下湯沢は使えないかも。(無人駅なのでわからない?)
  3. 上越新幹線の駅ではない。特急はくたかも乗り入れない。普通列車と朝一の下り快速しか発着しない、でも湯沢市では一番大きな駅。
    • かつて、駅舎内にJR直営の居酒屋があった。
    • もっと昔には、特急つばさや寝台特急あけぼの、急行津軽、急行おが、雄勝鉄道(羽後交通雄勝線)も発着していた。
  4. 東京(以遠)と結ぶ際に、この駅近辺が、秋田新幹線と山形新幹線とどちらを使うかの境目になるだろう。
  • 路線 - 奥羽本線
  • バス - 羽後交通

横手駅の噂[編集]

横手
  よこて 柳 田
後三年 Yanagita
Gosannen Yokote 矢美津
Yabitsu
よこて
横手
YOKOTE

やびつ

所在地:横手市駅前町

  1. 横手駅の寂れっぷりはかなりシャレにならない。
    • かつては特急「つばさ」・寝台特急「あけぼの」・急行「津軽」など長大編成の優等列車が多く走っていたが、今や普通列車のみしか走らないローカル駅に転落。
      • 東北新幹線開業直前まで、上野直通のつばさ3往復、あけぼの3往復、津軽2往復、あと「おが」もあった。北上線は急行「きたかみ」仙台2往復・青森1往復。駅弁が売られ、おそらく横手駅が一番華やかだった頃。
      • 1971年までは横荘線も発着していた。
    • 県下第2の都市というのに駅前には人がほとんど居ない。
  2. 駅前再開発のついでに橋上駅化するらしい。
    • たぶんそれで「市の財政」は「死の財政」化するだろう。
      • 隣の駅名を誤読するとシャレにならない。
        • でもその「隣の駅」は横手市ではなく、お隣・美郷町内。
    • 2011年の新駅舎完成予定に向けて、2010年6月末から現駅舎の取り壊しが始まるらしい。
      • 仮駅舎にて絶賛営業中。駅前ロータリも従来の半分以下の広さになっていた。
    • そして2011年10月に、満を持して橋上駅開業。東西自由通路の愛称は、あろうことか「こころ~ど」!何故、秋田県民はこうも似たような名前をつけるのか!?(既に、羽後岩谷駅に「ぽぽロード」、秋田駅に「ぽぽろーど」がある)
  3. 待合室内に食堂「NRE伯養軒」があったが数年前?に営業終了。さらに2009年、JR秋田支社直営のハンバーガーショップ「パナデリア・アッキー」も閉店し、何の変哲もない駅になってしまった。
  4. 東口は昔ながらの街並み、西口はよくある郊外、と線路を挟んで180度異なっている駅周辺。

大曲駅の噂[編集]

大曲
  おおまがり 秋 田
Akita
Ōmagari 角 館
Kakunodate
大曲
おおまがり
飯 詰   神宮寺
Iizume Ōmagari Jingūji
大曲
おおまがり
  北大曲
Ōmagari Kitaōmagari

所在地:大仙市大曲通町

  1. 日本で唯一、新幹線がスイッチバックする駅。
    • 大曲で進行方向が変わる。
      • だからみんな後ろ向いてー秋田駅へ。
      • 開通したときは座席を逆の向きにしていたらしいんだけど・・・
      • 乗客全員で座席転換は大変なんだろ。
        • まさにきくがるから、「大曲」。
    • 新幹線停車駅なのにショボい。
  2. 新幹線ホームには専用改札がある上に頭端式。
    • 乗換改札口でしょ。
      • 自動ドアで囲まれた風除室仕様。冬はストーブが焚かれ立席待合室になる。しかし出発時刻が迫ると、皆諦めて吹きさらしのホームへと出て行く。
    • 元々田沢湖線の留置スペースにとってつけた様な構造故、新幹線ホームが異様に狭い。
    • グリーン車乗り場は、新幹線乗換改札から一番遠い、北の端っこ。普通車利用客よりも何故か冷遇されている。風や雨や雪が強い日は結構厳しい。まぁ所詮ミニ新幹線だが。
  3. 青森にも同名の駅があったりする。
    • 十和田観光電鉄にあるよ。
  4. 8月の全国花火競技大会の日は、臨時列車が多数運行され混雑する。
  5. 今後導入予定のE6系運行開始に向けて?新幹線乗換改札口南側付近で工事中。
    • 2010年8月現在、完成した模様。
  6. 秋田新幹線開業直前の時期に水曜どうでしょう一行が訪れた事がある。
  • 路線 - 秋田新幹線 奥羽本線 田沢湖線
  • バス - 羽後交通 大仙市循環バス レイク&ポート号 グリーンライナー号 WILLER EXPRESS

秋田駅の噂[編集]

秋田
あきた
  大 曲
Akita Ōmagari
秋田
  あきた 四ツ小屋
土崎 Yotsugoya
Tsuchizaki Akita 羽後牛島
Ugo-Ushijima

所在地:秋田市中通7丁目

  1. 秋田新幹線の終着駅。
    • 秋田駅に発着するこまちは、上下とも座席が進行方向と逆向きになっている。
      • その理由は大曲駅の項目を参照のこと。
      • 秋田支社は秋田発車時点での進行方向を向けるように主張したが、盛岡支社が横槍を入れられた結果、秋田発車時点では座席の向きが逆になった。
    • 電車でGO!でもおなじみだが、ゲームでは発車の時ベルが鳴るのに対し、実際はメロディーが鳴る。
      • そのメロディーはかつてはJR東日本ではお馴染みのWater Crownだったが秋田新幹線開業20周年を機に地元出身の高橋優による『明日はきっといい日になる』に変更された。
        • 変更後にBGMとして発車メロディの原曲が流れるようになった。
  2. 動く歩道が、スロープ式になってる。
  3. 以前は、正面改札から7、8番線にいくためには3,4番線に一旦おりなければならなかった。今は解決されている。
  4. E6系車両の乗り入れに対応するため、ホーム拡張工事中。
    • 2010年8月現在、完成した模様。
  5. 中央改札、トピコ口、メトロポリタン口と3つの改札があるが、実は中央改札が一番南側に位置している。そして中央改札は秋田新幹線用の改札があるが、残り2つは在来線のみなので秋田新幹線に乗るにはさらに乗換改札を通らなくてはならない、これだけの小規模でありながら初めての人には分かりにくい構造かも。
  6. JR東のE3系・E6系(予定)・E751系・E653系(予定)・701系・HB-E300系、国鉄車の485系・24系・キハ40系改造車およびオリジナル車両、さらに貨物列車、それらが全て地上ホームで見られる。その多彩さは、ある意味会津若松駅に勝るとも劣らない、と思ふ。

土崎駅の噂[編集]

土崎
つちざき
秋 田   上飯島
Akita Tsuchizaki Kami-Iijima

所在地:秋田市土崎港中央6丁目

  1. 秋田市内では、秋田駅に次いで利用客が多い駅。なのに何故か、もしもし券売機Kaeruくんが置かれていた。
    • 2012年2月に指定席券売機に置き換えられた。
    • 秋田市内どころか県内2位の利用客を誇る。
  2. 秋田港への貨物支線が分岐している。秋田総合車両センター(旧称・土崎工場)もほど近い。
  3. 秋田県内では数少ない立ち食いそば店が、駅舎内で絶賛営業中らしい。
  4. 通称「ザキ駅」。
  5. かつて、特急「たざわ」1往復や、急行「よねしろ」が停車していた。
  • 路線 - 奥羽本線 男鹿線
  • バス - 秋田中央交通

大館駅の噂[編集]

大館
  おおだて 下川沿
白沢 Shimo-Kawazoi
Shirasawa Ōdate 東大館
Higashi-Ōdate

所在地:大館市御成町1丁目

  1. 1番ホームにハチ公像を奉った神社がある。
  2. 駅弁の「鶏めし」は有名。
  3. 駅前が寂れすぎ。
    • 一応ビジネスホテル・旅館があったり、少し行くと商店街(?)があったりするが、その商店街の通りもむしろ一駅南の東大館駅の方が栄えている。多分こっちが本来の市街地。
  4. 県内初の「ご当地メロディ」が導入されましたよ。県内初。
  5. かつて、旧線時代の矢立峠越えの区間での補機として活躍したD51が配置されていた旧大館機関区の車庫は、検修庫として残っているが、昔の面影はない。転車台も残っているが、線路とはつながっていない。
  • 路線 - 奥羽本線 花輪線
  • バス - 秋北バス 秋北タクシー ハチ公号 さわやかみなみ号

田沢湖線[編集]

角館駅の噂[編集]

所在地:仙北市角館町中菅沢

  1. GWは桜見物客で大混雑する。
    • それ以外の時期はそうでもない。
      • 角館のお祭り(9月)や火振りかまくら(2月)は??それに大曲の花火(8月)も、これだけの近さなので、かなり混雑するはずなんだが。。。

羽越本線[編集]

羽後本荘駅の噂[編集]

所在地:由利本荘市西梵天

  1. 駅前の某喫茶店で旨いコーヒーを飲みながら雪景色を見るのが乙。ただし、「携帯電話はご遠慮下さい」
    • あのお店雰囲気良すぎて一度も店でコーヒー飲んだ事ない。豆買って逃げるのが精一杯。
  2. 1962年に、隣の羽後岩谷駅との間で蒸気機関車(単行)とディーゼル機関車が牽引する貨物列車が正面衝突する事故が発生。これが契機となり事故現場付近の複線化が計画された。現在は西目から折渡まで複線が続く。
  3. 先に開業していた本庄駅と区別するために、旧国名の「羽後」を冠することになった。また、福井県あわら市には「本荘駅」が存在する。



関連記事